遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
菊池氏考
佐々木氏考
クワガタと遠野の自然
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
六角牛考
七つ森考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
鯰と地震
三女神伝説考
早池峯信仰圏
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
宮  古  物  語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
外部リンク
最新のコメント
カエルのような両生類と考..
by dostoev at 04:56
河童は冬眠しないのでしょ..
by 森のどんぐり屋 at 14:34
安来市と比べ、神代の歴史..
by dostoev at 09:42
 島根県の安来市あたりも..
by 名古屋特殊鋼流通倶楽部 at 13:57
いくつかの梨木平を見てき..
by dostoev at 18:39
梨木といえば、昔話の「な..
by 鬼喜來のさっと at 22:09
遠野まで来たら、キュウリ..
by dostoev at 07:06
河童はおる。わしが河童じゃ!
by 竜桜 at 20:55
観念や概念は、各民族によ..
by dostoev at 20:45
以前コメント欄にお邪魔し..
by 河童ハゲ at 18:12
最新のトラックバック
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

瀬織津比咩の祭祀其の九「早池峰神社(土橋)」

f0075075_17275737.jpg

矢巾の地にも、早池峰神社がある。この早池峰神社は、延暦十四年(795年)播磨の国(現・兵庫県)から修験の者が神を背負ってこの地に深山神社が創始のよう。ただし一つ柱では無く、三柱の姫神が最初のようであった。

ところで修験とは書いたが、やはり羽黒修験との関わりは深いよう。奥州の新山神社の宮司もまた、京都から羽黒を経て、瀬織津比咩を運んだ修験者の血筋であった。ここで疑問は何故に皆、蝦夷の地を目指して辿り着いた地に、神社を創始したのかだが、これもまた今後の課題となる。
f0075075_1740368.jpg

然るに氏御神天降り給いし故を、尋ね奉るに、東国魔生変化の鬼神充満し、多くの人民をなやまし、国土を魔界に、なさせんとしを、天帝聞召給い、田村大明神を天降し、悪魔化道退散なさし免、国土を治め給いしとかや。弘仁二年巌鷲山田村大権現と顕れ給いし姫神を王東山大権現と顕し給いとかや、其の御子三柱の姫神富山鎮座満しまし給い、姫神達折々四方を御詠有し遥東方に雲をつらぬく高山有り…(略)

由緒を読んでいると、鈴鹿権現との結び付きを感じるが、この由緒全文を理解し、三柱の姫神が別れた三山を調査し、いずれ鈴鹿権現の方向で書き記そうと思う。
f0075075_1804738.jpg

印象は、シンプルで風通しが良いとの印象の本殿だった。4号線から脇道に入って田園地帯の一角に、この早池峰神社はあるのだが、以前は神社の杜は深く、そして北上川がこの神社の眼前に流れていたようだ。
f0075075_1863123.jpg

実は…常にライトアップされている祭壇を初めてみた。この祭壇もまたシンプルで清楚だが、近代の伊吹も感じる。実はこの神社の宮司さんは設計士でもあり、お聞きするのを忘れたが、この祭壇をも効果的に設計したのだろう。
f0075075_18221838.jpg

この早池峰神社も、どこかでパワースポットとして紹介されたのか、そのパワー?を頂こうと、御神木にしがみつく人など、かなり多くの影響された人が来ているらしい。とにかく俗にいうスピリチュアル系の怪しい人々も来ているらしく、胡散臭い人を追い返した話も聞いた(^^;
by dostoev | 2011-08-31 18:32 | 岩手県の瀬織津比咩 | Comments(2)

小沢VS反小沢(中国VS韓国)


民主党の党首争いが、中国と韓国の主流争いというのを知っている人は少ないだろう。小沢は中国へ傾倒しているが、反小沢は韓国へと傾倒。今回の党首選挙は、反小沢側の勝利で、党首となったのは野田。


暴力団の献金疑惑もある民主党党首である野田は、先の政権交代で、真っ先に民団への感謝の挨拶。つまり民主党が野田になっても、そうでなくても日本人の為の政治をする筈が無いのが、民主党という事。とにかく売国議員、犯罪議員しかない民主党に…誰だよ投票した奴!!!
by dostoev | 2011-08-29 18:15 | Comments(0)

ツバメ

f0075075_18552645.jpg

隣の建物に、ツバメが巣を作っている。覗きに行ったら、ツバメの雛が顔をのぞかせていた。見てみると、ツバメというより、不細工なペンギン顔。「みにくいアヒルの子」じゃないが、鳥とイウモノハ、成鳥と雛じゃまったく違うものだ…。

昔、漫画「うる星やつら」で宇宙人であるラムちゃんの食べ物を食べたら、ツバメが巨大化…肥大化?したら、その姿はペンギンだった…というのを思い出した。高橋留美子の着眼点は、流石と言わざる負えない(^^;
f0075075_18554773.jpg

早朝、このツバメの巣から親ツバメが飛び立つのだが、かなり低く飛ぶために、家の猫どもが気になって、気になって仕方ないようだ。

昔の迷信に「ツバメが低く飛ぶと雨が降る」というものがあったが、そういう迷信は殆ど無くなったのでは無かろうか?明治生まれの家のチヨノ婆様は「朝、鍋倉山が近くに見えると、今日は雨」などと言って、迷信が身近に感じていたが、考えてみると今では迷信とわかっている為に、自分が親になって子供達に、そういう迷信を伝えなくなったのは、ある意味寂しい事なのだろう。
f0075075_18566100.jpg

小学の時、下組町に並ぶ家々にツバメが沢山、巣を作っていた。そのツバメを捕まえてみたくて、手を伸ばしたが子供の身長では、やはり届かなかった。そのツバメを取ろうとした行為を、同じクラスの女の子に見つかった為、翌日のホームルームで吊し上げを食らったのを、今でも覚えている。しかしツバメを見るだけでも、かなり思い出が蘇るものだ…。
by dostoev | 2011-08-26 19:15 | 遠野の野鳥 | Comments(4)

九重沢不動尊を行く

f0075075_15115837.jpg

遠野の九重沢に、不動尊がある。実はこの地は以前、積善寺と呼ばれる天台宗の広大な敷地内でもあった。建立は阿曽沼時代とも伝えられている。
f0075075_15161045.jpg

伊能嘉矩「遠野くさぐさ」には「背後の九重山中に懸泉ありて九重滝といひ、ここに不動の安置ありしは、以て寺址を探るの指針と為すべし。宝暦九年(1759年)十一月に成りし、『八戸弥六郎知行社堂書上帳』に、滝不動とあるは是れなるべし。」とある。
f0075075_15174599.jpg

寺の背後の九重山中に人工の滝を造ったと記されているが、それはもしかして不動尊の奥ノ院なのかと行ってみる事にした。
f0075075_15162925.jpg

不動尊の背後には、それこそ人工の滝がお目見えするのだが、これは砂防ダムから流れ落ちる滝であり、その当時の人工の滝では無いだろう。
f0075075_151799.jpg

すると傍に、熊の足跡を発見した。熊は分厚い毛皮を着ているようなものだから当然、夏は暑い筈で、移動する時もこういう沢沿いを移動するのは涼しさを求めてだろう。
f0075075_1548179.jpg

少し前、遠野を訪れた生物調査の人々が、この遠野第二ダムを熊が泳いで対岸へ渡ったのを目撃したという。恐らく沢沿いを伝ってダムに降り、ダムを泳いで対岸へ渡ったのは、熊の水遊びであろうか?(^^;
f0075075_15184045.jpg

奥の院に行く途中、巨大な岩の壁に沢水が流れている場所に出た。
f0075075_15191161.jpg

人工の滝というと、先の砂防ダムのイメージが出てしまうのだが、恐らく当時の人工の滝とは、意図的に沢の流れを変えて、こういう岩肌を流すようにしたものでは無かったのだろうか?となればこの巨石を流れる沢が、かっての人工の滝ではないのか。恐らくブナなど山の樹木が伐採された為、水量が少なくなった為だろう。この山を登って行けば、物見山へと通じる。物見山は自覚太師が山中の桂の木から七体の観音を彫ったという伝説の山だ。以前は山頂付近に池が3つもあったというが、今では杉林とエゾカラマツ林になった為に、水も枯れ、池は無くなってしまった。
f0075075_1519369.jpg

そこから暫く歩くと奥の院に到着した。
f0075075_1520585.jpg

この奥の院で発見したものは「六角牛山 不動 水神」と刻まれている石塔だった。
f0075075_15202135.jpg

裏には「明治二年巳年 天 六月吉日」とある。明治時代といえば、神仏分離が行われた時代でもある。この石塔には不動と水神の二つが刻まれているが、つまり六角牛の不動明王が水神と分離した事が明らかになっているという事。そういえば、この奥の院も麓の不動尊の社も、北を向いているというより、六角牛方面を向いているようだ。六角牛山の麓には、かって善応寺があった。恐らく善応寺と何等かの関係があったのかもしれない。
f0075075_15203791.jpg

この奥の院の右湧きに細い、沢に通じる道があった。多分ここで沢水を飲み、喉を潤したのだろう。よく見ると小さな滝らしきがある。この地に奥の院を置いた意味は、この小さな滝があったからなのだろう。
f0075075_1521031.jpg

この後、下山して思った。この不動尊の向かいに聳える小高い山は太平山という。以前、土淵は似田貝にあった神明神社を移転した山でもあった。もしかして不動尊は太平山を向いているのではないかと考え、登ってみる事にした。
f0075075_15213247.jpg

太平山の山中には、神社の名残である石でできた御手水があった。遠野における不動明王は早池峰大神でもある。その向かいに天照大神を祀る神明神社が来るというのは、東和町にある大沢滝神社と同じ形式だ。大沢不動尊も瀬織津比咩を祀る神社で、その向かい合わせに天照大神の名が刻まれた石碑がある。また太平山といえば有名なのが秋田県の太平山であり、その山は以前姫神岳と呼ばれ、瀬織津比咩が祀られていた山であった。これが偶然なのかどうなのか、今後も調べてみようと思うが、それにはやはり積善寺と善応寺を調べる事になるだろう。

そしてもう一つ、この太平山に登って気付いたのだが、恐らくこの太平山は、早池峰山と六角牛山の遥拝所としての山では無かったのか?それらも含めて、今後調べてみる予定だ。
by dostoev | 2011-08-25 16:09 | 遠野体験記 | Comments(0)

不動明王トイウモノ

f0075075_14374822.jpg

不動明王トイウモノハ本来、大日如来の教令輪身した姿…簡単に言えば分身みたいな存在。ただし大日如来は人間界になかなか降りて来ない為、代わりに不動明王の信仰が特に厚かった。
f0075075_14435125.jpg

全国津々浦々歩けば、不動の滝だの不動岩だの"不動"と付く名の滝や岩や地名があるのは、修験者が開いた道に、不動明王の名前を刻んでいったからだ。不動明王を通して大日如来を見る。別の言い方をすれば、本地垂迹に則れば、そこに天照大神の姿を見るからだ。不動明王はそれ故、太陽を意味する大日如来と天照大神の対になる存在。それは水を司る仏でもあり、瀬織津比咩の本地垂迹…化身でもある。
f0075075_144836100.jpg

ところが後に、不動明王の姿が一定した姿から変化していった。有名な円空や木喰上人は、人々の願いに合わせて、彫り方を変えて不動明王を掘り出したという。そう自由な形の不動明王が増えて行ったのは、人々の願いに比例していったそうである。
f0075075_1454185.jpg

空海が唐より持ち込んだ不動明王は「鎮護国家の仏」として造立された。しかし平安時代から「安産祈願の仏」として不動明王が変化したのは、呪詛や怨念が渦巻く平安時代に、我が子を守るという意識の元「あらゆる障害を砕波する仏」としての願いがかけられた為だという。
f0075075_14585995.jpg

また後世には「極楽往生を助ける仏」としての不動明王の姿。画像は、早池峰神社の山門だが、拝殿の後ろに、二体の不動明王像が鎮座しているのは、早池峰神社に祀られる神が、本地垂迹に則れば、その分身であるからだろう。人々は、この山門を潜り、瀬織津比咩では無く不動明王に様々な願いを届けたのかもしれない。
f0075075_1535073.jpg

不動明王に安産祈願がかけられているように、早池峰大神でもある瀬織津比咩にもまた安産祈願がかけられている。
f0075075_1594021.jpg

f0075075_159597.jpg

早池峰神社の御神体でもある又一の滝の脇にも不動明王が祀られているのは、いつの間にか名前を忘れ去られた瀬織津比咩に代わって人々の願いを聞き入れる為だ。とにかく人々の願いは千差万別で、時代や地域の願いに合わせて変化できる不動明王が親しまれた理由であったようだ。

ちなみに不動明王の縁日は9月28日であり、瀬織津比咩の縁日でもある。
f0075075_1517871.jpg

「写します」と唱えると何故か、変な光が入り込む。。。
by dostoev | 2011-08-24 15:18 | 「トイウモノ」考 | Comments(2)

ドイツ人の心


日本のテレビ局が挙ってスルーし放送しなかった、サッカー、ドイツ人代表での試合前の模様。日本はワイマール憲法を真似て日本国憲法を作ったように、ドイツ人に精神が似通っている。顔だけ似ている朝鮮半島人やシナ国人より、精神が似通っているドイツとの友好を推し進めた方が国の為になる気がする。ちなみに日本人のDNAは、シナ国が侵略しているチベット人に近い。顔だけ似ている朝鮮半島人とシナ国人とは、精神もDNAも異なるのに、何故に民主党政府は反日精神の国との友好を推し進めるのか?

とにかくこのドイツ人の心に触れて感動した!!!
by dostoev | 2011-08-23 08:30 | Comments(2)

倭文神社の宵宮

f0075075_17565097.jpg

8月20日、土淵町五日市の倭文神社で宵宮が行われた。
f0075075_17574044.jpg

本殿まで続く階段に、色とりどりの小さな灯篭が飾られ、普段とは違う夜を演出している。
f0075075_17583767.jpg

恐らく地域住民の楽しみの夜としてあるよう。料理が用意され、慣れ親しんだ声が飛び交う。自分は食事を取らない素泊まり客と一緒に来たのだが「一緒に食べて行ったらいいのに。」と声をかけると「邪魔しちゃ悪いですから…。」と。
f0075075_1759396.jpg

夜の7時から神事が始まる為、駆け込みで参拝する人達が目につく。
f0075075_1759238.jpg
f0075075_180326.jpg

神事は簡単な祝詞を唱え、たんたんと進行する。

f0075075_1835541.jpg

本殿に参列者が次々に、玉串を神前に捧げる。

f0075075_182207.jpg

五日市舘主橘家の守護として文殊菩薩を勧請し崇敬せり、とある。慶長年間に鱒澤氏反軍に敗れ修験道に帰依、以来修験者並びに諸氏の修行道場となり明治時代に入り神仏分離により倭文神社と改め村社となし、土淵町の諸社を合祀して文殊と呼び知恵の向上を祈り、学童の清書を奉納し筆績の上達を祈るという、今では文殊様として呼ばれている。とにかくここは倭文神社というより、地域では文殊様と親しまれている。
f0075075_1845689.jpg

祭神は文殊とは関係無いのだが、神事は文殊とはかけ離れている為、地域住民の意識と神事が結びついていないのかもしれない。 ここに早池峰大神である瀬織津比咩の名前が見えるが、瀬織津比咩は明治時代になって、この倭文神社に合祀されている。何故に明治時代に倭文神社として瀬織津比咩を迎えたのか、別の機会に書き記そうと思う。

ところで瀬織津比咩を追求する者は、やはり祭りは避けて通れないだろう。
by dostoev | 2011-08-22 18:29 | 遠野体験記 | Comments(2)

船っこ流しの夜(211.08.16)

f0075075_632469.jpg

8月16日は、遠野で灯篭流しがおこなわれる日だ。土淵地区や遠野地区などでも灯篭流しは行われるが、やはり派手なのは附馬牛の徳昌寺が中心となる、俗称「船っこ流し」と呼ばれるものが、一番派手。毎年、観光客を連れて行くが、やはり見た目の派手さから附馬牛に連れて行ってしまう。
f0075075_6332224.jpg
f0075075_6334782.jpg
f0075075_634111.jpg
f0075075_6342873.jpg
f0075075_6345927.jpg
f0075075_6355643.jpg
f0075075_6362277.jpg
f0075075_639281.jpg
f0075075_6401136.jpg
f0075075_640387.jpg
f0075075_641618.jpg
f0075075_6412218.jpg
f0075075_641386.jpg

by dostoev | 2011-08-17 06:42 | 遠野情報(雑記帳) | Comments(4)

異説「附馬牛考(其の二)」

f0075075_6485751.jpg

異説「附馬牛考(其の一)」の冒頭で、早池峰周辺の麓では、牛や馬の飼育が盛んであったと書いた。そして附馬牛は付喪牛であり、次には牛頭天王との関連を書くと記した。牛頭天王には蘇民将来の伝承が深く印象付けられるが、そもそも「蘇」とは、古代においては牛乳から作ったチーズの意があった。

廣野卓「古代日本のチーズ 」によれば、「続日本紀」慶雲四年(707年)に「使ヲ遣シ蘇ヲ造ラシム」とあるが、天皇は各地の御料地に牛を飼わせ、その搾り取った牛乳から「蘇(チーズ)」を造らせて「貢蘇」とさせていたようである。

「蘇民将来」が朝鮮から渡ってきた名称であろうが、「蘇」がチーズであるならば朝鮮半島から渡ってきた民族とは遊牧民族の可能性は高い。それを裏付けるものに、牛頭天王と星の結び付きもあるからだ。
f0075075_738325.jpg

f0075075_739271.jpg

早池峰神社に古くから伝わる大出神楽の式八番に「牛頭天王」がある。法印が京都から伝えたものだとされるが、出羽三山に伝わった神楽と同時代であったとされる。以前紹介した奥州の新山神社の宮司は、平安時代に京都から羽黒修験に伝わる瀬織津比咩を信仰し、出羽三山で修業した後に、現在の奥州新山神社に藤原氏の庇護の元、社を建立したという。どうも牛頭天王にしろ、瀬織津比咩にしろ、京都の修験の流れがあったよう。そしてその牛頭天王と瀬織津比咩に共通するものとして、星の信仰があった。
f0075075_7511016.jpg

日本の神道の流れは、天照大神を中心とする太陽と、それに対局の位置にある月の信仰が農事と結びついて広がっている。ところが朝廷に逆らった香香背男が意味するのは、その天照大神の神道の流れに相対する勢力であるというもの。牛頭天王である素戔嗚もまた天照大神に逆らったのは「古事記」に記されている。江戸時代においては、星の信仰は反逆や謀反の象徴であったという。それはお天道様の下を避け、夜の界隈を泥棒などの悪事を働くもの。つまり太陽も月も照らさない、星空の下には悪が蔓延るものと考えられていたようだ。
f0075075_14513735.jpg

画像は、奥州市にある黒石寺の妙見堂だ。黒石寺に伝わる絵図には、本堂である薬師堂と、もう一つ同じ大きさの観音堂(恐らく十一面観音)の真ん中の石段を登った所に妙見堂がある事から本来、黒石寺で祀っていたのは妙見であろうという事らしい。寺伝によれば、行基が東光山薬師寺を建立したのが天平二年(730年)で、その後妙見山黒石寺と改称したのが嘉祥二年(849年)だというが、どうも先に信仰していたのが妙見であり、後に薬師如来を祀ったと考えれば、桓武天皇が延暦十五年(796年)3月19日に、大衆が妙見を祀る事を禁じる勅が下されたものに符合する。
f0075075_15275159.jpg

妙見信仰は、北極星(もしくは北斗七星)を最高神とする道教を基とする星神信仰となる。「魏志倭人伝」によれば、卑弥呼は鬼道で民衆を惑わすとされているのは卑弥呼の駆使する奇門遁甲(卜占など)が当時の中国では邪教とされていたからだろう。だからこそ、恐らく日巫女であろう名称が卑弥呼という蔑称で書き記されているのは、道教が邪教として虐げられていたせいだろう。

ところで牛頭天王は「天形星」であり、また二十八宿の一つ「牛宿」を司っており、そして北斗七星を形成する破軍星でもあるという。「文殊宿曜教」によれば「七魂とは、天の七星なり。下々来々して、人身に通じて七魄と成る」とあるのは、七星は北斗七星であり、これは「七つ森」に降りた星の信仰=七薬師の信仰に通じる。宿曜のような人間の運命と星座を結びつける占星術が生まれたのは、夜空を眺める事の多い、中央アジアの遊牧民からであるとされている。日本における星神の信仰は、大陸から牧畜や養蚕などの技術を運んだ渡来人に担われたといいうのが通説のようだ。
by dostoev | 2011-08-11 07:26 | 遠野・語源考 | Comments(2)

コウモリの赤ちゃん?


f0075075_2144147.jpg

家の猫のミーが捕まえてきた、小さなコウモリ。赤ちゃんか?

その赤ちゃんコウモリを咥えているミーから取り上げて、掌に乗せてみると体長5センチくらいで、全然動こうとしない。取り敢えず逃がそうとしたが、果たして飛ぶかどうか不安でもあったけど、そこはコウモリ。遠野の夜の中に、ちゃんと飛んで行きました…お終い(^^;
by dostoev | 2011-08-05 21:45 | 民宿御伽屋情報 | Comments(0)