遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
菊池氏考
佐々木氏考
クワガタと遠野の自然
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
六角牛考
七つ森考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
鯰と地震
三女神伝説考
早池峯信仰圏
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
ゲ ジ デ ジ 通 信
宮  古  物  語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
jun-roadster
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
JUNJUNのブログへよ...
外部リンク
最新のコメント
厳島神社が豊穣を司るとい..
by dostoev at 15:53
片参りについては、多度に..
by 五十嵐 洋 at 16:31
んっ?帝銀事件のじゃなくて?
by dostoev at 10:59
 大同製鉄と山陽帝国銀行..
by 佐久間 at 21:22
この間は、どうもありがと..
by dostoev at 09:59
こんばんは。 こないだ..
by ネコちゃん元気ですか? at 20:42
御伽屋さんにも是非に^_^
by masa at 08:50
大規模な崖崩れは、殆ど記..
by dostoev at 07:56
人形は確かに、今後どうな..
by dostoev at 07:53
地元で地層や化石に関係し..
by masa at 16:49
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

遠野不思議 第五百五十三話「大野の不地震地帯(糠森)」

f0075075_7522534.jpg

四面畑をめぐらし、不整楕円形の塚形で、周囲672尺、西辺の頂部に古桜ありと
あるが確認せず。また東側に自然石あり周辺に石塊を集積すとありも確認せず。
この地域では神塚と呼ばれ、地震の来ぬ安全地帯と信じられている。詳しい調査
確認は後ほど。。。
by dostoev | 2008-06-29 08:04 | 遠野各地の不地震地帯&要石 | Comments(0)

遠野不思議 第五百五十二話「花輪の不地震地帯(陣ヶ森)」

f0075075_17103846.jpg
f0075075_17105476.jpg

この花輪という地名は現在明らかでないとされるが、多分その花輪とは写真の
陣ヶ森を差すのだろうという見解になっている。この地は古くから避難所として
周辺地域の人々が語り継がれた地であるようだ。

花輪の不地震地帯は、芦立南岸の台地続きで、岩石ところどころに露出し、古
来より地震が来ぬ地と呼ばれているそうだが、この陣ヶ森の上部は整理され現
在、共同墓地となっている為、古来からの面影は無くなったという事である。
by dostoev | 2008-06-28 17:17 | 遠野各地の不地震地帯&要石 | Comments(0)

遠野不思議 第五百五十一話「駒木の不地震地帯」

f0075075_10385240.jpg
f0075075_1039105.jpg

駒木の不地震地帯の森には、人為的に作られた不整楕円形の土塚が築かれて
長四尺の石の自然石を埋め、古来地震が来ぬとされている。今では藪に覆われ
ているが、石だけは確認できる。また近くの海上地区にある、地の神を祀る地の
石も何か関連があるのでは?という事らしいが…。
by dostoev | 2008-06-28 10:43 | 遠野各地の不地震地帯&要石 | Comments(0)

遠野不思議 第五百四十七話「月山」

f0075075_17341185.jpg

代々山伏系の阿部家では、この月山に月山神社と胡四王神社を祀っていた。ただし今では、駒形神社に合祀されたが、古来から言い伝えの残る山でもあったのだと。

形は、山からお月様が顔を出した半円形でもあり、確かに言われてみると丸い月が、今にも昇る様のような山だ。小高い岡のような山で、祭り場としての山だったのだろう。
by dostoev | 2008-06-26 17:34 | 遠野不思議(伝説の地) | Comments(0)

遠野不思議 第五百四十六話「六角牛の休み石」

f0075075_7192527.jpg

遠野に「休み石」と名付けられている石はいろいろあるが、六角牛山の4合目に
写真のような「休み石」と呼ばれる石がある。この4合目辺りから、石がゴロゴロ
してきて、傾斜もきつくなって来る。要は休憩するには丁度良い位置に、この休
み石がある。横になる事も可能な石だ。この4合目まで疲れた体を休ませ、ここ
から山頂を目指す。
f0075075_7194465.jpg

ところで、この休み石の向かいに、ソファーみたいな石がある。一人で座るには
ゆったりして丁度良い石だ。ソファー石とでも名付けようか?(^^;
by dostoev | 2008-06-25 07:59 | 遠野不思議(石) | Comments(0)

遠野不思議 第五百四十五話「追分の碑(鱒沢)」

f0075075_21543856.jpg
f0075075_2154556.jpg

by dostoev | 2008-06-24 21:54 | 遠野不思議(追分の碑) | Comments(0)

遠野不思議 第五百四十四話「追分の碑(六角牛)」

f0075075_21474864.jpg
f0075075_21481923.jpg

by dostoev | 2008-06-24 21:48 | 遠野不思議(追分の碑) | Comments(0)

遠野不思議 第五百四十三話「御ご石」

f0075075_821049.jpg

六角牛山の九合目に、写真のような石がある。
f0075075_822128.jpg

f0075075_8213120.jpg

どう見ても人為的に造られた井戸のようだ。
f0075075_8214631.jpg

f0075075_8534611.jpg

この九合目の側には、小屋のような厠のような、荒れ果てた廃屋がある。もしかしてやはり、登山で疲れた体を癒す為に作られた休憩小屋であり、水飲み場だったのかもしれない…。


青笹村の力士荒滝は、六角牛山の女神から大力を授かったという話がある。
附馬牛村字石羽根の佐々木権四郎という人はこの話を聴いて、己は早池峰
山の女神に力を授かるべしと祈願をしたが、後ははたして川原の坊という処
で、権四郎は早池峰の女神に行逢うて、何かある品物を賜わってから、たち
まち思うままの大力となった。それは彼の二十歳前後頃の事であったという
が、今はもう八十余りになって、以前の気力はすこしも無い。何でも五十ば
かりの時に、元授かった場所に行ってその品物を女神に返したというが、そ
れがいかなる物であったかは、決して人に語られぬそうである。これは宮本
君という人が直接に彼から聴いた話である。

                                  「遠野物語拾遺97」


荒瀧の話

クリック↑

青笹村の力士荒滝が六角牛山の女神から授かったものは「御ご石」と云い、荒滝は年老いた母が死に、自分も歳を取り、六角牛の女神から授かった石を返しに、六角牛の頂に登って石を返したのだと云う。そして今も、六角牛山の水汲み場の井戸と呼ばれる場所にあるのだと。しかし、その水汲み場の場所がよくわからない。ただ六角牛の九合目には名前も読めない石碑が建ち、その脇には、石垣を築かれ造られた井戸のようなものがある。多分これが水汲み場の井戸と呼ばれるものであったのかと思うが。。。
f0075075_785217.jpg
f0075075_792365.jpg

取り敢えず、別に荒瀧は頂にも行ったというので、そこにある奥の宮の内部を確認。そこには権現様が祀られており、石がゴロゴロあった。もしかしてこの中の一つが荒瀧が六角牛の女神に返した「御ご石」なのかとも思ったが…。それかやはり、あの九合目の井戸の側にある名も無い石碑だと思っているものが、伝説の「御ご石」に関連する石碑かもしれない。。。。
f0075075_1004723.jpg

by dostoev | 2008-06-24 08:45 | 遠野不思議(伝説の地) | Comments(9)

二郷山を登る(その2)

f0075075_10101072.jpg
f0075075_10103981.jpg

前回は二郷山の裏から登り、別の頂点に登っただけだった。実際、本当に二郷山
に登るなら、二郷山神社の裏から登るのが正当だと、ある筋から言われて実践。
まあ実際登りたかったし…(^^;
f0075075_10105264.jpg
f0075075_1011878.jpg

神社裏は、松の植林地帯でサクサクと登れる。
f0075075_10112483.jpg

f0075075_10114893.jpg

ただし神社を見下ろせる場所は、この辺で終了。
f0075075_10123252.jpg

とにかく、この松の植林地帯は楽だったが。。。
f0075075_101331.jpg

植林地帯を抜けると、まるで五百羅漢の地のようだ。ただし五百羅漢よりも広大
な岩が広がる。
f0075075_101339100.jpg

ただこの岩場地帯は湿気が多く、沢山の蛇が潜みそうな穴がある。蛇が多いと
聞くのは、多分この辺一帯の事を言うのだろう。
f0075075_17155852.jpg
f0075075_17162520.jpg
f0075075_17165294.jpg
f0075075_17174178.jpg
f0075075_1718833.jpg
f0075075_17182661.jpg
f0075075_1718454.jpg

この五百羅漢地帯を抜けると、今度は巨岩地帯に突入する。ここまで来れば頂は
もうすぐだ。しかし登って気付くのだが、この山は岩の上に土が覆いかぶさった山
だ。とにかく滑る…。なので左右に屹立している巨石に掴りながら登らなきゃいけな
い。殆どロッククライミングだ。バランスを崩したり、脚を滑らせると一気に下まで転
落して危ない。かなり必死に登る。
f0075075_10153567.jpg

どうにか登りつつ、目の前の崖を登れば頂だ。ただし写真で見るよりも傾斜はキツイ。
f0075075_1016672.jpg

やっと、ほぼ頂についた。
f0075075_10163587.jpg

ふと振り返ると、木々の合間から道路が見える。この角度は、ほぼ垂直に感じる
傾斜だ。。。
f0075075_1017159.jpg

目指す頂が見えた。鉄製の剣がある。ただし三角点のある頂は、ここではないが
自分は三角点を目指しているわけではないので、ここでじゅうぶんだった。
f0075075_10182475.jpg

小さな祠が祀られて、下を見下ろしている感じだ。ここに立ってわかる。何故、この
真下に神社が建立され、何故頂に祠を祀ったのか…。

この頂を目指す場合、真っ直ぐに登らずに迂回した方が、もしかして楽なのかもし
れないが、登り口にある植林地帯を避けると、密林地帯で進むのが難儀だ。登る
なら岩場地帯だが、蛇が多いのと傾斜がきついというか、殆ど崖登りとなってしまう。

実は、この岩場地帯の崖は両脇に巨石があり、その間は窪んでいるというか、巨大
な蛇が通った跡みたいだ。この大蛇の通り道の上に頂があるというのは、そのまま
蛇を意識し信仰して神社を建立したのだと思う。この造りは殆ど小友町の岩龍神社
の真後ろに聳える不動岩と、同じ発想からだ。同じ修験系の流れから建立されたの
だろう。
f0075075_10185659.jpg
f0075075_1020212.jpg
f0075075_10204295.jpg
f0075075_1021023.jpg

by dostoev | 2008-06-23 11:45 | 遠野体験記 | Comments(0)

遠野不思議 第五百四十二話「六角牛不動の滝」

f0075075_536173.jpg

小さな滝であるが、名前が何故か不動の滝と呼ばれるのは、この滝の側に
巨石が鎮座し、この滝を見つめているよう。それこそ不動の岩がある地なの
で不動の滝と呼ばれているのかもしれない。
f0075075_5381262.jpg
f0075075_5383153.jpg
f0075075_5392166.jpg
f0075075_14541276.jpg
f0075075_17255738.jpg

by dostoev | 2008-06-23 05:42 | 遠野各地の滝 | Comments(2)