遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「現代遠野物語」110話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
菊池氏考
佐々木氏考
クワガタと遠野の自然
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
七つ森考
六角牛考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
鯰と地震
三女神伝説考
早池峯遥拝所
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
ゲ ジ デ ジ 通 信
宮  古  物  語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
jun-roadster
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
JUNJUNの落書き帳
外部リンク
最新のコメント
『阿曾沼興廃記』や『聞老..
by 鬼喜來のさっと at 15:14
そしてこの灯篭があるとい..
by 鬼喜來のさっと at 20:21
江戸中期に仙台藩と南部藩..
by 鬼喜來のさっと at 20:08
出典は「上郷聞書」からで..
by dostoev at 17:16
この平野原の弥七と言う人..
by 鬼喜來のさっと at 13:08
浪分神社の名称は、どちら..
by dostoev at 20:18
銚子浪分神社の創建は天平..
by 鬼喜來のさっと at 20:46
正治二年(1200)三月..
by 鬼喜來のさっと at 17:18
銚子浪分神社が諏訪社の分..
by 鬼喜來のさっと at 17:13
いやいや想像は後回しとし..
by dostoev at 16:35
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


遠野不思議 第百六十四話「念仏塔」

f0075075_9465344.jpg
f0075075_947369.jpg

この塔は、繋集落を中心とする地域の人びとが、講中を結び、お経やご詠歌
を唱え、先祖や餓死者の冥福を祈り、その供養の証しとして建立したものだと
云う。

念仏塔の文字は、遠野南部家の家老(福田諸領)が、揮毫したが、仕上がりが
気に入らないと地中に埋めさせた。それを何年か後に地域の人々が掘り出して
再建したと言われる。

一文字の大きさは、三升の米が入ることから三升彫と言われている。
# by dostoev | 2006-04-22 09:49 | 遠野不思議(石碑) | Comments(0)

遠野不思議 第百六十三話「日出神社」

f0075075_9403226.jpg

神社の祭神は、建保年中(1213~1218)阿曽沼朝綱の勧請したるものだ
と云う。祭神は薬師如来にして、気仙郡上有住村秋丸にあるものを現在の地
に移転したものだと云う。
f0075075_9404161.jpg

他に義経と当地の長者の娘との子、日出姫が建立したとも伝えられている。
f0075075_9404946.jpg

後年に至り、その地に訪れた自覚大師がその伝説を聞き、四天王の像を彫刻
し之を日出神社の守護神としたそうである。
f0075075_9405679.jpg
f0075075_941348.jpg
f0075075_9411473.jpg
f0075075_9412171.jpg

# by dostoev | 2006-04-22 09:48 | 遠野各地の神社(その他) | Comments(0)

第百六十二話「横田警察署看板」

f0075075_2023176.jpg

珍しい「横田警察署」の看板。
# by dostoev | 2006-04-21 20:06 | 遠野不思議(オブジェ) | Comments(0)

遠野不思議 第百六十一話「安陪屋敷跡」

f0075075_531917.jpg

常堅寺の裏手に、安陪貞任の一族の屋敷があったそうだ。ここには的場の跡に、
堀の跡などの遺構があり、更にその北側には、八幡太郎義家の陣地跡があった
筈だが…?今では新たに作ったらしい堀と…?

「遠野物語六十八話」に…安陪という家ありて、貞任の末裔と云う。昔は栄えたる
家なり。今も屋敷の周囲には堀ありて水を通す。刀剣馬具またあり。と記されている。
f0075075_551094.jpg

実は、河童淵の主として有名になった故・安部与市さんが、その末裔であったと
いう。安部さんの家には、三条小鍛冶宗近の太刀と、天九郎の槍に、妙珍作とん
ぼのくつわ等を所蔵していたらしい。

側には小さな社があり、安部氏の先祖が、甲州より稲荷神社を勧請し、旧二月
十五日に「ダンビラーケー」「ダンビラ祭」が近郷の山伏を一同に集めて行ってい
たという。そこで湯立ちの儀式を行い、巫女が笹を振り巫女舞を舞ったと云う。
# by dostoev | 2006-04-21 05:07 | 遠野不思議(史跡) | Comments(0)

遠野不思議 第百六十話「熊遭遇物語」

f0075075_1632093.jpg

f0075075_10355396.jpg

f0075075_21103157.jpg
f0075075_21105790.jpg
f0075075_21114237.jpg

現在、山が荒れて木の実が採れる樹木が無くなった為に、
熊が里にやってきて残飯などを漁っている。

その為か、町外れへ行くと「熊注意」の看板をあちこちに
見る事ができる。ちなみに自分の住んでいる家は遠野駅の
真正面であるが、歩いて5分程度の範囲に熊が出没してい
るのは事実である。

だからか、現在の遠野市では熊と人間との遭遇話が毎年語
られる。熊に遭遇し「これこれ熊よ…。」と語って助かっ
た婆様の話とかいろいろな話に毎年花が咲いている。

ここでももう一つの「熊遭遇物語」を紹介しよう。

ある日、某家族がキノコ狩りに行ったそうな…。

その家族の奥さんが夢中になり、ひとり家族から逸れてし
まったそうである。すると、藪の中から熊が現れたそうな。

しかし、その奥さんは慌てず騒がず、熊に向かって歌を唄
ったそうである。

そうすると立ち上がった熊が座り込んで、その歌声に聞き
入り、奥さんが歌を止めたら帰って行ったそうである。

その時に唄った歌は「夕焼け小焼け」とか「七つの子」と
か童謡の類であったという。

ただし、その奥さんの歌声は、オンチだったのか、それと
も素晴らしい美声だったのかは、定かでは無い…。

とにかく熊と遭遇したら、まず歌を歌ってみよう!(^^;



実際に熊と遭遇したら、決して慌てる事無く、じっと熊の
目を見据えれば良いと聞いている。

とにかく熊の気持を荒立たせるな、が正解であるようだ。


また昔からマタギに伝わる呪文がある。熊と遭遇したら…。

「お前の正体を知っている、ツキノワ!」

と言うらしい。仏教系の月輪(がちりん)がツキノワグマの
胸に隠されているのを暴くという呪文らしい。

そして、この呪文を聞くと熊は

『しまったぁ!』

と思い、逃げるという(笑)(^^;
# by dostoev | 2006-04-20 21:14 | 遠野不思議(その他) | Comments(5)

遠野不思議 第百五十八話「太子堂」

f0075075_15515847.jpg

「太師様の像に縄を掛けて、引きずり回して喜んでいる子供達があるのを、ある人が見咎めて止めると、その晩枕神に太師様が立たれて、面白く遊んでいるのに邪魔をしたとお叱りになった。これもお詫びして許されたそうな。」

                                                     「遠野物語拾遺」

f0075075_1552961.jpg

十王様と内容が一致するように、仏様と子供の世界は、大人が考えるよりも深い密接な関係にあるようだ。
f0075075_1552216.jpg

この太子様は百日咳の霊験あらたかということで、太子様の顔に粉おしろいを塗り、願をかけて剥ぎ取り、その粉を子供の喉に塗ると1週間で治ると云われ、人々に信仰された神様だ。その為に太子像の顔は真っ白で、異様な雰囲気を初めて見る人には与えると思う。
f0075075_1552382.jpg

また、火災の予知をしたり、不思議な霊の世界を実証してくれるそうだが…。
f0075075_15524877.jpg
f0075075_15525793.jpg

# by dostoev | 2006-04-18 16:05 | 遠野不思議(神仏像) | Comments(0)

遠野不思議 第百五十七話「三峰様」

f0075075_2133723.jpg

この地方で三峰様というのは狼の神のことである。旧仙台領の東磐井郡
衣川村に祀ってある。悪事災難のあった時、それが何人のせいであるとい
う疑いのある場合に、それを見顕わそうとして、この神の力を借りるのである。

まず近親の者二人を衣川へ遣って御神体を迎えて来る。それは通例小さな
箱、時としては御幣であることもある。途中は最も厳重に穢れを忌み、少しで
も粗末な事をすれば祟りがあるといっている。

一人が小用などの時には必ず、別の者の手に渡して持たしめる。そうしてもし
誤って路に倒れなどすると、狼に喰いつかれると信じている。

前年、栃内の和野の佐々木芳太郎という家で、何人かに綿カセを盗まれたこ
とがある。村内の者かという疑があって、村で三峰様を頼んで来て祈祷をした。

その祭りは夜に入り家中の燈火をことごとく消し、奥の座敷に神様をすえ申し
て、一人一人暗い間を通って拝みにいくのである。

集まった者の中に始めから血色が悪く、合せた手や顔を震わせている婦人が
あった。やがて御詣りの時刻が来ても、この女だけは怖がって奥座敷へ行き
得なかった。

強いて皆から叱り励まされて、立って行こうとして、膝はふるえ、打倒れて血を
吐いた。女の供えた餅にも生血が箸いた。験はもう十分に見えたといって、そ
の女は罪を被せられた。表向きはしたくないから品物があるならば出せと責め
られて、その夜の中に女は盗んだ物を持ってきて村の人の前に差し出した。

                                「遠野物語拾遺71」
f0075075_2142644.jpg

字山口の瀬川春助という人も、それより少し前に、浜へ行って八十円の金を
盗まれた時、やはりこの神を頼んで来て罪人がすぐに現れ、表沙汰にせず
に済んだ。

明治四十三年に字本宿の留場某の家が焼けた時には、火をつけた者が隣
部落にあるらしい疑があって、やはり三峰様を頼んで来て両部落の者が集
まって祭りをしたが、その時は実は失火であったものか、とうとう罪人が顕わ
れずにしまった。                       「遠野物語拾遺72」

f0075075_2471520.jpg

この祭りが終わると、すぐに三峰様は衣川に送って行かねばならぬ。ある家
では、それを怠って送り届けずにいた為に、その家の馬が一夜の中にことご
とく狼に喰い殺されたこともあったという。          「遠野物語拾遺73」


三峰様は、現代となって御年配に訊くと邪教だという答えが返ってくる。しかし、
ここまでの恐ろしさを保った三峰様の存在は大きい。

現代においては闇の部分が無くなり、刑事事件においても黙秘権が適用され
平気で犯罪を否認できるのだけれど、もしも三峰様が現代でもあったのならと
考えれば簡単に犯罪には走れないのになぁと、まじまじと思う(^^;
# by dostoev | 2006-04-17 02:52 | 遠野不思議(その他) | Comments(3)

遠野不思議 第百五十六話「愛宕神社」

祭神は、迦具土命と伊邪那美命なそうである。なんというか、因縁の二人みたいな
組み合わせではある。ただ思うに、迦具土命の誕生によってホトを焼かれて死んだ
伊邪那美命との因縁は、そのまま愛宕神社に受け継がれ、遠野の西方を鎮護しつつ
死から生への転換を司る立場の神社として建立されたのかもしれない。入り口脇に
卯子酉様と、奥に五百羅漢があるというのは、意味深ではある。


元々「宕」という漢字は「人を石詰めにして殺す」といった意味がある。「愛宕」とは「愛」
と「人を石詰めにして殺す」の組み合わせだ。奇妙な取り合わせだが、ここでの愛は
愛する人と訳していい。この場合は、伊邪那美命を差したものだろう。

ホトを焼かれて死んだ伊邪那美命を想い悲しみ、石によって殺すのではなく、石によっ
て守るという解釈でいのだと思う。つまり愛する人を再び、火に焼かれて死ぬ事がなき
ようにする為に石で守る。だから愛宕は、火伏せの神なのだと思う。つまり生きている
人間だけでなく、死人さえも業火により守る為にうるのでは無いか?だからこそ、五百
羅漢の手前に愛宕神社は鎮護しているのだと思う。
f0075075_16444241.jpg

恐ろしい三峰様
f0075075_1644545.jpg

今は廃れた庚申塚
f0075075_1645598.jpg
f0075075_16452086.jpg

湯殿山と、山神とコンセイサマ…雑多のようだが、導き出されるものがある。


愛宕さんは、城下町を守る境の神様でもあったらしい。旅立ちの時に安全を祈り、家族と
別れる場所でもあった。また、遠野郷には山神塔が多くあって、その山神塔の建っている
場所はかって山神に遭い、または山神の祟りを受けた場所だという。

この愛宕神社の入り口にも、いくつかの山神の石碑がある…。「遠野物語」には、次のよ
うな話が載っている。

「和野の何某という若者、柏崎に用事がありて夕方堂の辺りを通りしに、愛宕山の上より
降り来たる丈高き人あり。誰ならんと思ひ林の樹木越しに、その人の顔の所を目がけて
歩み寄りしに、道の角にてはたと息逢ひぬ。先方は思ひがけざりしにや大いに驚きてこち
らを見たるは顔は非常に赤く、眼は輝きて且ついかにも驚きたる顔なり。山の神と知りて
後をも見ずに柏崎の村に走り付きたり。」(遠野物語拾遺89話)
f0075075_16453674.jpg
f0075075_16454938.jpg

長い石段を登ると、本殿まで通じる”月見坂”が現れる。この月見坂は、江戸時代に定
められた遠野八景の一つでもあり、ここでの月見を是非体験して欲しい場所でもある。
f0075075_1646792.jpg
f0075075_16462563.jpg

以前は、萱葺き屋根の本殿であったが、現在は瓦屋根に変わってしまった。そして
昔は、この本殿の左脇の藪をかき分けて通り、五百羅漢へと行ったものである。
f0075075_16464214.jpg
f0075075_16465598.jpg

愛宕神社は、火伏せの神様とも云われている。「ある時、其家の失火の際に神明の
大徳院の和尚が手桶の水を小さな杓子で汲んでかけ、皆が駆けつけた時には既に
火は消えていた。

翌朝に火元の者が大徳院に来て礼を述べると、誰一人そんな事は知らなかったと
いう。それで愛宕様が和尚の姿になって火を消し止めてくれたとわかったそうである。」
                                         (遠野物語拾遺)

本殿には上記の右の写真の通り、龍を飾っている。これは火ふせの神という性格上、
雨にも通じる龍という存在も必要だったのだろう。ある意味、猿ヶ石川の側にある愛
宕神社とは水神を奉る神様でもあったのだと考える。
# by dostoev | 2006-04-16 16:54 | 遠野各地の愛宕神社 | Comments(0)

遠野不思議 第百五十五話「卯子酉神社の仏像」

f0075075_16203119.jpg

4月15日。今日は、卯子酉神社のお祭りである。縁結びに使う、古くなった
赤い布を外して燃やし、供養する日。

そして、年に一度の御神体の御開帳の日でもある。

左から千手観音・不動明王・文殊菩薩
f0075075_16204161.jpg

f0075075_1621299.jpg

不動明王は酉を現す。
f0075075_1621149.jpg

f0075075_16213936.jpg

文殊菩薩は卯を現す。
f0075075_16215542.jpg

f0075075_1622915.jpg

千手観音は子を現す。
f0075075_16222192.jpg

この中に、手彫りの素朴な仏像が祀られている。
# by dostoev | 2006-04-15 16:33 | 遠野不思議(神仏像) | Comments(0)

遠野不思議 第五十四話「愛宕の月見坂」

f0075075_2023587.jpg

f0075075_20261868.jpg
f0075075_20264259.jpg

f0075075_23525874.jpg
f0075075_2353135.jpg
f0075075_23533178.jpg
f0075075_23541668.jpg
f0075075_23544227.jpg
f0075075_23553947.jpg
f0075075_005996.jpg
f0075075_011621.jpg

長い石段を登ると、本殿まで通じる”月見坂”が現れる。

この月見坂は、江戸時代に定められた遠野八景の一つでもあり、ここでの月見を
是非体験して欲しい場所でもある。
# by dostoev | 2006-04-15 00:03 | 遠野八景&十景 | Comments(3)