遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「現代遠野物語」110話~
「現代遠野物語」120話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野西小学校トイレの郁子さん
遠野東小学校松川姫の怪
遠野西小学校の座敷ワラシ
遠野高校の河童の手
冥界との縁結び
感応院と子供の黒い影
遠野にあるチベットの残存
クワガタと遠野の自然
物部氏と遠野
琴畑と妙見
菊池氏考
佐々木氏考
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
七つ森考
六角牛考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
母子信仰と速佐須良比賣
水神と日の御子
来内の違和感
遠野七観音考
早瀬川と白幡神社
又兵衛の矛
閉伊氏の正体
鯰と地震
池之端
おかばみ
三女神伝説考
早池峯遥拝所
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
お雛様と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
妙見と瀬織津比咩
鉄の蛇
勾玉の女神
荒御魂
七瀬と八瀬
七夕と白鳥
七夕と天の川
年越しの祓の女神
瀬織津比咩(イタリア便り)
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 11月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
ゲ ジ デ ジ 通 信
絵本 宮古物語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
jun-roadster
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
なんでもブログ
外部リンク
最新のコメント
語源は朝鮮人由来で間違い..
by ほげぇ at 22:07
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「現代遠野物語」 第百二十話(笛吹峠の人骨)

大槌町に、遠野の宮守町から嫁いだ高齢の女性がいる。その女性から聞いた話だが、その女性は、笛吹峠にある能舟木の、俗に"呪い屋敷"と呼ばれる家に嫁いだそうである。呪い屋敷の謂れは昔、旅の女六部を殺した事により祟りにあった事から、近所で「呪い屋敷」と呼ばれていたそうである。

宮守町の女性が嫁いだのは、昭和時代の事であった。その当時の呪い屋敷の姑は、まるで西洋の童話に出てきそうな赤毛の魔法使いのお婆さんの様であったそうだ。実は、その姑の血筋は、笛吹峠の鉱山で働かされていた外国人であった。そしてその姑は、巫女でもあった。ある日、その姑が能舟木から笛吹峠へ抜ける旧道を歩いている時、とある方向を指さして「あそこは、恐ろしい。」と怯え、家に帰った事があった。その後、その姑が怯えた辺りが大雨で流れた時に、おびただしい人骨が出てきたそうである。ただ、その人骨がどういったものなのかは、わからないそうである。

処刑場跡地から、おびただしい人骨が出てくることは、よくある事である。しかし、歴史的に笛吹峠の一角に処刑場があったという話は知らない。恐らく、旅人が殺され埋められた場所の可能性があるだろう。「遠野物語5話」に笛吹峠を避ける話が載っているが、もしかしてこの人骨との関連もあるのかもしれない。

# by dostoev | 2024-01-08 21:47 | 「現代遠野物語」120話~

「現代遠野物語」 第百十九話(処刑場跡 其二)

現在の遠野風の丘が建設される前は、鬱蒼とした森だった。そしてその前の道路では、よく頻繁に事故が起きていたので、地域では何かあるのではないかと思われていた。その森が伐採され、いつしか遠野風の丘が建設された。その基礎工事の中、おびただしい人骨が発見された。簡単に処分できないので、その現場から一番近い綾織の曹洞宗である長松寺に、その骨が持ち込まれてまとめて供養された。その当時の住職は、加藤秀山和尚。飲兵衛で、女好きの和尚だった。

ところでその発見された人骨だが、そのあたり一帯は宮の目の処刑場と呼ばれる場所であった。文献には処刑場の名前は載っているが、詳しい場所は不明であった。その事から、恐らく宮の目の処刑場で処刑された罪人が埋められた地であったと思われる。

# by dostoev | 2024-01-08 21:14 | 「現代遠野物語」110話~

「現代遠野物語」 第百十八話(処刑場跡 其一)

遠野の南の町外れであり、上郷町の来内との間に、遠野ダムがある。現在は、遠野第二ダムが完成した為に遠野第一ダムともいうが、古くは来内ダムとも呼ばれていた。その遠野第一ダムである来内ダムの着工が昭和28年。そのダムが建設される位置から下流域一帯が、ダム建設予定地になっていた。その下流域に栃洞と呼ばれる地がある。そこから、おびただしい人骨が発見された。恐らくだが昔、ダムが建った辺りを"ケッコロガシ沢"と呼ばれた処刑場であった。処刑は夜に行われ、刀で切られ崖下に蹴落とされた事から"ケッコロガシ沢"と呼ばれるようになった。その罪人が埋葬されたのが、栃洞ではなかっただろうか。そして今の遠野第一ダムを渡った山の斜面に、処刑された罪人たちの供養碑が一基建っている。
# by dostoev | 2024-01-08 21:06 | 「現代遠野物語」110話~

たましいの歩く街

たましいの歩く街_f0075075_10023677.jpg
「遠野町古蹟残映」「たましいの歩く街」という記事がある。内容は、下記の通りである。

「遠野町の一日市の下角、大工町と鍵町、新町と続く所に、旅館がある。遠野町の西側一帯の地に寺院が八か寺もある。遠野の人達が死亡すると必ず、ここを通りそれぞれの檀家寺に納ることになっている。霊魂も同じようである。旅館の仏間に就寝しているお婆さんに真夜に仏達が立ち寄る、お婆さん独り言、「くやくやと」一晩語る声がすると必ず誰かが死んでいた。また昭和十九年頃のことである。遠野町の政界を二分していた一方の雄、M氏が死去したので、その旨を、常に政治的に対抗するK氏も病気で伏していたのでM氏が死亡したのを告げると、昨晩M氏の霊魂が寺に行く途中、立ち寄り、「一緒に行くべ」と言うから、私はまだ行かれないと言ったら淋しく立ち去ったと、既にM氏は死亡を知っていた。」

たましいの歩く街_f0075075_10182494.jpg
新町という名が出て来るが、新町は寛永四年(1627年)に「多賀の里」及び「六日町」と「一日市」とを結ぶために「新町」を作ったとされる。ところで、その新町には私の檀家である時宗の常福寺がある。新町からその常福寺への入り口のところに、以前はT医院があった。そしてそのT医院が建つ以前は、今は無くなった菊善工務所の一族が住んでいた。元々の土地の所有者は、どうなのかわからないが昭和40年代になり、遠野市で利用するので菊善工務所の一族はその住んでいた土地から立ち退き、代わりに建ったのがT医院だった。

ところで菊善工務所一族が、そこに住んでいる時に、頻繁に幽霊を見たそうである。冒頭の「たましいの歩く街」の解説にあるように、霊魂もそれぞれの檀家の寺に集まって来ていたのだろうか。もしかして、菊善工務所一族の住んでいた地は、常福寺へ集まる霊魂の通り道だったのだろうか。

# by dostoev | 2023-12-19 10:53 | 遠野怪奇場所

夜泣きと乳の粉

夜泣きと乳の粉_f0075075_08073135.jpg
遠野高校の敷地内の一角に、夜泣き神様(夜泣稲荷)の社が鎮座している。赤ん坊などが夜泣きすると、夜中でも行って参拝すると、不思議に夜泣きが止んだという。夜泣きは、今も昔も赤ん坊がするものだが、神様にすがるほど昔は夜泣きに苦労したのだろうか。赤ん坊の夜泣きの原因は、単純に言えば赤ん坊にとっての不快感だろう。蒸し暑い、寒い。煩い。お腹が減った。体調不良etc。不快感を親に訴える為に、泣く。そういう意味では、現代よりも昔の方が不快感は多かったろうと思う。
夜泣きと乳の粉_f0075075_09070785.jpg
沢山美果子「江戸の乳と子供」には、乳の出ない母親の代用品としての「乳の粉」の事が書かれている。「乳の粉」とは、寒ざらしにした米の粉を水で溶いで煮沸した乳の代用品との事。その乳の粉の宣伝文句は「ちゝなき子をそたてる薬」と書かれており、現代での過大広告を思い出す。値段を現代に換算すると、一袋が約563円になるそうである。それが高いのかどうかは、なんとも言えない。ただ成分に着目すれば、米問屋あたりが販売すれば、ぼろ儲けになったのではなかろうか。こういう乳の粉というものが売り出される自体が、それだけの需要があっての事なのだろう。この乳の粉は江戸を中心に、四国や東北まで広まっているようだ。「仙台郷土研究」には、一関藩(現在の一関市)の武士が、妻の産後の肥立ちが悪い事から、藩に対して乳の粉の支給願いを提出している事が記されている。遠野は南部藩であるが、恐らく遠野にも乳の粉は伝わっていたのではなかろうか。
夜泣きと乳の粉_f0075075_19141853.jpg
ところが、明和生まれの江戸時代後期の絶対主義的思想家である佐藤信淵が、その著である「経済要略」の中で、「世間で「乳の粉」と言って、乳の乏しい家で用いるものがあるが、これを長く用いると背中に酸汁を生じ、或いは癇癪を発す。必要の良法に非ルナリ」と乳の粉に警鐘を鳴らしている。事実、林俊一「農村の母性と乳幼児」によれば、貧しい東北の農村では昭和期になっても乳の粉が用いられ、それが乳児死亡の原因とする調査もなされているようだ。

医療技術の発達した最近では、あまり聞く事が無くなったが、昔は産後に死亡する母親もかなりいたらしい。そうなると、残された父親や、その祖父母が赤ん坊の面倒をみなくてはならない。そんな中、泣きわめく赤ん坊に取り敢えず乳の粉を与える人達がいたのではなかろうか。

以前某テレビ番組で、ある部屋に置かれている物を少しだけ移動して、それをそれぞれ複数の男女にそれを見つけてもらうという実験があった。そして、それを発見するのは全て女性であったと。その番組では、女性は"空間把握能力"が男性に比べて遥かに高いのは、赤ん坊の微妙な表情を読み取って判断できるからだと。だから子育ては、女性が適していると。ところが、それが江戸時代であれば、その母親が亡くなれば、その赤ん坊の死亡率がかなり高まるという事だろう。
夜泣きと乳の粉_f0075075_19404044.jpg
もしかしてだがこの夜泣き神様には、貧しい遠野の民が様々な理由から乳の粉に手を出して、癇癪を頻繁に起こした赤ん坊が多く連れて来られたのではと想像してしまうのだった。泣き止んだのは、親に抱っこされ散歩した事から、その赤ん坊の機嫌が良くなったなどの可能性もあるだろうか。

# by dostoev | 2023-12-17 19:44 | 民俗学雑記