遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
菊池氏考
佐々木氏考
クワガタと遠野の自然
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
六角牛考
七つ森考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
鯰と地震
三女神伝説考
早池峯信仰圏
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
宮  古  物  語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
外部リンク
最新のコメント
カエルのような両生類と考..
by dostoev at 04:56
河童は冬眠しないのでしょ..
by 森のどんぐり屋 at 14:34
安来市と比べ、神代の歴史..
by dostoev at 09:42
 島根県の安来市あたりも..
by 名古屋特殊鋼流通倶楽部 at 13:57
いくつかの梨木平を見てき..
by dostoev at 18:39
梨木といえば、昔話の「な..
by 鬼喜來のさっと at 22:09
遠野まで来たら、キュウリ..
by dostoev at 07:06
河童はおる。わしが河童じゃ!
by 竜桜 at 20:55
観念や概念は、各民族によ..
by dostoev at 20:45
以前コメント欄にお邪魔し..
by 河童ハゲ at 18:12
最新のトラックバック
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

「ソホド」

山田の曾富騰(ソホド)という言葉が「古事記」には出てくる。この「ソホド」とは、今では普通に「山田の中の一本足の案山子」と認識されているものだ。ただ古代の言葉には語彙が少なく、いろいろな意味が重複されているのもまた事実。

少し違うが「星」は「火石(ほし)」とも記された。火によって真っ赤に燃えているというイメージが星だ。ただし、これは星でも赤い星であって、金星などを現すようだ。また「ホト」は女陰を表すが、別に「火土」とも表す。やはり「古事記」でイザナミが火の神であるカグツチを産んでホトが焼けて死んでしまった。その時のイザナミの女陰は「火土」であった。

「古今集」を見ると1026と1027に続け様、訳が難しい抽象的な、そしてとても意味深な歌が紹介されている。


「みみなしの山のくちなし得てしがな思ひの色の下染めにせむ」



「足ひきの山田のそほづ己さへ我をほしといふ嬉はしきこと」



1027の歌に表れる「山田のそほづ」は「ソホド」と同じ意味で案山子であり、「そほど」は「ほし」の掛詞になる。ところで「ほし」「欲し」であり「星」にもなる。また「そほど」の「そほ」は古代では「赭」と書いて、塗料などに使った赤い土であり、そのまま赤い色「丹」を表していた。また案山子(かかし)の「かか」もまた赤い色を表す言葉で、「ソホド」「カカシ」両方ともに赤い色の意味があった。

ところで「赤」は「赤ん坊」にも対比される色になるが「垢」のように古くなったものも表す。赤は実が熟すのも表す為に古くなった女房でもあり「祖母」ともなってしまうようだ。なので「そほど」は「祖母土」とも表す。

「古事記」での「そほど」の漢字表記は「曾富騰」となるのだが、分解すると「曾」「富」「騰」で、簡単に訳すると「富を高める古いもの」という意味になる。

「案山子」に関しては吉野裕子が蛇であると紐解いた。「かかし」の「かか」が蛇の古語になるからだ。つまり古くから存在する富と知恵を授けるものが「蛇」という認識になるのだろう。

エデンの園に棲む蛇も、アダムとイヴに知恵を授けた。蛇が鎮座する場所は山であり、そこには「富」や「知恵」など、様々なものがあるのだと信じられたのかもしれない。

「ソホド」が「祖母土」となれば、それは歳を取った「富」と「知恵」を持った存在であり、山の神が女神であように「ソホド」とは「祖母山」として古い蛇が鎮座するという認識にもなるのだろう。調べると「祖母山」とは日本に一箇所だけあった…。
by dostoev | 2009-06-30 20:16 | 民俗学雑記 | Comments(12)

猿ヶ石川源流を遡上せよ!(猿ヶ石川)

f0075075_572737.jpg

猿ヶ石川もまた、砂防ダムを越えた向こうだ。。。
f0075075_584660.jpg
f0075075_59727.jpg

こちらも岩が凄いが、七郎沢の岩の質と、少し違う。まるで一枚岩が連なっており、
その窪みに水が流れているようだ。そうまるで、岩でできた自然の水路のようである。
f0075075_5235029.jpg

そして一つの区切りに巨大な岩壁が立ちはだかる。清滝の登場だ。。。。
f0075075_5251398.jpg

ここを越えなければ、先へは進む事ができない。
f0075075_52633100.jpg
f0075075_5265945.jpg

清滝を越えても、巨大な岩の水路は続く。。。。

f0075075_5294485.jpg

ただ、こういう岩は、ゴロゴロした岩が続くよりも歩きやすい。合間、滑る箇所もある
のだが、足の負担はかなり軽減される感じだ。
f0075075_5335711.jpg

岩壁の水路を過ぎると、ようやく源流ぽい雰囲気になってきた。
f0075075_5344223.jpg

写真のように、ところとごろで倒木があり、通せんぼしているようだ。
f0075075_5354145.jpg
f0075075_5355699.jpg

相変わらず、水は綺麗だ。。。
f0075075_5363028.jpg

だんだんと川幅が狭くなり、源流の終点が見えてきた。今回の目的は達していたの
で、あとはどこで帰るかになる。
f0075075_5381319.jpg

だんだんとフキが目立つようになってきた。今まで明るかった源流を遡上してきたが、
この辺りに来ると森林に囲まれ、暗くなってきている。
f0075075_5394958.jpg

そして、この通せんぼしている倒木を最後に帰る事とした。今回の目的は「猿石」と
「神の船石」そして「清滝」の確認であったから、もう用は無いだろう。。。
by dostoev | 2009-06-28 05:41 | 遠野体験記 | Comments(0)

猿ヶ石川源流を遡上せよ!(七郎沢)

f0075075_16272297.jpg

猿ヶ石川の源流は、遠野の北の果てとなる。早池峰神社の左奥の、更なる奥となる。
f0075075_16274150.jpg

だが、保護区になっている為、原生林に囲まれ、景観と水の美しさは遠野でも1,2を
争うほどだ。
f0075075_1627577.jpg

猿ヶ石川源流には、猿ヶ石川ともう一つ、七郎沢は避けて通れない。。。。

f0075075_16373281.jpg

砂防ダムを過ぎると、アマゾンとなる。。。
f0075075_16382588.jpg

美しい渓流が、連続して視界に現れる。。。
f0075075_16385043.jpg

f0075075_16391338.jpg

f0075075_1641544.jpg

赤腐れの倒木があったので、軽く崩してみたら、内部からオニクワガタの幼虫とツヤ
ハダクワガタの幼虫に、ツヤハダクワガタのオスの頭だけが出てきた。。。
f0075075_16422694.jpg

とにかくブナ帯に囲まれた源流の為、水は豊で水質も綺麗だ。そして野鳥も多く生息
し、その餌となる虫もまた多い。いや問題は虫だろう。写真で見ればわからないだろう
が、息を吸うと沢山の細かな羽虫を吸い込みそうで、虫の苦手な人には勧めることは
できない。。。
f0075075_16453482.jpg

f0075075_16455828.jpg

f0075075_1646947.jpg

岩も、ゴロゴロしたもから、一つの巨大な塊の岩の上を通って水は流れている。
f0075075_16472899.jpg

知り合いから「ボリは5月には採れる」と聞いていたが、ここにもボリは既にあった。
f0075075_16483263.jpg

f0075075_16495625.jpg

源流近くになれば、うごめくイワナの魚影を色濃く感じる。全体的に視認できるイワナ
の魚影は真っ黒だ。多分、日当たりが良い為、日陰に隠れる時間が多い為に、黒く
なっているのだろうか?
f0075075_16512596.jpg


途中、獣が潜みそうな岩穴を見つけた。内部をストロボ撮影してみたが、入り口よりも
細い穴が、更に奥まで続いている。もしかして、アナグマでもいるかと思ったが。。。
f0075075_16532833.jpg

キノコは、かなりあった。ボリだけでなく、これから生えてきそうなのが沢山。本当の
目的は、源流遡上では無いので、とにかく七郎沢を遡上し、続けて猿ヶ石川の源流
へと向った。。。
by dostoev | 2009-06-27 16:55 | 遠野体験記 | Comments(0)

遠野不思議 第六百五十四話「寺沢高原」

f0075075_11393710.jpg
f0075075_1140981.jpg
f0075075_1140417.jpg
f0075075_1141351.jpg
f0075075_11411338.jpg

f0075075_12502584.jpg

f0075075_11415734.jpg
f0075075_1142435.jpg
f0075075_11432576.jpg
f0075075_11441242.jpg
f0075075_11443259.jpg
f0075075_11451566.jpg
f0075075_12471195.jpg
f0075075_12475812.jpg
f0075075_12481955.jpg

by dostoev | 2009-06-27 12:48 | 遠野不思議(自然) | Comments(2)

遠野不思議 第六百五十三話「神の船石」

f0075075_720408.jpg
f0075075_7205786.jpg

古老曰く、女神が乗ってきた船の石が猿ヶ石川にもあると言われ確認。
by dostoev | 2009-06-27 07:22 | 遠野不思議(石) | Comments(0)

遠野不思議 第六百五十ニ話「清滝」

f0075075_20241573.jpg


f0075075_20255814.jpg
f0075075_20264283.jpg


f0075075_20285711.jpg


by dostoev | 2009-06-26 20:29 | 遠野各地の滝 | Comments(10)

弁天山を登れ!

f0075075_2124388.jpg

昔この早栃に、おべんという女があった。家のあたりの沢川で大根を洗って
いると、水の底にぴかぴかと光る物が沈んでいた。拾い上げて見ると、それ
は金であった。それではこの川のママを登って行けば必ず金山があろうと思
って、段々と水上の方に尋ねて行くと、果たして六黒見山という処に、思った
通りの金山があった。

ところが悪者があってその話を聞き、金山を自分一人の物にしようと巧らんで、
このおべんを殺してしまった。後に村の人がこの女の徳をたたえて、これを弁
天山として祀ることになった。今の弁天山が即ちそれである。男がこの山に登
れば必ず雨が降るという。                   「遠野物語拾遺39」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
とにかく、この山に男が登ると雨を降らせるそうであるので、取り敢えず
登るべ。。。
f0075075_215152.jpg
f0075075_2152829.jpg
f0075075_2153982.jpg

この弁天山の脇を流れる渓流は美しく、大小様々な滝が連続して現れる。
f0075075_217282.jpg

作業用林道があるというのだが、土砂崩れの為に通行止めの看板が出てい
たので、車は途中で乗り捨てて歩いたが、やはり土砂崩れの跡に遭遇した。

ここで3匹のヤマカガシに遭遇。気配を感じると、岩の隙間に速攻で逃げ込
むので、撮影は叶わなかった。。。
f0075075_2185940.jpg

とにかく、写真だけでは無く、到る所に土砂崩れというか、落石が多く見受け
られた。これでは恐くて、今後の開通も見送りだと思う。

f0075075_211168.jpg

転落した車の残骸があった。かなり以前に転落したのだろう。実際、この林道
を歩いてみるとわかるのだが、殆ど人が通った痕跡が無い。。。。
f0075075_2113391.jpg

林道も、頂までは伸びておらず、ある程度の山沿いを通っているだけで、途中
で道は切れてしまう。しかたないので、ショートカットとして崩落跡を登る事にした。

f0075075_2122561.jpg


マスタケが、いくつかの樹になっていた。ただ…このマスダケ美味しいとは思わない
というかハッキリ言って不味いと思うので採らない!(^^;
f0075075_21243948.jpg

陽がかなり傾いてきた、道なき道を歩いているので、暗くなったら大変だ。。。
f0075075_21253380.jpg

またギンリュウソウも、かなり咲いていた。この弁天山は、歩いてみるとかなりの湿気
が多い山だとわかる。道は苔生しており、滝を有した無数の沢が流れている。また、
あちこちで土砂崩れが多いのも、水分が多い山の特質なのだろう。

地元の古老に聞くと、迷信が廃れ沢山の男達がこの山に登ったので、おべんは、その
都度雨を降らせているので、土砂崩れが多いのだろうと言っていた…(^^;
f0075075_21293844.jpg

やっと頂に到着したが、周囲は木々で覆われて視界は悪い。しかし途中までかなり
キツイ傾斜で登ってきて、また密度の高い藪で覆われていたのだが、頂近辺は平坦
な広い空間で、くつろげる感じになっていた。

途中、ギジやアナグマ、シカには遭遇したが、糞などを見るとシカとアナグマはかなり
生息しているのだろう。ただし、熊の糞だけは発見できなかった。。。

懸念された雨は降らなかったのも、登る前に姫神様にお願いしたのが効いたのだろう(^^;
by dostoev | 2009-06-23 21:36 | 遠野体験記 | Comments(0)

早池峰神社

f0075075_2111323.jpg


f0075075_21114254.jpg

f0075075_21121124.jpg
f0075075_21123453.jpg


f0075075_21133049.jpg
f0075075_21134322.jpg


f0075075_21143823.jpg

f0075075_2115718.jpg


f0075075_21162652.jpg
f0075075_2117214.jpg
f0075075_21172452.jpg
f0075075_2118510.jpg
f0075075_21182461.jpg


f0075075_21202785.jpg
f0075075_21213245.jpg


f0075075_2193877.jpg

by dostoev | 2009-06-15 21:24 | 遠野情報(雑記帳) | Comments(6)

山頂にて。。。

f0075075_7254729.jpg

f0075075_7261620.jpg
f0075075_7264478.jpg


by dostoev | 2009-06-14 07:28 | 遠野体験記 | Comments(4)

遠野不思議 第六百五十一話「蝦夷岩」

f0075075_17243947.jpg

【綾織村誌】

大字鵢崎中澤山西南向の山腹にあり、自然の大花崗岩不規則に重層して
岩窟をなし周囲六七十間、窟口は現在体を伏して入る程なれども四五十年
前迄は十余人を入るに足りる程なりしとは古老の談なりし、春秋草刈の折り
降雨などには窟内にて雨宿りをなせりと云ふ…現在は崩れと共に落ち葉入
り腐食し掘内上部の覆二十一尺乃至ニ尺、黒色を呈し其の下層に赤土あり
此の層口より土器破出(縄文式多し)石簇等を発見す、所謂往昔の先住民
族穴居の跡なり。周囲は官有地にして樹木無く草山なり、窟の西麓約五十
間下方に谷川流れ水を得るも便利の地なり。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この「綾織村誌」の記述と現在の違いは、以前は草地であった為、麓からも
この蝦夷岩が見えたという事だが、現在は植林されてその姿を発見し辛く
なっている。
f0075075_17514189.jpg

f0075075_17445439.jpg

一見して、崩れたというのがよくわかり、その内部には這って行くしか無いの
だろう。今でも、発掘ができるのかもしれない?
f0075075_1747966.jpg

とにかく、この縄文人が住んでいたという蝦夷岩が現存していたのなら…と
溜息が出そうなくらいの巨大な岩屋だ。。。。
by dostoev | 2009-06-13 17:50 | 遠野不思議(石) | Comments(0)