遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「現代遠野物語」110話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
菊池氏考
佐々木氏考
クワガタと遠野の自然
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
七つ森考
六角牛考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
鯰と地震
三女神伝説考
早池峯遥拝所
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2018年 11月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
ゲ ジ デ ジ 通 信
宮  古  物  語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
jun-roadster
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
なんでもブログ
外部リンク
最新のコメント
https://ja.m..
by バびろ~~? at 17:24
横山不動尊のある大徳寺は..
by 鬼喜來のさっと at 21:26
大阪交野市の星田妙見さん..
by mars at 18:41
間違った説です。少し調べ..
by 梶 at 01:35
今日は突然の電話申し訳あ..
by 鬼喜來のさっと at 20:22
記事が大変興味深く拝読さ..
by 陽啓 at 01:17
古い記事なのですが、写真..
by 鬼喜來のさっと at 18:26
気仙川河口の鮭漁争いで、..
by 鬼喜來のさっと at 09:12
私は学校の校庭などでやり..
by 鬼喜來のさっと at 17:32
この釘刺しについては私も..
by 鬼喜來のさっと at 17:24
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「遠野物語51(オット鳥)」

f0075075_19405796.jpg
山には様々の鳥住めど、最も寂しき声の鳥はオット鳥なり。夏の夜中に啼く。浜の大槌より駄賃附の者など峠を越え来れば、遥に谷底にて其声を聞くと云へり。昔ある長者の娘あり。又ある長者の男の子と親しみ、山に行きて遊びしに、男見えずなりたり。夕暮になり夜になるまで探しあるきしが、之を見つくることを得ずして、終に此鳥になりたりと云ふ。オットーン、オットーンと云ふは夫のことなり。末の方かすれてあはれなる鳴声なり。

                          「遠野物語51」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
正直「遠野物語51」は、コノハズクの写真を撮影してからアップしようと思っていたが、何年かかっても撮影できずにいた。最近、もしかして生きているうちに撮影できないのでは?と思うようになり、今回ウィキペディアの画像を拝借して記事を書く事にする。

今の時代は便利なもので、こうしてYouTubeでアップされているコノハズクの鳴き声の動画を紹介する事が出来る。聞けばわかるように、これは「遠野物語拾遺118」と同じく、擬音や鳴き声をどう文章化するかの話になる。高橋喜平「遠野物語考(オット鳥考)」では恩徳の三浦氏にコノハズクの鳴声を確認するが、恩徳の三浦氏はコノハズクを飼っていた事があり、オット鳥の鳴き声に似ているとの証言を得ている。ただし明確に「オットー」と鳴いているというわけでないのは、動画からよく理解できる筈。あくまで「オットー」と鳴いている様に聞こえるか?と問われて、似ていると感じる人がいるというだけである。鳴き声は、聞く人によってそれを表音化、もしくは文字化した時に、各々の違いが出て来るもの。

ところで「注釈遠野物語」を読むと、やはりコノハズクの解説となっており、本編に対する解説が成されていない。長者の娘が、別の長者の息子に連れられて山に入って遊んだという内容だが、簡単に帰れないところをみると、奥山まで行ったのであろうか。その後に悲しさからか、オット鳥になってしまった話になっているが、ある意味"かどわかし"の話にも思える。かどわかしは誘拐であるのだが、昔話では何も誘拐するのは人間だけでは無かった。例えば、鷲や鷹に、赤ん坊がさらわれた話は広く伝わる。例えば「遠野物語拾遺138」も、鷲にさらわれた話である。また天狗が人を誘拐する話があるが、その天狗の正体は鳶であった。「今昔物語」にも空を飛ぶ天狗の正体は鳶であるとの話もある。鳥もまた、しばしばその姿のままだけでなく、人の姿に化けて悪さをする場合があるようだ。またこれは小説だが泉鏡花「高野聖」では、山に住む女を慕った男達が、全て動物に変ってしまった物語でもあった。それは女が山の魔性の者であったからなのだが、ここで気になるのは、長者の娘を山奥に連れて行った長者の男の子が果たして人間であったのか?という事。"男の子"と記してある事から、取り敢えず長者の息子であるのだろう。昔は女人禁制の山も多く、また山とは何が棲んでいるかわからぬ恐怖があった。それでも山奥に行くものは、行者かマタギや杣人か、はたまた山菜・キノコを求める者達くらいであったろう。長者の子供が、そういう危険を冒してまで山奥に行くとは考え辛い。これは長者の男の子の正体が、人間では無かったのではないかとも思える話である。

「今昔物語」で、厠に入った女性が化物になって出てきた話がある。また別に、金剛山で修行を積んでいた聖者が、ふとした縁で、ある夫人を自分のモノにしたいと思い、山で命を絶ち鬼となって再び夫人の前に現れる話がある。ここで共通するのは、厠も山も異界の入り口であるという事。厠が今では化粧室ともされるのは、この「今昔物語」の話が大きい。化けるという事は、異界の力を借りると云う事。人に化けている妖魔の正体を見破る方法に「狐の窓」というものがあるが、その呪文に「けしやうのものか、ましやうのものか正体をあらわせ」というものがあるが、「けしやうのもの」とは「化粧をしている者」の事で、正体を隠している者を意味している。

悲しみに暮れ、泣き疲れ果ててオット鳥になった娘であったが、オット鳥になった要因は、山の気を浴びたという事もあったのかと思える。そしてこの話は、先に紹介した泉鏡花「高野聖」での、人間の思いが様々な獣に変化させたものに近いと思われる。「高野聖」で女にやましい考えを持った男は、畜生に変わり果てた。悲しみに全てを包まれた娘は、オット鳥に変った。全ては、山での出来事である。

by dostoev | 2018-02-18 21:29 | 「遠野物語考」50話~ | Comments(0)
<< 流し雛神事の日 陰影 >>