遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
菊池氏考
佐々木氏考
クワガタと遠野の自然
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
六角牛考
七つ森考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
鯰と地震
三女神伝説考
早池峯信仰圏
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
ゲ ジ デ ジ 通 信
宮  古  物  語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
jun-roadster
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
JUNJUNの落書き帳
外部リンク
最新のコメント
ありがとうございます、息..
by soma0506-yca at 10:17
soma0506-yca..
by dostoev at 21:11
観月祭の記事拝見させて頂..
by soma0506-yca at 10:41
下記のURLは、早池峯神..
by dostoev at 18:41
この早池峯神社山門の神像..
by dostoev at 18:39
数十年前に、旅の手帳とい..
by soma0506-yca at 06:56
doronko-ton..
by dostoev at 15:59
駒木の西教寺の開山年代が..
by dostoev at 15:58
お邪魔します。 インパ..
by doronko-tonchan at 15:30
天台に始まるという駒木の..
by 鬼喜来のさっと at 14:18
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:遠野各地の稲荷神社( 24 )

遠野不思議 第八百六十二話「迷岡稲荷社」

f0075075_4404718.jpg

迷岡地区にある、田んぼの脇の小さな社。祭神は宇迦御魂命。
f0075075_4415069.jpg

その社を覗くと、そこには翁と媼。そして、小さな子供がいた。手前には、それを護る様に左右に配置された狐。この小さな社の内部には、あたたかな情景が広がっていた。
by dostoev | 2017-07-22 04:45 | 遠野各地の稲荷神社 | Comments(0)

遠野不思議 第七百九十五話「三照稲荷大明神(小林)」

f0075075_11303521.jpg

真新しい社で、最近新しく建てられたものだろう。
f0075075_11312924.jpg

中には古びた狐象があった。
f0075075_11315040.jpg

そして、その奥には神像の石のプレートが光に浮かび上がっている。稲荷信仰に三光信仰と云う「太陽・月・星」を信仰するものが付随するが、この稲荷の三照とは、恐らく三光の事ではなかろうか。
by dostoev | 2013-11-30 11:36 | 遠野各地の稲荷神社 | Comments(0)

遠野不思議 第七百四十五話「狐穴神社」

f0075075_6235146.jpg

岩穴に祀られたお稲荷様。こういう岩穴に狐を祀る風習はどこにでもみられ、いろいろな稲荷神社傍にある岩の隙間に、本殿とは別にお稲荷様が祀られている。ただここは、本殿は無く、この岩穴のお稲荷様だけである。
f0075075_6265558.jpg

二本の杉の間には雑草で見えないが素朴な石段が組まれており、この杉の間を登って狐穴に行く。日本の杉は、鳥居の代りであろうか?
by dostoev | 2013-06-21 06:29 | 遠野各地の稲荷神社 | Comments(0)

遠野不思議 第七百四十話「夜泣稲荷)」

f0075075_1493917.jpg

「夜泣き神様」という愛称で呼ばれた神社がある。赤ん坊が夜泣きする時は、夜中でも拝みに行くと、不思議に夜泣きが止まったという事である。
f0075075_1414440.jpg

それがいつしか「夜泣稲荷大明神」という棟札が置かれるようになり、いつしか「夜泣き神様」は「夜泣き稲荷」と呼ばれる様になったという事であるが、何かの神社が後から稲荷神社に合祀されたのであろうか?
by dostoev | 2013-06-09 14:23 | 遠野各地の稲荷神社 | Comments(0)

遠野不思議 第七百五話「高室稲荷神社」

f0075075_1850638.jpg

水光園敷地内の小高い頂に鎮座する高室稲荷。入り口から、社までの鳥居の数は、遠野で一番じゃないだろうか?
f0075075_18502879.jpg

潜った鳥居の途中から、社を撮影。
f0075075_18504564.jpg

社は至ってシンプルで、比較的新しいようだ。創建は、いつなのだろう?
f0075075_1851884.jpg

社の傍らに大正十三年「三方荒神金神」という石碑があった。「金神」は方位神で、恐ろしい神だというが、土淵の郷土史では「金神」を「金属関連の神である。」と解釈しているが、それはどういう事だろう?また「三方荒神」も通常は「三宝荒神」であるが、方位神である金神と結びついた為の「三方」であろうか?いずれにせよ、大正13年の銘があるので、それ以前からここで祀られていたものであろう。
by dostoev | 2012-11-11 19:06 | 遠野各地の稲荷神社 | Comments(0)

遠野不思議 第七百三話「大将稲荷」

f0075075_18525580.jpg

飯豊にある大将洞に鎮座する、大将稲荷。実は、遠野で一番歴史の古い稲荷ではないかという話もある。この飯豊は六角牛山の麓にあり、昔は交通の要所であったようだ。土淵町そのものに神明神社があったように、また遠野で一番古い寺である常堅寺あるように歴史的にも文化的にも、遠野の中心であったようだ。それはひとえに、安倍氏の存在があるだろう。その安倍氏に関する伝承が一番多いのも土淵町となる。ただし飯豊と六角牛山に関する伝承の殆どは、安倍氏の時代より後の南北朝時代だ。この大将洞に並び君洞があり、それが皇族と結びつくという伝承がかなりあるのだが、地域の古老に聞くと「君洞」は実際には「金洞」であるという。事実は明らかではないが、大将洞には鉱山開発した山伏の息吹を感じてしまう。それは「稲荷」は「鋳成」とも云われ、やはり採掘や治金に関係したとも云われるからだ。
f0075075_1993771.jpg

画像は、伏見稲荷の神符であり、稲荷の一般的な神符となる。この神符を見ると、水性の黒に土性の狐の結び付きで、水を制する「土剋水」。金性の白に土性の狐が結び付き金属を生み出す「土生金」となっているのがわかる。また左側の蛇は伏見稲荷で有名な願いが叶う"験の杉"の枝を咥え、右側の蛇は雷を現している鍵を咥えている。ここに、土と水と火と金属を抑えている神符となっているのがわかる。

また大将洞にはやはり古くから不動明王祀っているが、稲荷神社の祭神である宇迦御魂命の「宇迦」または「宇賀」は梵語で「白蛇」を意味する言葉だ。水または滝は竜神と結び付き、その補佐としての不動明王も大将洞に祀られている事から、この大将洞はある意味、早池峰山における伊豆神社の様なものではなかったか?伊豆神社から早池峰願を掛けた始閣藤蔵は、"金"が採れたら宮を建てると早池峰に願った。この飯豊の大将洞も可能性として、六角牛山に祈願した地ではなかろうか。「大将」というと戦におれる存在にも感じるが「大生」であれば「大きく生まれる」の意となり、六角牛山に祈願して"金"の採掘を祈願したものとも考えられる。それは隣接する「君洞」が本来は「金洞」であるのと並行して考えるとそうなってしまう。何故なら稲荷そのものは水と火の融合を意味し、五穀豊穣を表すと共に「モノの発生・誕生」をも意味するからだ。更に飯豊には「大同」という屋号がある事から古くから開かれた地域の可能性と共に、早池峰神社や六神石神社の創建年代「大同」に重なる事から、やはり六角牛山との関わりが深いのではなかろうか。
f0075075_1925149.jpg

そういう意味も含め大将洞は、背後に六角牛山が聳える立地から考察してみても六角牛山に"金"の採掘祈願をした場所では無かったろうか。飯豊が梟を意味する伊比止与(イヒドヨ)に繋がるのならば、烏と並び神の声を発する梟の元に神に祈願した地「飯豊(イヒドヨ)」から金が発生する「大生(タイショウ)」へと繋がるのである。
by dostoev | 2012-11-05 19:47 | 遠野各地の稲荷神社 | Comments(0)

遠野不思議 第六百九十五話「踊鹿稲荷神社」

f0075075_7114510.jpg

踊鹿は以前、驚岡とも記していた。悪戯狐が出る、うら寂しいところであったよう。そこに鎮座する稲荷は、いつからであろうか?建立時期が、よくわからない。
f0075075_7424128.jpg

「ものがたり青笹」には、この踊鹿の狐の話が紹介されている。

「栗橋村に、駄賃付けをしている男がいた。いつも青笹の飯豊に泊って遠野の町に
行っていた。ある日の朝早く、男は踊鹿の辺りを歩いていると、狐が何やら穴を
掘っているのに出くわした。そこで男は、狐を驚かせてやろうと傍にあった柴を
狐めがけて投げたところ、見事に命中したと。その後、男は遠野の町で用を足し
た帰り道、再び踊鹿に差し掛かったところ、突然辺りが真っ暗闇になったという。
男は暫くおろおろと歩いたそうだが、暗闇に不安になり「助けてけろ!」と叫ん
だところ「どうした?ここは新堤だぞ?」という通りがかりの人物の声に、ふと
改めて辺りを見渡すと、いつの間にか明るくなっていたという事である。これも
狐の仕返しだったか…。」

f0075075_7454811.jpg

遠野の昔、村外れの殆どが狐の関所であった。今程に人も住んではおらず、家屋も少なかった時代、村外れの森とは、人々にとって恐ろしい狐、もしくは悪戯な狐が多く棲んでいたのだろう。狐と稲荷の結び付きが顕著になったのは江戸時代であるから、この稲荷神社の創建も江戸以降の、あまり古くない時代であろう。
f0075075_815312.jpg

北に向かって西である左の方の階段を登れば稲荷の社があるのだが、東である右側にも階段があり、そこを登ると画像の石灯籠がぽつんと一つだけある。これは何を意味するのか、よくわからない。ただ思い出したのが、以前紹介した泉鏡花の俳句だ。

「五月夜や尾を出しそうな石どうろ」


まさに泉鏡花の俳句を現実のものにしそうな、踊鹿稲荷の石灯籠ではないか(^^;
by dostoev | 2012-10-09 08:06 | 遠野各地の稲荷神社 | Comments(0)

遠野不思議 第四百七十八話「欠上稲荷」

f0075075_9533984.jpg

遠野の東、郊外にあり倉稲魂命を祀る。文禄年間に葛西氏の遺臣欠下左座衛門
が当地に赴き、阿曽沼氏に仕え請いて、旧領石巻日和山に鎮座するものを勧請
したものである。祭日は6月15日となる。
f0075075_95358100.jpg

遠野の町では、欠上稲荷に赤い灯が灯ると、火事が起こると用心したという話が
ある。
f0075075_9541779.jpg
f0075075_9544334.jpg
f0075075_955174.jpg

見晴らしは良く、遠野の町を一望できる。
by dostoev | 2007-12-02 10:00 | 遠野各地の稲荷神社 | Comments(0)

遠野不思議 第四百五十七話「三毛の稲荷(妖怪キャシャ)」

f0075075_23294210.jpg

ここの稲荷の名は、稲荷シヤとも、稲荷キャシャとも密かに呼ばれている。実は、このお稲荷様は三毛であり、人をよく騙すというのた…。
f0075075_23295817.jpg

三毛のキツネとは、聞いたことが無いが、実はこの近辺には妖怪キャシャの伝説もまたある。女好きには女に化け、酒好きには酒に化け、力自慢の者には、力士に化けて現れるというのだ。
f0075075_23301080.jpg

どうも化けるという共通性から、稲荷とキシャが混同され合体されたのが、この稲荷社のようだ。ただし、初めに伝説ありきで、後で稲荷社が建てられたと云う。ここも、地域の人々は怖れて寄り付かない場所であったそうな。
by dostoev | 2007-11-04 23:39 | 遠野各地の稲荷神社 | Comments(20)

遠野不思議 第三百九十話「爪喰稲荷神社」

f0075075_5594367.jpg
f0075075_5595877.jpg
f0075075_602469.jpg
f0075075_603520.jpg

by dostoev | 2007-06-04 06:00 | 遠野各地の稲荷神社 | Comments(2)