遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
菊池氏考
佐々木氏考
クワガタと遠野の自然
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
六角牛考
七つ森考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
鯰と地震
三女神伝説考
早池峯信仰圏
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
ゲ ジ デ ジ 通 信
宮  古  物  語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
jun-roadster
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
JUNJUNのブログへよ...
外部リンク
最新のコメント
画像は、いいですよ。ちな..
by dostoev at 18:15
あぁ、行っていたのですね..
by グッドスノゥ at 10:49
グッドスノウ氏…勝手な思..
by dostoev at 06:44
 お久しぶりです。 ..
by グッドスノゥ at 13:50
さっと氏、思うのですが、..
by dostoev at 10:51
そもそも猫に限れば、猫ま..
by 鬼喜來のさっと at 21:13
関白豊臣秀次は気仙の館主..
by 鬼喜來のさっと at 20:36
丁度祇園祭の時期なんです..
by 鬼喜來のさっと at 20:13
そう言われてしまうと困る..
by 鬼喜來のさっと at 19:15
なんか、全て陰陽五行で説..
by dostoev at 05:20
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧

遠野不思議 第四百七十五話「南部神社の権現様」

f0075075_2152226.jpg
f0075075_21521769.jpg
f0075075_2152393.jpg
f0075075_21525886.jpg
f0075075_21532087.jpg
f0075075_21535067.jpg
f0075075_2154623.jpg
f0075075_21559100.jpg

by dostoev | 2007-11-30 21:55 | 遠野不思議(オブジェ) | Comments(14)

遠野不思議 第四百七十四話「亀岩」

f0075075_21182523.jpg

近隣を荒らしまわった大亀が退治された時、首が寸断され、甲羅が三つに
割れたのだという。
by dostoev | 2007-11-30 21:50 | 遠野不思議(石) | Comments(0)

遠野不思議 第四百七十三話「狐の関所(鶯崎)」

f0075075_2114955.jpg
f0075075_21144468.jpg

遠野の町外れにある鶯先もまた、古来狐の関所と呼ばれた場所である。
山沿いには欠上の稲荷があるので、ここの狐がこの地まで現れて人を
騙したのだと思われたのかもしれない。
by dostoev | 2007-11-30 21:16 | 遠野各地の狐の関所 | Comments(0)

遠野不思議 第四百七十二話「狐の関所(踊鹿(驚岡)の森)」

f0075075_5261090.jpg
f0075075_5262471.jpg

「村外れには狐の関所ありという事で、この驚岡もまた狐が出没し、人を騙した
場所で有名なところ。村境は異界との交わる接点である為、遠野だけではなく
全国に狐に騙された話やら、不思議な話が多く登場する。
by dostoev | 2007-11-30 06:29 | 遠野各地の狐の関所 | Comments(0)

遠野不思議 第四百七十一話「煙草の煙(魔除け)」

f0075075_19454969.jpg

遠野の狩人などは山籠りして気凄い夜更けなど、これは近くに悪獣が来ている
なと思って煙草をのむのだそうである。悪獣は火を厭い、また煙草の臭い煙も嫌
なものだといわれる。

山中でのむ煙草の匂は実に遠くまで通って、その匂いで野獣は寄り付かぬもの
故狩猟の時などには喫煙を厳禁している。しかし追い出しという際にはツヅレポロ
に火をつけて風上からうんと振ると、その煙の匂いが山中に浸み、獣は逃げ出す
から、それを鉄砲で撃つ。臆病な鉄砲撃ちなどは小屋の中に潜んでいて、煙草ば
かりのんでいるから、獲物に除けられて、一匹も撃てぬという事である。

夏になると炭焼き小屋に蛇が入って困るが、煙草のみがあれば、それを嫌ってこ
ぬという。煙草好きな人は、夜中に悪夢を見たからとては喫煙する。これでみる
と、煙草は護符やお札よりも顕著な魔除けのように信じられている。

私一家はすべて煙草をのまず、時たまの来客に座敷で煙草をのまれると、その人
が帰ってからも悪臭室中に立籠って中々去らず、戸障子を全部開け放って匂いを
去らせようとする。自分達も魔性のものか、この香をことごとく嫌いである。煙草が
魔除けとなるという話は必ず世に広い話だと思う。文献にもあろう。心づいたまま、
ちょっと記してみる。(大正13年5月28日 佐々木喜善)


自分も煙草のみであるが、この話はなんとなく納得してしまう。実際、蛇は煙草を
嫌うものだと昔から云われてきたのを覚えている。その為か、山中において、なか
なか獣と出遭う機会が少ないのはその為だろうか?

それと、煙草を吸い始めて気付くのは、虫に刺されなくなったという事である。煙草
を吸う以前は、蚊に血を吸われては痒い思いを頻繁にしたものだが、何故か煙草
を吸い始めてから、蚊やブヨに刺される事が無くなったものだ…。
by dostoev | 2007-11-29 20:09 | 遠野不思議(その他) | Comments(2)

遠野不思議 第四百七十話「竜ノ森(魔所)」

f0075075_5454545.jpg

村々には諸所に子供等が怖れて近寄らぬ場所がある。土淵村の竜ノ森も
その一つである。ここには棚に結われた、たいそう古い栃の樹が数本あっ
て、根元には鉄の鏃が無数に土に突き立てられている。鏃は古く、多くは
赤く錆びついている。

この森は昼でも暗くて薄気味悪い。中を一筋の小川が流れていて、昔村
の者、この川で岩魚に似た赤い魚を捕り、神様の祟りを受けたと言い伝え
られている。この森に澄むものは蛇の類なども一切殺してはならぬといい、
草花の様なものも決して採ってはならなかった。

人もなるべく通らぬようにするが、余儀ない場合には栃の樹の方に向かっ
て拝み、神様のご機嫌に障らぬ様にせねばならぬ。先年死んだ村の某と
いう女が生前と同じ姿でこの森にいたのを見たという若者もあった。

また南沢のある老人は夜更けにこの森の傍らを通ったら、森の中に見知
らぬ態をした娘が二人でぼんやりと立っていたという。

竜ノ森ばかりでなく、この他にも同じような魔所といわれる処がある。土淵村
だけでも熊野ノ森の堀、横道の洞、大洞のお兼塚など少なくないし、また往来
でも高室のソウジは怖れて人の通らぬ道である。

                                「遠野物語拾遺124」

f0075075_546041.jpg

今ではすっかり開発され「遠野物語拾遺124」に記述されるような雰囲気は
無いのだが、一筋の小川だけは生きていた…。
f0075075_546293.jpg
f0075075_546411.jpg
f0075075_5465398.jpg

by dostoev | 2007-11-29 05:50 | 遠野不思議(伝説の地) | Comments(0)

遠野不思議 第四百六十九話「大己貴命神社」

f0075075_20442922.jpg
f0075075_20444114.jpg

一つの集落に少彦名神が祀られているのがわかったので、となると残りは
当然、一緒に国作りをした仲?である大己貴命が祀られていると思ったら、
やはりあった。

簡素な佇まいで御神体も無いのだが、遠野を探しても単独で大己貴命を祀
っているところが無かったので、ある意味この地は独立した意識が強かった
のかもしれない。
by dostoev | 2007-11-28 20:52 | 遠野各地の神社(その他) | Comments(0)

遠野不思議 第四百六十八話「カルトな河童たち…。」

f0075075_17193128.jpg

かなり前から、一部の遠野フアン?の間で騒がれていた、不気味な人形群。
これは某さんが、せっせと暇を見つけては製作し飾っている個人的趣味の
ものである。紹介するかどうか迷っていたけど、今更避けて通れない場所
となったので、取り敢えず紹介。

とにかく傍に土淵の河童淵があるので、誤って足を踏み入れ、不思議な感
覚に陥る場所である(^^;
f0075075_17194810.jpg
f0075075_1720472.jpg
f0075075_17202155.jpg
f0075075_17203686.jpg
f0075075_17205330.jpg
f0075075_1721567.jpg
f0075075_17212755.jpg
f0075075_17214640.jpg
f0075075_1722115.jpg
f0075075_17234470.jpg
f0075075_1723584.jpg

by dostoev | 2007-11-28 17:30 | 遠野不思議(オブジェ) | Comments(2)

遠野不思議 第四百六十七話「千手観音堂」

f0075075_731768.jpg

綾織の甲乃池沢という地に千手観音堂がある。昔は滝沢神社と合祀されており、
旧七月九日が御縁日で、お祭りはなかなか盛んだったという。

観音様なので、花巻・江刺方面からも和讃念仏の人々も参加し、お祭りを盛り上
げたのだと。しかし明治の神仏分離から、今では部落の中にひっそりと佇むだけ
であると。
f0075075_7354100.jpg
f0075075_76465.jpg

by dostoev | 2007-11-28 07:18 | 遠野各地の神社(その他) | Comments(0)

遠野不思議 第四百六十六話「御前淵神社」

f0075075_1641118.jpg

…曼荼羅は後に今の綾織村の光明寺に納めた。綾織という村の名もこれから
始まった。七つの沼も今は無くなって、そこには唯、沼の御前という神が祀られ
ている。

                              「遠野物語拾遺3より抜粋」
f0075075_16412969.jpg

上記の「遠野物語拾遺3」で紹介された沼の御前は青笹の話であるが、これは
綾織の、やはり天人児の話があった場所に祀られている神社だ。
f0075075_1642081.jpg

断崖を下った途中に鎮座し、下に淵を望む。沼の御前神社であるが、祀られている
のは弁財天と共に、白竜が祀られている。
f0075075_1701117.jpg

f0075075_16453523.jpg
f0075075_16455338.jpg

ここも竜と蛇は同一なのだろう。供え物は、やはり生卵だ。
by dostoev | 2007-11-27 17:01 | 遠野各地の沼の御前 | Comments(0)