遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「現代遠野物語」110話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
菊池氏考
佐々木氏考
クワガタと遠野の自然
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
七つ森考
六角牛考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
鯰と地震
三女神伝説考
早池峯遥拝所
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
ゲ ジ デ ジ 通 信
宮  古  物  語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
jun-roadster
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
なんでもブログ
外部リンク
最新のコメント
今日は突然の電話申し訳あ..
by 鬼喜來のさっと at 20:22
記事が大変興味深く拝読さ..
by 陽啓 at 01:17
古い記事なのですが、写真..
by 鬼喜來のさっと at 18:26
気仙川河口の鮭漁争いで、..
by 鬼喜來のさっと at 09:12
私は学校の校庭などでやり..
by 鬼喜來のさっと at 17:32
この釘刺しについては私も..
by 鬼喜來のさっと at 17:24
このカマコヤキと同じ行事..
by 鬼喜來のさっと at 17:03
あれ?しまった「猫渕観世..
by 鬼喜來のさっと at 01:47
スサノオが牛頭天王と習合..
by 五十嵐洋 at 11:57
太田館主の石田宗晴、諱だ..
by 鬼喜來のさっと at 23:33
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「遠野物語55&56(河童の子)」

f0075075_12241368.jpg

川には河童多く住めり。猿ヶ石川殊に多し。松崎村の川端の家にて、二代まで続けて河童の子を孕みたる者あり。生まれし子は斬り刻みて、一升樽に入れ、土中に埋めたり。其形極めて醜怪なるものなりき。

女の聟の里は新張村の何某とて、これも川端の家なり。其主人に其始終を語れり。かの家の者一同ある日畠に行きて夕方に帰らんとするに、女川の汀に踞りてにこゝと笑ひてあり。

次の日は昼の休に亦此事あり。暫くすること日を重ねたりしに、次第に其女の所へ村の何某と云ふ者夜々通ふと云ふ噂立ちたり。始には聟が浜の方へ駄賃附に行きたる留守をのみ窮ひたりしが、後には聟と寝たる夜さへ来るやうになれり。

河童なるべしと云ふ評判段々高くなりたれば、一族の者集りて之を守れども何の甲斐も無く、聟の母も行きて娘の側に寝たりしに、深夜にその娘の笑ふ声を聞きて、さては来てありと知りながら身動きもかなわず、人々如何にともすべきやうなかりき。

其産は極めて難産なりしが、或者の言ふには、馬槽に水をたゝへ其中にて産まば安く産まるべしとのことにて、之を試みたれば果して其通りなりき。その子は手に水掻あり。

此の娘の母も亦曾て河童の子を産みしことありと云ふ。二代や三代の因縁には非ずと言ふ者もあり。此家も加法の豪家にて〇〇〇〇〇と云ふ士族なり。村会議員をしたることもあり。

                          「遠野物語55」

f0075075_12253244.jpg

上郷村の何某の家にても河童らしき物の子を産みたることあり。確なる証とては無けれど、身内真赤にして口大きく、まこといやな子なりき。忌はしければ棄てんとて之を携えて道ちがへに持ち行き、そこに置きて一間ばかりも離れたりしが、ふと思ひ直し、惜しきものなり、売りて見せ物にせば金になるべきとて立帰りたるに、早取り隠されて見えざりきと云ふ。

                           「遠野物語56」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この話は、河童の夜這いという話となる。遺伝子的に現代では考えられないが、古代では人間の女と獣が結び付く事が懸念されていた。その為、女人禁制の山の説にはいろいろあるが、山の獣と交わらないよう、女性を山へ立ち入る事を禁じたという事もあったようだ。

またそれとは別に昔、東禅寺という若い坊さんを抱えた修行寺があり、煩悩に打ち勝てなかった修行僧が夜な夜な寺を抜け出し、近隣の村などに夜這いをかけたという話がある。お忍びで通った峠を、今では忍峠(しだとうげ)と呼び、そのリアリティは今でも遠野に生き続けている。夜這いは然程、遠野にはなかったのでは?という話もあるが、自分の知っている限りでは、昭和50年代前半までは行われていた話を、内密に聞いている。

また交通網が発達していない昔は、遠野の各町村は孤立していたようであり、何かが無い限り…例えば、買い物や商取引などの用事が無ければ、大抵の場合村の内部に閉じ篭っていたようである。その為に、婚姻は村内部で行われる事もしばしばあり、血が濃くなっていったという。その場合、やはりというか奇形児の発生もかなりあったのだと云う。それを危惧して、例えば沿岸から海産物を売りに来た人物に、家の娘を嫁にやるなどという親同士の結び付きが生まれ、娘達は、まだ見ぬ旦那と婚姻を果たさねばならない憂き目にもあっていたようだ。

しかし東禅寺の若坊主が夜這いしていたのと同じように、各村々でも夜這いは行われていたようだ。家の者にとっては、まだ嫁入り前の娘が妊娠したとなると、誰の仕業か!と激高してしまったようだ。何故なら、親同士の取り決めで、嫁ぎ先が決まっていた場合、その娘は傷物となるわけであったから…。その為に生まれてきた赤ん坊を親は許すはずも無く、処分されたという話もまた聞いている。

神が零落して河童という妖怪になったという説があるが、人間が零落しても、やはり河童という妖怪になったのだろう。殺人事件において、被害者の体を切り刻むという行為は、相手に対する怨みの深さを表す行為であると言われる。この「遠野物語55」においても、生まれたであろう河童の子供が無残にも切り刻まれるというのは、気持ち悪いというだけでなく、それだれ憎しみを持っていた表れなのだろうと考える。そこにあったのは、もしかして人間のエゴもあったのかもしれない。

例えば、結納金というのがある。娘を嫁がせる代わりに、お金を納めてもらうというものだ。これは体の良い人身売買みたいなもので、金持ちの家に見初められれば、娘の家には多額の結納金が入る。しかし娘が傷物にされてしまうとなると、娘が孕んだ後に生まれてきた赤ん坊は、憎んでも憎みきれない存在となってしまう。これを「遠野物語55」を現代に当てはめてみれば、生まれてきたものが人間であれば殺人という罪となる。しかし、河童の子であれば人間では無いのだ。

日本語に「何処の馬の骨かわからぬ…。」などという、相手を称して動物に対比させる言葉がある。つまり日本人の意識の中に、どこか認めない相手に対しては、人間では無いと思わせる観念があるのだろう。人間を罵倒する言葉に、多くの動物の言葉があるのは、その観念を如実に物語っているのかもしれない…。

また、ある父親が生まれてきた我が子を見て「こんなの、自分の子供じゃない!」と騒いだという話を聞いた事がある。実は、生まれたばかりの赤ん坊は顔は赤く、毛も無く、へたすりゃ顔もうっ血して、人間の子供というより、猿の子供?と思わせる場合もままある。正直本当の可愛さは、やはり生まれて時間が経過してから、やっと人間に近くなるような気がする。

ある地域では、小猿を食べる習慣があるのだと。その小猿の毛をむしり茹でると、それは猿ではなく、まるで人間の赤ん坊を茹でているように見えるのだと。それを知らない者が、その茹で上がった猿の子を食べる姿を見れば、まるで人間の赤ん坊を食べているようだと。

つまり、生まれたての赤ん坊という存在は、人間であって人間には成り切れていない存在でもある。テレビなどで登場する赤ん坊は、本当に可愛らしい赤ん坊を採用してブラウン管に映し出されているのだが、なかには実際に人間の子らしからぬ赤ん坊に見える赤ん坊もいるのは、否定できない事実だと思っている。

ただ「遠野物語55」に登場する河童の子を産んだ娘は、既婚であるにもかかわらず、河童の夜這いを受けた事になる。ただしだ…この娘の家は有力者の家であるという事は、娘も何不自由なく過ごし、野良仕事に従事する娘達とは、肌の色も白かったと思われる。美人の定義に色白というのがあるが、大抵の場合は野良仕事をしない良家の娘が殆どそれに当てはまる。

オシラサマの話でもそうだか、大事な娘に手を付ける者は酷い仕打ちを受けるもの。ただ、良家の家の娘ほど自由奔放であり、自らの思いを成し遂げるのを普通にやってのけるものだ。オシラサマの話でも、自分が愛した存在が馬であれば、その馬を求める。オシラサマの物語も、この河童の子を産んだ話も、実はそれほど違う話ではないのかもしれない。

この「遠野物語55」は既婚でありながら、未婚時代に結ばれていた男を家に呼び込み結ばれた話でもあったのかもしれない。ここに良家の娘の、自由奔放さが伺われる。ただし世間体から、河童の夜這いとなって伝わった可能性がある。

ところで「遠野物語56」では、その生まれた”河童の子”を”道がえ”に棄ててきたとある。道がえとは村外れなどの辻であり、村外れの辻は異界の入り口でもある。魔物が現れる、侵入する場所でもあるので、石碑・石塔を建てるのは、その侵入を防ぐものでもある。逆に、河童の子をそこに棄ててくるのは、異界に返すという意味合いも込められているのだ。
by dostoev | 2010-12-09 12:31 | 「遠野物語考」50話~ | Comments(2)
Commented by ラーメンまん at 2013-12-26 23:05 x
更に奥深く野物語を学習して参ります。大晦日遠野高校サッカー部応援に行きます。
Commented by dostoev at 2013-12-27 17:40
もうすぐ、遠野高校の試合ですね。ただ1回戦を勝ったら、かなりの人が応援に行くみたいで、1回戦は自宅で様子見する人が多いと聞きます。なので、是非1回戦突破をして欲しいですね。応援も頑張ってください!
<< 「遠野物語58(河童駒引き考)」 「遠野物語54(機織)」 >>