遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「現代遠野物語」110話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
遠野高校の河童の手
遠野にあるチベットの残存
クワガタと遠野の自然
菊池氏考
佐々木氏考
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
七つ森考
六角牛考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
又兵衛の矛
鯰と地震
おかばみ
三女神伝説考
早池峯遥拝所
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
お雛様と瀬織津比咩
冥界との縁結び
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
七夕と天の川
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 11月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
ゲ ジ デ ジ 通 信
絵本 宮古物語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
jun-roadster
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
なんでもブログ
外部リンク
最新のコメント
語源は朝鮮人由来で間違い..
by ほげぇ at 22:07
横山不動尊のある大徳寺は..
by 鬼喜來のさっと at 21:26
大阪交野市の星田妙見さん..
by mars at 18:41
今日は突然の電話申し訳あ..
by 鬼喜來のさっと at 20:22
記事が大変興味深く拝読さ..
by 陽啓 at 01:17
古い記事なのですが、写真..
by 鬼喜來のさっと at 18:26
気仙川河口の鮭漁争いで、..
by 鬼喜來のさっと at 09:12
私は学校の校庭などでやり..
by 鬼喜來のさっと at 17:32
この釘刺しについては私も..
by 鬼喜來のさっと at 17:24
このカマコヤキと同じ行事..
by 鬼喜來のさっと at 17:03
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:遠野にあるチベットの残存( 2 )

遠野にあるチベットの残存「猿と石(其の二)」

遠野にあるチベットの残存「猿と石(其の二)」_f0075075_15344935.jpg

稲荷神社に陰陽石が祀られている場合が多いが、実は駒形神社にも多くの陰陽石が祀られている。それは上毛野氏が和銅元年に陸奥守になった以降であったようだ。上毛野氏は蝦夷の反乱によって殺されたが、それは昔から蝦夷の人達が祀っていた山などに、後から勝手に上毛野氏により持ち込まれた駒形神の鎮座地にしてしまったのが反乱の原因とされている。実は駒形神が鎮座した地には、多くの巨石が祀られていたと云う。その為か、現在では駒形神と石信仰が結びついて、駒形神社にも、陰陽石を含む多くの石が祀られている。
遠野にあるチベットの残存「猿と石(其の二)」_f0075075_15464140.jpg

この駒形神社は、俗に御駒様といって石神である。男の物の形を奉納する。
その社の由来は昔ちょうど五月の田植時に、村の若い女たちが田植をして
いるところへ、一人の旅人が不思議な目鼻も無いのっぺりした子供に、赤い
頭巾を被せたのをおぶって通りかかった。

そうして今の御駒様のある処に来て休んだ。あるいはその地で死んだともいう。
それがもとでここにこの社が建つことになったのだそうだ。

                     「遠野物語拾遺15」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
遠野の綾織にある駒形神社の御神体は「遠野物語拾遺15」にも書かれているように石神が祀られている。画像は、その駒形神社の御神体となるのだが、駒形神は上毛野氏の氏神から岩手県に胆沢城が出来てから後に農耕の種の生成の神として置き換えられ現在に至っている。それから駒形神社も稲荷神社と同じように、五穀豊穣を願う農耕神として広まって行った。
遠野にあるチベットの残存「猿と石(其の二)」_f0075075_15581387.jpg

遠野で一番古いとされる稲荷神社は、欠の上稲荷神社とされる。その由緒は、文禄年間(1592年~1596年)葛西氏の遺臣、 欠下茂左衛門というもの当地に来て阿曽沼氏に仕え、旧領石巻日和山に鎮座していた稲荷社を勧請したと伝えられている。しかし、遠野の地域ではそれより古いとされる稲荷を祀る地はある。つまり神社として正式に祀られたのが欠の上稲荷神社であるが、それ以前に稲荷信仰は遠野に伝わっていたものと考えて良いだろう。そしてその稲荷信仰は、秦伊呂具の伏見稲荷から始まっている。
遠野にあるチベットの残存「猿と石(其の二)」_f0075075_1675812.jpg

チベット系遊牧民族に羌族がいた。実は羌族を初めて知ったのは、漫画「キングダム」に登場する羌瘣からであった。羌瘣は蚩尤に関係するが、その蚩尤と羌族と繋がるミャオ族の繋がりがあるのだが、ここでは詳細を省く。その羌族はチベット系の猿岩伝説を持つ代表的部族で、「羌」の字は「羊」に「人」を加えた漢字で表される典型的な遊牧民族である。その羌族は、秦の基層民であったようだ。その羌族は紀元前には西域から中国の中原からチベット北東部にやってきたというが、自らをユダヤ教徒だと言っている。これはトーマス・トランス「中国に来た最初の宣教師たち」で、その事実が語られている。そしてキリスト教を信仰していたと云われる秦氏が秦の始皇帝の末裔だとの説もあるが、その秦氏と羌族が、実は秦の時代に接点があったという事実が浮かび上がってくる。
遠野にあるチベットの残存「猿と石(其の二)」_f0075075_16432732.jpg

古代ユダヤでも山を聖なるものと考え、その山にある石を神聖視していた。「旧約聖書」「出エジプト記」には、こう記されている。

「あなたが石の祭壇を私の為に造るなら、切り石でそれを築いてはならない。あなたが石に、のみを当てるなら、それを汚す事になる。あなたは階段で、私の祭壇に上がってはならない。あなたの裸が、その上に現れてはならないからである。」

日本の磐座信仰に似た、このユダヤの信仰を受け継いできたのは、羌族であり秦氏であったようだ。自然石を敬う。遠野の山崎のコンセイサマは、いしつか失せてしまった御神体が昭和47年に見つかり、再び祀られた。人工的な御神体よりも、自然石で出来た御神体を尊ぶ信仰から来ているからであった。また、綾織の羽黒岩の下には、縄文の遺跡が発掘されているが、それも岩を信仰する民が、その下に住み付いたものであったようだ。つまり石に対する信仰は、古代から続いていたようだが、その東北の民、所謂"蝦夷の民"は、どこから来たものか未だに謎になっている。ただ感じるのは、石に対する信仰と、遊牧民の習俗が遠野では見え隠れするという事。また秦氏に関しても、菊池照雄「山深き遠野の里に物語せよ」に書かれているように、琴畑という集落は秦氏が住み着いてからだという記述。マヨヒガの伝承にある朱塗りの椀が流れてきた事を踏まえても、土師氏としての秦氏が持ち込んだものであろうという見解も否定は出来ないのである。

安直に、遠野の信仰をチベットの羌族や秦氏に結び付けたくは無いが、その似た様な信仰を「何故似ているのか?」という疑問の理由を見い出せないのが現状だ。ただ言えるのは、紀元前からの古代の流れは、もしかして遠野の習俗に脈々と受け継がれてきた可能性はあるという事なのかもしれない。
by dostoev | 2013-09-07 17:12 | 遠野にあるチベットの残存

遠野にあるチベットの残存「猿と石(其の一)」

遠野にあるチベットの残存「猿と石(其の一)」_f0075075_9124466.jpg

遠野の北に聳える早池峯&薬師岳を源流とする猿ヶ石川がある。その猿ヶ石川の名の語源は、猟師が見間違ったと云う猿に似た石からだという。「猿か?石か?」という程、猿に似ていたという石は、今でも猿ヶ石川の源流にあると云う。しかし似た様な伝説は花巻にもあり、東和の辺りに、その様な石があるとも云われている。他にも猿という文字が付く豪族の名から猿ヶ石川という名が付けられた説もあるが、猿ヶ石川の語源の決定打には成り得ないようだ。ただ猿ヶ石川沿いの伝承を調べて気になる一つの石がある。
遠野にあるチベットの残存「猿と石(其の一)」_f0075075_9195792.jpg

小出の地に、画像のような石がある。その地を現在は次郎石とも言うのだが、次郎さんがこの石に体をはめ込んだらピッタリと嵌ったので、その石を次郎石と言うようになり、その地を次郎石と呼ばれる様になったという。また次郎さんが大岩を背負ったら、その岩に体がめり込んで、今の形になってとも。他に、三女神の一人、石上山へ行く筈の女神が一人でそんな遠い山へ行きたくないとダダを捏ねたら、石から地蔵が抜け出て来て、その女神を石上山まで連れて行った。それからその石は"地蔵石"と呼ばれ、その石のある沢を地蔵沢と呼ぶようになったと云う。しかし、どれも取って付けた様な伝説である。

そしてもう一つある伝説には、この石から人が生れ、近くの集落に住み付くようになったという。この伝説と猿ヶ石川を足して考えた場合、ある一つのキャラクターが思い出される。そして、その名を孫悟空という。孫悟空は石猿と呼ばれ、石から生れた事とされているのが一般的に広まる伝説だ。
遠野にあるチベットの残存「猿と石(其の一)」_f0075075_9345357.jpg

「西遊記」の孫悟空が生れた地は中国の蜀地方であるが、このような岩祖・猿祖伝説はチベットを中心として中国の蜀地方、東南部、インドシナ、インド・ビルマの国境地帯など、東アジアの広い地域に分布しているようだ。
遠野にあるチベットの残存「猿と石(其の一)」_f0075075_10134288.jpg

日本人の遺伝子は、一番チベット人の遺伝子に近いと云われている。そのチベット人に伝わる神話は、猿と岩の魔女との結婚から生まれた6匹の猿、または人間であると云う。この岩猿伝説を有する部族はいくつかあるようだが、はっきりとした形で保持しているのはビルマ・チベット族のナガ族であると云う。先に紹介したように、猿と岩の魔女との結婚で猿と人が生れたと云うが、その岩の魔女のシンボルを割れ目のある石、つまり女陰石としている。そしてそれと共に、男性のシンボルを意味して棒状の石を祀る信仰があるのだと。遠野にも陰陽石として、例えば光明寺や程洞稲荷などに祀られ、また小さな稲荷の社にもいくつもそういう陰陽石を祀っているので、探せばもっと出てくるだろう。
遠野にあるチベットの残存「猿と石(其の一)」_f0075075_1026078.jpg

例えば、綾織の3メートルにもなる立石の上部には太陽の刻印が成されている。これは、陽石を意味しているのだろう。
遠野にあるチベットの残存「猿と石(其の一)」_f0075075_10285279.jpg

また、宮守の立石稲荷にある巨大な石は、別に「狐石」とも呼ばれるが、コンセイサマとしても呼ばれている陽石である。
遠野にあるチベットの残存「猿と石(其の一)」_f0075075_10353811.jpg

この画像は達曽部で祀られている陰陽が合体した石だ。とにかく遠野だけでは無いが、こういう陰陽石を大事に祀る、もしくは元々石があった場所に神社を建てるなど、石を崇拝している文化が根付いているのが理解できるが、その信仰と文化がいつから遠野にもたらされたのかはわかってはいない。
遠野にあるチベットの残存「猿と石(其の一)」_f0075075_1222523.jpg

ところで遠野の稲荷の社に、多くの陰陽石が祀られているのだが、稲荷神社の総本山は伏見稲荷となる。その伏見稲荷の創建は和銅年間(708年~715年)とされており、その創始者は秦伊呂具であった。「山城国風土記」「…伊禰奈利生ひき。遂に社の名と為しき。」とあり、イナリとは「稲成り」であり、稲荷の語源とされている。しかし本来、伏見稲荷を祀る稲荷山は秦氏の祖霊信仰の墓所でもあったが、宇迦御魂命を勧請し無理に付会したとも伝えられている。つまり「稲成り」とは、秦氏による後付の誤魔化しであると云われている。
遠野にあるチベットの残存「猿と石(其の一)」_f0075075_12503422.jpg

群馬県に多胡碑、正確には「多胡羊太夫の碑」があるが、これに関連するものに、江戸時代の肥前平戸藩主に松浦靜山の著に「甲子夜話」がある。その「甲子夜話」に「多胡羊太夫の碑の傍より先年石槨を掘りいだす。その内に古銅券あり。その標題の字このごとし。」とあり「INRI」と刻まれていたそうだが「JNRI」は「ユダヤ人の王ナザレスのイエス」を意味する。その「INRI」は宇迦御魂命を勧請した時に「稲成り」と付会させようとし「INRI」の間に、山の形を象った「A(アレフ)」を挟み「INARI(イナリ)」としたという説がある。ただ「A(アレフ)」は牛の角を象ったものであるとされるのが一般的である。
by dostoev | 2013-09-07 13:35 | 遠野にあるチベットの残存