遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「現代遠野物語」110話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
菊池氏考
佐々木氏考
クワガタと遠野の自然
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
七つ森考
六角牛考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
鯰と地震
三女神伝説考
早池峯遥拝所
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
ゲ ジ デ ジ 通 信
宮  古  物  語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
jun-roadster
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
JUNJUNの落書き帳
外部リンク
最新のコメント
余りにも漠然とした伝承で..
by dostoev at 14:34
猫沸の石碑は、同じ上郷で..
by dostoev at 14:28
『阿曾沼興廃記』や『聞老..
by 鬼喜來のさっと at 15:14
そしてこの灯篭があるとい..
by 鬼喜來のさっと at 20:21
江戸中期に仙台藩と南部藩..
by 鬼喜來のさっと at 20:08
出典は「上郷聞書」からで..
by dostoev at 17:16
この平野原の弥七と言う人..
by 鬼喜來のさっと at 13:08
浪分神社の名称は、どちら..
by dostoev at 20:18
銚子浪分神社の創建は天平..
by 鬼喜來のさっと at 20:46
正治二年(1200)三月..
by 鬼喜來のさっと at 17:18
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


遠野七観音考察

【一般的な遠野七観音伝説】


この遠野七観音は、慈覚大師が遠野において1本のカツラの霊木を得、
この木から観音菩薩像を刻み、遠野郷の7箇所に祀ったものであると。
  
遠野の歴史は、飢饉の歴史である。其れ故に、様々な思いが巡っていた
のだろう。苦しい時の神頼みではあるが、今と違い昔は単純な願いだった。

「白いまんま(米)が食べれますように…。」

「おとっつあん(父)、おかっつあん(母)の病気が良くなりますように…。」


そこで男連中は遠野三山を1日で巡れば願いが叶うとされ、女子供はこの
”遠野七観音”を1日で巡れば願いが叶うとされている…。



滋覚大師の伝説が発生し、850年頃に遠野七観音が作られたという。それと
共に、七つの井戸の伝説もまた伝わっている。七つの井戸といえば、小野篁の
伝説が有名だ。小野篁の時代は805年なので、その伝説が遠野まで伝わって
できたのが遠野七観音なのかもしれない。ただし、どういう意味を持って?と
考えると、憶測の域はでないのであるが…。

井戸は冥界に通じているという話の他に、井戸に人形を投げて呪い放つという
場所として使われた。

冥界に通じる七つの井戸水により仏像を清めて、遠野の七箇所へと分散して奉
ったといえば聞こえが良いが、当時の遠野は朝廷にとっての鬼門の地の筈であ
るが…。

青森の北斗七星型に建立された神社が鬼門を押さえる為にできあがった事を考
え合わせると、遠野もまた封印する為の七観音という考え方もまたできる。

呪法を永続的にする為には、庶民の信仰心を利用するというのが手段であった
過去の例から考えると、滋覚大師の伝説はでっち上げで、実は鬼門の地である
区域を呪法によって未来永劫押さえる意図から、遠野七観音が作られたと考え
ても不思議ではない。

平城京やら平安京などは、陰陽五行により発展させる為の街作りであったが、
何も陰陽五行は発展させる為のものだけではなく、その地を封印する為にも使
われるものだからだ。

とにかく七つという数字は聖数で、浄化の意があるのだが、中央から見ればあ
くまでも東北は鬼門である。つまり発展しては欲しくない地である事には変わ
りないのは、江戸まで続く歴史を見れば納得する筈。だから遠野七観音は、呪
術的な意味合いが濃いと思った方が良いかも…。


朝廷にとって、東北は鬼門の位置だった為に坂上田村麻呂を遣わし、蝦夷征伐
を敢行した。風水的に、鬼門を押さえたい為だった。まあ他にも理由はあるが…。

その田村麻呂が、青森に北斗七星の形に神社を建立し封じ込んだというのは、周
知のとおり。しかし、その田村麻呂は遠野にも訪れたという…。

さて…そこで、風水的な封印は施されたのだろうか?朝廷を中心に見ると、東北は
鬼門。その鬼門の東北全体を見渡すと、更なる鬼門の位置にあるのは岩手という事
になりそうだ。奇しくも田村麻呂の東征の後に建立された北は早池峰神社及び、南
は伊豆神社には瀬織津姫という穢れ祓いの強力な神を奉っている。南北の軸を中心
に、施された呪法があるに違いないと考えてしまう。陰陽五行に基づいた風水は、都
市を発展させるデザインと共に、発展を押さえるという施しもできるからだ。

東北でいう、西に位置するのは山形。元々西には、白虎を配する。それと西には悪気
が抜けるという意味合いがあり、死の匂いもする。出羽三山神社なんど、天海が絡ん
でいるという事から当然、裏鬼門という意識の元に山形を押さえた風にとれる。

例えば、出羽三山三社の階段に彫り上げている瓢箪は風水でいう「収殺」。つまり邪の
気を瓢箪の中に吸収すると意味から使用されたものと考える。更に空海の真言密教が
蔓延る山形には死の匂いがプンプン。やはり全国の裏鬼門という位置に属しているのが
山形なのではと考えるのも、いた仕方ないものだろうか…。
by dostoev | 2007-04-25 15:43 | 遠野七観音考 | Comments(0)
<< 遠野四観音考察 遠野不思議 第三百五十五話「沼... >>