遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
菊池氏考
佐々木氏考
クワガタと遠野の自然
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
六角牛考
七つ森考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
鯰と地震
三女神伝説考
早池峯信仰圏
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
ゲ ジ デ ジ 通 信
宮  古  物  語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
jun-roadster
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
JUNJUNの落書き帳
外部リンク
最新のコメント
ありがとうございます、息..
by soma0506-yca at 10:17
soma0506-yca..
by dostoev at 21:11
観月祭の記事拝見させて頂..
by soma0506-yca at 10:41
下記のURLは、早池峯神..
by dostoev at 18:41
この早池峯神社山門の神像..
by dostoev at 18:39
数十年前に、旅の手帳とい..
by soma0506-yca at 06:56
doronko-ton..
by dostoev at 15:59
駒木の西教寺の開山年代が..
by dostoev at 15:58
お邪魔します。 インパ..
by doronko-tonchan at 15:30
天台に始まるという駒木の..
by 鬼喜来のさっと at 14:18
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

遠野不思議 第五百二十九話「大萩の権現堂」

f0075075_1941380.jpg

附馬牛は東禅寺に大萩という地域がある。この大萩という地名の由来は権現堂からきているのだと云う。
f0075075_19412866.jpg

写真の権現様は、萩の木からできているのだと。これだけの権現様が作られた大萩の木があった事から、この地域を大萩と呼ぶようになったのだと。しかし、どう考えても、これだけの権現様が出来る大萩の木があるとは考え辛いが、もしもそうならばよほどのものであろう。
f0075075_19414872.jpg

またこのお堂には、古名千手観音も祀られており、萩の木で造ったと云われる権現様と並んでいる。
f0075075_1011360.jpg
f0075075_10111866.jpg

棟札の最も古いのは安永2年(1773年)で、その他に文化6年、文政5年、弘化3年、大正3年のがあった。
f0075075_19423672.jpg

権現堂傍にある、一番大きな杉の木。しかし以前はもっとデカイ巨木があったそうだが、今では切り株だけになってしまっている。
f0075075_19425121.jpg

権現堂の建つ山中を下っての、下界の風景。のどかな日でした。
by dostoev | 2008-05-27 19:50 | 遠野各地の神社(その他) | Comments(0)

アナグマとの遭遇


野生のアナグマは、鈍感なのか、すぐに逃げない。今回は近接撮影、1メートルの距離。
by dostoev | 2008-05-27 16:40 | 遠野で遭遇する生物 | Comments(4)

遠野不思議 第五百二十八話雉(キジ)」

f0075075_10162160.jpg

町外れを歩いていたり、また山中を歩いているといきなりキジが飛び出し、驚く事が
しばしばある。日本の国鳥であり、狩猟対象の鳥がキジだ。狩猟対象の鳥が国鳥
に定められているのは、日本だけなそうだ。。。

最近は聞かないが、遠野の鉄砲撃ちの間で、光るキジの話がある。極寒時に山を
渡って飛ぶキジは光るのだという。遠野の極寒に山を渡り光るキジ、一度は見てみ
たいものである。
by dostoev | 2008-05-27 10:22 | 遠野の野鳥 | Comments(0)

沓掛観音窟の思い出

f0075075_7545373.jpg

昭和47年の頃、親は仕事が忙しく、なかなか外へと連れて行って貰えなかった。
そんな中、親父の友達が可愛そうに思ってくれたのか、たまに野山へと連れて行
ってくれて、山菜やキノコ採り、昆虫採集をしたものだった。

小学校5年生のクリスマス時にはクリスマスプレゼントとして昆虫図鑑などを貰い、
いろいろとお世話になった人がいた。

その当時、自分は「仮面ライダー」が好きで、よく絵を描いたり、ダンボールを使って
仮面ライダーの怪人を作っていたりした…。
f0075075_80357.jpg

正月を迎えた頃、その親父の友達が遊びに来た。その時、仮面ライダーのカード
を手にしていたのだと思う。その時に、洞窟内にあるショッカーの秘密基地の写真
が載っていたのだろう。その時…。

「そういう秘密基地みたいな洞窟があるよ。」

そのおじさんの言葉に即座に反応し…。

「行きたい!」

と言ってしまったものだった。ただし冬だったので、雪が融けた頃まで待たなきゃい
けないのかと思っていたら、ニヤリと笑って。。。

「今の方が面白いんだよ。」

* 正確には、ショッカーの秘密基地に通じる洞窟だ(^^;
f0075075_89516.jpg

f0075075_19492083.jpg

今では「上郷聞歩」という本で沓掛観音窟として掲載され、氷柱が垂れる洞窟
として写真付きで紹介されている。またブログブームもあいまってか、綺麗な
写真付きで紹介されており、遠野でもかなり有名となってしまった。

しかし、この沓掛観音窟は、その小学校5年生当時見た、この洞窟の氷柱の神秘
さも含めて、まさに自分にとっての「ショッカーの秘密基地」そのものだった。
f0075075_817510.jpg

そして昭和50年、遠野中学校2年生の時、秋の遠足はこの観音窟だった。
助け鬼という遊びを皆でしている最中、傾斜で転倒。その時、手首をザックリと
割れたビール瓶で切ってしまい、手首からドクドクと血がしたたり落ちた。。。
f0075075_8195163.jpg

また、車の免許を取ってから頻繁に、この地に訪れたのはウサギコウモリの
繁殖地でもあったせいだ。ところが一番右奥の洞窟は以前はかなり広かった
のだが、多分大雨により土砂が崩れたのだろうか、埋ってしまって残念だ。。。
f0075075_9215387.jpg

現在の沓掛観音窟に向かって右側の穴には、ウサギコウモリが多数いた…。
f0075075_830934.jpg

とにかく子供の頃からの思い出の地が、この観音岩…沓掛観音窟である。
by dostoev | 2008-05-22 08:30 | 遠野情報(雑記帳) | Comments(0)

月が湖水を渡る夜

f0075075_11253082.jpg

ここは、旧仙人峠の手前にある、砂防ダムによって水に周囲の木々が埋没
している地だ。冬季間は、水が干上がり旱魃状態になるが、この時期はさす
がに、ゆったりと水が蓄えられている。夜に訪れると、静かな湖水に月が浮か
びあがる様は、かなり綺麗に見える。しかし光量が足りない為、綺麗に撮影す
る事は、かなり難しい。。。

プーシキンの詩に「静かに月が夜を渡る…。」とあるが、確かに画像を見る限り、
静かな夜の湖水に月が浮かぶというイメージだが、現実とはかなり違う。。。

以前、昆虫採集の為に、この地で一晩過ごした事があるが、夜であるにもかか
わらず、この水面ではかなりの鳥達が飛び交っている。また動物達の水飲み場
でもあるらしく、藪を掻き分けこの水飲み場に来る動物の音が、シーンと静まり返
っている山の為か、かなり煩く聞こえる。そして、この日の晩も、かなり鹿は鳴いて
いた。

奥山に 紅葉踏み分け 鳴く鹿の 声聞くときぞ 秋は悲しき

百人一首で有名な歌だが、確かに鹿の鳴き声は物悲しく聞こえるのだが、実際
静寂の山奥に一人寂しく不安になっている最中の鹿の鳴き声は不気味にも聞こ
える。替え歌にするならば。。。

新緑の 山の湖水で 鳴く鹿の 声響く時 月は陰たり

まさに夜に響く鹿の鳴き声は、闇を呼ぶように聞こえるのは、どこか不安感が
自分の中にあるせいだ。。。。
f0075075_11261167.jpg

by dostoev | 2008-05-22 01:19 | 月の考 | Comments(0)

鍋倉山の藤棚(藤と紫の話)

f0075075_1847734.jpg

鍋倉山の藤棚は、自分が小学校の頃には無かった気がする。確か昭和60年前
頃に、鍋倉山の山肌が崩れ、それから代わりにいろいろな花や木々を沢山植え
始めた気がする。

現在、展望台が建っている辺りも昔はリンゴ畑で、侵入すると怖い爺様に怒られ
た思い出がある…(^^;
f0075075_1847406.jpg

藤の花の紫は、平安時代には高貴な色としての紫として確立されていた。まあ藤
原氏という存在もいたので、仕方ないといえば仕方ない。ただ、紫という色は高貴
というイメージは未だに続き、田舎であればあるほど?紫色の服を着ない人が多い
という調査結果がでているのだと。

”紫の君”という言葉は、ある意味庶民にとって手に届かない高貴な存在なのであ
り、その紫色の衣服を着こなす事ができるのはやはり都会に住む高貴?な人々が
着るものだという意識が根底にある為なのだろうか?
f0075075_18483981.jpg

平安時代に、花見以外にも藤見の宴が盛んに催されたという。その当時、藤の花の
満開のさまは極楽浄土へとたなびくという紫雲を連想され、平安当時に並々ならぬ
憧れの対象となったそうな。
f0075075_1849037.jpg

その一方、藤のツルは繊維としても強く、この藤のツルから布も織られたのだという
が、かなり粗末なものだったのか、杣人…つまり山で生活する人々が着たものだと
いう。そして”藤衣”とは喪服をさしたのだという。。。
f0075075_1850263.jpg

by dostoev | 2008-05-21 18:55 | 民俗学雑記 | Comments(0)

「遠野物語をゆく(オガセの滝、遡上記5)」

f0075075_2275623.jpg

オガセの滝の手前に、巨大な岩が屹立している。「遠野物語3話」では「遥かなる
岩の上に美しき女一人ありて、」…とある。つまり、遥かなる高みの岩の上にトヨ
がいたとなると、この周辺を見渡してもこの岩しかないだろう。 「長き黒髪を梳り
て居たり。」とあるように、上に乗っても平面な石で安定していた為だろう…。
f0075075_229025.jpg

確かに、この岩の頂上は平面で安定している。そして見晴らしも良く、日差しも
受ける明るい場所である。
f0075075_2291749.jpg

とにかく登ってはみたが、かなり滑って大変だ。。。
f0075075_2293732.jpg

そして岩の頂は、かなりの高さを感じる。
f0075075_2295817.jpg

下を見下ろすと、かなり下に渓流が流れているのがわかる。しかしそれでも、
下界を見下ろすには一番良い場所だと思う。里から離れ、山に住んだトヨにとって
の安らぎの場でもあり、下界を意識する場所が、この岩の上だったのかもしれない。

岩を登る。。。

岩の頂からの動画。。。
by dostoev | 2008-05-18 22:19 | 遠野体験記 | Comments(0)

「遠野物語をゆく(オガセの滝、遡上記4)」

f0075075_21591120.jpg

オガセの滝の上には小さな滝が現れる。
f0075075_21592724.jpg

とにかくオガセの滝の上もまた岩盤質であ。つまりこの辺一帯が、岩の谷であり
その岩肌に土が被さり、木や草々が生い茂っている。
f0075075_21595832.jpg

そして、岩壁には遠目から見ると無数の穴を発見できる。トヨが隠れ住んだのは、
畳三畳ほどが入る岩穴だったらしいが、こま辺を見渡せば、探せば必ず見つかる
かもしれない。。。
f0075075_2201574.jpg

シダ類も、かなり多く生えている。
熊らしきを発見。しかし撮影するまではいかなかった。。。
by dostoev | 2008-05-18 22:06 | 遠野体験記 | Comments(0)

「遠野物語をゆく(オガセの滝、遡上記3)」

f0075075_2151457.jpg

このオガセの滝周辺は岩肌で囲まれており、土もその岩肌を覆うように
かぶさっている。なので雨などが降ると、かなり滑る。実際、昨日の雨で
地面が沢山の雨を含んでおり、登るのには難儀した。
f0075075_21514097.jpg

また滑るという意識が頭に残っている為か、オガセの滝の上からの撮影
は恐怖が過ぎる。。。
f0075075_2152942.jpg

写真で見える水の切れ目が、下へと落下する頂点でもある。

オガセの滝を上流から撮影してみた。。。
by dostoev | 2008-05-18 22:00 | 遠野体験記 | Comments(0)

「遠野物語をゆく(オガセの滝、遡上記3)」

f0075075_2138307.jpg

オガセの滝は、遠くから見ると細い滝というイメージがあったのだが、実際に
間近で見てみると、巨大な岩壁を滑り落ちてくる滝であり、かなり勇壮な滝に
感じる。ただし水量は然程でもないが、雨続きで増水した時のオガセの滝は
見ものだと思う。
f0075075_21384645.jpg
f0075075_21391071.jpg
f0075075_21394872.jpg
f0075075_2140352.jpg

オガセの滝周辺の殆どが岩壁に囲まれた谷だった。。。

オガセの滝を下から撮影してみた。
f0075075_21415337.jpg

オガセの滝に、ズームイン。。。
by dostoev | 2008-05-18 21:47 | 遠野体験記 | Comments(0)