遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「現代遠野物語」110話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
菊池氏考
佐々木氏考
クワガタと遠野の自然
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
七つ森考
六角牛考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
鯰と地震
三女神伝説考
早池峯遥拝所
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
ゲ ジ デ ジ 通 信
宮  古  物  語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
jun-roadster
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
なんでもブログ
外部リンク
最新のコメント
記事が大変興味深く拝読さ..
by 陽啓 at 01:17
古い記事なのですが、写真..
by 鬼喜來のさっと at 18:26
気仙川河口の鮭漁争いで、..
by 鬼喜來のさっと at 09:12
私は学校の校庭などでやり..
by 鬼喜來のさっと at 17:32
この釘刺しについては私も..
by 鬼喜來のさっと at 17:24
このカマコヤキと同じ行事..
by 鬼喜來のさっと at 17:03
あれ?しまった「猫渕観世..
by 鬼喜來のさっと at 01:47
スサノオが牛頭天王と習合..
by 五十嵐洋 at 11:57
太田館主の石田宗晴、諱だ..
by 鬼喜來のさっと at 23:33
承久の乱に敗れ奥州江刺郡..
by 鬼喜來のさっと at 16:08
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


茶室の謎

f0075075_1230219.jpg

もうすぐ今年も終わり、新しい年が迫ってきている。正直、今年は悪い年であったから、早く終わって欲しいというのが心情だ。年が明ければ、いろいろな行事があるが、フト思い出したのが初釜だった。

姉二人が茶道を習っていたのもあるし、同級生の家も茶道教室をしていたので、茶室に入った事がある。その広さとは、四畳半の、そして狭い薄暗い空間だった。遠野の曲屋にある竈も、どこか薄暗い空間であり、画像のような竈神などの面や、御札を貼っている場合がある。民家の竈と、茶道の茶室に関連があるかどうかわからないが…というか、茶室の方は昔の竈よりも明るいは明るいが、自分の小さな時の印象は暗い空間であった。その薄暗い空間で、新年の初めに、家の竈で料理を作り、茶道においては初釜を焚く。こうして比較しても、然程違いは感じない。

「茶の湯と陰陽五行」を読むと、茶室の狭い空間は突き詰めた日本人独自の思想が入り込んでいると解説されており、その中の陰陽五行に、スポットを当てて解説されている。その解説の中に「茶室の理想図として床の間を北に設け、東南に明かりを採り、北面して点前をする。貴人は南面の座に就かれる。北を壁で塞いで寒を防ぎ、客は陽に位して、主は陰に座を占める。南は躙口(にじりぐち)にして連子窓や下地窓、軒庇を深々とつけて暑を避ける。」とある。

中国では、皇帝の玉座は南面となるので、貴人を南面に就かせるのは、そういう意味合いがあるのだろう。また北に床の間を設けるのは、やはり北辰を意識しているのではないか?ところで陰陽は体にもあるとされ「上半身(陽)下半身(陰)外側(陽)内側(陰)背(陽)腹(陰)」とあるのは、地面に埋もれる大根や人参は陰気の野菜で、トマトやピーマンは陽気の野菜と同じ考えだろう。

ところで裏千家と限定しているが(いや、表千家はわからないので…。)「本勝手の場合、点前は右足から入り、畳の敷合せの踏越も右、すなわち陽の側を常に客付として足を運ぶ。」とあるのは、神前とはまったくの逆と成る。神前では左足から進み、右足を前に出してはいけないからだ。この辺の理屈も記してくれれば助かるのだが…。大抵、民衆の間では左は嫌われる。「左前」「左柄杓」「左マワシ」「左膳」とかだ。イザナギとイザナミもまた天御柱を左に回って、ヒルコという仇子を産んでいるので、左は忌み嫌われているのは"死"をイメージするからでもある。しかし皇帝が南に玉座を構えるのであれば、向かって左は東であり左大臣となって、位は右であり西の右大臣よりも高いとなる。それ故、貴人を南に座らせ、右で進むのには理解に苦しむ。何故なら皇帝は、神でもある為、それは神前でもあるからだ。

また四畳半という狭い空間も、未だに継続されているのは、どうなのであろう?実は、正式な切腹をする場は、四畳半であった。現代の四畳半は、半畳を決して真中に持ってこないのは、切腹の文化を忌み嫌ったからである。また俗信には「真中には、不吉な何かが起こる」とされ、八畳間や四畳半の真中は避けられてきた。それは真中の半畳が黄泉の国に繋がっているとも信じられたからであった。それ故に、現代の四畳半の畳の組み方は、半畳を決して真中に持ってこないようにしているのだが、茶室の場合は囲炉裏の問題もあって、そのまま真中に半畳が置かれている。ただし切腹とは違って、陰陽五行に富んでいるのが囲炉裏がある茶室でもある。もう一度「茶の湯と陰陽五行」を確認すると「炉の五行」が記されていた。「炉縁の木」「炭の火」「炉壇の土」「釜の金」「釜の水」と、五行のバランスが取れているのだという。そういう意味から察すれば、切腹場としての陰気な四畳半を上手く融和させ"陽気"として稼働している空間が茶室なのだろう。

またもう一度「真中の怪」を意識すれば、それは女性の股にも通じる。二股に分かれた木からは何かが生じると考えられたのは、ひとえに出産のイメージから来ているのだろう。それ故、茶釜を配した狭くも薄暗い空間で思い出すのは、火中出産を果たした"木花開耶姫"を想起させる。もしやだが、初めに紹介したように茶室には様々な思想が融合しているのだが、もしかして木花開耶姫の火中出産の思想も入り込んでいるのではなかろうか?ちなみに木花開耶姫は「竈の神」でもあるのだ…。
by dostoev | 2010-12-29 14:02 | 民俗学雑記 | Comments(0)
<< 蝦夷と和歌 「遠野物語拾遺38(隠里)」 >>