遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「現代遠野物語」110話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
遠野高校の河童の手
遠野にあるチベットの残存
クワガタと遠野の自然
菊池氏考
佐々木氏考
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
七つ森考
六角牛考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
又兵衛の矛
鯰と地震
おかばみ
三女神伝説考
早池峯遥拝所
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
お雛様と瀬織津比咩
冥界との縁結び
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
七夕と天の川
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 11月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
ゲ ジ デ ジ 通 信
絵本 宮古物語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
jun-roadster
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
なんでもブログ
外部リンク
最新のコメント
語源は朝鮮人由来で間違い..
by ほげぇ at 22:07
横山不動尊のある大徳寺は..
by 鬼喜來のさっと at 21:26
大阪交野市の星田妙見さん..
by mars at 18:41
今日は突然の電話申し訳あ..
by 鬼喜來のさっと at 20:22
記事が大変興味深く拝読さ..
by 陽啓 at 01:17
古い記事なのですが、写真..
by 鬼喜來のさっと at 18:26
気仙川河口の鮭漁争いで、..
by 鬼喜來のさっと at 09:12
私は学校の校庭などでやり..
by 鬼喜來のさっと at 17:32
この釘刺しについては私も..
by 鬼喜來のさっと at 17:24
このカマコヤキと同じ行事..
by 鬼喜來のさっと at 17:03
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


荒神様とは?

荒神様とは?_f0075075_5362344.jpg

遠野の観光スポットとして有名な、中沢という地の田んぼの中に、荒神様の御堂がある。荒神様は「アラガミサマ」と呼ぶ。これがもしも「コウジンサマ」と読むのなら竈の神となる。「ものがたり青笹」によると、ある地に大きな杉の木があり荒神様が夢に現れ「ここに住みたい!」と切望し、現在の地に御堂を建てて祀ったという。

以前「荒(アラ)」は山伏用語で「砂鉄」に通じる事を書いたが宝賀寿男「神功皇后と天日矛の伝承」によれば、近江の各地で「荒神」といえば「安羅・阿那」であり、穴師や兵主神に繋がり、それはスサノヲに通じるとある。そのスサノヲは天日矛と同族神と捉え、神功皇后にも繋がると記されている。遠野には近江商人が移り住み開拓したという話も多い事から、近江からの荒神を祀ったとも考えられるが、ここでこれらを詳しく言及しようとは思わない。ただ荒神様の御堂が、何故に東を向いているのかを考えてみたい。
荒神様とは?_f0075075_5295926.jpg

神社や御堂を建てる場合は大抵、南に向けて建てるのだが、立地的に叶わないのなら東に向けて建てると宮大工の棟梁から聞いた。この荒神様は東に向けて建てられているのだが、広い田園地帯である為に立地的な問題は無く、南に向けて建てても良いのである。それを敢えて東に向けて建ててるというのには、何か理由があったのだと思う。

この中沢の荒神様は、ある地に祀られていた権現様の耳の片方を食いちぎった伝承がある。「遠野物語」においても、瀬織津比咩を祀る新山神社の権現様が、八幡の権現様の片耳を食いちぎった話もある事から"荒ぶる"荒神様である事は確かだ。"荒ぶる神"として有名なのはスサノヲがいるのだが、スサノヲと荒神様は「荒」が砂鉄などの鉄に関する共通点がある。スサノヲが鉄に関係するというのは、スサノヲがヤマタノオロチ退治をして、その尻尾から草薙剣を取りだしたのが、製鉄に関する伝承であるという一般的な見解からだ。

ところで何故に荒神様は東を向いているのかだが、これは本来六角牛山へ向けているのでは?と思う。正確にこの御堂の向きは六角牛の山に対して向きが微妙にズレているのだが、南へ向けずわざわざ東に向けた理由が他には思い当たらない。つまり荒神様の御堂は、六角牛と対坐する形を意識して建てられたのだと思う。青笹町周囲の御堂を見渡し、やはり東に向けて建てられている社に、オオナムチを祀る社がある。ここは六角牛の語源にも登場する大八幡の傍であるから、基本的には六角牛の威光が届いている地域でもある。六角牛にはスクナビコナが祀られているので、それに対坐する形でオオナムチが祀られているのだと察するが、中沢の荒神様は、何に対坐しているのだろうか?
荒神様とは?_f0075075_711265.jpg

千葉正吾著「六角牛山物語」では、六角牛山の原初の形が記されている。大同元年(806年)住吉神宮、不動明王の二社を山麓に祀るとあり、神体は坂上田村麻呂より授与されたものだとなっている。六角牛大権現が後に祀られた為、それから山名が「六角牛山」となったのであり、本来は住吉神を祀る山であったようだ。ただし、その当時の山の呼び名は不明である。しかし、かなりの古い時代に一直線に連なる五葉山・六角牛山・早池峯山は、沿岸地域の三山とされており、その信仰の形を解き明かせば、本来の六角牛山の形が見えて来るかもしれない。

ここで気になるのが、当初は「住吉神宮」となっている事だ。ウィキペディアによれば「神宮(じんぐう)は、社号として神宮号を名乗る神社である。天皇や皇室祖先神を祭神とする規模の大きな神社が多い。」とある。たかが村社レベルで"神宮"を名乗れる筈が無い。また住吉を祀っていた社は、不動の滝がある少し下にあったとある。つまり以前あった「大瀧神社」の下に「住吉神」を祀っていた事がわかった。つまりだ、六角牛の原初的な信仰が住吉神と不動明王であり、それらの神は、不動の滝から始まったものと考えても良いのだろう。そして上座に位置したのは不動明王であり、下座には住吉神であったという事実だ。

気になるのが「住吉神宮」という名称だ。とにかく"神宮"を名乗るという事は、有り得ない。ただ住吉神で思い出すのは、神功皇后(じんぐうこうごう)である。現在の六神石神社にも神功皇后は祀られているのだが、原初の住吉神宮というものは、実は住吉神と神功皇后を含めての名称では無かったのだろうか?

対坐する形で思い出すのは、東和町の大瀧神社には、天照大神と瀬織津比咩が対坐する形で祀られている。また遠野の来内地域にあった伝説の天台宗の寺であった積善寺は、滝を本尊とし不動明王が祀られており、その対坐する方向には太平山があり、そこには天照大神が鎮座していた。瀬織津比咩は天照大神の荒魂とされている為、対坐という形には何等かの意図が含まれているのだろう。中沢の荒神様は時代的に六角牛山に住吉神が祀られたかなり後に祀られたのであろうが、そこには何等かの意図があってのものだろうと思う。つまり形として、六角牛に祀られる神に関係する相対する存在としての神であり、権現であったのだろう。それはやはり鉄に関するものであり、鉄の荒ぶる神であるとするならば、やはりスサノヲ以外に考えられないのかもしれない。これに関しては、来年の宿題としよう。

*  画像の権現様は、実際に荒神様の御堂に祀られているものであるがレプリカであり、本物の権現様は別当の家で祀られている。
by dostoev | 2010-12-31 07:01 | 民俗学雑記
<< 2010年、今年最後の遠野の風... 冬の夜の荒神様 >>