遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「現代遠野物語」110話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
菊池氏考
佐々木氏考
クワガタと遠野の自然
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
七つ森考
六角牛考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
鯰と地震
三女神伝説考
早池峯遥拝所
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
ゲ ジ デ ジ 通 信
宮  古  物  語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
jun-roadster
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
なんでもブログ
外部リンク
最新のコメント
今日は突然の電話申し訳あ..
by 鬼喜來のさっと at 20:22
記事が大変興味深く拝読さ..
by 陽啓 at 01:17
古い記事なのですが、写真..
by 鬼喜來のさっと at 18:26
気仙川河口の鮭漁争いで、..
by 鬼喜來のさっと at 09:12
私は学校の校庭などでやり..
by 鬼喜來のさっと at 17:32
この釘刺しについては私も..
by 鬼喜來のさっと at 17:24
このカマコヤキと同じ行事..
by 鬼喜來のさっと at 17:03
あれ?しまった「猫渕観世..
by 鬼喜來のさっと at 01:47
スサノオが牛頭天王と習合..
by 五十嵐洋 at 11:57
太田館主の石田宗晴、諱だ..
by 鬼喜來のさっと at 23:33
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


河野水軍の信仰する神

f0075075_12374023.jpg

これは、河野水軍の末裔の方から聞いた話だ。3.11の三陸大津波が発生し、その祖父から「昔、我が一族がお世話になった地域であるから、お前も奉仕してきなさい。」と言われたのだという。その内容の詳細とは、河野水軍の前身は安東水軍であるという事である。

河野氏を調べると、越智氏と結び付く様であるが、越智氏は神代と結び付く家系である為、どこかで捏造が入ったものと考えるのが定説になっているようだ。また河野氏は源氏との結び付きもあるが、これは平清盛が無くなってから、平家の滅亡を察知した為なのか、平家に反旗を翻した。また河野氏の系図にも源氏は入っているが、その人物は架空の人物であり、恐らく時代の流れから源氏との結び付きを作ったのでは?とも云われている。つまり河野氏の本当の出自は、未だに謎の様である。

また河野氏の末裔の祖父の「昔、お世話になった…。」という言葉は「外東日流外三郡誌」に記されている様に、十三湊が大津波で滅亡の危機に瀕した事に由来する言葉であった。学説上は、東日流外三郡誌に記されている大津波は存在しないものとされているが、河野家では代々、それが語り継がれているのだという。

前九年の役の後、安倍貞任は斬首され、その弟の安倍宗任は当初、伊予の国へと流された。何故伊予の国なのかは、その時代から伊予の国は流刑地であるというのが一般的であった。しかし解せない事がある。安倍宗任は伊予の国で若干の勢力を作ったので、伊予の国から次は肥前の国へと移動されたという。確かに、蝦夷の国からすれば、遠い伊予の国より更に遠い肥前の国へと流刑されたのだから、再び蝦夷の国へと戻る事は難しいだろうと思ってしまう。しかしだ、安倍宗任は伊予で勢力を築いた後、今度は肥前の国へ行き、その安倍宗任の子孫は松浦水軍と結び付いている。

安倍氏は蝦夷の地に於いて奥六郡を拠点としていた。この奥六郡は海の無い地域である。しかし安倍貞任の息子である高星丸は戦の開始と共に十三湊へ行き、安東水軍の祖となる。そしてだ、河野水軍の祖も安東水軍であるのは、時間軸が少々伴わない。河野氏の発生時期と、安東水軍の発生時期は、然程変わらないのだ。考えられるのは、元々水軍の技術を持っていた氏族が安倍氏であり、それを息子の高星丸に伝え、また伊予に流された安倍宗任が河野氏に伝えたというのなら納得する。つまり安倍氏は奥六郡を本拠地としたのではなく、海の無い奥六郡に何らかの理由から封じ込められたと考えれば納得するのだ。となれば、再び肥前に流された安倍宗任は、松浦水軍と結び付いたのは本来、元々の水軍技術が肥前の国から来たものではなかっただろうか?奥州藤原氏のDNAを調べてもアイヌなどの遺伝子は無かったという。安倍氏そのものが本来、蝦夷の地が出自で無かったというのならば、安倍氏はどこから来たのかという理由が水軍の技術から、考えられる。元々は海の民であった安倍氏という氏族の過去が見え隠れする。

ところで冒頭に貼った画像は、丹内山神社の御神体とも云われる巨石である。実は、この河野氏の末裔の祖父曰く、河野氏の信仰してきたものの祖は、丹内山神社であったという。知っての通り、丹内山神社は安倍貞任などの安倍氏を祖とする、奥州藤原氏が寄進し庇護していた神社である。その丹内山神社の創建は、承和年間(834~847)に空海の弟子が不動尊像を安置し、「大聖寺不動丹内大権現」としたのが始まりであると伝えられる。「丹内」は「種内」とも「胎内」とも伝えられる。「種内」も「胎内」も大まかに言えば、内包される意味を有する。御神体の巨石にも穴があり、そこを潜る事を「胎内潜り」と云う事から、「丹内」と「胎内」は御神体を通して出来た神社名では無いかとの推測が成り立つ。

また当初は「大聖寺不動丹内大権現」というのは「権現」そのものが神々の借りの姿をいう事から、不動明王というのは神々の表だった借りの姿である。「胎内仏」という言葉もあるように、本来は表だっての不動明王であり、その胎内には本来の神が眠っていると考えて良いだろう。そういう意味を含んでの丹内山神社であろうと自分は考える。そして「谷内権現縁起古老伝」には「当社の大神は地神なり。同郡東晴山邑滝沢の滝に出現す。」とある。
f0075075_1335634.jpg

「谷内権現縁起古老伝」に記される「滝沢の滝」とは、現在の滝の沢神社の御神体と祀られる滝である。その神社こ祀られる祭神の名は、早池峯に祀られる瀬織津比咩である。丹内山神社が、滝の沢神社、そして早池峯山に向けられているのは丹内山神社と滝の沢神社と早池峯が一直線に並ぶ為であり、それは滝を通して早池峯を拝むという事から、丹内山神社は早池峯の遥拝所の意味合いを持つ神社であろう。
f0075075_13324326.jpg

また「谷内権現縁起古老伝」には続いて「当に今此石を以て礫に擲げ、其の落ち止まる地を以て我が宮地と為すべし。」とある。これは「逃げ石」の伝承として、今も伝えられる。

昔早池峰山に、白髭が膝まで届く老翁が住んでいたという。或る時の事、この老翁が小石を足で蹴り落とし、早池峰山を下っていったという事である。ところが、この石の取り除かれた所から、水が湧き流れ出て、今の猿ヶ石川になったと云う事である。この老翁が蹴り落とした石は、綾織の根岸の里で動かなくなったと。それを確認した老翁は、そのまま再び早池峰山に帰ったのだという。しかしその石は不思議な事に、その土地から逃げ出し、一夜のうちに和賀郡丹内村のヤツアナのガコに行って止まったと云う。今でもその石はその淵の中にあって、権現頭のような形をして、常に早池峰山を睨んでいるという事である。

この伝承に登場する「逃げ石」こそが、恐らく「アラハバキの岩」と称される丹内山神社の御神体であろう。石の出自が早池峯から出でたものが「谷内権現縁起古老伝」と結び付く。

早池峯には安倍貞任の伝説がいろいろあるように、安倍氏が早池峯を信仰していたようだ。その早池峯信仰と結び付くのが東和町の丹内山神社であり、この丹内山神社で安倍氏を祖とする奥州藤原氏と結び付く。つまり河野氏の信仰する神社の祖が丹内山神社であるいう事は、それは早池峰信仰を意味する事になるのだ。また河野氏の拠点である伊予には三島神社があるが、その三島神社は伊豆の三島神社と結び付く。伊豆と言えば、始閣藤蔵の名前が挙がる様に、早池峯信仰を中心として、伊豆であり伊予の国との接点が見えてくるのである。
by dostoev | 2013-02-10 13:58 | 瀬織津比咩雑記 | Comments(3)
Commented by 河野通元 at 2017-10-11 15:08 x
歴史として史実ではあり得ないお話しですね。河野家の末裔の方とは何方でしょうか?その方ご自身末裔とは考えにくい。
Commented by dostoev at 2017-10-11 16:18
>歴史として史実ではあり得ないお話しですね。

そうなんですよ。だから家に在った古文書を学者にみて貰っても否定されたそうです。ただ時代的に、どこまでが史実なのかもよくわからない。例えば「吾妻鏡」は正史として採用もしていますが、とんでもない事も書かれている。為政者による都合の良い改竄はかなりあったわけで、その為に東北の南朝年号の石碑は、全て破壊されたとも云われます。ただそうは言っても、残された様々な古文書を結び付けて歴史を刻んでいく人たちにとってイレギュラーな存在は、やはり否定されます。ただ、東北から離れた地から丹内山神社を信仰していたという、その"家の歴史"は、簡単に否定してはいけない事の様に思えます。苗字は河野姓でしたが、本当の所は違うのかもしれない。ただ揺るぎ無いのは、代々信仰していたという事実です。だからわたしは、そこに重きを置き、また魅力を感じます。
Commented by 鬼喜來のさっと at 2018-02-26 16:08 x
承久の乱に敗れ奥州江刺郡に配流された、河野通信の墳墓(聖塚)が北上にあるのでその関係では?また、後に三春藩主となる秋田安東氏は正法寺二世の月泉良印や若狭小浜藩酒井氏と関係が深く、伊予の越智氏といえば蚩尤(兵主神)との関係が指摘される三韓の鉄人退治の話がありますからね。この兵主神を祀る兵主神社は東北関東には二社しかない(猫淵神社除く)そうで、そのうちの一社が恐山と関係の深い青森県大湊の兵主神社なんですが、ここには北前船の不主が奉納した船絵馬が多数納められており、蚩尤は製鉄の要となる鞴を発明した風の神とも言われていますから、北極星を見つける航海神として猫と習合したのではと考えているんですよ。
<< 冬の白滝(2013.02.11) 大荒れの遠野 >>