遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「現代遠野物語」110話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
菊池氏考
佐々木氏考
クワガタと遠野の自然
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
七つ森考
六角牛考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
鯰と地震
三女神伝説考
早池峯遥拝所
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
ゲ ジ デ ジ 通 信
宮  古  物  語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
jun-roadster
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
JUNJUNの落書き帳
外部リンク
最新のコメント
私は学校の校庭などでやり..
by 鬼喜來のさっと at 17:32
この釘刺しについては私も..
by 鬼喜來のさっと at 17:24
このカマコヤキと同じ行事..
by 鬼喜來のさっと at 17:03
あれ?しまった「猫渕観世..
by 鬼喜來のさっと at 01:47
スサノオが牛頭天王と習合..
by 五十嵐洋 at 11:57
太田館主の石田宗晴、諱だ..
by 鬼喜來のさっと at 23:33
承久の乱に敗れ奥州江刺郡..
by 鬼喜來のさっと at 16:08
余りにも漠然とした伝承で..
by dostoev at 14:34
猫沸の石碑は、同じ上郷で..
by dostoev at 14:28
『阿曾沼興廃記』や『聞老..
by 鬼喜來のさっと at 15:14
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


家を建てるなら

f0075075_12171742.jpg

建築メーカーである積水ハウスがトンデモ事件を引き起こしていた。「積水ハウスが従業員の名前を読み間違っただけで、会社挙げてその客を提訴」名前を読み間違っただけで精神的苦痛を受けたとし、その従業員を会社挙げて支援し、家の建築を頼んだ客を提訴なんて、今世紀稀に見るトンデモ事件じゃないだろうか?

ところで家は縄文時代では竪穴住居式が一般的であったが、時代と共にその建築様式が変化してきた。画像の、遠野を代表する曲家は、八代将軍徳川吉宗が幕府の財政難から主導した改革で、それにより経済の活性化を促そうと、輸入品も緩和させた為に、長崎からとんでもないものが日本に侵入した、狂犬病である。それまで狼は、山に潜み、農作物へ被害をもたらす鹿などを獲物とし主に集団で狩っていた。その為、狼は益獣とし、また山の神の使いとして崇敬されていたのだが、狂犬病によって狂ってしまい、人や家畜である馬をも襲うようになった。その為に、馬を外に放置できないからと、人間と同じ屋根の下で保護しながら生活するように考案されたのが曲家でもあった。
f0075075_12424570.jpg

屋根はまだ茅葺屋根が主流で、その茅葺屋根は燃えやすいという事から、画像の様に「水」という文字を入れる事により、火除けという呪術を施している。これは呪術でもあるが、当時の技術でもあった。呪い(マジナイ)というものは、今でこそ胡散臭くも感じるのだが、現代ほど科学の発達していない時代では、先端を行く科学でもあったのだ。

映画「刑事ジョン・ブック~目撃者~」では、アメリカ大陸に住むドイツ系移民のアーミッシュの文化を映画の中でも紹介していた。村という単位は運命共同体でもあり、村人総出で、家を建てるのもまた仕事になっていた。これは昔の遠野でも、小さな集落でも行われていたようである。若い者が主体で、農作業や家の建築をし、動ける老人は、病気や怪我による動けなくなった老人の世話を村単位で行っていたようである。その為に村の絆は深くなるのだが、ひとたびはぐれ者と認定されれば村八分とされ「八つ墓村」のような悲惨な事件さえ起こり得る事もあったのだろう。「遠野物語拾遺71」の三峰様の信仰も、村単位で導入した取り決めであったのだろう。そうして、その悪事を罰する事も村の中で粛々と執り行われたようだ。実際、南部藩時代の処刑場は宮の目が主体であったが、この広い遠野郷であるから、全ての罪人を宮の目で処刑したわけでは無く、ある程度の処罰は各地域に任せた為か、遠野の各地域には独立した処刑場があった。

村単位で固まる背景にあったものは、飢饉などによる貧しさであったよう。夕暮れ時、人の顔もよく見えなくなった時間帯に「もしもし」「おばんでがんす」などと相手に対して声をかけるのは、その人間が果たして同じ村人なのか?それとも、余所者か?もしかして妖怪?などという事を確認する為の行為であった。小松和彦「異人論」を読むと「余所者とは幸福を運ぶ場合もあるが、大抵は災いを運ぶ者である。」という認識が、小さな村単位で定着していたのだろう。何故なら、世の中が貧しく荒んでいれば、我が身可愛さに、人のモノを平気で奪う者が現れるからだ。その為に、村単位で固まる意識が生れたのだろう。これは、アフリカなどでライオンを追い払う為に、鹿が頭を中心に円陣を組み後ろ足で蹴り上げる戦術と同じようなものであろう。
f0075075_13536.jpg

家を建てるのも、簡単なものであるなら村の中だけでどうにかなったが、その建築技術の向上により、良い家を建てるとなれば、そういう技術を身に付けた者でないと建てる事の出来ない時代に登場したのは大工である。一昔前の宮大工の棟梁は甲斐の国から来た者であったよう。甲斐の国といえば、南部家が甲斐国出身であめから、その流れから甲斐国からも、様々な職人が未開の地のような遠野の地まで流れてきたのだろうか。どちらにしろ、そういう新しい技術を持った職人が来ない事には、田舎の文化も発達しない者であったろう。それから、遠野の人々も甲斐国から来た大工に弟子入りし、地元の大工職人を養成していった。

ところが、その家も高価なものであるから、現代の建築メーカーは挙って安い工法を開発し、安価な家を全国に拡げているのは、全国的に所得が低くなった者が増えた影響が大きいだろう。しかし先に紹介した積水ハウスの様な酷いメーカーもあり、家の建築の際のトラブルは様々発生しているよう。そこで帰結するのが「やはり安心して頼めるのは地元の…。」という事になってしまうのだろうか。「余所者は幸福を運ぶ場合もあるが、大抵は災いを運ぶ者である。」という認識が、再び積水ハウスによって頭をもたげたのだった。
by dostoev | 2013-12-14 13:26 | 民俗学雑記 | Comments(0)
<< 千葉家の信仰 お犬様の御札~狼・神狗・御眷属~ >>