遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
菊池氏考
佐々木氏考
クワガタと遠野の自然
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
六角牛考
七つ森考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
鯰と地震
三女神伝説考
早池峯信仰圏
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
ゲ ジ デ ジ 通 信
宮  古  物  語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
jun-roadster
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
JUNJUNのブログへよ...
外部リンク
最新のコメント
このガイドには、そんなに..
by dostoev at 10:35
良いなあ〜。 夜のガイ..
by soma0506-yca at 09:32
死んだら魂は山へ…という..
by dostoev at 05:03
そうなのですね。 確か..
by soma0506-yca at 22:03
あ…「6つ3合う」ですね..
by dostoev at 17:09
日本人は良くも悪くも言葉..
by dostoev at 17:03
凄く面白いですね。 6..
by soma0506-yca at 16:15
なるほど。ありがとうござ..
by 秩父まほろば at 09:49
西の真言、東の天台と云わ..
by dostoev at 06:12
こんにちは。 円仁の話..
by 秩父まほろば at 17:57
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2014年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

遠野殺人事件

f0075075_17542076.jpg

気仙沼に住む某家の伝承には、祖先が遠野の地で殺されたと伝えられているようだ。時代は定かでは無いらしく、旅芸人の一座の座長であった人物が遠野を訪れ、有る宿で一夜を過ごしたという。翌朝に、その旅の一座は次の場所へと向かったのだが、途中で財布を宿に忘れた事に気付いた座長は、一人で宿へと戻ったのだが、そのまま帰って来なかったと云う。一座の者達が座長を探しに行ったら、途中の道に、その亡骸があったという。旅の一座は座長の亡骸を故郷の気仙沼まで運び、菩提寺である観音寺に葬ったという。

話は、これ以上の情報が無く、ただ観音寺にはその殺された座長の墓があるのは確かだと言う。恐らく時代は江戸時代ではなかろうかと思うが、江戸のいつ頃となると、皆目見当がつかない。ただ、気仙沼から遠野に向かうとなると沿岸を北上し、恐らく荷沢峠を越えて小友に着いたのではなかろうか。何故なら、小友は金山で賑い、宿屋もあった事から、旅芸人の一座が小友で芸を披露した可能性はあるだろう。ある話では、小友では旅の者から金品を奪った話も伝わる事から、完全否定も出来ないのではなかろうか。

例えば「遠野物語」に紹介されているように、旅人が笛吹峠から境木峠に変更したのも、青ノ木鉱山で人夫として働いていた者達が、通る旅人を襲って金品を巻き上げていたらしい。鉱山で働く者達は脛に傷を持つ者達が多く、当然の事ながら金山などで栄えた小友もまた、その人夫達が旅人を襲っていた可能性はあるだろう。また小友の土室峠では火災の浪人が食うに困り山賊の真似事をし、峠を通る人々を襲っていたという話が「新・遠野物語」に紹介されている。

また「遠野物語」だけではないが、旅の者が某家に入ったのを見た者はいるが、誰も出て行ったところを見た者はいないという話がいくつか伝わる様に、旅人殺し、異人殺しの話も多く有る。西洋でも、峠の宿で旅人を殺して金品を巻き上げていた夫婦が、成長して戻って来た息子を旅人と間違って殺してしまった話が伝わるが、古今東西、生きる事に必死の時代は、人を殺してまでも生き延びた悲惨な時代が長く続いたようだ。

そして宿といっても、普通の宿だけでは無く、小さな集落ではその地の名主の家に泊ったりもしたらしい。例えば、村長であった佐々木喜善の家にも、境木峠を越えようとした旅人が数多く泊り、いろいろな話を聞いたという。そういう事から、旅の一座がどの宿に泊ったのかをなかなか断定する事は難しい。ただ旅芸人の一座の経路としては、小友村に立ち寄った後、更に賑わう遠野の町を目指したのではなかろうか。

それとわからないのは、座長の死体をどう運んだのかだ。現代とは違い、昔であるから簡単に車でとはいかない。旅の途中で死体は腐敗するであろうから、どこかで死体を火葬し、骨だけを携えて故郷に戻ったものと想像する。となれば、小友村の長野の藤沢の瀧の入り口付近には葬儀に利用したデンデラ野があり、火を燃やしても問題無い地があった。小友村のデンデラ野では葬儀が出ると狼煙を上げ、その合図で向かいの寺地山で読経が成されたという。その寺地山では毎年沿岸域から来る、何かの宗教者らしきが五色の旗を掲げて、読経をする姿が目撃されているようだが、それが何の為の読経なのかは、誰も知らないのだという。

しかし、遠野の地に住んでいる者にとって、遠野で祖先が殺されたという話は、聞くに辛い所がある。だが、長い月日が過ぎ去り、それもまた一つの「遠野物語」であったのかとも思えてしまうのだ。そう、ここにもまた知らなかった「遠野物語」があったのだ。
by dostoev | 2014-02-28 18:38 | 民俗学雑記 | Comments(0)