遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
菊池氏考
佐々木氏考
クワガタと遠野の自然
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
六角牛考
七つ森考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
鯰と地震
三女神伝説考
早池峯信仰圏
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
ゲ ジ デ ジ 通 信
宮  古  物  語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
外部リンク
最新のコメント
幕府の財政難から、享保の..
by dostoev at 17:38
江戸後期というより江戸前..
by 鬼喜來のさっと at 22:11
法量(ホウリョウ)は魍魎..
by dostoev at 20:00
『江刺郡昔話』には正法寺..
by 鬼喜來のさっと at 14:49
佐々木喜善の『江刺郡昔話..
by 鬼喜來のさっと at 01:08
では法量神と飴買い幽霊の..
by 鬼喜來のさっと at 01:55
おお、面白いですね。自然..
by 鬼喜來のさっと at 01:07
カエルのような両生類と考..
by dostoev at 04:56
河童は冬眠しないのでしょ..
by 森のどんぐり屋 at 14:34
安来市と比べ、神代の歴史..
by dostoev at 09:42
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 05月 ( 51 )   > この月の画像一覧

遠野不思議 第七百三十五話「琴畑のカクラモリ(魔所)」

f0075075_1431364.jpg

「遠野物語72」に、琴畑集落の事が書かれている。「琴畑の入り口に塚あり。塚の上には木の座像あり。およそ人の大きさにて、以前は堂の中に在りしが、今は雨ざらし也。(抜粋)」

「注釈遠野物語」を読むと、その解説に大木があってオカクラサマの祠があったと記されている。つまり、今はもう無くなってしまったらしい。地元の古老に聞くと、その大木とはヒバの木であったらしい。しかし、別の土渕の資料を見ると、土淵の魔所として「琴畑のカクラモリ」というのがある事に気付いた。そのカクラサマを祀ったカクラサマの地をカクラモリというのかどうか確認してみた。
f0075075_144818.jpg

現地の古老に聞くと、カクラモリとはカクラサマを祀っていた場所から1キロ弱の山奥にあるという、そこに以前は、何かを祀っていたらしい。傍には栗の木の大木があったが、今では枯れ果ててしまいわからなくなっているという。
f0075075_14581554.jpg

実は「遠野物語拾遺8」に離れ森の話が紹介されているが、現地で採集した口伝によると、その離れ森と、このカクラモリには大蛇がいて、どちらかが雄の大蛇で、どちらかが雌の大蛇であったらしいが、その大蛇を祀ったのがカクラモリの奥であったようだ。そこには岩穴があり、それが大蛇の巣であったよう。実際に行って見ると、岩がゴロゴロした中に岩窟が確かに存在した。魔所と呼ばれる理由もまた、その大蛇伝説に対するものからであったのだろう。
by dostoev | 2013-05-31 15:06 | 遠野不思議(伝説の地) | Comments(0)

遠野不思議 第七百三十四話「熊野ノ森の掘(魔所)」

f0075075_8203015.jpg

…竜ノ森ばかりでなく、この他にも同じような魔所といわれる処がある。
土淵村だけでも熊野ノ森の堀、横道の洞、大洞のお兼塚など少なくないし、
また往来でも高室のソウジは怖れて人の通らぬ道である。

                          「遠野物語拾遺124(抜粋)」

f0075075_8231157.jpg

「遠野物語拾遺124」に語られる魔所の一つ「熊野ノ森の掘」は、山口修理の館跡のようで、薬師堂の裏地が東門にあたるなら、この熊野ノ森の堀は西門にあたる場所だ。この森に入ると、いきなりモミジガサ(シドケ)があった。
f0075075_8275460.jpg
f0075075_82826100.jpg

その奥に進むと、深い館の空堀跡があった。館跡の堀としては、遠野でも大きい方ではなかろうか。何故、ここが魔所になったかというと、うらぶれて荒んだ場所は、廃屋が後に幽霊屋敷と語られるような感覚に近いのではなかろうか。そして何故「熊野ノ森」と呼ばれるのかは、この堀の傍に、やはり荒んだ熊野神社があるからだ。
by dostoev | 2013-05-31 08:34 | 遠野不思議(伝説の地) | Comments(0)

羽黒への道(其の三)

f0075075_6442517.jpg

この前は、羽黒岩と笠通山を線で結ぶと、その直線状に続石が来ると記した。現代となって、こうして作られた地図を見て、上から線を引いてみると、いろいろ結びついて『おや?』と感じる事が多い。しかし古代人は、このような正確な地図は有していなかった。

一直線で思い出すのは、伊豆神社と早池峯を結ぶと間に賀茂神社や天ヶ森などが交わり、やはり『おや?』とは、確かに思う。しかしそれは現代の地図に照らし合わせたからだとも云えてしまう。
f0075075_6511426.jpg
f0075075_6512841.jpg

f0075075_20411022.jpg

しかし、山の修験者である山伏は、山を支配した。山から望まなければ、理解できない風景が確かにあった。画像は、薬師岳から望む遠野盆地だが、高山でも無い天ヶ森が何故に霊山の様な神秘性を伝えていたのかは、この薬師岳から望んだ情景が、そのイメージを伝えていると思う。遠野盆地に矛を突き立てた様な天ヶ森は、沼を矛で掻きまわした開闢神話の様でもあり、または天狗の鼻の様にも思える。地上から見ても理解できない天ヶ森の姿が、山の上からは理解できるし、その神秘性を感じる事が出来る。
f0075075_659488.jpg

坂上田村麻呂伝説によって、笠通山と羽黒岩が結びつけられた。それは単に笠通山から眺めたら、岩武が羽黒岩に潜んでいたので矢を射ち放っただけの伝説だが、それは笠通山と羽黒岩を結びつける暗号であったのだと考える。その羽黒岩から笠通山を見た場合、その間にせり出している山があるのが確認できる。それは石上山から延び、大垂水を経る狐石山の張り出しでもある。

何かを否定する場合は、その間を線で切ればいい。これを分断の呪術と云うが、この狐石山の張り出しは、笠通山と羽黒岩を分断し否定する線に成りかねない。ここで山伏の思考で物事を考えるなら、その邪魔な山に対して何かを施せば、その分断の呪術は消えるだろうとなる。それでは、その狐石山に何があるのか?
f0075075_7205183.jpg

実は、石上山から延びた稜線沿いには大垂水があり、狐石山があって、その狐石山の頂には経塚がある。
f0075075_7243860.jpg

その狐石山の頂からは、松の木の間から笠通山の頂が見え、まるで笠通山の遥拝所でもあるかのようだ。ところで、この松の木だが、弥生時代に輸入された樹木であり、神の齋樹木として、その存在が確立された。天女が松の木を目がけて飛んできて、天女の羽衣をかけるのも松の木。
f0075075_733093.jpg

「遠野物語拾遺10」では石と松の木が背競べをして天狗に怒られたとあるが、これは本来、神の目印として成長している松の木に対し石が競うのは邪魔だから止めろと言っていたのかもしれない。ただ本来、松の木は神の目印としてよりも、山伏がその場所を遠くから確認できる為に植えたのだと考える。神社仏閣の神域においては、必ず樹齢何百年かわからぬ杉の木や松の木が植えられているのは、常緑樹が不変なものである象徴に加えて、目印としての機能もあったようだ。遠野を見渡しても、それは理解できる。
f0075075_7381791.jpg
f0075075_7384189.jpg

狐石山の頂には経塚があるが、その頂を中心にして、その左右の麓近くに何があると言えば、一つは愛宕神社であり、一つは続石となる。地図上で言えば正確には、羽黒岩と笠通山を結んだ直線上には狐石山の頂が来て、、その左右に愛宕神社と続石が存在する形になる。では先に記した様に、笠通山と羽黒岩を結ぶ線は、狐石山の張り出しによって分断されている為に、自然による分断の呪術が成り立っている状態だ。それではその狐石山の頂の経塚と左右に施された続石と愛宕神社を考えてみたい。
by dostoev | 2013-05-30 07:48 | 羽黒への道 | Comments(0)

遠野不思議 第七百三十三話「弁慶の水飲み場」

f0075075_17294029.jpg

境木峠の旧道に、弁慶の水飲み場と呼ばれる場所がある。平坦で広めの場所に小さな滝があり、水を汲んで飲むには適した場所だ。
f0075075_1732192.jpg

ただ何故に弁慶の水飲み場かというと、この水飲み場の傍に画像の石がある。
f0075075_17343268.jpg

パッと見た目にも、人工的に作られたような綺麗な長方形の石。弁慶が作ったという伝承の石で昔、旅人が水を飲み、この石に座って休んだという。画像で見るより直接見た方が、この石の綺麗な長方形を理解できると思う。今では石の上に枯葉が積もり草も生え、その姿を半分以上隠しているが、全てを取り除いて綺麗に洗って磨いたら、見事な弁慶の休石になるのだと思う。
by dostoev | 2013-05-29 17:42 | 遠野の義経&弁慶伝説 | Comments(0)

遠野不思議 第七百三十二話「相沢の滝の淵(河童淵)」

f0075075_73358.jpg

「遠野物語58」において、山口部落にある姥子淵で悪戯をしていた河童が捕まり、今後悪戯をせぬと約束した河童は、村から外れた相沢の滝の淵に棲み付いたとある。河童というもの大抵は、人里の淵で悪戯を成すものが、人里を離れるというのは確かに悪戯はしないという決意の表れか?
f0075075_74583.jpg

滝のイメージからは、あまりにも低い滝ではあるが、とても静かで河童が隠居するには良いところかもしれない(^^;
by dostoev | 2013-05-29 07:15 | 遠野各地の河童淵 | Comments(0)

遠野不思議 第七百三十一話「大洞の熊野神社」

f0075075_18471111.jpg

大洞の藪の中にポツンとトタン張りの小屋がある。実はこれ、熊野神社だった。以前は茅葺屋根の社であったそうだが、屋根が崩壊して暫く経って後、予算の問題から取り敢えずの社を作ったようだ。
f0075075_1848533.jpg

内部は、ほぼガランどう。だが一体の像が立っている。
f0075075_18503277.jpg

どうやら、役小角であるようだ。
f0075075_18511115.jpg

ただ顔が割れ、荒紐で押さえている。
f0075075_18515279.jpg

紐で顔が落ちるのを防いでいるのは、自然な形で残そうとする考えだろうか?梅原猛「隠された十字架」を読むと仏像に釘は、確かにタブーだ。
f0075075_18562055.jpg

ところで珍しく、鰐口が吊るしてあった。別に鈴もあるのだが、確か神霊を呼ぶ時は鈴で、仏を呼ぶ時は鰐口を叩くのであった筈。要は、その両方が御神体として、ここに祀られていたようだが、今では別当も没落したらしく、御神体はどこへ行ったのだろうか。
f0075075_1858359.jpg

鰐口の裏の左側に「熊野大権現」と刻まれている。
f0075075_1903348.jpg

文久三年(1863)六月三日と刻まれている。
f0075075_1933154.jpg

中心には十六菊だ。
by dostoev | 2013-05-28 19:07 | 遠野各地の熊野神社 | Comments(2)

遠野不思議 第七百三十話「和野の経塚」

f0075075_17153437.jpg

和野の原っぱに、一本の松の木が立っている。「土渕教育百年の流れ」によれば、誰かの屋敷後では無いかと書かれているが、近所に古くから住んでいる古老によれば、この地は天台宗の敷地内であり、この松の根元にお経が埋められていたという経塚であったようだ。
f0075075_17443193.jpg

この松の木から宝竜権現までが天台宗の敷地内であったという。
by dostoev | 2013-05-28 18:10 | 遠野不思議(神仏像) | Comments(0)

遠野不思議 第七百二十九話「せの木」

f0075075_1794098.jpg

「遠野物語拾遺20」に登場するせの木は、北欧神話でバルドリに造反するロキと同じ役目を果たす。
f0075075_17112192.jpg

タラの芽と同じ仲間で、食べられる。味はタラの芽よりも癖が無い味だと思えばいい。
f0075075_17114592.jpg

やっぱり食べるなら、天ぷらだろう(^^;
by dostoev | 2013-05-28 17:12 | 遠野不思議(樹木) | Comments(0)

赤い月の昇る日

f0075075_5244379.jpg

大槌湾からの月の出を見に、新山へと行ってきた。太陽は完全に沈み、かわたれ時の情景になっていた。
f0075075_525346.jpg

それでも空はまだ若干の明るみを残して、早池峯の姿を見せてくれていた。
f0075075_5215548.jpg

20:04分、大槌湾から雲をまとったぼんりゆとした真っ赤な月が昇ってきた。
f0075075_5294538.jpg

輪郭がはっきりしない不気味な赤い月。
f0075075_5304729.jpg

雲から脱出し始めた箇所は、オレンジの光彩を放っている。
f0075075_5323048.jpg

雲から半分顔を出した月には、兎の姿が見える。
f0075075_533295.jpg

雲から、その殆どの姿を現わした赤い月。
f0075075_5343323.jpg

やはり日の出とは違い、月の出は暗い。
f0075075_536722.jpg

それでも大槌町を月の明りで染め成していく。
f0075075_53913.jpg

完全に昇った、赤い月。ここで撤収し、帰る事にした。
f0075075_541619.jpg

土渕町に差し掛かると、明るい大きな月が田圃に差し掛かっているのが見えた。
f0075075_5434815.jpg

田圃の水面には、その大きな月が映し出されている。
f0075075_5442939.jpg

その田圃に映る月を撮影し見た。
f0075075_5451750.jpg

先程は、半分の月しか見えない角度だったので、角度を変えて、水面に映る円い月を見た。この月もまた、風情があっていい。昨日の満月は雲が多くて、月の出は見えなかったが、一日遅れのほぼ満月は、なかなか綺麗な月だった。
by dostoev | 2013-05-27 05:49 | 遠野体験記 | Comments(0)

フクロウを探して

f0075075_22472220.jpg

この前、夜にこの場所で夜空の撮影をしている時に、奇妙な鳴き声が聞こえた。それは奇妙な鳴き声(知識不足)として記事に書いたが、その正体がわかった。このサイト→「フクロウの雛の鳴き声」で知ったのだったが、正体はフクロウの雛の鳴き声だった。生物調査の知人に聞くと、フクロウの雛は巣立つ前に巣から下に落ち、地面をピョンピョン跳ねているという。それを見たいのもあり、またいつも見ているこの砂防ダムの目の前にある山にも登ってみたかったので、この画像の山にフクロウの雛を探しに登ってみる事にした。
f0075075_22562993.jpg

雨が殆ど降ってない為か、かなり水が減って乾燥している。ただ、対岸の目的の山に登るには、好都合のようだ。
f0075075_22582729.jpg

水の水位の遍歴を示す土の層があった。現在は、乾季に近い状況なのだろうか。
f0075075_22593475.jpg

対岸には、道路脇に停めた自分の車が見える。
f0075075_2302247.jpg

登山道などはまったく無い山だが、見た目はジャングルのようである。ただ笹薮が多いので、なるべく笹薮を避けて登らないと。笹は登りの時は逆目になるので、かなり苦労するからだ。
f0075075_2325786.jpg

あちこちに朽ちた倒木がある。こうして見渡すと、あまり人の手にかかっていない山の様である。
f0075075_2341951.jpg

暫く登ると、頂らしき場所があった。まあ到着してみると、一つのピークではあるが、ここからまだまだ続く。
f0075075_2365357.jpg

とにかく下から見ると頂らしく見えても、登ってみると、まだまだ登らなきゃいけないようだ。
f0075075_2373813.jpg

次に、第二のピークが見えてきた。この辺りから、石がゴロゴロ登場しはじめた。
f0075075_2394877.jpg

その第二のピークらしき奥に、もうひとつのピークがあったので、取り敢えずここで少し休憩する事にした。
f0075075_23121760.jpg

横になって上を見ると、本当に緑一色である。ただし杉の木はなく、たまに松の木を見かける程度だ。
f0075075_23152645.jpg

まだまだ奥は続く。とにかく、この稜線沿いを奥へと進もうと思う。
f0075075_23165836.jpg

結構、傾斜もきついが頑張るしかない。…というか、山登りよりフクロウの雛探しが目的だった…。
f0075075_23175876.jpg

再び、頂らしきに見える場所についたようだ。
f0075075_23184886.jpg

上は若干の平坦になっていて、倒木があちこちにある。よく見ると、シイタケが生えていた。
f0075075_23195221.jpg
f0075075_23201712.jpg

シイタケは放射能問題もあるし、採る気も無いので放置した。まあかなり干からびているせいもあるのだが…。

また暫く歩くと、フクロウの雛の声が聞こえた!!!しかし木の上からのようだ。つまり、巣からはまだ落ちていないという事だ。
f0075075_23235519.jpg

この木に耳を当てると、内部から木を突くような音と、雛の鳴き声の振動が伝わる。この木にいるのは間違い無いようだが、何故か姿を確認できない。どうもウロなどの木の内部に入り込んでいるようだ。
f0075075_23261319.jpg

傾斜の為に、撮影も難しい。まあ、半分山登りにきたようなものだから、雛の探索は、今度は平坦な里の森で探す事にしようと思う。とにかく、来たかった場所にこれて、久々にのんびりし、それだけで嬉しい一日であった。
by dostoev | 2013-05-26 23:29 | 遠野体験記 | Comments(0)