遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
菊池氏考
佐々木氏考
クワガタと遠野の自然
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
六角牛考
七つ森考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
鯰と地震
三女神伝説考
早池峯信仰圏
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
ゲ ジ デ ジ 通 信
宮  古  物  語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
jun-roadster
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
JUNJUNのブログへよ...
外部リンク
最新のコメント
それでは現地へ行き、お好..
by dostoev at 13:28
欲しい!金精様欲しい!
by 千尋 at 21:26
ミシャグジの「ミ」は「御..
by dostoev at 20:09
瀬織津姫とミシャグジは対..
by ななし at 11:54
「雨乞い観音」のモチーフ..
by dostoev at 08:42
正法寺七不思議のひとつに..
by 鬼喜來のさっと at 23:55
下野小山氏は奥州菊田荘を..
by 鬼喜來のさっと at 22:24
遠野市小友町の藤沢の滝の..
by dostoev at 19:50
人の首と書いて人首とは何..
by 鬼喜來のさっと at 22:11
ishiwaさん、良かっ..
by dostoev at 19:08
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧

午前のひと時の秋

f0075075_1948731.jpg

10月29日、泊り客を送り出して空を見上げると、久々に秋晴れの良い天気だった。となれば、やはり気持ちが、日差しが足りなかった紅葉写真を撮影した地に向ってしまう。とにかく晴れ間の日差しを、このまま指を咥えてるのは勿体無いと、そそくさと店を抜けだした。お目当ての白滝は、まだ日差しが届いていなかった。もう少し時間が経てば…でフト思い出した。自分の誕生日が9月29日で、今日が10月29日…何か忘れている????

で…思い出した!免許の更新をしてない!!!

慌てて家に戻り、昼間の仕事を休んで、いざ釜石。いや…違反してなかったら地元の警察署でOKなんだが、今年の4月に花巻でスピード違反で捕まっている”犯罪者”だから、釜石まで行かなくては…(^^;

結局…やはり、お目当ての白滝にじゅうぶん日差しが届いている写真が撮影できなかった。またいつかだ。。。
f0075075_19483567.jpg
f0075075_19492445.jpg
f0075075_1950088.jpg
f0075075_19502433.jpg
f0075075_1950495.jpg
f0075075_19511686.jpg

by dostoev | 2010-10-29 19:52 | 遠野情報(雑記帳) | Comments(12)

午後のひと時の秋

f0075075_17393068.jpg

長時間露光により、流れる水は鏡のようになり、光と、その光を透過した紅葉の色を映し出す。


午後のひと時、雲が多い空の下、僅かに差し込む光を求めて琴畑渓流へ。しかし目的の滝は光量不足で、仕方なくその手前の滝で撮影。しかしそれも一瞬で、西に広がり太陽光を遮断する雲に覆われ、影ってきた。それでも紅葉は今が見頃で、撮影出来なかったが、傾いた日の光を浴びて輝く色とりどりの葉っぱが輝いていた瞬間を見たけど綺麗だった。。今度はもう少し、早い時間に行きたいが。。。
f0075075_17401268.jpg
f0075075_17404063.jpg
f0075075_17411100.jpg

f0075075_15494325.jpg

f0075075_15504213.jpg

by dostoev | 2010-10-27 17:49 | 遠野情報(雑記帳) | Comments(2)

早池峰の天体ショー(その2)

f0075075_1329218.jpg

f0075075_19563497.jpg

家に帰って来たのは、夜中の1時半頃。まず暖かいお茶を飲んだ。腹も減ったので温かいウドンを作り食べた後に気付いた…携帯電話が無い!!!

車内を探しても、携帯電話が無い。ならばやはり…可能性が高いのは、薬師岳を下山している最中だろう。最近携帯を買い換えたばかりで、まだ月賦も残っている。この状態で、新しいのは買えない。ならば再び薬師岳に登り、携帯電話を探さねば。
f0075075_13103636.jpg

という事で、再び薬師岳の登山口。またもやガスに覆われており、そのガスに包まれた月は不思議な形となり、光を放っている。とにかく今回は、のんびり撮影している暇が無い。とにかく携帯電話を発見しなくては…。
f0075075_14595399.jpg

そして!!!携帯を発見した。それは、密林地帯を抜けた、ハイ松帯の細い道のど真ん中に落ちてた。良かった!!!と思ったら…充電電灯の明りが消えた!!??これも何かの試練というか…遠隔で試練を与えるのは二人しかいない。そこで闇に聳える早池峰に向い叫んだ「○○と○○○の馬鹿野郎!!!」闇の中で大声で叫ぶのはスッキリするもの。ただ明りが無くなったとしても月明かりで、周囲はかなり明るい。にかくとどうにか薬師山頂を目指した。
f0075075_1543836.jpg

12時頃の遠野盆地上空は、厚い雲に覆われていたが、夜中の3時過ぎの遠野盆地は雲が下がり、いつもの通りの雲海を形成していた。
f0075075_156747.jpg

月は、もう少しで西の大地に沈もうとしている。
f0075075_158613.jpg

早池峰を見ると、西が月の明りで白く輝いて、東側が太陽の明りで赤味がかってきている。
f0075075_1518323.jpg

f0075075_15102267.jpg

f0075075_15105056.jpg

そして月の明りが太陽の影響で赤味がかり、ついに東の彼方から太陽が昇った。
f0075075_1512433.jpg

遠野盆地も、太陽の明りにより息づいてきたかのよう。
f0075075_1514529.jpg
f0075075_15142875.jpg

月が沈んだ西の彼方には、太陽光線の影響で、尖がった薬師岳の影が伸びている。
f0075075_1516564.jpg
f0075075_15162517.jpg
f0075075_1517211.jpg

この天体ショーは、まるで早池峰が太陽の神と月の神を両手に携えたように感じた。太陽は火の象徴であり、月は水の象徴でもある。この情景を垣間見ると早池峰には、昔から火と水がセットになっているかのよう。これもまた大自然の作りだした神秘の一コマなのだと考える。道中いろいろあったが、この情景を見る事が出来て、本当に良かった。
by dostoev | 2010-10-25 15:22 | 遠野体験記 | Comments(4)

早池峰の天体ショー(その1)

f0075075_1113128.jpg

10月22日、この日は満月に一日足りない日だった。天気は、秋晴れの気持ち良い快晴。日の出と月の入りの時刻を調べると、ほぼ同時刻に月は沈み、太陽は昇るという事を確認。となれば見たくなるのが欲というもの。頭に浮かんだイメージは、早池峰に向って左である西に月は沈み、右である東に太陽が昇るというもの。となれば薬師岳に登って、その早池峰の天体ショーを見ようと向った…。
f0075075_1117590.jpg

午後6時過ぎ、耳切山から見下ろす遠野盆地の上空には雲が広がっていた。日中はあんなに晴れ渡っている空に、夕方になるにしたがい、だんだん雲が広がっているのがわかった。
f0075075_19423480.jpg

f0075075_11185420.jpg

耳切山の途中で、雲が広がるなら天体ショーは見えないからどうしようと思案に暮れながら、取り敢えずススキの写真を撮影していた。しかし早池峰の方向を見ると、雲がかかっておらず、もしかして早池峰周辺だけの局地的な晴れ間か?などと思いつつ、向った。
f0075075_1121155.jpg

小田越の登山口に着いたのが、夜の7時過ぎ。上空は見事に晴れ渡っている。もしもこの後、雲が広がるのなら急いで登らないと…と思い、ノンストップで岩場にかけてある梯子場まで登ったこの梯子場を登りきった岩場から、早池峰の姿が見える筈なのだが、画像のように、いつの間にかガスに覆われて、まったく見えない。幽かに早池峰の輪郭がわかる程度だった。しかし上空を見上げると、薄らと星明りが見える。もしかして山頂は晴れているかも…と、再び登り始めたのだった。
f0075075_11405476.jpg

途中、岩場の内部のヒカリ苔を確認。この苔は年中見る事ができるのだろうか?
f0075075_11275100.jpg

密林地帯を抜け、ハイ松地帯になると、早池峰の姿が見えた。雲の上に、その姿を現してくれた。こうなれば、徐々に雲は下がり、その全貌を表してくれるのだろう。
f0075075_11315684.jpg

それからはのんびり歩き、鉄製薬師の仏像が置いている場所に到達すると、もう早池峰はその全貌を現していた。
f0075075_11334075.jpg

f0075075_11341464.jpg

薬師岳の頂き方向を見ると、月が輝き、その下には厚い雲の雲海が広がっているようだ。
f0075075_11352568.jpg

薬師岳の頂きに到着したのだが、この山頂は風がまともに当たる。穏やかな日だと思っていても、いつも山頂だけはビュービュー風が吹いている。。。
f0075075_11372687.jpg

薬師山頂から遠野盆地の方向を眺めると、雲海というより、盆地全体が厚い雲に覆われているようだった。実はこのまま朝まで、この山頂で過ごそうと思っていたけれど、とても…寒い!低い気温に加え、強い風が体感温度を下げてしまう。このままでは…と考え、下山する事とした。残念。。。
f0075075_1143672.jpg

帰路の途中、荒川高原から見た早池峰と薬師は、ほぼ雲が消えさっていた。つくづく残念だ…。
f0075075_11444326.jpg

夜中の12時半頃、耳切山からの遠野盆地は、薄らと雲がかかってきている。朝には綺麗な雲海になっているのだろう。腹減った…暖かい飲み物が欲しい…とにかく急いで帰る事にした…。(続く)
by dostoev | 2010-10-25 11:48 | 遠野体験記 | Comments(4)

早池峰周辺、秋深し

f0075075_8303380.jpg

里の近くは、未だ紅葉のピークには達していないものの、早池峰周辺は、もう紅葉のピークが過ぎた模様。かなりの落ち葉があり、色づいた葉っぱ一枚一枚が…汚い!紅葉した葉っぱを接写しようと思っても、綺麗な葉っぱを見つける事ができなかった…(^^;
f0075075_8305645.jpg

f0075075_13321986.jpg

f0075075_8312052.jpg
f0075075_8313995.jpg
f0075075_832325.jpg
f0075075_8325589.jpg

by dostoev | 2010-10-24 08:36 | 遠野情報(雑記帳) | Comments(2)

遠野は、すっかり秋めいて。。。

f0075075_9215991.jpg

最低気温が10度を切り、秋深し…というよりも、冬にまっしぐら。日中の暖かな日差しが、これから益々貴重になっていく。暖房費、かけたくない。。。
f0075075_9224210.jpg
f0075075_9231568.jpg
f0075075_9234984.jpg
f0075075_9242867.jpg
f0075075_9245460.jpg

f0075075_13162190.jpg

by dostoev | 2010-10-20 09:28 | 遠野情報(雑記帳) | Comments(0)

秋の滝02

f0075075_14384174.jpg

昨日のリベンジとして、午前中の合間をぬって再び、小友町は藤沢の滝群へ…。しかし、太陽は昇りきっておらず、滝に光がほとんど来て無い。やはり昼過ぎが丁度いいのだが、その時間帯は仕事の為に、一日休みを取らないと無理だ…。
f0075075_14305426.jpg
f0075075_14315142.jpg

f0075075_14403366.jpg
f0075075_14411388.jpg

f0075075_1639468.jpg

f0075075_16104814.jpg

by dostoev | 2010-10-18 14:45 | 遠野情報(雑記帳) | Comments(2)

秋の滝

f0075075_19351192.jpg

午後になって、滝を見に行った。途中、那智の滝神を祀る神社に参拝。さて滝の撮影と急いだが、夕暮れ近くの為、日差しはギリギリ。とにかく駆け足で、一番奥の滝へ行ったものの、日差しは届いていなかった。やはり日が短くなったなぁ…と、秋を実感。そしてその後、あっという間に雲ってしまい、雨が降ってきた。今度はもっと、天気の良い早い時間帯に来よう。。。
f0075075_19515776.jpg
f0075075_19523271.jpg

by dostoev | 2010-10-17 20:00 | 遠野情報(雑記帳) | Comments(0)

夜から午後から夕方~夜

f0075075_0222729.jpg

10月10日の晩は雨だったが、途中に雨があがった。空を見上げると、何やら雲が下がっている。雨の日なのだが、どうも雲海が発生しているようだ。
f0075075_0224792.jpg

というわけで、高清水山から遠野を眺めてみた。確かに雲海が発生はしているのだが、更なる上に厚い雲があり、高清水山頂は小雨になっていた…。ああ、雲海って、天気が悪くてもなるんだ。。。
f0075075_0233673.jpg
f0075075_0235938.jpg

11日の午後から休みをとって、なんとなく気になった又一の滝を見に行った。全体的な風景は色づいていたが、なんとなく鮮やかさが無い…。
f0075075_0242520.jpg

又一の滝周辺は、赤色よりも黄色が目立っていた。
f0075075_0372764.jpg

稲刈りが終わっていないところもあるが、殆ど終了間近。。。
f0075075_0392090.jpg

そして今夜は三日月だ。月の入りは7時5分。。。
f0075075_041659.jpg

太陽は沈み、もうすぐ月も沈む情景。。。
f0075075_042568.jpg

夕暮れに見えた、北斗七星。。。
f0075075_0425777.jpg

月が沈んでいくと、雲を纏った為か、月明りが乱反射し、傘を被った。
f0075075_0441044.jpg

なんとなく不思議というか、不気味な月だった。。。
f0075075_0453325.jpg

耳切山から荒川高原にかけては、モヤがかかっているが、たまに晴れており、星空を見る事が出来た。
f0075075_0465748.jpg
f0075075_047152.jpg
f0075075_0473314.jpg

by dostoev | 2010-10-12 00:48 | 遠野情報(雑記帳) | Comments(13)

素晴らしい演説!自民党、稲田朋美議員の演説








情けない返答。。。


昨年秋の国会でも稲田朋美議員は胸が熱くなる質問演説をしていた時NHKは国会中継をせず、なんとドラマの再放送を流したある意味いわくつきの稲田議員。もし、この動画が削除されたのなら、何等かの力が働いたものでしょう。

オマケ…昨年NHKが放送しなかった…だけではなく、各新聞社や各テレビ局が報道しなかった、当時の首相である鳩山を日本を解体する外国人参政権問題、または現在法相を務める福島や首相である管などの民主党の面々が北朝鮮人による日本人の拉致被害の実行犯を逃がす嘆願書に署名した追及など…の、稲田朋美議員の映像。font>
http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=39986&media_type=wn&lang=j&spkid=19575&time=02:49:40.6
by dostoev | 2010-10-07 17:20 | Comments(10)