遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
菊池氏考
佐々木氏考
クワガタと遠野の自然
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
六角牛考
七つ森考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
鯰と地震
三女神伝説考
早池峯信仰圏
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
ゲ ジ デ ジ 通 信
宮  古  物  語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
外部リンク
最新のコメント
江戸後期というより江戸前..
by 鬼喜來のさっと at 22:11
法量(ホウリョウ)は魍魎..
by dostoev at 20:00
『江刺郡昔話』には正法寺..
by 鬼喜來のさっと at 14:49
佐々木喜善の『江刺郡昔話..
by 鬼喜來のさっと at 01:08
では法量神と飴買い幽霊の..
by 鬼喜來のさっと at 01:55
おお、面白いですね。自然..
by 鬼喜來のさっと at 01:07
カエルのような両生類と考..
by dostoev at 04:56
河童は冬眠しないのでしょ..
by 森のどんぐり屋 at 14:34
安来市と比べ、神代の歴史..
by dostoev at 09:42
 島根県の安来市あたりも..
by 名古屋特殊鋼流通倶楽部 at 13:57
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2015年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

瀬織津比咩の祭祀其の四十一「早池峯新山神社(荒田)」

f0075075_18102797.jpg

小国の荒田に鎮座する、早池峯新山神社。祭神は、瀬織津比咩となっている。由緒は慶長三年勧請となっているが、社頭由緒には「大同二年酉年川井村山中ニ鎮座」と記されている。ただし祭神は、須世理姫命であるという。画像は、その早池峯新山神社の拝殿となる。
f0075075_18371618.jpg

早池峯新山神社の社の周囲には、末社だろうか、小さな社がいくつかある。その中に、祭神素戔男尊の八坂神社があった。社頭由緒の祭神、須世理姫命と関係があるのだろうか?須世理姫も根の国の住人。「大祓祝詞」によれば、罪や穢れを根の国・底の国に運んで行くのが瀬織津比咩の仕事でもある。ある意味、現世と根の国の境界に立つのが瀬織津比咩という事。これは別の機会に、詳しく書く事としよう。
f0075075_18391837.jpg

本殿内部を拝見すると、闇の中に自分の姿の映る鏡があった。御神体は早池峯そのものであろうが、鏡はその現身であろう。鏡は蛇の眼を意味し、また古くは月を意図して、水神の象徴にもなっている。まさに、竜蛇神でもある瀬織津比咩にとっての現身が、鏡であるのだろう。
f0075075_18424871.jpg

その鏡の背後には、古い鏡があり、左右に古い社と新しい社が並んでいるが、古い社には何も入っていない。これは、伊勢神宮などの式年遷宮と同じ、小さな神の遷宮なのだろう。
by dostoev | 2015-09-25 18:49 | 岩手県の瀬織津比咩 | Comments(2)

白山様へ

f0075075_9403519.jpg

泊り客の希望で、白山様へと行ってきた。この白山様は、夜明けと共に一人でこの岩山に登り祈願すると長者になれるというもの。頂には岩船があり、その岩船の舳先は北を向いている。白山が早池峯に連動しているのは、早池峯を登れば、その途中途中の名称が白山と同じものであるし、白山にも早池峯の神が祀られている事から、白山=早池峯と思って良いだろう。

白山様は、崖を下って沢まで下りなくてはならない。
f0075075_9455933.jpg

その白山様に、想いを持って、観光客の若者二人が登ろうとする。
f0075075_9471839.jpg

しかし、なかなか難儀しているよう。自分は医者から「激しい運動はしない方が…。」と言われているので、今回はただ見守る事にしていたが、なかなか登れない二人を見て、直接誘導する事にした。

f0075075_950699.jpg


山の慣れとはあると思う。遠野の人間であれば、山菜・キノコ採りへ出かける人は多いだろう。遊びに山へ行き、楽しみながら急斜面を登ったり下ったりしていると、自然とこういう場所は慣れてしまうもの。ところが初めてこういう道を体験する人は、やはり難儀するようだ。しかし苦労して登るからこそ、この白山様での祈願も価値がでるのだろう。
by dostoev | 2015-09-07 09:57 | 御伽屋・幻想ガイド | Comments(2)

再び霧の中

f0075075_11413425.jpg

昨夜も観光客を連れて、霧がかるマヨヒガの地へと行ってきた。昨夜の霧は、停滞する霧では無く、漂う霧だった。そう、浮遊靈みたいに漂っている霧。
f0075075_1144767.jpg

そして何故だが、風車の殆どが回っていなかった。メンテナンス工事が入っているのは知っているが、そのせいだろうか?
f0075075_11453469.jpg

白い霧の中、やはり白い風車の前に立つ、黒い影。
f0075075_1147130.jpg

そして、昨夜の霧は纏わりつく霧。観光客の体を白い霧が包み、光を当てるとハレーションをおこしていた。それがまるで、体から滲み出ているオーラの様に見えた。
f0075075_11482944.jpg

その体に纏わりつく霧の中の光景は、傍目から見ていると、マジックショーの一コマにも感じた。
by dostoev | 2015-09-06 11:51 | 御伽屋・幻想ガイド | Comments(0)

丸刈りグー

f0075075_19291989.jpg

実は、16歳になる我が家のグーがどこから貰って来たのか、虱を付けて来た。当初はフケか?と思ったら、虱だった。それから、いろいろ試して最後には犬猫用のバリカンを買って来て、毛を丸刈りにして、どうにか除去成功。毛がフサフサだったぐーたったが、胴体部分だけが丸刈りとなった。しかし、地肌の基本色がグレーの為か、違和感がない。お客さんには「なんという種類の猫です?」と質問されるほど、奇妙な猫に見えるらしい。まあ、毛の無いスフィンクスに似ているか…。
f0075075_19332575.jpg

f0075075_19334234.jpg

by dostoev | 2015-09-02 19:34 | 民宿御伽屋情報 | Comments(0)

瀬織津比咩の祭祀其の四十「早池峯山善行院(関根)」

f0075075_7175386.jpg

由緒 延喜十一年四月十一日 浄貞善行院院号御免、早池峯山小国掛所開闢により新山堂を建立して早池峯山善行院と称す。
f0075075_1794556.jpg

境内に行水の池があり、昔はこの池で必ず身を清めなければ本堂に入る事が出来なかったと云う。
by dostoev | 2015-09-01 17:23 | 岩手県の瀬織津比咩 | Comments(0)