遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「現代遠野物語」110話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
菊池氏考
佐々木氏考
クワガタと遠野の自然
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
七つ森考
六角牛考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
鯰と地震
三女神伝説考
早池峯遥拝所
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
ゲ ジ デ ジ 通 信
宮  古  物  語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
jun-roadster
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
なんでもブログ
外部リンク
最新のコメント
記事が大変興味深く拝読さ..
by 陽啓 at 01:17
古い記事なのですが、写真..
by 鬼喜來のさっと at 18:26
気仙川河口の鮭漁争いで、..
by 鬼喜來のさっと at 09:12
私は学校の校庭などでやり..
by 鬼喜來のさっと at 17:32
この釘刺しについては私も..
by 鬼喜來のさっと at 17:24
このカマコヤキと同じ行事..
by 鬼喜來のさっと at 17:03
あれ?しまった「猫渕観世..
by 鬼喜來のさっと at 01:47
スサノオが牛頭天王と習合..
by 五十嵐洋 at 11:57
太田館主の石田宗晴、諱だ..
by 鬼喜來のさっと at 23:33
承久の乱に敗れ奥州江刺郡..
by 鬼喜來のさっと at 16:08
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


夕暮れと早池峰山

f0075075_1045469.jpg

遠野盆地に夕暮れが迫る。盆地の為に、沿岸地区よりも日の出は遅く、日の
入りは早い。それは、春夏秋冬変わらない。ところが遠野盆地全体が薄暗く
なっても尚、明るい場所がある。それは北に聳える早池峰山である。

「早池峰(ハヤチネ)」は「速霊峯(はやちね)」でもあった。「霊速振る(ちはや
ぶる)」など神の意を感じる山に、日本人は「霊(ち)」という文字を入れてきた。
例えば、宮崎県の神話の里で有名な高千穂も、本来は「高霊秀(たかちほ)」
であった。

早池峰山は遠野盆地が早朝暗い頃に、真っ先に太陽の光を浴びて輝き、遠野
盆地が薄暗くなってもなお、夕日を浴びて茜色に輝き染まる。太陽を遠野の里に
伝える早池峰山はまさに「速霊峯」であると感じる。
f0075075_17401156.jpg
f0075075_17405913.jpg
f0075075_17412833.jpg

偽書とも云われる「竹内文書」には、武鵜草葺不合天皇時代に、陸奥の陸中
の早池、六角牛、甲子の三山に大宮を建立し遷都したという文があり、その
中の甲子の山とは五葉山であるようだ。この三山ラインは早池峰から見た場
合、夏至の日の出ラインになるという。

奇しくも五葉山山頂には日の出岩があり、真っ先に太平洋から昇る太陽の光
を受けて、その太陽光を六角牛山経由で早池峰山へと運ぶというものらしい。
「竹内文書」そのものは胡散臭いのだが、早池峰山から、六角牛山→五葉山の
太陽の運行を考えると、あながち否定できないものがある。
by dostoev | 2010-02-04 10:50 | 民俗学雑記 | Comments(8)
Commented by グッドスノゥ at 2010-02-04 16:59 x
 遠野物語百周年企画にだま・・・ゴホゴホ。宣伝に影響され、ちくまプリマー新書「遠野物語へようこそ」を購入したクチです。
解説者が遠野三山の部分を間違えているようですが、原文はちゃんと載っていたので問題は無いかと。

さて、嘘は何のためにあるか?文書を残すにはそれなりの教養がなければならないのは周知の通り。嘘の中に真実がある!・・・とまでは断言出来ませんが、何らかの真実が含まれている可能性は十分に考えられます。
Commented by 輝夕 at 2010-02-04 22:33 x
>宮崎県の神話の里で有名な高千穂も、本来は「高霊秀(たかちほ)」であった。

初耳だ!
何に書いてあったの?探してみるから・・・
Commented by dostoev at 2010-02-05 10:17
>嘘の中に真実がある!・・・とまでは断言出来ませんが、何らかの
>真実が含まれている可能性は十分に考えられます。

ドストエフスキーの言葉に、正しい真実を伝えるには嘘を交えた方が効果的だというのがありますが、本来嘘100%も真実100%もないのかもしれませんね(^^;
Commented by dostoev at 2010-02-05 10:28
輝夕…「ち」には古代、千・血・乳・霊という漢字があてられたけど、神威が現れるところには「霊」という漢字があてられたよう。「日向風土記」では「知鋪」と記され「和名抄」では「知保」で記される高千穂は本来「霊秀」に「高」を加えて「高千穂」になったのだと…ある本…って、何読んだっけか?(^^;
Commented by グッドスノゥ at 2010-02-06 14:18 x
 有名な格言に「女は目をみて嘘をつく」とあります。
女性の嘘が見破りにくいのは、色香に惑わされるだけでなく・・・(笑)

以下、歴史のお時間。
かな文字が生まれたのは平安時代とされ、当時漢字の文書は同じ文字でいろんな読み方があるのでとても不便でした。かな文字は「女文字」とされ、男が使うものではないと正式な文書には使われませんでしたが、思いのままつづれるとの事で貴族の間で喜ばれました。こうして「源氏物語」や「枕草子」などの名作が生まれたと言われています。
方言などもそうですが、同じものでも違う読みがあり、そこから派生していった伝承もまたあるのですよね。これこそが柳田国男のいう民俗における文化価値・・・あれ?途中から国語の授業みたいになってきた。(汗)

参考文献:学研。日本の歴史(上)
Commented by dostoev at 2010-02-07 19:08
ひらがなばかりでも、漢字ばかりでも、現代に住む自分にとっては読み辛い。昔の人も読み辛いと思ったから、ひらがなと漢字を組合わせたのでしょうね。この辺は合理的になったと思いますよ。方言と言えば、明治時代になって言語の統一が成されたのも大きかった。秋田県人の将校の悲劇が実を結んだのでしょうね。。。。
Commented by アリス at 2010-02-10 21:29 x
すごく素敵な写真ばかりですね。ため息が出ます。
遠野大好きです。
Commented by dostoev at 2010-02-11 10:48
アリスさん、いらっしゃい。遠野が好きという事は、何度かおいでになっているのですね。遠野は「民話の古里」と宣伝されてますが、実は「神話の里」だと思っています。だから、観光では見えてこない謎がまだまだ詰まっているので、今後とも遠野に注目してくださいませm(_ _)m
<< 昨夜の仙人峠近辺 久々の観音窟 >>