遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
菊池氏考
佐々木氏考
クワガタと遠野の自然
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
六角牛考
七つ森考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
鯰と地震
三女神伝説考
早池峯信仰圏
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
ゲ ジ デ ジ 通 信
宮  古  物  語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
jun-roadster
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
JUNJUNのブログへよ...
外部リンク
最新のコメント
高砂の生石神社に造作巨石..
by 河童ハゲ at 20:47
たまに「悪い事したら、河..
by dostoev at 12:02
あの後、遠野博物館でカッ..
by soma0506-yca at 10:42
語源で思い出しましたが、..
by dostoev at 08:19
実は、出て行かれた後に気..
by dostoev at 08:14
環状列石と似た様な感じて..
by dostoev at 08:07
↑ごめんなさい、名前入れ..
by soma0506-yca at 06:06
GOさん、今日はお会い出..
by soma0506-yca at 18:12
立石を環状列石と関わりが..
by 河童ハゲ at 15:01
あまり興味の無い内容なの..
by dostoev at 19:20
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

「夢」  ー 書道パフォーマンス ー

f0075075_11321388.jpg

遠野駅前で、書道教室の生徒達による、書のパフォーマンスが実演された。題名は「夢」となっている。何故、このテーマに決定したのかはわからないが、去年の地震と津波による災害を考えれば、夢を持って生きたいと願う心からであろうか。ちなみに画像は反対となっているが、小野小町の夢の歌の一つに、こういうものがある。

「いとせめて 恋ひしき時は むばたまの 夜の衣を かへしてぞ着る」

本当に願うものは、裏返して…つまり反対にして願うもの。画像が反対になって、夢がひっくり返って写っているが、実はこれが正しい掲載なのかもしれない(^^;
f0075075_11434582.jpg


動画は、練習風景…。
by dostoev | 2012-04-30 11:50 | 遠野情報(雑記帳) | Comments(0)

遠野不思議 第六百七十三話「栃内の沼の御前」

f0075075_844948.jpg

栃内の杉林の中、不動明王を祀る社がある。その社の背後には、大きな石が自然に組み合わさり、大木が数本聳えている。そこから水がしたたり落ち、その水で水芭蕉が生息している。
f0075075_881144.jpg

別当の方に聞くと、いつからこの地に不動明王を祀っていたのかわからないという。せいぜい、先々代までは知っているだけという。
f0075075_893076.jpg

その社の内部には、沼の御前が祀られていた。実は以前、この社の傍に小さな池があり、そこには藤の花が咲き誇っていたそうであるが、そこに沼の御前が祀られており、いつも近所の御老人が集まって、何やら拝んでいたそうである。その池も消滅し、藤も枯れてから、この不動明王の社に合祀したそうである。
f0075075_8135229.jpg

また水神を祀っていたのだが、いつの間にか不動明王となったようであるが、その水神も祭り日に神官が「水波能売命にしましょう。」という事で、水神は水波能売命となったという事である。
by dostoev | 2012-04-29 08:17 | 遠野各地の沼の御前 | Comments(0)

水芭蕉(2012.04.28)

f0075075_16303117.jpg

土渕町栃内の水芭蕉は、里である為か、暖かくて満開状態。
f0075075_16304273.jpg
f0075075_16305869.jpg
f0075075_1631968.jpg
f0075075_1631241.jpg

そして貞任高原の水芭蕉はどうかと行って見た。2週間前は新山までの展望台は雪があったが、完全に開通していた。展望地から見る早池峰も、かなり雪が融けているのがわかる。
f0075075_16314179.jpg

そして水芭蕉までの道は砂利道で雪解けはどうかと思っていたが、完全開通で、水芭蕉も咲き始めていた。ただし満開までには、あと数日必要だろう。
f0075075_16315378.jpg
f0075075_1632106.jpg

ついでに、カタクリの花も真っ盛り!
f0075075_163220100.jpg

by dostoev | 2012-04-28 17:05 | 遠野情報(雑記帳) | Comments(0)

朝霧

f0075075_51509.jpg

今朝の遠野は、朝霧に包まれている。上空には雲海が発生している模様。昨日は一日雨だったが、今日は、晴れてくれそうだ。
f0075075_541049.jpg
f0075075_543630.jpg
f0075075_545279.jpg

by dostoev | 2012-04-24 05:06 | 遠野情報(雑記帳) | Comments(0)

「現代遠野物語」 第百四話(河童淵の座敷童子)

4月15日の午後の事であったという。青森県から来た人物は、河童淵で有名
な常堅寺の脇を通って河童淵へ行こうとしたそうな。すると前方から、不思議
な雰囲気を醸し出したオカッパ頭で、赤ら顔の少女が歩いて来たという。すぐ
さま『ザシキワラシだ…。』と思い、その少女の脇を緊張しながら歩きぬけた
そうな。青森県から来た人物曰く「今時、あんな子供はいないよ…。」だと。

河童が淵から這い上がると、ザシキワラシになるというが、果たしてその不思
議な少女の正体は、一体なんであったのだろうか…。
by dostoev | 2012-04-16 19:35 | 「現代遠野物語」100話~ | Comments(6)

芽生えの季節

f0075075_17305397.jpg

早瀬川沿いを歩いてみた。今日は薄曇りながら、暖かい陽気にみまわれ、とても気持ち良く散歩できた。川沿いには雑木が並び、見てみると新芽が芽吹いていた。白い雪の世界が消え去り、後もう少しで遠野は、花と緑で覆われそうだ。
f0075075_17311389.jpg
f0075075_17313338.jpg
f0075075_17321832.jpg

f0075075_1739650.jpg

f0075075_1732415.jpg

f0075075_17335812.jpg
f0075075_1734389.jpg
f0075075_17345373.jpg
f0075075_17355988.jpg
f0075075_173610100.jpg
f0075075_17363032.jpg
f0075075_17371447.jpg
f0075075_17374076.jpg

by dostoev | 2012-04-16 17:44 | 遠野情報(雑記帳) | Comments(0)

はぐれ白鳥

f0075075_21425158.jpg

鱒沢のビオトーブに、一羽の白鳥がいた。いつも鱒沢には、季節外れの白鳥が何故かいるが、同じ奴だろうか?こいつ、いつも夏近くまで一羽で居座る奴だろうか?近付いたら、飛んで逃げていった…(ーー;)
f0075075_2143853.jpg

by dostoev | 2012-04-15 21:47 | 遠野情報(雑記帳) | Comments(2)

今年初の、高清水からの遠野盆地(夜景)

f0075075_22333089.jpg

とにかく、今年初めて高清水から遠野盆地の夜景を撮影してみた。夜ではあるが、然程寒くは感じなかったのも、やはり春ならではなのだろう。今回は、撮影しに行ったというより、いろいろ実験を兼ねてだったので、画像はお決まりパターンで撮影してみた。尚、帰り道は綾織方面に下ってみたが、道路は乾燥しており、合間合間に雪解けの水が流れている程度だった。
f0075075_22341391.jpg
f0075075_22343435.jpg
f0075075_22344536.jpg
f0075075_22345797.jpg

by dostoev | 2012-04-14 22:39 | 遠野情報(雑記帳) | Comments(1)

眼が開いた。。。

f0075075_18443449.jpg
f0075075_1844488.jpg

by dostoev | 2012-04-13 18:45 | 民宿御伽屋情報 | Comments(4)

開通・不通・微妙

f0075075_14205592.jpg

【高清水展望台 開通

まず、高清水の展望台までの道が完全に雪が融けて、開通していた。
f0075075_14215540.jpg

ただし展望台傍の駐車場は、まだ雪に覆われている為、車は道路脇に停めるしかないだろう。
f0075075_1423175.jpg

左右に雪はあるものの、道路は完全に乾いており、スタッドレスじゃなくても行く事が出来る。
f0075075_14241595.jpg

【耳切山~荒川高原 不通


耳切山道路沿いの、遠野盆地が見える場所まではどうにか行く事が出来る。
f0075075_14275233.jpg

ところが日陰のカーブには雪が残っており、遠野盆地の見える辺りから先は、まだまだ無理のよう。
f0075075_1430495.jpg

【貞任高原~新山展望台 微妙

貞任山までは、殆ど雪が融けている状況。
f0075075_14322955.jpg

ただし奥の、新山展望台までの道は標高が高い為、雪が残っている。それでも圧雪になっている為、タイヤがスタッドレスで4駆なら、恐らく大丈夫だと思われる。
f0075075_14365195.jpg

ただ新山展望台近くまで除雪作業をしていたので、恐らく今日中にはある程度の雪が残ったままだが、行けると思う。
f0075075_14381674.jpg


貞任山の奥は、雪解け水で、道路の片側が川になっており、ところどころプール状態。車を汚したくない人は、もう少々我慢を…。
f0075075_14404798.jpg

ちなみに、水芭蕉へ通じる道は砂利道になる為、まだ車が入れない状態だけれど、水芭蕉の咲く頃には、この道の雪も融けているだろう。
by dostoev | 2012-04-13 14:42 | 遠野情報(雑記帳) | Comments(2)