遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「現代遠野物語」110話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
遠野高校の河童の手
遠野にあるチベットの残存
クワガタと遠野の自然
菊池氏考
佐々木氏考
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
七つ森考
六角牛考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
又兵衛の矛
鯰と地震
おかばみ
三女神伝説考
早池峯遥拝所
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
お雛様と瀬織津比咩
冥界との縁結び
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
七夕と天の川
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 11月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
ゲ ジ デ ジ 通 信
絵本 宮古物語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
jun-roadster
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
なんでもブログ
外部リンク
最新のコメント
語源は朝鮮人由来で間違い..
by ほげぇ at 22:07
横山不動尊のある大徳寺は..
by 鬼喜來のさっと at 21:26
大阪交野市の星田妙見さん..
by mars at 18:41
今日は突然の電話申し訳あ..
by 鬼喜來のさっと at 20:22
記事が大変興味深く拝読さ..
by 陽啓 at 01:17
古い記事なのですが、写真..
by 鬼喜來のさっと at 18:26
気仙川河口の鮭漁争いで、..
by 鬼喜來のさっと at 09:12
私は学校の校庭などでやり..
by 鬼喜來のさっと at 17:32
この釘刺しについては私も..
by 鬼喜來のさっと at 17:24
このカマコヤキと同じ行事..
by 鬼喜來のさっと at 17:03
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:遠野不思議(山)( 22 )

久々の遠野三山

久々の遠野三山_f0075075_1382619.jpg

遠野駅前に居ると、なかなか遠野三山を見る機会が無い。まあ少し移動するだけで、見る事は出来るが、一か所から全て見るには、やはり寺沢高原の展望台が一番良いような気がする。とにかく、山を見ると気持ちが落ち着くのは何故だろう。
久々の遠野三山_f0075075_13105566.jpg

早池峯山
久々の遠野三山_f0075075_1383745.jpg

六角牛山
久々の遠野三山_f0075075_1384535.jpg

石上山
久々の遠野三山_f0075075_13115944.jpg

早池峯も初めは天気が良く、くっきり見えたが太陽が傾くと共に、だんだんと雲が広がって行った。
久々の遠野三山_f0075075_13121064.jpg
久々の遠野三山_f0075075_13122445.jpg
久々の遠野三山_f0075075_1313351.jpg

遠くには、どうにか岩手山の姿が見えた。
久々の遠野三山_f0075075_13165263.jpg

ただ西側の鳥海山方面は、かなり雲が広がって来ていた。
久々の遠野三山_f0075075_13183978.jpg

それでも360度に渡って、いろいろな山を見渡せる寺沢高原の展望台は、山を見る分には一番良い展望台だろう。ただ風は完全に真冬の様な風の冷たさで、長時間居座るには辛い環境だった。。。
by dostoev | 2013-10-20 13:20 | 遠野不思議(山)

遠野不思議 第六百七十五話「離れ森」

遠野不思議 第六百七十五話「離れ森」_f0075075_5553792.jpg

「遠野物語拾遺8」に、土淵町の離れ森が紹介されている。物語では丈競べをしていたという事である。この山は、道路の進行方向の先に見える為、画像の山を見ながら歩いて、この物語を創造したのではなかろうか?また山を見る時、晴れの日や雨の日、雨上がりの日では遠近感が変わる時がある。近く感じると、山は大きく見えるもの。恐らくそういう事から、丈競べの話が作られた可能性はあるだろう。
by dostoev | 2012-05-03 06:06 | 遠野不思議(山)

遠野不思議 第六百四十九話「六角牛山(1294メートル)」

遠野不思議 第六百四十九話「六角牛山(1294メートル)」_f0075075_13777.jpg

遠野の町に住んでいて、早池峰より六角牛山の方が間近に見る事ができ、身近に感じる山でもある。
遠野不思議 第六百四十九話「六角牛山(1294メートル)」_f0075075_15363959.jpg

夏前でも、六角牛山の山頂はウグイスの鳴き声が360度から聞こえる凄い立体ステレオ空間となる。
遠野不思議 第六百四十九話「六角牛山(1294メートル)」_f0075075_15373289.jpg

また山頂には、賽の河原もあり、死者の魂が登る山であるという信仰を感じる。
遠野不思議 第六百四十九話「六角牛山(1294メートル)」_f0075075_1540197.jpg

また瀬織津姫を祀る不動の滝と、サムトの婆が棲むという沢と、サムトの婆が石になった結界石があるのも六角牛山だ。他にも、休み石・蛇石・御ご石など、沢山の伝説が付随する山でもある。
遠野不思議 第六百四十九話「六角牛山(1294メートル)」_f0075075_1372343.jpg

雲に浮かぶ六角牛山。
遠野不思議 第六百四十九話「六角牛山(1294メートル)」_f0075075_1373729.jpg

十五夜の月が浮かぶ六角牛山。
遠野不思議 第六百四十九話「六角牛山(1294メートル)」_f0075075_1374462.jpg

六角牛山の奥に夕日が沈んでいく。
遠野不思議 第六百四十九話「六角牛山(1294メートル)」_f0075075_138411.jpg

里に春を迎えた六角牛山の姿。
遠野不思議 第六百四十九話「六角牛山(1294メートル)」_f0075075_1383712.jpg

六角牛山の左側面…。
遠野不思議 第六百四十九話「六角牛山(1294メートル)」_f0075075_1384711.jpg

六角牛山の右側面…。
遠野不思議 第六百四十九話「六角牛山(1294メートル)」_f0075075_1385729.jpg

雪を纏った六角牛山…。
遠野不思議 第六百四十九話「六角牛山(1294メートル)」_f0075075_15501318.jpg

遠野不思議 第六百四十九話「六角牛山(1294メートル)」_f0075075_16353055.jpg

by dostoev | 2009-05-25 13:40 | 遠野不思議(山)

遠野不思議 第六百三十八話「大峰山(1147.4m)」

遠野不思議 第六百三十八話「大峰山(1147.4m)」_f0075075_9144829.jpg

大峰鉱山の奥に聳える大峰山は、オオヤマツミを祀る山でもある。
遠野不思議 第六百三十八話「大峰山(1147.4m)」_f0075075_9154969.jpg

遠野不思議 第六百三十八話「大峰山(1147.4m)」_f0075075_9215251.jpg
遠野不思議 第六百三十八話「大峰山(1147.4m)」_f0075075_9215784.jpg

大峰鉱山の入り口には、山の神を祀る祠があり、また大山祇神を祀る神社がある。
大峰山の周辺から授かる鉱物資源の恩恵を、感謝したのだろう。
遠野不思議 第六百三十八話「大峰山(1147.4m)」_f0075075_9241024.jpg

木々は、ブナ系も多くあり、その為か水が綺麗だ。
遠野不思議 第六百三十八話「大峰山(1147.4m)」_f0075075_925057.jpg
遠野不思議 第六百三十八話「大峰山(1147.4m)」_f0075075_9251411.jpg
遠野不思議 第六百三十八話「大峰山(1147.4m)」_f0075075_9253820.jpg
遠野不思議 第六百三十八話「大峰山(1147.4m)」_f0075075_926919.jpg

自然の沢に、人口の水飲み場が設置しているのは、安全で綺麗な水という認識
があってのものだろうと思う。
遠野不思議 第六百三十八話「大峰山(1147.4m)」_f0075075_9272647.jpg

頂は、それなりに広く平坦で、景色も良く、のんびり出来る空間ではあるが、この
頂に到達するまでの笹のジャングルは、ある意味人の侵入を拒むものではある…。
by dostoev | 2009-04-20 09:28 | 遠野不思議(山)

遠野不思議 第六百三十七話「大開山(1139.2m)」

遠野不思議 第六百三十七話「大開山(1139.2m)」_f0075075_941072.jpg

大峰ダム湖の湖畔に聳える大開山は、上郷町の佐生田から頂近くまで、道路が
伸びており、容易に登れる山だ。
遠野不思議 第六百三十七話「大開山(1139.2m)」_f0075075_910882.jpg

大開山の中腹より上は、白樺林に覆われ、かなり綺麗な山だと思える。
遠野不思議 第六百三十七話「大開山(1139.2m)」_f0075075_9133655.jpg

頂からの景色は、まあまあで、のんびり周囲を見渡しながら楽しめる山だと感じる。
by dostoev | 2009-04-20 09:12 | 遠野不思議(山)

遠野不思議 第六百二十一話「飛龍山(599m)」

遠野不思議 第六百二十一話「飛龍山(599m)」_f0075075_1633114.jpg

御殿と呼ばれる飛龍山の奥の院。
遠野不思議 第六百二十一話「飛龍山(599m)」_f0075075_16335276.jpg
遠野不思議 第六百二十一話「飛龍山(599m)」_f0075075_1634585.jpg

遠野不思議 第六百二十一話「飛龍山(599m)」_f0075075_16344979.jpg

遠野不思議 第六百二十一話「飛龍山(599m)」_f0075075_81916.jpg

後ろの巨石は、子持ち岩と呼ばれる。
遠野不思議 第六百二十一話「飛龍山(599m)」_f0075075_819371.jpg

飛龍山の頂は、この祠の後ろに続く傾斜を登ったところにある。
by dostoev | 2008-12-22 16:34 | 遠野不思議(山)

遠野不思議 第六百十八話「石上山(1038m)」

遠野不思議 第六百十八話「石上山(1038m)」_f0075075_14161562.jpg

遠野不思議 第六百十八話「石上山(1038m)」_f0075075_1118669.jpg

遠野三山の一つである、綾織地区に鎮座する石上山。綾織には、桧沢山・二郷山
・笠通山という綾織三山があるが、それとは別格の山として石上山がある。
遠野不思議 第六百十八話「石上山(1038m)」_f0075075_11181592.jpg
遠野不思議 第六百十八話「石上山(1038m)」_f0075075_11283992.jpg

登山口である鳥居をくぐれば、2時間を目安に登れば頂に到着する。
遠野不思議 第六百十八話「石上山(1038m)」_f0075075_11284960.jpg

山谷牧場から見た石上山。
遠野不思議 第六百十八話「石上山(1038m)」_f0075075_1129186.jpg

途中、中之堂があり、三女神が祀られている。
by dostoev | 2008-12-20 12:03 | 遠野不思議(山)

遠野不思議 第六百十七話「雲ノ上山(576m)」

遠野不思議 第六百十七話「雲ノ上山(576m)」_f0075075_17171744.jpg

雲ノ上山の由来は、雲の上作太夫という強い力士がいて、南部のお抱え力士と
なり盛岡へ出たが、些細なことから藩主の怒りを買い、この雲ノ上山の麓である
松長峠で磔にされたのだと云う。それからこの山の名を雲ノ上山と呼ぶようにな
ったのだと。
遠野不思議 第六百十七話「雲ノ上山(576m)」_f0075075_17173945.jpg

この山の麓のお婆ちゃんに聞くと、磔にあった場所は石がゴロゴロしており、昼
間でも気味が悪いので近付かないとの事。
遠野不思議 第六百十七話「雲ノ上山(576m)」_f0075075_17174931.jpg

by dostoev | 2008-12-19 17:25 | 遠野不思議(山)

遠野不思議 第六百十三話「ミニ早池峰山」

遠野不思議 第六百十三話「ミニ早池峰山」_f0075075_1751677.jpg

小高い山があり、これもまた早池峰山と呼んでいる。
遠野不思議 第六百十三話「ミニ早池峰山」_f0075075_17511962.jpg

登山道も整備されている山だ。
遠野不思議 第六百十三話「ミニ早池峰山」_f0075075_17513714.jpg

頂には祠があり、その背後には本物の早池峰山がある。要は、遥拝所だ。
遠野不思議 第六百十三話「ミニ早池峰山」_f0075075_1753061.jpg
遠野不思議 第六百十三話「ミニ早池峰山」_f0075075_17582170.jpg
遠野不思議 第六百十三話「ミニ早池峰山」_f0075075_17593055.jpg

ここに登って気付くのだが、頂の祠のある場所から細い稜線を伝って行くと、二度の
ピークに達するという、どこかで見た風景に出くわす…。

これは早池峰山頂→剣ヶ峯→安倍ヶ城を歩いた人ならすぐにわかる。その過程を
凝縮した山なのである。これは以前、やはり早池峰山頂→剣ヶ峯→安倍ヶ城を体験
した人が、ソックリな形状に目を付けて早池峰山としたのだろう。。。。
by dostoev | 2008-12-14 18:20 | 遠野不思議(山)

遠野不思議 第六百八話「種山(871m)」

遠野不思議 第六百八話「種山(871m)」_f0075075_1742172.jpg

昔、坂上田村麻呂が陣を構え、蝦夷征伐をしたとの伝説がある。また別に、
源義家がやはり陣を構え、西に聳える貞任山(東種山)に陣を構えた安倍
貞任と戦ったという伝説もある。
遠野不思議 第六百八話「種山(871m)」_f0075075_1773359.jpg

山全体はなだらかな丘陵で、登り易い山でもある。今では過去の伝説よりも
宮沢賢治の愛した地として有名になり「銀河の森」などという名称も付けられ
キャンプ場なども整備され、観光の山となってしまった。
遠野不思議 第六百八話「種山(871m)」_f0075075_17121069.jpg

遠野不思議 第六百八話「種山(871m)」_f0075075_1710179.jpg
遠野不思議 第六百八話「種山(871m)」_f0075075_17101077.jpg
遠野不思議 第六百八話「種山(871m)」_f0075075_17101937.jpg
遠野不思議 第六百八話「種山(871m)」_f0075075_1710379.jpg
遠野不思議 第六百八話「種山(871m)」_f0075075_17105054.jpg

by dostoev | 2008-12-09 17:10 | 遠野不思議(山)