遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「現代遠野物語」110話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
遠野高校の河童の手
遠野にあるチベットの残存
クワガタと遠野の自然
菊池氏考
佐々木氏考
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
七つ森考
六角牛考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
又兵衛の矛
鯰と地震
おかばみ
三女神伝説考
早池峯遥拝所
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
お雛様と瀬織津比咩
冥界との縁結び
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
七夕と天の川
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 11月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
ゲ ジ デ ジ 通 信
絵本 宮古物語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
jun-roadster
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
なんでもブログ
外部リンク
最新のコメント
語源は朝鮮人由来で間違い..
by ほげぇ at 22:07
横山不動尊のある大徳寺は..
by 鬼喜來のさっと at 21:26
大阪交野市の星田妙見さん..
by mars at 18:41
今日は突然の電話申し訳あ..
by 鬼喜來のさっと at 20:22
記事が大変興味深く拝読さ..
by 陽啓 at 01:17
古い記事なのですが、写真..
by 鬼喜來のさっと at 18:26
気仙川河口の鮭漁争いで、..
by 鬼喜來のさっと at 09:12
私は学校の校庭などでやり..
by 鬼喜來のさっと at 17:32
この釘刺しについては私も..
by 鬼喜來のさっと at 17:24
このカマコヤキと同じ行事..
by 鬼喜來のさっと at 17:03
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:七夕と天の川( 2 )

七夕と天の川(其の二)

七夕と天の川(其の二)_f0075075_185807.jpg

「古事記」において、八上姫と結婚した大国主は、八上姫を因幡から出雲へ連れてきたが、本妻の須世理姫を恐れて、八上姫が生んだ子供を木の股に刺し挟み因幡に返してしまった。それからその子供の名前を木俣神、またの名を御井神といった・・・という話。この木俣神は、伯耆国の阿陀萱神社で阿陀萱奴志多喜妓比売命という神名で祀られている。その由緒は、下記の通りとなる。

多喜妓比売命は大己貴命の御子なり、母は八迦美姫命と申す。神代の昔、出雲国直会の里にて誕生あり。八迦美姫命、因幡へ帰らんと大己貴命と共に歩行し給ふ時に、御子多喜妓比売命を榎原郷橋本村の里榎の俣に指挟て長く置き給ひしときに、我は木俣神なりと申給ひて宝石山に鎮座し給へり。

また、同地に鎮座する御井神社の祭神も木俣神であり、その由緒に「木俣の神、又は御井の神と申し上げ、安産守護、水神の祖として広く信仰をあつめている。」としている。水神の祖とはどういう事なのかだが、安産守護に関しては二股は女性の股を意図としている事からのものだろう。とにかく木俣神は、御井神であり、多喜妓比売命という神名であった。この三つの神名は、まったく関係なさそうでありながら、実は深い繋がりを持つ神名である。

樹木は地上と地下の境界であり、地下である根の国の入口として認識されていた。遠野の東禅寺跡に、早池峰権現が無尽和尚の杖をとって地を突いたところ、水が湧きだした事から「杖(またふり)の井」、または開慶水と伝えられる。開慶水は別に早池峯山頂にもあるのだが、早池峯権現がこの東禅寺にも開慶水を与えたという話である。ところで「杖(またふり)の井」とは、二股の木を地面に突き刺して涌き出た泉の事を云う。どうやら二股の部分が地との交流を促す呪力があると信じられていたようだ。二股の杖は西洋では占杖といい、この杖で地下水や地下鉱脈を探るのに使われたという。古今東西、二股の杖は、地下との交流・交信の手段のアイテムであると認識されているのは興味深い事だと思う。
七夕と天の川(其の二)_f0075075_941262.jpg

実は天の川も、二股であるという認識が、世界中でなされている。「源平盛衰記」に源頼朝が隠れた、臥木に開いた朽穴のエピソードが紹介されている。源頼朝自ら「臥木の天河に隠れ入りにけり。」と述べているが、歴史上では聖徳太子が二つに割れた木のうつぼに隠れて助かった話と、天武天皇も二つに割れた榎の大木に隠れた事を「天河に隠し奉って、後に王子を亡くして天武位につき給へり。」とあるように、源頼朝もそれに倣ったのか。天武天皇は壬申の乱の前日に、滝宮の方角に向いて祈った事もあるのだが、これも水神である龍神に対しての祈願ではなかったか。天河も地上の川の投影であり、水神であり龍神でもある。天河に隠れるとは、龍神の庇護に入る意味合いを持っているのだろう。その結果、天武天皇も聖徳太子も、そして源頼朝も天下を制している。「和妙類聚抄」では、この木の洞に溜まった水の状態を「岐乃宇都保能美都(きのうつぼのみづ)」と書き示し、それを「半天河」としている。半分の天河とは、夜空に浮かぶ天の川に準ずるものであるという認識で良いだろう。

先に書いた様に、二股の木は地下への入口であった。しかし地下とは大地そのものであるから、地母神の胎内の入口でもある。木俣神の本来の神名が、多喜妓(たきき)比売命という、名前に滝を内包する神名は、俵藤太が訪れた竜宮の入口である滝壺を意図している。柳田國男は、二股の木の股の空洞の部分が水を湛えているものを天然の井戸であろうとしている。木俣神の別名が、御井神であるのは必然であった。溝口睦子「ヤクシーと木俣神」の見解によれば、二股の木は水に繋がる豊穣神であろうとしている。二股の空洞に溜まる水が地下と通じている認識は、滾り落ちる滝が地下世界へとの入口であると同じ事であろう。木俣神の本来の神名が多喜妓比売命という滝神であるのも、地下世界=根の国=黄泉国との境界神である意図を含んでいる。
七夕と天の川(其の二)_f0075075_10415.jpg

七夕の日に藁で作った馬を供えるのは、祖先の霊を迎える乗物とする為とされているが、地方によっては七夕様を迎える為に馬を作り供えるのであった。七夕とは天の川を中心に考えられたものであり、その天の川は二股の川であり、龍神でもある。つまり、龍神を迎え乗せる馬を七夕に供えるものと思って良い。

先の風土記の男神と女神の水争いであるが、勝利したのは女神であり、それから川の流れは北から南へと流れる様になったのは、不変な天の川が北から南へと流れる様を投影した為では無かろうか。山は360度に渡り広がりを見せるものだが、その山を北に位置させ、その山から発生する川が南へと流れる事が正当とさせる意味とは、その山に鎮座する女神の正当性を説いているわけである。奇しくも、遠野の北に鎮座する早池峯を源とする川は、南へと流れ、西へと進路を変え、北上川に合流している。そして、その早池峯の麓に鎮座する早池峯神社の大祭では、早池峯の神を乗せた神輿をまず馬を祀る駒形神社に寄ってから境内外に出るのも、馬が神の乗り物であるからだ。荒ぶる女神と七夕神の系譜を早池峯の神である瀬織津比咩は踏まえている。

木の洞に溜まった水は井戸でもあり、滝でもある。そしてそれは、天河とも見做された。そこに鎮座する木俣神は滝神であり、地上と根の国=黄泉国の境界に位置する境界神でもある。その根の国、黄泉国は出雲国とも熊野とも云われる。熊野大社の祭神の本来は、熊野川を遡った源流に鎮座する天河神社に祀られる天照大神荒魂であった。また、木俣神でもある、この出雲の多喜妓比売命は、出雲国内で様々な名前に変化する。それは天甕津日女命でもあり、天御梶日女命とも、綾門日女命にもなり、後に宗像に影向した滝神でもあった。この出雲の神の変化の詳細は後に書く事として、天の川そのものが滝神と深い関わりがある事がわかった。その天の川の源流は、北天から流れ落ちる滝の意識から始まっているようである。
by dostoev | 2015-08-10 11:52 | 七夕と天の川

七夕と天の川(其の一)

七夕と天の川(其の一)_f0075075_172395.jpg

天の川の、流れる方向に関する昔話がある。そもそも天の川の命名も、地上の川を天に投影した事から始まったようである。川は源流に近いほど、川幅は狭くなる。この地上の川の概念も投影され、天の川の始まりは北から南へと流れ落ちるものと考えられた。これに付け加えれば、陰陽五行においても北は水気にあたる。水源が北であるのは、当然であろうという考えが古代から続いていたようだ。水が北から南に流れるで思い出すのは、各風土記の話である。

例えば「播磨国風土記」での美奈志川(水無川)で男神と女神が、水争いをする。男神は、水を北に流そうとするが、女神は南へと流そうとする対立である。また穴師の里でも、女神は北から南へと川を流すのだが、男神がそれを邪魔している。何故に、女神は北から南へと川を流そうとしているのか。「肥前国風土記」では、佐嘉川は北の山より南に流れると紹介し、そこに女神がいるとしている。そう、常に女神のいる山は北に鎮座し、川を南へと流しているようだ。これは別の機会に書こうと思うが、恐らく風土記の暗号ではないかと考えている。そして同じ「肥前國風土記」での、姫社の郷でも荒ぶる神の紹介の前に、山道川の源は北の山から南に流れていると紹介している。つまり、荒ぶる女神の坐す山は、北から南に川が流れている事を強調しているようにも思える。
七夕と天の川(其の一)_f0075075_11131498.jpg

その姫社神社に、水盥蓋が奉納されている。原初の鏡とは、水であった。その水鏡は、丸い盥で形を調え、人の顔や月の姿などを映した。姫社神社に水盥蓋があるという事は、その蓋をする盥があるという事だろう。その盥に水を濯ぎ、鏡として使用していたという事であろう。

【 筑前大島天の川伝説 】

昔、唐の国に使えに行った貴公子が、織女を伴って帰国の途中、深い恋仲となったが、 それは果敢ないかりそめの縁で、二人は日本に着いて離ればなれになった。 それから貴公子は織女を想い日々を過ごしたが、ある夜、夢枕で神のお告げを受け、筑前大島の中津宮に来て、 天の川にたらいを浮かべ、水鏡に映る織女との逢瀬を楽しみに、神仕えの身になったという。

上記は、宗像大社のHPに記載されている中津宮である大島にある七夕祭りの内容だ。この男女の出逢いの内容は、古代中国から七夕説話が流入してから定着したものであるとの見解が一般的だあるが、それ以前の七夕伝承は、天安河における天照大神と素戔男尊の誓約の場面であった。研究者達は、この天安河の誓約の場面を"疑似婚姻"と見做している。確かに、三女神と五男神が誕生している事から、婚姻から出産をイメージしているのかもしれない。しかし、天照大神と素戔男尊のやり取りは、どこか殺伐としている。その天安河に到る前触れでさえ、婚姻であるというイメージが結び付かない。それよりも、各風土記で記されている男神と女神の水争いに近いものではなかろうか。
七夕と天の川(其の一)_f0075075_16441224.jpg

「筑後国風土記」にも、やはり荒ぶる神が登場しているが、これは「肥前国風土記」での姫社郷の荒ぶる神と同一であるのは、地理的に証明されている。その荒ぶる女神は、男女の出逢いを求める神などとは程遠く、道行く人を半殺す恐ろしい神であった。七夕神と結び付いたのは、珂是胡の夢に臥機と絡垜が舞い遊び出で、珂是胡を圧し驚かせ、その荒ぶる神が女神であった事が、棚機(たなばた)と結び付いての七夕神となったのだろう。

珂是胡は、水沼君の祖であり、宗像神を奉斎していた氏族である。その珂是胡の役割は、宗像神を依り憑かせる巫女であるのだろう。恐らく、姫社神社に奉納されている盥という水鏡は、神を映す神器では無かったか。先に述べた通り、鏡とは蛇とも結び付くが、本来は水であった。つまり鏡とは、水神が依り憑いたものであり、その姿を映し出すものである。その宗像神は「宗像大菩薩縁起」によれば、「出雲州簸川上より、筑紫宗像に御遷行云々」と書き記されている。つまり宗像側から、宗像神とは本来、出雲神であった事を述べているのだ。
七夕と天の川(其の一)_f0075075_17464868.jpg

出雲には、木俣神なる存在がいる。その木俣神が、天の川でもある「天河」と結び付いている。次は、その木俣神から出雲神でもあった瀬織津比咩へと書く事としよう。
by dostoev | 2015-08-08 18:23 | 七夕と天の川