遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「現代遠野物語」110話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
遠野高校の河童の手
遠野にあるチベットの残存
クワガタと遠野の自然
菊池氏考
佐々木氏考
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
七つ森考
六角牛考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
又兵衛の矛
鯰と地震
おかばみ
三女神伝説考
早池峯遥拝所
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
お雛様と瀬織津比咩
冥界との縁結び
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
七夕と天の川
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 11月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
ゲ ジ デ ジ 通 信
絵本 宮古物語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
jun-roadster
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
なんでもブログ
外部リンク
最新のコメント
語源は朝鮮人由来で間違い..
by ほげぇ at 22:07
横山不動尊のある大徳寺は..
by 鬼喜來のさっと at 21:26
大阪交野市の星田妙見さん..
by mars at 18:41
今日は突然の電話申し訳あ..
by 鬼喜來のさっと at 20:22
記事が大変興味深く拝読さ..
by 陽啓 at 01:17
古い記事なのですが、写真..
by 鬼喜來のさっと at 18:26
気仙川河口の鮭漁争いで、..
by 鬼喜來のさっと at 09:12
私は学校の校庭などでやり..
by 鬼喜來のさっと at 17:32
この釘刺しについては私も..
by 鬼喜來のさっと at 17:24
このカマコヤキと同じ行事..
by 鬼喜來のさっと at 17:03
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2018年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

鍋倉山の今

鍋倉山の今_f0075075_06152905.jpg
鍋倉山にツツジが咲いていた。ある人に言わせると、あれはツツジじゃなくサツキなそうだが、自分にはその違いがわからない。桜の季節に鍋倉山を見る事が出来なかったが、ツツジが咲き誇る鍋倉山の季節に、どうにか足を踏み入れる事が出来た。
鍋倉山の今_f0075075_06153870.jpg
最近覚えた技法を試してみた。同じ構図で、ピントの合った画像と、ピンボケ画像を合成させるとソフトフォーカスをかけたような画像になると。確かに、そうなった画像である。
鍋倉山の今_f0075075_06201813.jpg
南部神社へ通じる石段沿いにもツツジが咲いている。
鍋倉山の今_f0075075_06210759.jpg
よく見ると、その石段をピョンピョンと雀が一段づつ登っていた。まるで神社に参拝する為に、登っているかのように思えた。
鍋倉山の今_f0075075_06223238.jpg
鍋倉山は、花だけでなく新緑が際立つ季節にもなっている。
鍋倉山の今_f0075075_06231487.jpg
新緑の緑と影のコンストラストに、目を奪われてしまう。
鍋倉山の今_f0075075_06250155.jpg
日陰の暗がりに、スポット光を浴びて浮かび上がる普通の葉っぱが印象的だ。
鍋倉山の今_f0075075_06264910.jpg
紫の小さな花が咲いていた。
鍋倉山の今_f0075075_06272264.jpg
花は同じ品種が、ひとところに密集して咲いている。これは鍋倉山における、植物の縄張り争いでもある。この紫の花も、どこまで勢力を伸ばすのか。鍋倉山へは、天気の良い日に行って見るといい。目に飛び込む風景や、耳から聞こえる様々な音、そして体で感じるものからも、気持ちが穏やかになる。

by dostoev | 2018-05-22 06:40 | 遠野の自然(夏)

瀧神社を探しに

瀧神社を探しに_f0075075_11424927.jpg
桜の季節は、まったく動けなかったが、新緑の季節となり、どうにか余裕が出来たかのように感じる。ふとした事から、ある沢に瀧神を祀っていた神社があったと知った。今日は、そこを目指して行動する事にした。
瀧神社を探しに_f0075075_11445208.jpg
目指す沢は、某地にある余り陽の当たらない暗い沢であった。
瀧神社を探しに_f0075075_11460665.jpg
とにかく、この沢のどこかにあるという事しかわからない。ただ瀧神社という事から、瀧を見つければ良いのだろうとは思った。
瀧神社を探しに_f0075075_11500007.jpg
とにかく沢を溯上すれば良いだろうが、歩きやすい道は無いものと思って進んだ。
瀧神社を探しに_f0075075_11524534.jpg
V字型渓谷となっている為、沢から上を望めば木々に囲まれている谷間である。太陽光が木の葉を透過し、それが自然のランプのように感じた。
瀧神社を探しに_f0075075_15443181.jpg
渓流を歩いていると、野鳥が同じく渓流沿いを飛んでいる。手持ちのカメラには広角レンズが装着されている為、望遠レンズに交換してみた。しかし、その間に野鳥は上流へと飛んで行った。再び歩くと、やはり同じ野鳥がいた。カメラを構えると、その隙にまた上流へ…。
瀧神社を探しに_f0075075_15483175.jpg
まるで追いかけっこをしているかのように感じたが、どうにか2枚だけ撮影出来る事が出来た。
瀧神社を探しに_f0075075_15503138.jpg
この後野鳥は、渓流から離れ陸地の方へ向い、石の上にとまったのが見えた。そこへ向うと、再び上流へと飛んで行った。その野鳥がとまった石を見ると、それは石碑だった。「古瀧大神」と刻まれている。
瀧神社を探しに_f0075075_15550751.jpg
周囲を見渡すと、朽ちて倒れている鳥居があった。まるで野鳥に導かれるように、この瀧神を祀っていた神社に辿り着いたように感じた。となれば、近くに瀧があるのだろう。とにかく、ここで手を合わせた。
瀧神社を探しに_f0075075_18014616.jpg
同じくらいの大きさの石を集めて組んだような場所があった。以前にあったという社の場所は、ここであったろうか?
瀧神社を探しに_f0075075_15573589.jpg
傍には目的の瀧以外に、岩壁から雨だれの様な水がしたたり落ちていた。これもまた、瀧なのだろう。
瀧神社を探しに_f0075075_15591845.jpg
ちょうど太陽光が差し込んでいて、滾り落ちる水がキラキラと輝いていた。
瀧神社を探しに_f0075075_15590995.jpg
角度を変えると、虹色に輝く水飛沫となっている。
瀧神社を探しに_f0075075_16313809.jpg
そして、奥まった場所に少し大きめの滝があった。
瀧神社を探しに_f0075075_16314850.jpg
今回の瀧神社の発見は、野鳥がいなかったら見逃していたかもしれない。もしかして自分を、ここまで導いてくれたのか?と都合が良い方に解釈したい。


by dostoev | 2018-05-21 16:36 | 遠野体験記

瀬織津比咩の祭祀其の四十四「古滝神社(遠野)」

瀬織津比咩の祭祀其の四十四「古滝神社(遠野)」_f0075075_19213975.jpg
ある沢に、かつて遠野の滝神が祀られていた神社があったと知った。今は信仰が廃れ、人の寄り付かない沢にそれはあった。
瀬織津比咩の祭祀其の四十四「古滝神社(遠野)」_f0075075_19273081.jpg
鳥居は朽ちて倒れている。かつては社もあったようであるが、それを祀る人がいなくなれば鳥居も社も朽ちて残骸となるだけである。
瀬織津比咩の祭祀其の四十四「古滝神社(遠野)」_f0075075_19292279.jpg
しかし鳥居や社が朽ち果てても、自然の滝は、そこに残り続けるものである。遠野の滝神といえば、早池峯大神を云うのだろう。よってここも瀬織津比咩を祀った神社であったものと思われる。

by dostoev | 2018-05-20 19:31 | 岩手県の瀬織津比咩

遠野の本の紹介

遠野の本の紹介_f0075075_22130050.jpg
今日の夕方、遠野出身の佐々木大輔さんという方が、わざわざ本を届けに来てくれた。なんでも「遠野物語」に影響を受けた小説という事らしい。ただ、その本のデザインが一風変っていた。タイトルらしきが、背表紙にどこにも見当たらない。ただ画像の写真が一枚あるだけで、それ以外は全て真白。まるで写真付絵葉書の分厚い特別版みたいな本であった。本の最後に作者のプロフィールと共にタイトルも記されていた。ここで、この本のタイトルが「僕らのネクロマンシー」であると理解できた。Amazonでも販売されているようだ。
遠野の本の紹介_f0075075_22130970.jpg
写真側のページを一枚めくると、画像の言葉が現れた。絵葉書の様な本であり、画像の言葉を読み、何となく自分勝手なイメージが浮かんでしまった。あとは読んで、答え合せとなる。ただ最近、なかなか忙しくて本を読める機会が無くなったが、仕事が落ち着き時間が取れたら、一気に読んでみようと思う。

by dostoev | 2018-05-16 22:33 | 遠野情報(雑記帳)

5月6日の桜

5月6日の桜_f0075075_21254413.jpg
今年の桜の咲き始めは、4月20日頃で、例年よりもかなり早く桜が咲き始めた。しかし、なかなか撮影する暇が取れなくて、遠野の殆どの桜が散ってしまった。今日、5月6日、久々に時間が取れたので金糞平の山桜を見に行って見た。そこなら桜は、まだ咲いているだろうと思った。
5月6日の桜_f0075075_21261588.jpg
台風の影響で崩落した林道がまだ復旧していないだろうと貞任高原経由はやめて、琴畑から広股沢経由で金糞平へと行って見た。途中、日陰部分にはまだ雪が残っていた。
5月6日の桜_f0075075_21260476.jpg
やはり、桜は咲いていた。満開のピークは過ぎ、少し花が散ってはいたが、それでもじゅうぶんなくらいだった。
5月6日の桜_f0075075_21255483.jpg
桜を中心に、多くのウグイスが鳴いており、この金糞平の春の到来を告げているかのように思えた。

by dostoev | 2018-05-06 21:39 | 遠野不思議(桜)