遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
菊池氏考
佐々木氏考
クワガタと遠野の自然
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
六角牛考
七つ森考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
鯰と地震
三女神伝説考
早池峯信仰圏
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
ゲ ジ デ ジ 通 信
宮  古  物  語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
jun-roadster
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
JUNJUNのブログへよ...
外部リンク
最新のコメント
それでは現地へ行き、お好..
by dostoev at 13:28
欲しい!金精様欲しい!
by 千尋 at 21:26
ミシャグジの「ミ」は「御..
by dostoev at 20:09
瀬織津姫とミシャグジは対..
by ななし at 11:54
「雨乞い観音」のモチーフ..
by dostoev at 08:42
正法寺七不思議のひとつに..
by 鬼喜來のさっと at 23:55
下野小山氏は奥州菊田荘を..
by 鬼喜來のさっと at 22:24
遠野市小友町の藤沢の滝の..
by dostoev at 19:50
人の首と書いて人首とは何..
by 鬼喜來のさっと at 22:11
ishiwaさん、良かっ..
by dostoev at 19:08
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:遠野三山関連神社( 8 )

遠野不思議 第四百四十一話「小友の伊豆権現」

f0075075_2021239.jpg

遠野には伊豆権現が三つある。一つは上郷は来内の伊豆権現であり、もう
一つは、駒木の伊豆権現。そしてもう一つが、小友町にある伊豆権現だ。
f0075075_20213467.jpg

昔から、来内の伊豆権現と小友の伊豆権現のどちらが先か?と言われ続
けてきたが、小友の伊豆権現は伊豆走湯山関係の山伏がもたらしたのでは?
と云われているが…。
f0075075_2022161.jpg
f0075075_20222569.jpg

正面にウサギの絵が施されている。これは熊野では兎を巫伴(みこども)と呼んで
いるそうで、これは山ノ神の狼近侍し伝令する役割として兎となっているそうな。祭
壇に犬の木彫り人形を飾っている事から、やはり山神関連も当然あるだろう。なの
で熊野修験の匂いが、やはりプンプンする。

ただ庚申塔もあったので、帝釈天の眷属がウサギでもあり、有名な仏教説話で、
帝釈天が老人に姿を変えて動物たちを試したときに、老人に与えるもののなかった
ウサギが自らを供するために火に飛び込むという話があり、もしかして後で、庚申
と結びついた伊豆権現なのかもしれない。
by dostoev | 2007-10-07 20:52 | 遠野三山関連神社 | Comments(0)

遠野不思議 第二百四十話「六角牛神社」

f0075075_9434939.jpg
f0075075_944474.jpg
f0075075_9441593.jpg
f0075075_9442662.jpg
f0075075_9444755.jpg
f0075075_94595.jpg
f0075075_945206.jpg
f0075075_9452960.jpg

by dostoev | 2006-08-20 09:45 | 遠野三山関連神社 | Comments(2)

遠野不思議 第二百三十九話「六神石神社」

f0075075_928568.jpg
f0075075_929815.jpg
f0075075_9291764.jpg
f0075075_9292692.jpg
f0075075_9293983.jpg
f0075075_930461.jpg
f0075075_9302827.jpg
f0075075_9304232.jpg
f0075075_931096.jpg
f0075075_9313924.jpg
f0075075_9315284.jpg
f0075075_9321034.jpg
f0075075_9322168.jpg
f0075075_9323135.jpg
f0075075_9324685.jpg
f0075075_9325987.jpg
f0075075_9331073.jpg
f0075075_9331941.jpg
f0075075_9333625.jpg
f0075075_9335774.jpg
f0075075_934856.jpg
f0075075_9341966.jpg
f0075075_9343088.jpg
f0075075_9344338.jpg
f0075075_935383.jpg
f0075075_9352090.jpg


六神石神社へと行き、写真を撮っていたら本殿に奉納されている蛇の絵の写真を撮ろうとしていたら…思わず声出して、久々に驚いてしまった。なんと、蛇絵を飾っている場所の足元から、スルスルとヤマカガシが登場。境内に逃げたので、追いかけて撮影していたのだけど、なかなか止まらない。フト目に留まった焚き火の跡があったので、そこに追い立てるように、ヤマカガシを誘導。するとやはり、身を隠す場所があると落ち着くのか、焚き火後の焦げ付いた燃えカスの木の陰に隠れた。隠れている木を取り除いても、既に落ち着いているのか、 逃げる素振りを見せないので、のんびり近付いて接写。

とにかく本殿から登場したヤマカガシなので、もしかして山の神の使い?の可能性がある為、無理には脅えさせず、触らずに徹した。ヤマカガシは、古来からの蛇の名を背負っている蛇なので、とにかく毒はあるけれど、丁寧に扱った。ちなみに蛇の古語は、カカとかカガチとか…。蛇のトグロを巻いている姿は、正月で飾る鏡餅と同じ。カカの目が、語音変化して鏡になり、鏡餅はとにかく蛇
のトグロを巻いた姿というのは以前書いた。ましてや山という名も付くので、やはり大事にしないと罰が当たる(^^;
by dostoev | 2006-08-20 09:38 | 遠野三山関連神社 | Comments(0)

遠野不思議 第百六十八話「伊豆神社」

f0075075_444942.jpg
f0075075_4441850.jpg
f0075075_4442565.jpg
f0075075_4443827.jpg
f0075075_4444646.jpg
f0075075_4445467.jpg
f0075075_445169.jpg

by dostoev | 2006-04-23 04:45 | 遠野三山関連神社 | Comments(0)

遠野不思議 第百三十話「石上神社」

f0075075_153376.jpg

文治年中(1185~1189)阿曽沼広綱が閉伊郡入部の際に勧請したと
伝えられる神社だ。御祭神は「伊邪那美命」「稲蒼魂命」「経津主命」が
祀られているが、石上山そのものには速佐須良姫が祀られている。
f0075075_1511845.jpg

南部藩政の頃は石神神社と書かれてあり、石神の信仰に基因すともいう。
f0075075_1515211.jpg

f0075075_1528012.jpg

f0075075_1521398.jpg

f0075075_1523114.jpg

f0075075_152532.jpg

明治42年、熊野神社と稲荷神社を合祀する。

奥宮は石上山頂に在ってと、里宮は石上新山宮としてミサ崎の地に鎮座。
f0075075_15261830.jpg
f0075075_15263011.jpg

石上山の古参道は、396号線沿い、砂子沢の入り口手前にある。
by dostoev | 2006-03-23 15:34 | 遠野三山関連神社 | Comments(2)

遠野不思議 第四十四話「遠野の街中にある早池峯神社」

f0075075_20444012.jpg
f0075075_20445210.jpg

実は、遠野の街中にも早池峰神社は存在する。桜の女神でもある瀬織津姫
を意識して作られた、桜材で作られた「早池峯神社」の文字板。文字も、昔な
がらの「峯」を使用し、こだわってみている。
f0075075_20452211.jpg
f0075075_20452981.jpg

これは「エミシの国の女神」の著者である、菊池氏から寄贈されたものである。
by dostoev | 2006-03-03 20:48 | 遠野三山関連神社 | Comments(0)

遠野不思議 第四十三話「神遺神社」

f0075075_2032414.jpg

遠野の三女神が、唯一垣間見れる場所でもある。三女神とは早池峰に鎮座
する瀬織津姫に、六角牛山の速秋津姫と石上山の速佐須良姫の三女神の
事である。

この神遺神社は、早池峰神社へ行く途中の峠にポツネンと存在し、見逃して
しまいそうな場所だ。早池峰方面へと行く方々は、是非とも参拝して欲しい神
社である。
f0075075_20321652.jpg
f0075075_20323447.jpg

自分の場合は、早池峰山へと登る時にはまずここを参拝し、それから早池峰
神社を参拝してから山へと向かう事にしている。とにかく遠野三山に祀られて
ある三女神と出会える場所は、この神社だけなのである。

昔、誰かがこの神遺神社を参拝後、東京へ戻ったところ、雑踏の中で、とあ
る老人に呼び止められ・・・。
「あなたの後ろに三人の女性が見えますよ。」
と言われたそうである。それが神遺神社で逢った、三女神であると確信した
という。
by dostoev | 2006-03-03 20:39 | 遠野三山関連神社 | Comments(0)

遠野不思議 第四十二話「早池峰神社」

f0075075_1731503.jpg

               早池峰神社(成立大同元年806年)


山岳信仰の霊山、そして広く信仰の対象として遠野のみならず、広く崇められてきた早池峰山。その里宮が、大出地域に鎮座する早池峰神社である。更に、遠野の人々の魂が集まるとされる神社である。何故かというと、この神社の真後ろには霊峰早池峰山が聳えているからである。魂は、高い山を伝って天に昇るという信仰から、遠野の民の魂は死んだら早池峰神社へ集まり、又一の滝で清められ早池峰山へと上っていくと云われているからだ。

内陣には、早池峰を中心に六角牛・石上の三女神を祀った厨子がある。また、座敷ワラシの発祥地とも言われている。年に一度、全国に散らばっている座敷ワラシが、この早池峰神社に終結すると言われている霊験あらたかな神社である。
f0075075_17374066.jpg

山門を潜った境内のすぐ右手に、注連縄を張った杉の大木があるが、そこは初めて座敷ワラシが発見された場所と言うことである。そして今でも、座敷ワラシは現れている…。

それと、遠野の人間にも知られていないホタルスポットでもある。平成になり、大々的にヘリコプターで農薬散布が行われ、以前は沢山見る事のできたホタルが全く見えなくなってしまった。しかし唯一ホタルの群れを見る事ができるのが、この早池峰神社なのである。7月の中旬の夜に、この早池峰神社を訪れると、山門を潜ってからの境内の両側にホタルが舞っている。まるで遠野の民の魂が舞っているようで、幻想的な光景なのである。是非とも、訪れて欲しい場所である。
f0075075_17401871.jpg

春になると、早池峰神社の境内にはカタクリの花が咲き乱れ、その他に各種山菜・キノコも目に付くが、神域の為に採集は禁止となっている。
f0075075_17424177.jpg

更に境内には、県指定の天然記念物である夫婦イチイの木があり、早池峰山の前に聳える薬師岳から流れる聖なる湧き水が美味い。
f0075075_1756461.jpg

f0075075_17442427.jpg

その水源である薬師岳には早池峰の姫神である瀬織津比咩が鎮座する又一の滝がある。そ又一の滝は、認められた者の前では、滝の流れが二又になると伝わる。また邪な者の前では、瀬織津比咩は怒り、滝の流れは片方だけの流れとなると云う。
by dostoev | 2006-03-03 20:29 | 遠野三山関連神社 | Comments(4)