遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
菊池氏考
佐々木氏考
クワガタと遠野の自然
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
六角牛考
七つ森考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
鯰と地震
三女神伝説考
早池峯信仰圏
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
宮  古  物  語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
外部リンク
最新のコメント
カエルのような両生類と考..
by dostoev at 04:56
河童は冬眠しないのでしょ..
by 森のどんぐり屋 at 14:34
安来市と比べ、神代の歴史..
by dostoev at 09:42
 島根県の安来市あたりも..
by 名古屋特殊鋼流通倶楽部 at 13:57
いくつかの梨木平を見てき..
by dostoev at 18:39
梨木といえば、昔話の「な..
by 鬼喜來のさっと at 22:09
遠野まで来たら、キュウリ..
by dostoev at 07:06
河童はおる。わしが河童じゃ!
by 竜桜 at 20:55
観念や概念は、各民族によ..
by dostoev at 20:45
以前コメント欄にお邪魔し..
by 河童ハゲ at 18:12
最新のトラックバック
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧

月明かりの紅葉

f0075075_6591940.jpg

空がスッキリ晴れ渡っており、月の明りが目立つ夜だった。こういう夜に撮影すると、夜でありながらクッキリと情景が写し出されるもの。そこで、旧仙人峠手前の砂防ダム湖まで行って見た。
f0075075_722555.jpg

車でこの砂防ダム湖に向かう途中、上郷町には霧が発生していた。恐らく、もう既に雲海が発生し始めているようだ。案の定、ダム湖にも霧がかかっている。
f0075075_720486.jpg

ライト無しで撮影してみると、まるで昼間の様に写ってしまう。とにかく、かなり明るい夜だ。
f0075075_721279.jpg

湖水の透明度は、かなり高くなっている。昼間来てみてもいいかもしれない…。
f0075075_7221384.jpg

長時間露光すると、周囲の木々が滲んで見える。湖面には紅葉が映し出される。
f0075075_7393456.jpg

しかしライトだけで映し出される情景は、何か不気味だ。
f0075075_7401516.jpg

上空では、月が強い光を放っていた。とにかく明るい。そういや今夜は、満月だった…。
f0075075_8541355.jpg

f0075075_8585044.jpg

by dostoev | 2012-10-30 07:41 | 遠野情報(雑記帳) | Comments(2)

月明かりの雲海

f0075075_1111775.jpg

夜の遠野は、すっかり霧に包まれ、上空には雲海が発生していた。ただ月明かりで、かなり明るい雲海になっている。
f0075075_1113260.jpg

by dostoev | 2012-10-30 01:13 | 遠野情報(雑記帳) | Comments(0)

伊豆神社例祭

f0075075_175323100.jpg

10月28日は、上郷町来内、伊豆神社の例祭となる。
f0075075_17533889.jpg

今にも雨が降りそうな中、近所の人達が集まって来ていた。空は暗く、まだ昼前でありながら灯りを点していた。
f0075075_17573260.jpg

神事の開始は午前11時から。いつもと違う、飾り付けられた伊豆神社の祭壇。
f0075075_1814452.jpg

神事の開始前に、祭壇の撮影を許された。
f0075075_1822125.jpg

普段は鍵がかかっているので、内部には入った事が無かった。
f0075075_1855116.jpg

参加者は、数える程度しかいなかった。自分もこの場に居て良いかと打診すると、OKだと言われた。

さて、神事の始まりである。
f0075075_1884739.jpg

伊豆大神を祀る祭壇の前に宮司は、左にある遠野三山の姫神を祀る祭壇を拝んだ。
f0075075_18103825.jpg

気になったのは、真中に祀られているのが石上山の姫神であった。神事が終わった後に、この事について質問しようとしたが、忘れてしまった。。。

最後の祝詞を聞いていて、違和感を覚えた。いや、何が違和感化というと祝詞そのものがローカル的であるような。つまり、独自に作られた祝詞ではなかろうか。祝詞は基本はあるものの、その神社や地域によって手直しされ変化するようだ。ここで唱えられた祝詞もまた、そういう中の一つではなかろうか。確か国学院大学の神道科でも、独自に祝詞を制作発表の一環として祝詞を作り発表するという。とにかく祝詞とは、かなり自由なのだろう。
f0075075_18203914.jpg

神事が終わると、外は雨だった。普通は、この幟なども一日飾るそうだが、雨に濡れてしまうので皆総出で片付けが始まった。伊豆神社の例祭は、本当にローカルな少し寂しいものであった。
by dostoev | 2012-10-29 18:23 | 遠野体験記 | Comments(0)

遠野不思議 第七百二話「竜神の滝壺」

f0075075_6572039.jpg

古老に聞くところによると、この滝壺には竜神が現われ、願いを叶えるという。
f0075075_6573646.jpg

えぐれた、この窪みから竜神が現われるのだろうか?お賽銭を投げ入れ、お願いをしてみた。。。
by dostoev | 2012-10-29 07:18 | 遠野不思議(伝説の地) | Comments(0)

遠野妖怪マップ

f0075075_12252737.jpg

某人物が独自に作った「遠野妖怪マップ」2年前から作っていたが、去年の震災の影響で制作が遅れたのだと。この妖怪マップに載っている内訳は、下記の参考文献からだという。

「遠野物語」
「遠野物語拾遺」
「聴耳草紙」
「老媼夜譚」
「遠野奇談」
「遠野の民話Ⅰ~Ⅲ」
「白幡ミヨシ語り」
「いわて妖怪こばなし」
「ミステリー百科」
「未確認生物」


マップ内部を確認すると、自分の知らない事も載っているので、今度確認しようと思う。しかし、これだけ調べるにも、かなり苦労があったと思われる。ただ、この某人物は場所を全て確認したわけでは無く、いずれ写真付きで出す予定なそうで、これからがまた大変だろう。何故なら、遠野は広いからなぁ…。
by dostoev | 2012-10-28 12:38 | 民宿御伽屋情報 | Comments(10)

又一の滝への散歩道

f0075075_456995.jpg

遠野三山滝巡りで一番心躍ったのは、又一の滝への遊歩道を歩いている時だった。光を浴びて紅葉がキラキラと輝いている中を歩くのは、とっても気持ち良かった。恐らくこの遊歩道の紅葉は、今回が最大ピークだったとは思うが、いつか機会があるならば、紅葉で輝く遊歩道を歩いて欲しいと思います。
f0075075_4571289.jpg
f0075075_4574332.jpg
f0075075_458147.jpg
f0075075_4583448.jpg
f0075075_4585026.jpg
f0075075_4591225.jpg
f0075075_5034.jpg
f0075075_502369.jpg
f0075075_503936.jpg
f0075075_521078.jpg
f0075075_5232100.jpg
f0075075_525680.jpg
f0075075_534159.jpg
f0075075_583969.jpg
f0075075_5101750.jpg
f0075075_5103331.jpg

by dostoev | 2012-10-28 05:17 | 遠野の自然(秋) | Comments(0)

遠野三山滝巡り(六角牛山)

f0075075_18562179.jpg

遠野三山の滝の中で、一番簡単に行き易いのが六角牛山の不動の滝だ。何故なら、滝の真上まで車で行き、画像に写っている崖を下れは、目の前が不動の滝だ。以前、たまたまこの道路上から大瀧神社の社を発見し、下ってみたら、目の前に滝があった。他にも経路はあるようだが、最短距離のこの道筋が、最も行き易いと思っている。
f0075075_191122.jpg

又一の滝の遊歩道のように、色とりどりの紅葉は、ここでは見る事が出来ない。殆どの色合いが、緑と黄色ばかりの印象だった。とにかく紅葉の色付きに目を奪われる事は無さそうだ。一気に滝まで降りて、滝だけ撮影して帰ろうと思う。
f0075075_1934081.jpg

西向きの滝は、木々の隙間からたまに日差しを受ける。今はまだ盛りの名残からか、杉やエゾカラマツが多いせいか、冬枯れはまだしておらず初秋のように感じる。
f0075075_1982767.jpg

滝の真上も、杉などが多い中一部が紅葉している木があるだけだ。
f0075075_1963537.jpg

滝の周辺は、まだ青々しく、秋を感じさせない情景だった。
f0075075_19125352.jpg

ところで、天然のシイタケを発見したが、これは採らないでそのままにしておいた。
f0075075_19142031.jpg

遠野三山滝巡りだが、途中の遊びを省けば、トータル5時間あれば楽勝で行けると思う。いずれ一日で遠野三山も制覇してみたいものだが、あくまでも移動は車でという事になってしまうが…。
by dostoev | 2012-10-27 19:20 | 遠野体験記 | Comments(0)

遠野三山滝巡り(又一の滝)

f0075075_691839.jpg

とにかく今度は、又一の滝へ向かう。薬師岳は紅葉真っ盛りの様だ。
f0075075_6113434.jpg

又一の滝への遊歩道は、全体的に黄色く色付いた木々に覆われていた。
f0075075_613276.jpg

たまに赤いのやら…。
f0075075_6133366.jpg

やはり、赤いのやら…。
f0075075_6142865.jpg

水辺も日差しと紅葉で緩んでいるようだ。
f0075075_6152675.jpg

時間が無いので又一の滝まで急がなきゃならないのだけど、どうしても紅葉を撮影してしまう…。
f0075075_618549.jpg

石上山への幻の滝へより、馬留から歩く又一の滝の方が楽だ。初めに少しの傾斜を登ると、後はかなり緩やか。時間的に15分から20分で滝まで行くのじゃ無いだろうか。当然、ノンストップだが。早池峰宵宮の後、泊り客を連れて又一の滝へ行った時も20分もかかってない筈だ。ただその時は夜なので、景色に目を奪われる事無く真っ直ぐ歩いた結果だったが…。
f0075075_7294050.jpg

又一の滝に着いた。日は西に傾いていて、滝には日差しがかかっていない。やはり、少し来るのが遅かったようだ。ただ、この又一の滝は日差しが当たり過ぎても撮影した場合、白く飛んでしまうので、結構難しい。そういう意味では、滝に日差しが無い方がいいのかもしれない…。
f0075075_7322313.jpg

不動明王を祀る祠の背景は、黄色く染まっている。
f0075075_7333376.jpg

又一の滝周辺の紅葉は、落ち葉が目立つので、本当のピークは過ぎたのかもしれない。
f0075075_7345469.jpg

落ち葉が滝壺で、渦を巻いていた。
f0075075_7364136.jpg

とにかく、又一の滝へは来た。石上山の馬止めまで登って、又一の滝までの遊歩道も、どうにか歩いた。最近、運動不足だったので、内腿あたりが少し、つり気味になっている。ヤバイ…(^^;
f0075075_7403589.jpg

さて次は、六角牛山の不動の滝だ!!!
by dostoev | 2012-10-27 07:41 | 遠野体験記 | Comments(4)

遠野三山滝巡り(石上山)

f0075075_19205289.jpg

スッキリした青空を見て、ムラムラッと来た。遠野三山がけというのがあり、一日で遠野三山を巡るというものだ。時間的にそれは無理なので、遠野三山滝巡りをしようと思い立った。宿の掃除に時間を取られたので、この鳥居を潜ったのはジャスト11時。普通に歩けば、滝までは30分から40分くらいで着くだろう。
f0075075_1926437.jpg

石上山は、すっかり紅葉しているようである。ただ向かうのは馬留から右脇の渓流沿いの幻の滝なので、確か途中までは杉林ばかりで、紅葉にお目にかかれないのかも…。
f0075075_19352764.jpg

杉林の登山道は、ひっそりと、ひんやりとする。
f0075075_1944068.jpg

杉林を抜けて、石上山の鳥居が現われた。ここから、沢沿いを歩いて滝まで行く。
f0075075_19465078.jpg

やっと馬留まで到着した。ここまで寄り道しながらなので、だいたい40分くらいかかった。ここから右脇の「不動岩(幻の滝)」へと向かう。
f0075075_1949452.jpg

不動岩(幻の滝)に到着。しかし…殆ど水が流れていない。水が流れて滝となり、水が無けりゃ、そのまま不動岩という事か…。
f0075075_1953169.jpg

10月になって、それなりに雨が降っていたようだが、やはり夏場に殆ど雨が降らなかったのが影響しているのだろうか?この滝の一番の水量がある時は、やはり春先の雪解けの時なのだろう。
f0075075_195558100.jpg

さあ次は又一の滝だ!時間が無いので急いで行かなくてはと思っていたら…何故かボリを発見。ここまでキノコ採りにはなかなか来ないので、ここはやはり採らねば損と、急遽キノコ狩りが始まり、時間を大幅にロスする…。
f0075075_1958846.jpg

さてキノコも採ったし、急いで帰ろうと思ったら…今度は登る時に気付かなかった紅葉に心を奪われる。
f0075075_205309.jpg

ところで遠野三山の滝巡りの順番だが、石上山(幻の滝)→早池峰&薬師岳(又一の滝)→六角牛山(不動の滝)にしようと思ったのは、光の関係だ。石上山の幻の滝は東に面している滝。又一の滝は南に面している滝。そして、不動の滝は西に面している滝だ。写真を撮る場合、光を常に意識している。つまり午前中に幻の滝を撮影し、昼から2時頃までに又一の滝を撮影し、それから六角牛山の不動の滝を撮影すれば、丁度滝に光が当っているという計算からだった。
f0075075_20121142.jpg

ところがだ…ヤバイ!!!2時間も、石上山で遊んでしまった。速攻で又一の滝に行かなければ!!!
by dostoev | 2012-10-26 20:13 | 遠野体験記 | Comments(0)

遠野不思議 第七百一話「飯豊のお不動様」

f0075075_2110618.jpg

飯豊の大将洞の山中の渓流沿いに、この不動明王を祀る場所がある。こういう岩洞の大抵は、例えば桜松神社などもそうだが、竜蛇神を祀るのが一般的だ。恐らくここも本来は、竜蛇神を祀っていたのではなかろうか。
f0075075_2119202.jpg

手前にネットを張っているのは獣が入り込まないためだろうか?内部を見ても、確かに小さな獣の巣穴になったとしても、おかしくはないだろう。
f0075075_21213192.jpg

当然の事ながら、水にも関係するお不動様だから、側には渓流が流れており砂防ダムから落ちる水が滝の様であった。
by dostoev | 2012-10-25 21:23 | 遠野各地の不動尊 | Comments(0)