遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
菊池氏考
佐々木氏考
クワガタと遠野の自然
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
六角牛考
七つ森考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
鯰と地震
三女神伝説考
早池峯信仰圏
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
ゲ ジ デ ジ 通 信
宮  古  物  語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
jun-roadster
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
JUNJUNのブログへよ...
外部リンク
最新のコメント
死んだら魂は山へ…という..
by dostoev at 05:03
そうなのですね。 確か..
by soma0506-yca at 22:03
あ…「6つ3合う」ですね..
by dostoev at 17:09
日本人は良くも悪くも言葉..
by dostoev at 17:03
凄く面白いですね。 6..
by soma0506-yca at 16:15
なるほど。ありがとうござ..
by 秩父まほろば at 09:49
西の真言、東の天台と云わ..
by dostoev at 06:12
こんにちは。 円仁の話..
by 秩父まほろば at 17:57
さっと氏…まるで「徒然草..
by dostoev at 18:26
下駄を利用したトレーニン..
by dostoev at 18:25
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:遠野各地の八幡神社( 6 )

遠野不思議 第七百九十九話「八幡神社(海上)」

f0075075_11313575.jpg

海上の高台にある八幡神社。正確には前九年の役の頃に、源義家の家来である井出氏が建てた館跡に八幡太郎義家の名を取って八幡座館になったという説と、阿曽沼がこの地に八幡宮を建立したので八幡座館の名となった説があるようだ。並んでいる小さな社は稲荷社となる。
f0075075_11411474.jpg

祭神は、応神天皇(誉田別命)。
f0075075_1143019.jpg

社の中を覗いてギョッとしたのは、髪の毛の房がぶら下がっていた。恐らく、何かの祈願で、自分の髪の毛を神に捧げたのだろう。八幡神は武神でもあるので、大東亜戦争の時のものであろうか、その時の戦争に対する祈願であったのだろうと。
by dostoev | 2013-12-30 11:47 | 遠野各地の八幡神社 | Comments(0)

遠野不思議 第七百五十九話「元八幡宮」

f0075075_17203627.jpg

創建は建武年間(1334~1335)阿曽沼朝綱の時、城の鬼門に当たる宮代に城の鎮守として八幡宮を勧清し崇敬した。そして南部氏が寛文元年(1661)に八幡宮を現在の踊鹿山に遷宮した後、荒廃していたが明治以降に復興され現在に至る。
f0075075_17343035.jpg

境内は、思ったより広く、例祭の際には地域の人々が大勢集まるようだ。
f0075075_17422364.jpg

気になったのは社殿の脇に建っている金毘羅の石碑三塔。社殿に近すぎて、見る為には社殿に背中を付けないと見る事が出来ない。恐らく金毘羅の碑が先で、後から社殿を建てた時に、間隔を気にせずに立てたのだろうか?
f0075075_17352095.jpg

by dostoev | 2013-07-29 17:46 | 遠野各地の八幡神社 | Comments(14)

遠野不思議 第六百二十四話「西門舘の八幡宮」

f0075075_10445684.jpg

綾織の西門舘跡は、鏑木山の突き出た峰の上にあり、阿曽沼の家臣である鵢崎右京の舘と伝えられており、そこに鎮座するのが「遠野物語拾遺50」にも記載されている八幡の祠だ。

戦時中、遠野では八八幡掛けというものが流行り、武運長久を祈ったのだが、その八幡神社の一つが、この西門舘の八幡宮でもある。
f0075075_1042581.jpg

山にある神社の大抵が、岩が乱立する地に建立されているというのは、元々磐には神が降りるという意識があった為なのだろう。この八幡宮の鎮座する地にも、岩がゴロゴロとしている。
f0075075_10431267.jpg

f0075075_11153487.jpg

戦神と、地元の古老は言う。天照を中心に、向かって左に春日大社。右に八幡神となる。春日大社の祭神には武甕槌命と経津主命がおり、八幡と並んでいるのも、戦神と言われる由縁だろう。八幡神の発生は違うものではあったが、様々な要素が結び付き、確かに戦神といわれても当然ではある。
f0075075_10432626.jpg

御神体である、二神が踊っている?ようにも見える懸仏。
by dostoev | 2009-02-14 10:53 | 遠野各地の八幡神社 | Comments(0)

遠野不思議 第四百八十四話「熊ノ林八幡神社」

f0075075_6262698.jpg

熊ノ林にあり、八幡堂とも呼ばれる。早池峰神社再建の時に、その残財を
もって建立されたのだと。祭神は八幡神で、早池峰神社の遥拝殿を兼ね
備えたものだと云う。
f0075075_6265171.jpg
f0075075_6272621.jpg

by dostoev | 2007-12-10 06:45 | 遠野各地の八幡神社 | Comments(0)

遠野不思議 第三百三十八話「深山八幡神社」

f0075075_10151994.jpg
f0075075_10153116.jpg
f0075075_10154277.jpg


戦争中、兵隊に行った家族が、毎月の15日に八つの八幡神社を拝んで回る
というのが流行ったらしい。それを「八八幡かけ」といったらしい。地域によって
回る八幡神社は違うらしいが、最後は遠野の町へ来て、遠野八幡宮・多賀神社
そして神明神社で終わったそうである。
by dostoev | 2007-03-15 11:09 | 遠野各地の八幡神社 | Comments(2)

遠野不思議 第百四十五話「下関の八幡神社」

f0075075_859696.jpg

「起源詳らかならざるも里俗古より『大、若しくは基』八幡古戦場の跡、
石矢の基あり、今より明治十年神仏分離の際、二間四方のお堂で
古来大蛇が棲んでおりし、当時の別当は関田の丑館なる法印にして
常楽院と曰う。阿曽沼時代、菊池成景の居城なる臼館と丑館と大八幡
と関係あるに非ざるや。」
『大八幡由来記』(略記にて)
f0075075_8591677.jpg

昭和年に御神体が盗まれ、後に地元の方によって購入されたと云う。部落で買って祀っているものは、馬の御神体と小型の法螺貝に、大八幡様の由来が書いてある木の枝なそうだ。
by dostoev | 2006-04-05 09:00 | 遠野各地の八幡神社 | Comments(0)