遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「現代遠野物語」110話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
菊池氏考
佐々木氏考
クワガタと遠野の自然
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
七つ森考
六角牛考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
鯰と地震
三女神伝説考
早池峯遥拝所
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
ゲ ジ デ ジ 通 信
宮  古  物  語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
jun-roadster
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
JUNJUNの落書き帳
外部リンク
最新のコメント
私は学校の校庭などでやり..
by 鬼喜來のさっと at 17:32
この釘刺しについては私も..
by 鬼喜來のさっと at 17:24
このカマコヤキと同じ行事..
by 鬼喜來のさっと at 17:03
あれ?しまった「猫渕観世..
by 鬼喜來のさっと at 01:47
スサノオが牛頭天王と習合..
by 五十嵐洋 at 11:57
太田館主の石田宗晴、諱だ..
by 鬼喜來のさっと at 23:33
承久の乱に敗れ奥州江刺郡..
by 鬼喜來のさっと at 16:08
余りにも漠然とした伝承で..
by dostoev at 14:34
猫沸の石碑は、同じ上郷で..
by dostoev at 14:28
『阿曾沼興廃記』や『聞老..
by 鬼喜來のさっと at 15:14
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


蛇と百足(諏訪神社縁起の疑問)

f0075075_9333533.jpg

承久三年(1221年)阿曽沼親郷が軍務の為に信濃国に出陣した時、諏訪湖の畔に宿をとった夜に、諏訪大社の神の夢告により蛇の妖怪を退治して神剣を賜った。帰国後、横田城の南に御堂を建立して諏訪大社の神を祀ったのが始まりと伝えられている。

上記は、諏訪神社の案内板に書かれている内容を抜粋したもの。蛇の妖怪を退治した後に諏訪大社の神を祀ったといい、現在の祭神は建御名方神となっている。建御名方神は国譲りの神話において、建御雷に両腕をもぎ取られる。定説では、腕の無いその姿が蛇であろうとされ、建御名方神=蛇神という事になっている。事実、諏訪大社の歴史を踏まえてもミシャグチ神など蛇神を祀る諏訪大社である。

この遠野の諏訪神社の案内板に書かれているのとは別に、阿曽沼親郷が諏訪の神に頼まれムカデ退治をした伝承もまた伝わっている。恐らくこの諏訪神社の案内板に書かれている由緒は後付であろうが、蛇を退治したと百足を退治したとでは、全く意味が違ってくる。
f0075075_957374.jpg

蛇と百足といえば有名な伝説がある。大百足に変身した赤城山の神と、蛇になった二荒山の神が戦う話だ。劣勢の二荒山の蛇神は奥州の熱借山の猿麻呂に加勢を頼み、見事大百足の右目を射抜いて撃退した話がある。そして、これとは別に近江国で俵藤太(藤原秀郷)がやはり蛇神に頼まれて大百足を退治する話が伝わっている。恐らくこの諏訪神社の由緒は、これら伝説を元に作られたものであろう。そして阿曽沼氏こそが、百足退治で有名な藤原秀郷(俵藤太)の流れを汲む血筋である。

ただ何故、蛇を退治した事が、諏訪神社の由緒に採用されているのか?ここで一人の人物が浮かび上がってくる。それは、蒲生飛騨守氏郷の養妹で、名を於武の方といい、俗に「ムカデ姫」と呼ばれた南部利直の正室である。
f0075075_10341171.jpg

盛岡市に、そのムカデ姫の墓があるというが、それには伝説が付随している。於武の方の祖先は近江国で百足退治をしたという俵藤太(藤原秀郷)である。

南部利直の正室である於武の方は、俵藤太が百足退治した時に使用した矢の根を持参してきたという。そして、その於武の方が91歳で亡くなり遺体を納棺する時、遺体の下に変色している部分が百足の這い回る姿に似ていて人々を驚かせたという。百足の祟りを恐れた利直は、百足除けの堀を巡らせた墓を作るように命じた。だが、その墓へ行く為の堀に橋を架けたのだが、一夜にして破壊されたという。何度も架け替えようとしたのだが、その都度に百足が現れてそれを破壊した。また於武の方の墓から大小のむかでが這い出し、さらに於武の方の髪も片目の蛇に変化して石垣の隙間から出てきたと云われる。それから於武の方をムカデ姫と呼び、その墓をムカデ姫の墓と名付けたのたと。
f0075075_10533986.jpg

まずここで理解できるのは、ムカデ退治(もしくは蛇退治)の正しい由緒を持つ人物とは、阿曽沼氏であり、南部利直の正室であった事。この諏訪神社の伝説は、広く全戸に流布しているものであり、誰もが二荒山、もしくは俵藤太の伝説をイメージするものである事。

阿曽沼の建立した諏訪神社の由緒を、南部側はどう思ったであろうか?南部利直にとっては俵藤太の血脈を持つ阿曽沼が支配していた遠野と、その血脈を持つ者であるムカデ姫と呼ばれる女性と婚姻し、その子孫を育んだとすれば、看過できない由緒となる。しかし阿曽沼は没落し、その後に南部が遠野を統治したのであるから、蛇を退治したという由緒を諏訪神社のものにしたのは南部氏であろう。
f0075075_11122570.jpg

言い伝えによれば、この神剣を紛失したり、猿ヶ石川の水が赤変すると阿曽沼家に不吉な事がある前兆とされ、横田城を今の鍋倉城に移す時も猿ヶ石川の水が赤く濁り、神剣も紛失したというので重臣達がことごとく反対したが、移城を強行し、間もなく阿曽沼家は滅亡したと伝えられている。天正年間(1573~1592)の事である。

諏訪神社の案内板には、上記の付随の伝承も書き記されている。これらを読めば、阿曽沼の滅亡は、神剣を紛失した不祥事も重なる天意であったという内容となる。迷信が信じられている時代には、事件の正当性を強調させる為に、こういう迷信を流布させるものである。

この伝承を読んで、一番喜ぶのは南部氏であった筈。例えば遠野の汀家に伝わる伝承に「開けぬ箱」があるが、その箱の中には、阿曽沼家の家紋を纏う者が、南部家の家紋を斬るという絵柄が入った紙が一枚入っていただけであったという。当然それが南部時代に開けられ広まれば、御家取り潰しとなったのだろうとされている。つまり、阿曽沼氏は、南部氏に裏切られたという怨みが深く募っていた。その阿曽沼の怨みをかわす為に、阿曽沼氏建立の諏訪神社の縁起を改竄もしくは捏造した可能性は極めて強いものであろう。恐らく、諏訪神社の正式な由緒は、南部氏によって破棄されたものと考える。

ただ何故に百足退治が蛇退治に変わったかというと、正室の於武の方がムカデ姫と呼ばれ、そのムカデを退治する由緒をそのまま採用する事が出来なかったのは、南部家の一つの良心であったのかもしれない。
by dostoev | 2013-07-22 11:45 | 民俗学雑記 | Comments(12)
Commented by 鬼喜来のさっと at 2013-10-21 19:59 x
そういえば、阿曾沼氏の家紋である州浜の紋は、退治した百足の断面がモチーフになっているという伝承がありましたね。奥州仕置で阿曾沼氏が所領没収を免れたのは、蒲生氏郷が同じ俵藤太を祖先をもつよしみで尽力したとの話もありますが、さて・・・。
今、地元の中世の館跡の発掘調査の仕事をしているんですが、意外と異物が多く、この間は平根と思われる返しの附いた大きな鉄鏃を掘り出しました。
Commented by dostoev at 2013-10-22 05:21
さっと氏…英雄色を好むじゃないですが、例えば桓武天皇の子孫は星の数ほどいるので、一人一人相手をしていればきりがない。藤原秀郷も、またしかりだと思うんですよ。

ところで発掘調査とは、面白い。鉄鏃ですか、剣も期待してます!
Commented by dostoev at 2013-10-22 05:25
ところで毛野国を調べると、二荒神社の由緒での蛇と百足の争いがどうも、下毛野国と上毛野国を分割させたのではないかとも云われているようです。当然、佐野氏であった阿曽沼は下毛野国に属して、蛇側に立つ氏族のようです。そして百足側である赤城山を中心とする上毛野国には、朝鮮系の遺跡が多い。もしかして、蛇と百足の争いとは民族紛争なのかとも思いました。
Commented by 鬼喜来のさっと at 2014-01-01 19:52 x
dostoevさん、あけましておめでたうございます。本年も宜しくお願い致します。すこし舞台を代えますが、だふん『遠野古事記』にある松晃院の火車伝承に関係するのは、この南部利直の正室、源秀院の墓所に関連する百足姫の伝説ですね。
もうここまでくると、祟りどころか呪詛が関係している以外のなにものでもないでしょう。夫の利直はすでに死没してますので、源秀院の墓所に濠を張り巡らすよう指示したのは利直てあるのはあり得ず、重直は翌年に没してますから、もしかしたら指示したのは四代重信であったものか気になるところ。
暴君と言われた重直は、家臣団を大分リストラしており、それでかなり恨みを買っていたみたいですが、源秀院の実家である蒲生家もこの直後、片目鰻の祟りによてお家断絶の憂き目を見ているのは気になりますね。今年はまず、この辺から攻めてみるかな。
Commented by 鬼喜来のさっと at 2014-01-01 20:37 x
蒲生家の断絶は寛永十一年(1634)でした。
Commented by dostoev at 2014-01-02 05:35
さっと氏、実は於武の方が権力を握っていて怨まれていたという見方は出来ないでしょうかね?だから、有り得ない逸話が付随している。跡目争いになれば百足の血筋だとして忌み嫌われそうですし。
Commented by 鬼喜来のさっと at 2014-01-02 11:21 x
もちろん。源秀院の遺体の下に百足のような染みがあったというのは、「百足姫」こと、源秀院その人が百足であったとも取れますし、墓所の四方を囲む水濠は百足が入り込むのを防ぐのではなく、百足の怨霊が外へ這い出すのを封じたとも取れます。いずれ、瀬田の唐橋の伝承を体現した呪術的措置だった気がしますが、『老媼夜話』にみえる、蒲生氏を滅ぼした鰻の怨霊は龍神とも同一視されますから、百足とは対立するもの・・・、源秀院の子である重直の死により、南部宗家の後継は利直の庶子で弟の七戸重政、のちの南部重信に移るのですから、蒲生の血筋はこれで絶えたことになり、同じ俵藤太の末裔たる阿曾沼氏も没落の憂き目をみたのは、まさに因果というべきか・・・。
Commented by 鬼喜来のさっと at 2014-01-02 11:42 x
ネットで見つけたので何処の伝承か、出典が不明なんですが、「猫と南瓜」の伝承に関連するものなのか、「地下茎(竹類)は猫に向かって伸びる」というのがあるんです。dostoevさんが何度も述べているように、猫が鉱脈を指す隠語ならば、鉱山採掘に関係する伝承と考えていいでしょうが、自分も去年の小出館跡発掘調査で難儀した竹の地下茎は百足にそっくりですし、百足は鉱脈を探し当てる力があると言いますから、猫と百足の繋がりは鉱山や鼠を食らうという点で養蚕関係でも求められますが、猫≒虎で、ここは毘沙門天かな…。
Commented by dostoev at 2014-01-02 13:35
俵藤太の血縁は、奥州藤原氏もなんですよね。そういう意味では、阿曽沼氏も南部氏も、奥州藤原氏を踏み台にしてのし上がった氏族ですから、いろいろな祟り話は複雑に噴出しそうです。「當山鎮守早池峯大権現」という札が正法寺にあるんですが、「當山」とは「藤山」とも「藤岡」とも云われ、やはり藤原氏の関係を意味するようです。藤は水に関する職業にも多く伝えられる感じで、蛇にも繋がります。藤原氏もまた、不比等が火神から水神に信仰を変えたのですが、水神は蛇と繋がります。早池峯の神は龍神であり蛇神ですが、早池峯そのものを奥州藤原氏は崇敬していた。百足に祟られるのは、蛇の霊力が失せた為とも捉える事が出来ます。ある意味、於武の方がその藤原氏系の後ろ盾を失った為の祟り話となった可能性も考えてみたいものです。
Commented by dostoev at 2014-01-02 13:45
虎と毘沙門天は、以前にもちらっと触れましたが、虎は身近では無いので、ある意味、虎の隠語として虎なのかとも思いました。十二支での虎は木気で季節は春。それこそ草木が伸びる季節を意味していますので繋がりそうですよね。早池峯神社の片隅に、鉄を溶かして張り付けた絵馬が奉納されましたが、その名称はちょっと失念したのですが、百足と繋がるものであった筈です。とにかく鉄などの好物が百足に繋がるのは確かですよ。
Commented by 鬼喜来のさっと at 2014-01-02 19:40 x
『猫の草子』で主人公の夢枕に立った虎猫は系図を押し立てて「我は天竺唐土で恐れなす、虎の子孫也。日本は小国故に小さな姿で渡来させられ、故に日本に虎なし」と述べてますので、日本に置いて、猫と虎は同義であった事が窺われます。
「当山鎮守早池峯大権現」という事は、当山、即ち黒石正法寺の鎮守神は早池峰神社であったという事で、正法寺の創建は南北朝の頃ですから、既に滅亡していた奥州藤原氏の影は薄い気がします。もちろん、黒石には天台宗の古刹、妙見山黒石寺がありますから、没落の傾向にあった東北の天台宗派を新興の曹洞宗が取り込んだ可能性がありますね。
ちなみに、この正法寺の二世で名僧と誉れの高かった月泉良印禅師と三世虎渓良乳禅師が、宮城県気仙沼の地頭、熊谷氏一門の出とする系図が気仙沼に伝わっているので、自分の調べている猫檀家伝説が伝わる宝鏡寺の開基が三世虎渓良乳であるのも、南部氏に滅ぼされた、九戸政実の遺児を匿ったと伝えられるのも黒石正法寺ですし、九戸氏と気仙沼熊谷氏は姻戚関係であったとする系図もあって、猫伝説を通じて、鉱山だけではなくなにか隠されたものがあるんだと思います。
Commented by dostoev at 2014-01-02 19:57
猫と虎が同じであるのは、南方熊楠の論文にも書かれていますが、虎は風を司るで、しばしば風の妖怪が猫であるのと関係してくるのでしょう。また正法寺ですが、元々奥州藤原氏は永平寺との繋がりがあり、平泉寺白山神社などにも多くの寄進をしています。白山を通じて正法寺の早池峯権現と繋がるのですよ。黒石寺も正法寺も、九曜紋を掲げ、妙見を信仰していますし、南部の家紋にも向かい鶴に九曜が入っている事から、基本は妙見なのだと思いますよ。以前にも書いた変な話ですが妙見の「ミョウ」と猫の啼き声の「ミョウ」は「ビョウ」でもあり「猫(ビョウ)」ですからね。
<< 二つの伊豆神社 梅雨の合間に >>