遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
菊池氏考
佐々木氏考
クワガタと遠野の自然
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
六角牛考
七つ森考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
鯰と地震
三女神伝説考
早池峯信仰圏
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
ゲ ジ デ ジ 通 信
宮  古  物  語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
jun-roadster
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
JUNJUNの落書き帳
外部リンク
最新のコメント
ありがとうございます、息..
by soma0506-yca at 10:17
soma0506-yca..
by dostoev at 21:11
観月祭の記事拝見させて頂..
by soma0506-yca at 10:41
下記のURLは、早池峯神..
by dostoev at 18:41
この早池峯神社山門の神像..
by dostoev at 18:39
数十年前に、旅の手帳とい..
by soma0506-yca at 06:56
doronko-ton..
by dostoev at 15:59
駒木の西教寺の開山年代が..
by dostoev at 15:58
お邪魔します。 インパ..
by doronko-tonchan at 15:30
天台に始まるという駒木の..
by 鬼喜来のさっと at 14:18
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 12月 ( 24 )   > この月の画像一覧

ゆく年くる年(白鳥)

f0075075_163536.jpg

地震と津波で始まったような2011年だったが、ここにきて最後は寒波で終わるのか?という程の寒さが続いていたが、12月31日の今日は日差しが戻り、比較的暖かな日を迎えた。
f0075075_1938454.jpg

ところで、遠野に伝わる天人児とは白鳥では無いのかと思っていた。空を飛ぶ白鳥は魂を運ぶ存在として知られていた。ただ今で言う白鳥だけでなく、白鷺など白い鳥は全て白鳥。白い色は神の色ともなり、浄化を表す色ともなるので、魂の穢れを落として白鳥は運んでくれたのだろう。その白鳥に神秘を見出し、それを天女として語り継いだのではないかと思っている。
f0075075_16454562.jpg

また白鳥はその首の長さから、竜や蛇と同族としても捉えられていた。首長竜というものがいたように、その意識が語り継がれたのかはわからないが、水辺から長い首を出している姿は竜も見立てられた。
f0075075_17202479.jpg

羽黒の伝説でも、能除太子が八乙女の導きに遭遇したのも、白鳥の群れでは無かったのか?
f0075075_17221453.jpg

純白な肢体が空を飛ぶ、そこに人間の白鳥に対する憧れと神秘が生まれたのだろう。
f0075075_17265584.jpg

夕暮れに佇む白鳥は、水鏡に何を見るのか…。
f0075075_17285549.jpg

とにかく2011年は終わり、2012年が始まろうとしている。気象庁の発表では12月から1月にかけて、再び大きな地震がくる確率が高いとされたが、災害が何もない平穏な2012年であって欲しいと願いたいものだ。
f0075075_17321665.jpg

年の暮れに白鳥が飛ぶ、今年失った魂を浄化してくれるのだろう…。
f0075075_17372434.jpg

by dostoev | 2011-12-31 17:37 | 民宿御伽屋情報 | Comments(0)

「遠野物語拾遺94(怪異)」

f0075075_6103932.jpg

土淵村山口の内川口某という家は、今から十年前程に瓦解したが、
一時この家が空家になっていた頃、夜中になると奥座敷の方に幽
かに火がともり、誰とも知らず低い声で経を読む声がした。往来
のすぐ近くの家だから、若い者などがまたかと言って立寄って見
ると、御経の声も燈火ももう消えている。これと同様のことは栃
内の和野の、菊池某氏が瓦解した際にもあったことだという。

                        「遠野物語拾遺94」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
人が住まないと家はダメになると、昔から云われている。昔の家の大抵は茅葺屋根であり、家の内部に囲炉裏があった。その囲炉裏からの煙で燻される事により、茅葺屋根は固まり、また虫なども追い出す事が出来る。

とにかく、人が家に住むという事は"火"を使うという事。「遠野物語拾遺147(ロウソクの焔)」でも書いたが、火は浄化の意味もある。つまり人が住まなくなるという事は、家が穢れる事になる。またそれは、一人が死んでいなくなり、誰も使わなくなった部屋も同様だ。「開かずの間」というものも、本来人が住まなくなり火を使用する事が無くなった空間だと思えばいい。

地域誌である「ものがたり青笹」にも、いくつかの怪異が紹介されている。


遠野市青笹町の某所に、あるお稲荷様の祠がある。その祠に何故か
古いミシンが入っているそうなのだが、酉の刻頃になると、その古
いミシンがカタカタと動き出し、それと一緒に女性の低い声が聞こ
えるのだという。とこが、誰かいるのかと思って中を覗いても誰も
いない…というのが何度も続いたという。



また同じ青笹町の菊池某さんの近くに、茅葺屋根の小屋があり、
その小屋には沢山の薪が置いてある。その小屋では何故か冬に
なると木を切るような音がするという。

実は昔、その小屋には貧しい樵が住んでいて、山に木を伐りに
行った際、間違って伐った木の下敷きになって死んだそうな。
それからだという、小屋で木を伐る音が聞こえるようになった
のは…。




また「遠野物語拾遺167」「遠野物語拾遺168」と、家の者が死んで、それから夜な夜な幽霊が現われる話があるが、やはりこれも人が死んだ事によって、家が穢れた為だろう。

生きているというのは血が体内を巡っている。しかし一旦死ねば、血の巡りは無くなり、体内に停滞する。つまり淀みが体にできるという事。河童が何故に淵に棲むかというと、そこは淀みであって穢れの場所でもある。現世とは違う異世界が発生し、淀みには異形のモノが生息する。

ちなみに自分の宿の話で申し訳ないが、客を部屋に入れる場合、なるべく便利な場所から入れていくようにしている。365日、毎日が満室ならば、活性が良い宿なので、常に淀みの空間はできないのだろう。しかし、毎日満室にならない宿の場合、利用数の少ない部屋というのが必ず存在する。その利用数の少ない部屋と言うのは、客にとって不便な一番奥の部屋である。火は日であり、灯でもある。蝋燭の火が灯る事によって、その部屋が浄化されるならば、蛍光灯の灯が点る事によってもまた、その部屋が浄化されるのではないか。つまり使用されない部屋は、暗がりが続き、やはり部屋としては穢れてしまい、淀みとなる。そうなれば物の怪などが棲み付き易くなるのかもしれない。

怪異には興味のある自分であっても現実には、どこかで否定している自分がいるのだが、自分の経営する宿の部屋では、やはり何故か奥の部屋での怪異譚を客から聞く場合がたまにある。それでも全ての客が話してくれているわけでは無いが、今まで聞いた話以上に、そういう怪異があった可能性があるかもしれない…。

神社にお参りに行くと賽銭を投げ入れ「パン!パン!」と手を叩く。音を出す事によって神霊を呼ぶ為だ。これを応用すると、例えば初めて泊まるホテルなどの部屋に入った場合、やはり同じように手を叩く。手を叩く事によって神霊など目に見えない何かを呼び出す行為になるからだ。つまりいなければ、何も現れないという事になる。そして一つ注意して欲しいのが、手を叩いた時に響く音を感知して欲しい。音が反響するようならば、何も居ない証拠。しかし、音が濁って聞こえる場合は注意が必要となる…。

いや、心霊現象を信じるわけでもないが、元々はそういうのに興味があり、"そういう場所"によく行ったものだった。

「遠野物語拾遺91」には、ある家に六部が来て泊まったが、出て行く姿を見た者が無かったと記されているのは、殺されたという意味になる。実は今は解体されて建物は無かったが、遠野には有名な幽霊屋敷があった。そこに昭和55年と56年に立て続けに泊った事があるが、生まれて初めて遭遇した怪異でもあった。この屋敷も六部が殺されたとの伝説があり、これは「遠野物語拾遺257」にも登場する平助の家筋であった。その平助の息子は、以前六部を殺したという家筋に心を患い、家に火を放って死んでしまった。

「遠野物語拾遺94」には、御経を唱える声がするから怖くないとも捉えてしまうが、宗教に殉じた者の魂は、坊主であろうが、山伏であろうが、それを伝えるらしい。自分の泊まった幽霊屋敷でも、そうであった。つまり宗教者であるから、通常の者より念が強いのだろう。中世時代に天武天皇の陵が暴かれ、天武天皇の頭蓋骨が盗まれたという事件があったが、それは呪術に使用する場合、能力者の次に高貴な血筋の者の頭蓋骨が有効であるからだった。そういう意味から、宗教に殉じた者の念の魂は強く、その代表格は、魔王となった崇徳上皇であろう。

とにかく宗教や信仰に殉じた者の念は強いのだと理解している。この「遠野物語拾遺94」での怪異もまた、宗教や信仰に殉じた者の念が留まったものと思ってしまうのだ。
by dostoev | 2011-12-29 06:27 | 「遠野物語拾遺考」90話~ | Comments(0)

「草子ブックガイド」

f0075075_4484746.jpg

何気に購入した「草子ブックガイド」の魅力に取り憑かれてしまった。


草子は言う「本に触れ、物語を食べた時、本の中に星を見る事ができます。」


漫画の中に、本棚を星が煌めく夜空に表現している箇所があり、その本棚を見る気持ちは、夜空の星々を見るのと同じと表現されているのは、なるほどと感じてしまった。本棚の本も、夜空の星々も、一つ一つのストーリーが散りばめられている。それを眺める楽しさを、この漫画は伝えていた。

画家の卵と版画家の卵の間に生まれた草子。その両親は離婚し、画家崩れの親父と二人暮らし。その両親の心情を「山月記」と「名人伝」の物語で感じ取る草子。

「分からぬ。全く何事も我々には判らぬ。理由も分らずに押付けられたものを
  大人しく受取って、理由も分らずに生きていくのが、我々生きものの"さだめ"だ。」



「山月記」の中に語られる虎の言葉に、不確かな未来を日々生きる辛さを、両親の心に、日々を生きる人達の心に溶け合わせて理解する草子。感受性豊かな両親の遺伝子を受け継いだ草子は、本だけの世界に、その感性を向けている。その為、学校にも居場所は無く、友達もいない。しかし、その本に対するひた向きさが、同級生の心を溶かし、本に対する興味を向けさせる。

この漫画の中にいくつかの本が紹介されるのは全て草子の感想であり、それが素敵なブックガイドになっている。物語を食べた後に、それを消化するのではなく、あたかも物語と自分の心が溶け合わさるように、自分の心を刺激する、草子の物語の感想が、とにかく素敵だ。紹介される本を、ことごとく読んでみたい気持ちに駆られてしまう。

絵柄は、どことなく諸星大二郎に似ているが、諸星大二郎をもっと爽やかにしたような感じ。派手さはまったく無い漫画だが、心に染み入る感覚は、是非一度は手にして読んで欲しい漫画だと思う。
by dostoev | 2011-12-28 05:09 | よもつ文 | Comments(2)

「遠野物語拾遺147(ロウソクの焔)」

f0075075_171276.jpg

蝋燭の火の芯に青い焔が無い時には、火災変事などが起るといわれている。
先年遠野町の大火の時も、火元に近い某家の夫人が、その朝に限って神棚の
御燈明に青い焔の見えないのを、不思議なこともあるものだと思っていたが、
間もなく近所から出火してあの大事になった。

                       「遠野物語拾遺147」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今の時代とは違い、昔は「ゲン担ぎ」「縁起担ぎ」という習俗が、かなり広まっていた。日常と違う場合に対して、ある意味恐怖を感じていたのだろう。現代となると、スポーツ関係者に、やはり似たような「ゲンを担ぐ」習俗が続いているようだ。

例えば、御飯茶碗は左で、味噌汁椀は右と。それが逆になれば、死人を意味するとなるが、現代では左右を気にしないで食べる人も、意外に多くなっているよう。

この「遠野物語拾遺147」も日常と違う現象は、不吉を呼ぶという意識が働いた為だろう。火災が起きたのは、たまたまと言えるし、昔はすぐに火災が起きたので、そういう偶然が重なると、その時代の"都市伝説"というものが生れる可能性はあった。

蝋燭の火は、人の命を左右するとも云われる。確か「死神」という話には、多くの人々の命を左右する蝋燭の焔が揺れており、その火が消えると、その人物は死んでしまうというものがあった。

またお盆には迎え火を焚いて、死者の霊魂を呼ぶ目安としたり、また火によって財産を失ったり、肉体をも焼き尽くしてしまう。つまり火は、生死に関わる存在であるのがわかる。

ただ神社仏閣で蝋燭を灯すというのは、その場を清めるという意味がある。例えば不動明王の名が書かれた紙を燃やして、その灰を水に落として飲むと病気が治るという迷信は、不動明王の背後に燃える炎が、悪しきものを焼き尽くすと考えられていたからだ。つまり、悪しき不浄なものを焼き尽くす炎は、その場を浄化するという意味合いを持っていた。だから、その焔の色合いが通常とは違うというのは、やはり不安になるのだろう。

となれば「遠野物語拾遺147」において青い焔が見えないというのは、単にゲン担ぎというだけではなく、通常の浄化の焔では無いと思われた為に、不吉と考えた可能性はある。
by dostoev | 2011-12-27 17:10 | 「遠野物語拾遺考」140話~ | Comments(0)

「遠野物語拾遺149予知夢?」

f0075075_595669.jpg

遠野の某村の村長は青笹村の生れで、若い頃はその村の役場に書記を
勤めていた人である。その頃春の清潔法執行の為に、巡査と共に各部
落を廻っている時のことである。

ある夜夢で村の誰かれが葦毛の馬の斃れたのを担いで来るのに出逢っ
た。そうしてその翌日現実にも、葦毛の死馬を担いだ人々に行逢った
が、その場所やその時の模様までが、夢で見たのとそっくりであった。
あまりの不思議さに今でも時々この夢を思い出すと、その人の直話で
ある。

                              「遠野物語拾遺149」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
真っ先に思い浮かべるのは、恐らくデジャヴかなとも思う。だが、曖昧である筈の夢をしっかり覚えている事から、ある意味予知夢として捉える事ができる話だ。

しかし、人間の脳とは情報の積み重ねでもある。作曲家のロベルト・アレクサンダー・シューマン(1810年6月8日 - 1856年7月29日)は、多くの幻覚を見たと云われている。彼は作曲中に絶えず葬式の行列が浮かんできた時があったと。作曲中に疲労困憊し、時には涙が流れてどうしようもなかった最中に一通の手紙が届いて、兄であるエードゥアルトの死を知った時、シューマンはそれを予知と捉えた。しかし、実は立て続けに別の兄であるユーリウスや、また違う兄であるカールの妻の死を目の当たりにしていた。つまり予知というよりも、予感であったのだと思う。

予感というものも、ある程度の情報が蓄積されて、未来を予感してしまうものだ。例えば、老婆の年齢と病状を知っているからこそ、長くは生きまいという判断を下してしまう。判断を下す事によって、脳に深く刻まれて突然の老婆の死に対面した場合でも、自身の中に『やはり…。』という、予知に近い意識を組み込む事が出来るものだ。

また占いも、事前に個人の情報を聞き出す事ができるから、ある程度無難で、どちらとも取れる漠然とした答えを用意できるもの。全ての理には情報の蓄積が、必ずあるものだ。

馬が死ぬ場合は、老衰の場合もあるのだが、事故に巻き込まれるか、もしくは極度の疲労が重なった場合、または病気によるもの。馬の場合は疝痛で死ぬ場合は、かなり多い。

「遠野物語拾遺149」では、葦毛の死馬を担いだ人々にあったと書かれているが、これは恐らく馬の卵場…つまり馬の墓地に運ぶ途中に遭遇したのだろう。大勢の…と記されている事から、隣近所の人間が集まって馬を運んでいるのは、ある程度、死を予感していたからに違いない。何故ならば、一つの共同体での作業には人手が必要となる。その場合は事前に示し合せる必要があるからだ。隣近所の人間が、野良仕事に行った後では、なかなか、馬を運べるような力のある若者達が揃わないであろうから。

つまりだ「遠野物語拾遺149」での村長まで務めた人物の若い頃に巡査と各部落を廻っていたという事から、自然にいろいろな情報が蓄積されていったに違いない。夢とは、その人物に刻み込まれた情報の具現化でもある。

画像は、ハインリッヒ・ヒュースリー「夢魔」。絵の中に馬が登場しているが、馬とは古今東西、性的なシンボルとされてきた。以前、アメリカで馬にまたがり海岸線を走る女性のCMがワイセツだと非難され、放送禁止になった事件?があった。性的シンボルの馬と女性の結び付きは、ワイセツであるという事だ。遠野にも、娘と馬の結び付きを示す「オシラサマ」の話があるが、あの話もまた性的なものである。ハインリッヒ・ヒュースリーの「夢魔」もまた淫靡な夢を見せているイメージとして馬が描かれているのだろう。

遠野に住む、この話の主人公もまた葦毛の馬と娘の物語である「オシラサマ」の話を知っていた事であろう。若い頃と記されている事から、性的なものに興味津々の時代であったのだとも思う。その時に、死にそうな葦毛の馬の情報を知り、それらを意識すればこその夢だったのではないかと思えて仕方無いのだ…。
by dostoev | 2011-12-26 05:18 | 「遠野物語拾遺考」140話~ | Comments(0)

「遠野物語拾遺195(角鼻堰)」

f0075075_182674.jpg

遠野の六日町に宇助河童という男がいた。川仕事が人並みはずれて達者な
所から、河童という綽名をつけられたのである。ある夏の夜、愛宕下の夜
釣りに行くと大量であった。暑気が烈しいからせっかく取った魚を腐らせ
てはならぬと思って、傍に焚火をして魚を炙りながら糸を垂れていた。

すると不意に川の中に、蛇の目傘をさしたいい女が現れた。宇助はこれを
見てあざ笑って、何か狐のやつ、お前等ごときに騙されるもんかと言って
石を投げつけると、女の姿は消え失せる。

それから間も無く川原に男が現われて、叢でさくさくと草刈りを始める。
またかと言って宇助が石を投げると、これもそのまま消えてしまった。あ
あいい気味だと独で笑っていると、はるか川向うの角鼻という処の下がぼ
うと明るくなって、あまたの提灯がぞろりと並んで往ったり来たりした。

あれや、今度はあんな方へ行って、あんな馬鹿真似をしている。だが珍し
いものだ、あれこそ狐の嫁取りというものだろうと感心して見ていたが、
ふと気がついてああそうだと焚火の魚を見ると、はや皆取られてしまって
一つも無かった。おれもとうとう三度目に騙されたと、その後よく人に語
ったそうな。

                       「遠野物語拾遺195」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
画像は、上空から見た角鼻で、鼻のように出っ張っている地形となっている。

この「遠野物語拾遺195」の時代は明らかではないが、この角鼻に夜間、提灯が灯されていた時期があった。奥州藤原氏が滅ぼされた後に、栃木県から阿曽沼氏が遠野を統治したのだが、その家臣である宇夫方広久の子である清左衛門広道が寛永の初めに遠野の南部氏に仕えて下郷代官となり、綾織に住み着いたと。その当時の綾織は開墾が進まず角鼻に堰を設けたのは、正保年間の事であったそうな。

角鼻に堰を通すのに、いろいろな状況を加味し、夜間に提灯の灯りを手にした人物がある地点に立って、高低などを測定しながら、角鼻の地形に穴を開けて堰を通す工事を行ったという。

今でも猿ヶ石川沿いには狐の巣穴があり、猿ヶ石川沿いを狐が歩いている場面に遭遇する時がままある。さらに昔は、狐が数多くいたようで、町外れには化け狐の話が数多く語られてきた。つまり、それだけひと気の無い場所には狐が多く出没すると信じられてきたのだ。

そんな時代、夜間にひと気の無い場所に提灯の明りが灯るというのは不思議な事であったろうと想像する。「遠野物語拾遺195」の主人公でもある宇助の話は、そのまま信じるわけにはいかないが、夜間に蛇の目傘をさした、いい女が現われたというのも、角鼻堰の工事は延々と続けられた夜間工事であったようで、工事の身内の者が夜食を届けにいっても不思議では無かった筈。

また男が現われて、叢で草を刈るとか、人の居ない筈の場所に提灯の明りが灯るのも全て、角鼻堰工事の流れでは無かったのかと想像する。恐らく、狐がでるという先入観から、全ての事が狐に思えてのものだったろう。ただ、焚火に炙っていた魚が無くなったのは、よくはわからないが(^^;
by dostoev | 2011-12-25 18:06 | 「遠野物語拾遺考」190話~ | Comments(0)

本の整理(一般06)

f0075075_1732312.jpg
f0075075_17321362.jpg
f0075075_17324270.jpg
f0075075_1733528.jpg
f0075075_17331661.jpg
f0075075_17333735.jpg
f0075075_17334835.jpg
f0075075_1734089.jpg

by dostoev | 2011-12-24 17:34 | 民宿御伽屋情報 | Comments(0)

本の整理(一般05)

f0075075_1726654.jpg
f0075075_17261843.jpg
f0075075_1726335.jpg
f0075075_17264658.jpg
f0075075_1727592.jpg
f0075075_17271895.jpg
f0075075_17273446.jpg
f0075075_1728992.jpg
f0075075_17282822.jpg

f0075075_17294045.jpg
f0075075_17295593.jpg

by dostoev | 2011-12-24 17:31 | 民宿御伽屋情報 | Comments(6)

本の整理(一般04)

f0075075_1720780.jpg
f0075075_17202685.jpg
f0075075_17204247.jpg
f0075075_1720583.jpg
f0075075_17214092.jpg
f0075075_17215926.jpg
f0075075_17221545.jpg
f0075075_1722383.jpg
f0075075_17225693.jpg
f0075075_17231293.jpg
f0075075_17233969.jpg
f0075075_17235467.jpg
f0075075_17241612.jpg

by dostoev | 2011-12-24 17:24 | 民宿御伽屋情報 | Comments(0)

本の整理(一般03)

f0075075_1714119.jpg
f0075075_17141131.jpg
f0075075_17142376.jpg
f0075075_17143394.jpg
f0075075_17144350.jpg
f0075075_17145557.jpg
f0075075_1715735.jpg
f0075075_1715233.jpg
f0075075_17175634.jpg
f0075075_17182215.jpg
f0075075_17183484.jpg
f0075075_17184768.jpg
f0075075_1719723.jpg

by dostoev | 2011-12-24 17:19 | 民宿御伽屋情報 | Comments(4)