遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
菊池氏考
佐々木氏考
クワガタと遠野の自然
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
六角牛考
七つ森考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
鯰と地震
三女神伝説考
早池峯信仰圏
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
ゲ ジ デ ジ 通 信
宮  古  物  語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
jun-roadster
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
JUNJUNのブログへよ...
外部リンク
最新のコメント
死んだら魂は山へ…という..
by dostoev at 05:03
そうなのですね。 確か..
by soma0506-yca at 22:03
あ…「6つ3合う」ですね..
by dostoev at 17:09
日本人は良くも悪くも言葉..
by dostoev at 17:03
凄く面白いですね。 6..
by soma0506-yca at 16:15
なるほど。ありがとうござ..
by 秩父まほろば at 09:49
西の真言、東の天台と云わ..
by dostoev at 06:12
こんにちは。 円仁の話..
by 秩父まほろば at 17:57
さっと氏…まるで「徒然草..
by dostoev at 18:26
下駄を利用したトレーニン..
by dostoev at 18:25
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2016年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

紫陽花の季節

f0075075_16431417.jpg

どうやら、梅雨があけそうだ。この季節、目に付くのが、色とりどりの紫陽花。土壌によって色が変化すると云う紫陽花は、赤から青、そして白も含むグラデーションが目に付く。
f0075075_16453919.jpg

今日は、雲の多い蒸し暑いであった。その為か、太陽光も照ったり、陰ったりで、安定した撮影には厳しい条件ではあった。それでも角度を変え、ああだこうだと、それなりに数を撮影してしまった。たまには、花だけの記事もいいだろう。
f0075075_16474081.jpg

f0075075_18464752.jpg

f0075075_16481725.jpg

f0075075_16484188.jpg

f0075075_16485584.jpg

f0075075_16491136.jpg

f0075075_16494260.jpg

f0075075_18542932.jpg

f0075075_1650578.jpg

f0075075_16503450.jpg

f0075075_16505814.jpg

f0075075_1652320.jpg

by dostoev | 2016-07-29 16:53 | 遠野の自然(夏) | Comments(0)

夜雨の早池峯神社参拝

f0075075_4504621.jpg

昨夜は、レンタサイクルで行くには厳しい早池峯神社へと願い事を携えた観光客を連れて行ってきた。遠野駅前周辺は霧雨状態だったが、早池峯神社に向うと本降りとなった。それでも神社の杜に守られてか、境内は雨の当たらない場所も多かった。しかしこの夜の早池峯神社境内は、真っ暗だった。いつも点いているいる筈の街灯も消えていた。微かに社務所近くの街灯に灯りが見えるだけであった。
f0075075_4544758.jpg

座敷ワラシが現れたという神木にも参拝を済ます観光客。
f0075075_456195.jpg

本殿前は、雨がしたたり落ちている。

f0075075_4591378.jpg

長い参拝だった。切実な願いがあったのだろうか。神事の大抵が夜に執り行われるのは、神にとっての時間帯が夜であるからだ。夜の参拝が効果的なのは、それがあるのかもしれない。
f0075075_504038.jpg

雨降る、早池峯神社境内。
f0075075_562159.jpg

行きはよいよい帰りはこわいじゃないが、帰りの景色が、何故か不気味に感じた。
f0075075_563413.jpg

妖しく光る紙垂。どうやら雨の湿気が、ソフトフィルター代わりをしているようだ。
f0075075_5133934.jpg

by dostoev | 2016-07-27 05:13 | 御伽屋・幻想ガイド | Comments(0)

猫の幽霊?

f0075075_84054.jpg

今日7月26日は"幽霊の日"という事らしく、幽霊ネタをば少々。数日前に泊ったお客様からメールが届いたのだが、その中に猫の事が書かれていた。夜間に"毛の長い黒猫"を見たという表現であったが、まず時間帯がよくわからない。そして猫の毛色なのだが現在、家にいる猫は白黒の毛の長いミーという猫。もしかしてミーと見間違ったかとも思ったが、そのお客様は何度かミーと接している。その接しているミーを夜間に見たと、いちいちメールで報告するだろうか? もう一つの可能性は、4月11日に老衰で死んだグー。グーはアップした画像を見て分かる様に黒色の長毛種なので、お客様の見た猫と特徴が完全一致する。果たして夜間にいた猫とは、幽霊となったグーなのだろうか?
by dostoev | 2016-07-26 08:18 | 民宿御伽屋情報 | Comments(0)

遠野不思議 第八百四十九話「蛇體姫大明神」

f0075075_12333436.jpg

ある女性が幼少の頃、蛇を殺した為に、その蛇の魂魄が体内に入り体を患い、40歳になるまで苦しんでいたという。しかしある日、日蓮宗の僧と出会い、七日間に渡る祈祷によって、その蛇の魂魄を封じた神社。
f0075075_12363344.jpg

by dostoev | 2016-07-25 12:41 | 遠野各地の神社(その他) | Comments(0)

月夜のマヨヒガへのガイド

f0075075_863311.jpg

マヨヒガの地へのガイドは、月夜であった。霧の中にぼんやり浮かぶ月を見る観光客。
f0075075_891945.jpg

霧に浮かぶ月と、自分の影を重ねる。この日は、鹿も多く登場したが、それよりも小ギツネが多く登場してくれた。それ以外は、アナグマが車の前を横切った程度か。
f0075075_8125439.jpg

いつの間にか霧も晴れて、雲の多い空が広がる。

いつものコースを車で進んだが、途中落石があり車が進めない場所があった。戻ろうかと思ったが、どうにか動かせそうだと落石をどかして、先へと進んだ。車中では、いつもの通りの遠野物語関連の話をして、いくつかのポイントを紹介し、宿へと戻る2時間コース。このマヨヒガコースは安定して霧が発生してくれて、野生動物が現れ、星や月が綺麗に見えるので、印象が良い。今年も、また何度も行く事になるだろう。
by dostoev | 2016-07-20 08:23 | 御伽屋・幻想ガイド | Comments(0)

まだ梅雨があけない、雲の多い遠野の空模様

f0075075_1648870.jpg

2016.07.19の遠野の朝、空には雲が広がりつつ、遠野の町には雲海も降りていた。
f0075075_16504268.jpg

まだ夜明け前、町に降りている雲海の霧に包まれている。
f0075075_16513839.jpg

時間と共に、空は明るくなり、それと共に暗い雲海も明るい白色に変って行く。
f0075075_16525827.jpg

空の厚い雲は、太陽光を遮断するかのよう。
f0075075_16535355.jpg

暗い厚手のカーテンのような雲も、日の出と共に色を変えて行く。
f0075075_16545878.jpg

山の背後が、燃える火の色になってきた。
f0075075_1656013.jpg

東に聳える六角牛山は、未だ雲に包まれたまま。
f0075075_1657940.jpg

上空の雲の隙間から、一筋の光が雲海を照らしてきた。
f0075075_16582943.jpg

更に放射線状に光は差し込み、旭日旗を思わせる様。
f0075075_16595227.jpg

貞任高原の風車も、光を浴びて動き始めた様に思えた。遠野の梅雨明けは、まだか。
by dostoev | 2016-07-19 17:02 | 遠野の自然(夏) | Comments(2)

梨木平(其の二)

f0075075_16365763.jpg

臼杵という地の傍に"梨木平"という地がある。臼杵という地は、九州は豊後国の緒方惟栄の兄、臼杵氏を名乗った一族が開発した土地であるという。その梨木平に入って調べようとしたが、私有地の為立ち入り禁止となっていたので断念した。
f0075075_1643207.jpg

別に同じ梨木平という、やはり私有地が遠野にあるが、ここは阿蘇氏を名乗る者が守っていた。内部には梨木明神を祀り、一本の梨木の古木があった。

阿蘇氏は12世紀前半阿蘇近辺を支配する武士団を形成しており、治承・寿永の乱の鎮西反乱にも参加し、源氏方で活躍したが、先の臼杵氏である尾形氏に付いた様である。史実から外れる伝承となるが、源義経に手を貸した緒方氏は、家臣共々奥州へ辿り着き、閉伊氏を名乗ったという。その家臣に阿蘇氏がおり、その一人である阿蘇権太楼は殉死し、川井明神として今も祀られている。

臼杵の梨木平の詳細はよくわからぬが、岩手県の、もしくは遠野の梨木平は早池峯、または不動明王、または蛇との関連を見出す。ネットで検索すると、全国にいくつもの梨木平がヒットするが、その地名の発生まではわからないのが現状だ。
by dostoev | 2016-07-06 17:05 | 遠野地名考 | Comments(0)

湯殿山の瀬織津比咩

f0075075_1133592.jpg

延宝六年(1678年)、江戸時代の神道家である橘三喜が全国の一宮を行脚した記録である紀行文「一宮巡詣記」の一文を紹介したい。下記の文は、羽黒を参拝した後、月山、そして湯殿山へ行った時のものである。

「石体を拝し奉る、折節午の刻なれば、日光移りていとたうとかりき、夫石体は伊弉冉尊にして、南の方に立、北の方に向ひ給ふ、北の方なる山は伊弉諾尊にして、二神遘合の遺跡、上代よりをのずから顕れける事にこそ、月山の社は月弓尊、羽黒の社は天照大神、鳥海の社は素戔男尊、何れもいはれ有事なれどもらし侍る、中古天台真言より支配して、金胎の大日也と云ならはして、神代の残れる跡を知る人なきこそ悲しけれ、夫よりおひざの下を拝し奉るに、石体を流るゝ水は赤く、北の山より流るゝ水は白し、あなうれし、にへやの妙体難有神道成事をしらず、此所に到る者一世の行などゝて、親をすて子をすて、石体の神慮にそむく、かなしむべき事也、石体の上に荒神塚あり、少下りて滝あり、瀬有、落滝津瀬織津姫と観念しぬ」

橘三喜は、吉田神道を広める為の行脚であったようだが、吉田神道の観念の中に、湯殿山の荒神塚の下を流れる滝は瀬織津比咩であるという認識がなされていたようである。ただ、その表現は、滝があり、瀬があっての瀬織津比咩であるという認識とはひとえに、滝・瀬には瀬織津比咩が坐すという観念が定着していたとの表れであろう。

しかし、その34年後(1712年)の世に登場した江戸時代の百科事典でもある「和漢三才図会」には、橘三喜の記した荒神と瀬織津比咩の滝の場所を、下記の様に記している。

「滝の後に三宝荒神堂有り。不動の滝及び御沢に下り、地獄の行勢を見る。」

荒神が"三宝荒神"に改められ、滝は"不動の滝"だけにされていた。荒魂を祀って荒神とされたという説があり、湯殿山での荒神塚は天照大神の荒魂とされる瀬織津比咩を感じるが、三宝荒神となると仏教色が濃厚となり、明王系の顔立ちをした三宝荒神の像もある事から、瀬織津比咩の面影が失せてしまっている。そして滝もまた不動の滝とされているのは、そのイメージが不動明王となり、三宝荒神と同じく明王系に支配されたかのよう。

更にその78年後、寛政の三奇人として有名な高山彦九郎「北行日記」に、同じ場所が記されている。

「北に向ふて立つ是を湯殿山権現と称して拝す。予此辺りを見るに一人も居らず、其の傍らを登りて見るに岳番が居りたりといへる小屋一つ有れ共人は居らず。彼のぼんてん垣を入りて左リ赤岩の本に小穴有り是れより水神の窟と称す。権現の岩是れを大日ともいふ権現の本地仏の故とぞ。此の後より沢を西へ下り御蔵とて川滝の下に淵有り散銭を皆ナ爰を沈むると参詣の人を欺く、昨日蔵入せしなと聞へし実は別当へ収納せしを云ふなり。此滝を中王の滝とも称す。爰に大滝といふ有り又不動滝と号す。」

そして、その後に記されているものにも着目したい。

「熊野三社の岩庚青面金剛の岩胎内くゝり胎内権現と称す。弘法護摩を焼たる岩日天月天二十八宿岩灯明仏千軆地蔵大黒弁財天八万八千仏ぼんてん帝釈両部大日大りやう権現といへる岩銭を挟みて有り」

伊弉冉の石体は湯殿山権現となり、滝は不動の滝とは別に、大滝という新たな名称も加わっていた。出羽三山信仰の元は熊野信仰から伝わったという。「出羽国大泉庄三権現縁起」によれば、熊野三山の新宮が月山権現に、本宮が鳥海山に、那智が羽黒権現にかかるという。出羽三山の当初には湯殿山が入っていなかったが、後の出羽三山は羽黒山・月山・湯殿山となっているが、あくまで湯殿山は出羽三山の奥ノ院の扱いが正しいのだろう。その奥ノ院にもやはり、熊野信仰が伝わっている。"大りやう権現"で思い出すのは「義経記巻第七(三の口の關通り給ふ事)」の後半部である。弁慶が法螺貝を吹き鳴らし祈った冒頭の言葉が「日本第一大りゃう権現、熊野は三所権現」であった。

源義経の家臣に鈴木三郎重家がいた。岩手県の伝承には、その鈴木三郎重家が難を逃れ、現在の宮古市の横山八幡宮の神官を務め、その後に近内という地に老後を過ごし、破石という地で死んだとされ、その鈴木三郎重家を農神として祀り"法霊権現"と称したという。一旦は廃れた法霊権現を明和八年三月に再興し、その時の棟札に縁起が後世に伝える為に書かれた中に「熊野三所日本第一の大霊権現」と記されている。これは「義経記」と繋がるものである。「義経記」の解説には「大霊権現は熊野権現の事を云う。」とあるが、それが法霊権現であるとするのは、熊野権現とは広義的に那智の事を云うのが一般的の様だが、その那智には那智の滝があり、そこに祀られるのは飛瀧権現でもある。法霊(ほうりょう)は飛瀧(ひろう)の転訛であるとされる事から、湯殿山の"大りやう権現"もまた飛瀧権現の事を云うのであろう。

内藤正敏「修験道の精神宇宙」では、内藤氏そのものが過去の紀行文と同じ体験をしていた。実は、湯殿山詣の事を「御沢駆け」と称しており、仙人沢を沢登りして奥ノ院に参詣する風習が危険である事から禁じられていたようだ。内藤氏はそれを果敢に挑戦したのだが、その体験記を読むと違和感があった。それは過去の紀行文での御沢駆けとは沢下りであるのだが、内藤氏のの体験は沢登りである。とにかく内藤氏の本を読むと、過去に瀬織津姫と観念された滝は、不動の滝及び大滝と名称が変化ていたのだが、現代となってその滝は「御瀧大聖不動明王」となっていた。更に荒神が三宝荒神となっていたが、内藤氏によれば、出羽三山では三宝荒神を本尊の裏側に立てて守護するよう定められていると紹介している。その三宝荒神の後方には大きな鏡があり、天照大神だとされているようだ。荒神は荒魂を祀るものであるという説からすれば、天照大神の荒魂として湯殿山の三宝荒神があるという事になる。そしてそれは湯殿山の御神体でもある、温泉が涌き出る茶褐色の巨岩にも通じるのだろう。

この茶褐色の巨岩は、橘三喜が記した紀行文で記してあった"赤い水を流す石体"の事である。ただその石体は、伊弉冉であるとしていたが、気になるのは現在その三宝荒神を「来名戸(くなど)の神」と彫った石碑としている事である。「くなど」は「来な処」すなわち「きてはならない所」の意であり、境界をも意味する。御神体岩が伊弉冉であるなら、その境界は現世と黄泉国の境界を意味するのであろう。「和漢三才図会」での御沢駆けの表現に「不動の滝及び御沢に下り、地獄の行勢を見る。」と書き記されている事から、黄泉国が仏教色に変換されて地獄の行勢と表現されるようになったのだろう。学者の説によれば、恐らく御神体から流れ落ちる水の先が地下他界としての地獄の世界ではないかとしている。これは琵琶湖の佐久奈谷が、黄泉国と繋がっている伝承と結び付くものであろう。その境界に立つのが来名戸の神であり、三宝荒神であり、天照大神の荒魂、瀬織津比咩という事になろうか。地獄は出羽三山にいくつも登場し、例えば祓川にかかる橋を無明の橋と呼ぶが、無明の橋とは三途の川にかかる橋を意味し、実際に祓川の傍には葬頭河婆を意図した姥堂がある。また、かっては五重塔傍に血の池地獄と記された地があったのも、全ては女人救済儀礼からのものであったとされる。それは元々出羽であり羽黒が、熊野信仰から発祥したものであるからなのだろう。出羽三山のうち、羽黒山だけが女性でも参詣できるのは熊野信仰の影響をそのまま受けているのもあるが、羽黒権現そのものが熊野権現でもあるという事では無いか。熊野三山が人々の信仰を集めたのは、身分の貴賤、浄不浄を問わず誰をも広く受け入れる平等性と開放性もあるが、先に記したように熊野権現とは那智の神でもあり、そこに流れ落ちる那智の滝は、穢祓をする強大な滝でもある。その強みがあるからこそ、身分の貴賤、浄不浄を問わないのだろう。その出羽三山の奥ノ院である湯殿山にも、当然の事ながら穢祓の神は鎮座していたという事か。
by dostoev | 2016-07-05 07:33 | 瀬織津比咩雑記 | Comments(0)

瀬織津比咩の祭祀其の四十三「早池峰神社(関根)」

f0075075_11363868.jpg

この神社は、死んでいた。入口の鳥居はそれなりに新しく、雰囲気もある。しかし、鳥居を潜ってから信仰の死を感じた。
f0075075_11444144.jpg

鳥居の奥は、蕗の葉が生い茂り、人の往来の無さを表していた。
f0075075_11453159.jpg

そして社までの参道は、雑草が生い茂り、どこに足を向けて進んで良いか迷ってしまうほど。
f0075075_11465046.jpg

社そのものは、神を祀る社という感じでは無く、神を遥拝する拝殿の様相であった。方向はどうやら、早池峯を向いているようだ。
f0075075_11482449.jpg

この神社の当初は、どうやら小さな祠で早池峯大神が祀られていたようだ。その後地域での信仰の広がりから、社や鳥居も大きくなったようだが、その後に廃れて行ったのは、やはり人口の推移によるものだろう。神とは人が祀るものであるから、人がいなくなるという事は、信仰の終焉でもある。学校の統合、神社の統合、世の中の流れとなっている。
by dostoev | 2016-07-02 12:07 | 岩手県の瀬織津比咩 | Comments(0)