遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「現代遠野物語」110話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
遠野高校の河童の手
菊池氏考
佐々木氏考
クワガタと遠野の自然
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
七つ森考
六角牛考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
鯰と地震
三女神伝説考
早池峯遥拝所
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
冥界との縁結び
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 11月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
ゲ ジ デ ジ 通 信
絵本 宮古物語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
jun-roadster
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
なんでもブログ
外部リンク
最新のコメント
語源は朝鮮人由来で間違い..
by ほげぇ at 22:07
横山不動尊のある大徳寺は..
by 鬼喜來のさっと at 21:26
大阪交野市の星田妙見さん..
by mars at 18:41
今日は突然の電話申し訳あ..
by 鬼喜來のさっと at 20:22
記事が大変興味深く拝読さ..
by 陽啓 at 01:17
古い記事なのですが、写真..
by 鬼喜來のさっと at 18:26
気仙川河口の鮭漁争いで、..
by 鬼喜來のさっと at 09:12
私は学校の校庭などでやり..
by 鬼喜來のさっと at 17:32
この釘刺しについては私も..
by 鬼喜來のさっと at 17:24
このカマコヤキと同じ行事..
by 鬼喜來のさっと at 17:03
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


千葉家の信仰

千葉家の信仰_f0075075_15521518.jpg

千葉家は、六神石神社の元宮司である千葉氏と同族であるようで、源頼朝が奥州攻略の際、頼朝の参謀を務めた千葉常胤の流れを汲むものであると伝えられる。その千葉氏は妙見信仰を崇敬している為か、六神石神社の神紋にも九曜紋が使用されている。
千葉家の信仰_f0075075_1785578.jpg

代表的な千葉氏の家紋は月星だ。画像の様に、月と星が加わった紋を使用しているが、それ以外にも多様なデザインが、千葉氏の中で採用されている。
千葉家の信仰_f0075075_16321111.jpg

ところが千葉家の家紋は、三ツ星が使用されている。三ツ星は渡辺氏を代表として松浦氏なども家紋が三ツ星であるが、それはオリオンの真中に連なる三ツ星であるという。その三ツ星家紋が何故か調べても、他の千葉氏での使用例を見つける事が出来ない。妙見を信仰する千葉氏がオリオンの三ツ星を信仰するとは妙な話である。
千葉家の信仰_f0075075_16384169.jpg

オリオンはカラスキ星とも呼ばれ、その中で三つに連なる星を一般的に三ツ星という。しかし妙見信仰は、北斗七星か北極星に対する信仰で、オリオンの三ツ星とはならない。この千葉家の家紋である三ツ星家紋は、果たしてオリオンの三ツ星を意味しているのだろうか?
千葉家の信仰_f0075075_17142116.jpg

千葉家の庭を探索すると、家紋が彫られた箱型の木が、石灯籠を形成していた。どうやら家紋は二つあるみたいで、三ツ星と月星であるよう。その手前には陶器造りの兎の置物があるが、月を意味しているのだろうか?
千葉家の信仰_f0075075_1716795.jpg

千葉家内の他の場所にも、その二つの家紋が並んで示されていた。恐らく、表と裏の家紋を示しているものか。謡曲「金輪」の九曜七星というものは、火星(熒惑星)・水星(辰星)・金星(太白星)・木星(歳星)・土星(鎮星)の五星に太陽を加えたものを七曜星で、これに羅睺星(日蝕)計都星(彗星)を足して九曜とする。しかし三ツ星を三曜とは表現しない。それではやはり、千葉家の三ツ星はオリオンの三ツ星を意味しているのだろうか?
千葉家の信仰_f0075075_17351282.jpg

千葉家の庭には、絶え間なく流れるカドがあった。恐らく旧家であるから、若水汲みの行事も行われていたと思う。遠野市での正月に行われる若水汲みは、主人もしくは嫡男が斎戒沐浴し、年の暮に新調した手桶に年縄を張り、カドの水神に御幣を奉げて拝み「新玉や年の初めの年男、むかいて参る谷の若水。」と三唱して若水を汲む。汲んだ若水は臼を伏せて注連縄を張った上に、桶ごと載せて歳神にあげてから使う事になっている。若水汲みは月の変若水の信仰が入り込んでいる為、ある意味これも星の信仰の一つでもあろう。月星の家紋を持つ千葉家であるから、当然の事か。
千葉家の信仰_f0075075_17515036.jpg

野尻抱影「日本の星」を読むと「四三の星(しそうのほし)」というものがあった。これは北斗七星が枡の四つ星と柄の三ツ星を分けて表現している言葉であったが、これはつまり北斗七星の別称でもある。どうやら平安時代まで遡る事の出来るこの別称は、熊野那智大社でも使用されていたようである。
千葉家の信仰_f0075075_1854351.jpg

支那国では柄杓の器の部分を作る四つ星は魁と呼ばれる「天枢、天璇、天璣、天権」で構成されており、柄の部分の三ツ星は杓と呼び「玉衝、開陽、揺光」の3つで構成されている。しかし、それとは別に日本では順に「貪狼星、巨門星、禄存星、文曲星、廉貞星、武曲星、破軍星」と七つの各星々の名が付けられている。

北のほしやあづまの旅に出る人をいのる光は空に見ゆらん

歌にも詠われる北斗七星は、北に輝く存在。オリオンの三ツ星は、昇って沈む星でもあり、冬を象徴する星でもある為に不変では無い。しかし、北斗七星は見えなくなれば異変が起きるとの迷信もあるのは、いつも変わらず北に鎮座しているからである。その中で、柄の先端である破軍星は「破軍星明かなければ大麦小麦豊作」や、北斗の魁の間に黒雲有ればその夜に雨降るというのは、柄の部分に黒雲がかかった場合をいう。また破軍星の差す方角を不吉とする信仰もある事から、全体の七つ星の中で柄の部分の三ツ星は、かなり星占いに関して重要な星でもあるようだ。
千葉家の信仰_f0075075_20133013.jpg
千葉家の信仰_f0075075_20134271.jpg

また千葉家の敷地内には、稲荷社があり、その御神体は大岩であるよう。またこの千葉家には、三つの沢が流れており、水が豊富である事がわかる。これらにより、千葉家の人間は、ここに住む事を決めたのだろう。地上に堕ちた星は磐となった信仰もある事から。また水は月の滴という信仰があり、その月と勾玉を結びつける場合もある。その玉から、水が発生するのだと。千葉家に流れる三つの沢も、月の恵みと捉え考える事も出来る。つまり、この千葉家の敷地全体は星の恩恵の元に建てられた屋敷と捉える事も出来るのだ。

月と星、ならばもう一つ、太陽を加えれば三光信仰が成り立つ。三光信仰は、太陽と月と星の三つの輝きを示すもので、五穀豊穣にも繋がる原初的信仰だ。千葉家の屋敷が建つ高台から見渡す限りが千葉家の土地であったと云う。それは荒地では無く、耕された豊かな農地であったようだ。それをもたらしたのが、太陽・月・星の三光であるならば、表家紋である三ツ星は、そのまま三光信仰を象徴するものであり、北極星と月を象った、本来の千葉一族の月星の家紋を裏家紋として採用したのではなかろうか。別に対い鶴の家紋も使用していたと聞くが、それは恐らく南部氏の影響を受けてからのものであったろう。
by dostoev | 2013-12-15 20:38 | 民俗学雑記
<< 遠野の山の星話 家を建てるなら >>