遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
菊池氏考
佐々木氏考
クワガタと遠野の自然
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
六角牛考
七つ森考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
鯰と地震
三女神伝説考
早池峯信仰圏
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
ゲ ジ デ ジ 通 信
宮  古  物  語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
jun-roadster
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
JUNJUNのブログへよ...
外部リンク
最新のコメント
画像は、いいですよ。ちな..
by dostoev at 18:15
あぁ、行っていたのですね..
by グッドスノゥ at 10:49
グッドスノウ氏…勝手な思..
by dostoev at 06:44
 お久しぶりです。 ..
by グッドスノゥ at 13:50
さっと氏、思うのですが、..
by dostoev at 10:51
そもそも猫に限れば、猫ま..
by 鬼喜來のさっと at 21:13
関白豊臣秀次は気仙の館主..
by 鬼喜來のさっと at 20:36
丁度祇園祭の時期なんです..
by 鬼喜來のさっと at 20:13
そう言われてしまうと困る..
by 鬼喜來のさっと at 19:15
なんか、全て陰陽五行で説..
by dostoev at 05:20
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:遠野の安部貞任伝説( 9 )

安倍一族の魂の墓所

f0075075_6355429.jpg

上の図は、安倍貞任の聖山である南貞任山と北貞任山に加え、貞任の館跡があった種山から早池峯を結んだ図である。ここで「閉伊遠野郷安倍文書」を紹介しよう。

「歳の明けて天喜と年号改まる。安倍頼良は国見山に仏寺七堂を建立、以て北上の衆、鬼剣舞山伏神楽を献じて仏寺落慶す。亦、貞任は猿ヶ石と遠野郷の南北の霊山二ヵ処に荒覇吐神社を建立す。此の二山を貞任山と号す。」

今まで伝説としてだけ知られていた、二つの貞任山であったが、先人の菊池春雄氏と荻野馨氏は、この二つの貞任山の調査をし、館跡であった事を確認した。伝説は嘘では無かったのだ。しかし何故にこの二つの山を貞任山と名付け、荒覇吐神社を建立したという伝承の確証には至らなかった。館跡は、この二つの山だけでなく、種山と呼ばれる、別名物見山にも貞任の館跡はあった。この種山には石が立てられており、その間から望むと早池峯を遠望できる。また荒川高原途中の不動明王を祀る神社の背後にも、貞任の館跡がある。実は、図上全ての場所から早池峯は遠望できるのだ。
f0075075_115334.gif

また上の図は、早池峯の神である瀬織津比咩を祀っている神社の分布だ。早池峯より北に位置する桜松神社の建立年代は、現代に近いので省いても良い。それ以外の神社は、全て早池峯を北の頂点として祀られているのがわかる。奥州藤原氏が勧請した新山神社は沿岸部でも立ち並び、完全に早池峯を中心に扇形に配列されている。今では確認できないが、貞任の伝説の地で荒覇吐神社が建立されていたなどの聖地は、遠野の東の外れにある新山だ。
f0075075_116519.jpg

新山からの早池峯と薬師の姿は、何故か心惹かれる。古代から伝わる祖霊信仰とは、魂は山へ帰るという。その言葉を振り返り考えてみると、この貞任伝説の残る新山から見る早池峯と薬師の並んだ姿とは、まるで前方後円墳である…。
f0075075_11113623.jpg

岩手県内には岩手三山というものがある。各々岩手山・姫神山・早池峯であるのだが、その中で一番神社が建立され信仰されているのは早池峯である事に異議を挟む者はいまい。標高を考えれば岩手山が県内一であるのだが、早池峯に対する信仰には勝てない。それは何故かと考えると、出てくる答えとは安倍氏に対する信望からであると思う。そして更に、早池峯こそは安倍氏の魂の齋宮であるのだと考える。安倍氏は星をも信仰した。敵から「魁偉」と呼ばれた安倍貞任。「魁偉」とは北斗七星の一番星でもあり、北辰にも繋がる。その安倍貞任が信仰したであろう早池峯より北に何故、早池峯を祀る神社が無いのか?先にも述べたように、桜松神社は、かなり新しい神社なので省略する。それ以前の早池峯を祀る神社は、早池峯より北に位置しないのは、早池峯が北辰の中心であり、貞任を含む安倍一族の魂の齋宮であるからだと感じる。

今から20年以上前に、東京の立川市で、名前は失念したが、塩竃神社は安倍一族の墓所では無いのか?という学者の講義を聴いたが、あくまでも塩竃神社の建立年と、安倍貞任の生きた時代に相違がある。司東真雄著「東北の古代探訪」には、二つの境の明神の紹介がなされている。下野国にはイザナギが祀られ、陸奥国にはイザナミが祀られてある。また南部と伊達の藩境にも、男女の神が祀られているという。これをどう捉えるかだが、これはもしかして現世と黄泉の国では無かったかと考える。イザナギが命からがら逃げ延びて来た黄泉の国とは、鬼の跋扈する国であった。多賀城が築かれる以前は境とは常陸国から下野国辺りであった。しかし多賀城が出来てから、それから北は蝦夷の地であり、鬼が跋扈する蝦夷の地であった筈。常に陸奥国側にイザナミという女神が祀られていたというのは、黄泉の国を表していたのでは?と考える。

ならば安倍貞任の活躍した時代の多賀城界隈とは既に蝦夷の国では無かったのだ。塩竃神社が墓所という考自体、それは朝廷側に立った考えであり、本来の安倍の魂が齋宮では無い筈だ。
f0075075_1181374.jpg

もう一度、新山からの早池峯と薬師の姿を見てみよう。こうして見ると、薬師は後円部となり、早池峯は前方部に見える。一般的に後円部は、亡き首長を埋葬し、盛大に埋葬祭祀が行われたとされる前方後円墳で最も大切な場所である。そこで見えるのは、薬師如来であろう。北という意識に縛られる早池峯と薬師は、星を祀る妙見信仰が定着していたのであろう。「七仏薬師所説神呪」には「薬師、妙見の三摩地に入る」とされ、これは薬師は妙見の本地であり、妙見は薬師の垂迹という意となる。
その妙見の本地である薬師如来の名を有す薬師岳とは、妙見を信仰する上で大事な地であるのだろう。つまり早池峯とは、早池峯山と薬師岳二つを合わせての早池峯であり、それは安倍一族の墓所となる魂の齋宮ではなかろうか?それを感じさせる、新山からの早池峯山と薬師岳の姿であった。
by dostoev | 2010-12-19 12:57 | 遠野の安部貞任伝説 | Comments(7)

安倍一族の遠野牧野

f0075075_11213161.jpg

安倍貞任伝説の中に、鍋倉山の話がある。鍋倉山は、番屋であったという事らしい。この番屋とは、放牧地の管理場であった。遠野はトオヌップというアイヌ語で「湖のある地」という意味の伝説の地であったと伝わるが、水豊かで馬を放牧するのには適していたようだ。安倍一族は岩手県内にいくつもの放牧地を管理していたその一つが、遠野の鍋倉山であった。

鍋倉山は阿曽沼が横田城を移転した地であるが、現在の遠野に住んでいる観点から立地を考えると、何故に初めから鍋倉山に築城しなかったのか不思議であった。しかしそれが何故かをハッキリ認識できたのは、寛永以前の河川図であった。
f0075075_1057412.jpg

この図には、南部時代の鍋倉山から早瀬川までの遠野の町に、寛永以前の河川図を被せてある。早瀬川は二股に分かれ、その一つは稲荷下を通って、今でいう遠野町を流れて、来内川に合流している。
また小烏瀬川、早瀬川、来内川が猿ヶ石川に合流する落合は、今では想像もできないくらいの規模であり、愛宕神社から対岸には渡し船が出ていたというのも納得できる。

とにかく現在の遠野駅を中心として考えると、とても人が住める場所ではなかったのが、寛永時代以前であったのだろう。であるから当時の遠野の町は、現在の松崎町に栄ていたというのも理解できる。しかしそれでも、松崎自体が猿ヶ石川の広大な川の影響で、それほどの賑わいをみせる町では無かったのだろう。養安寺(現・善明寺)下は広大な松崎沼と呼ばれていたが、それ以前は浮島沼と呼ばれていたようで、舟遊びが楽しまれていた地でもあったようだ。裏を返せば、水害の歴史がかなり深刻であったのだろう。

とにかく現在、遠野の人々が住んでいる地は、とても人が住める場所では無く、殆どが興光寺、鍋倉、愛宕山、八幡山、大日山などの小高い山に住んでいた。実際に、愛宕山や興光寺からは縄文式土器が出土するように、縄文の遺跡も発掘されている。その為に、安倍一族の時代は鍋倉山が放牧馬を管理する番屋としてあったのは、現実的な話であったのだろう。今度、遠野盆地全体の河川図を起して、遠野の信仰と歴史を考えてみようと思うが、そうなれば今まで見えてこなかったものが見えて来るのだろう。
by dostoev | 2010-12-19 12:21 | 遠野の安部貞任伝説 | Comments(0)

遠野不思議 第六百六十八話「貞任森」

f0075075_148345.jpg

貞任山の頂きの手前に、森がある。それを"貞任森"という。この安倍貞任の伝説のある貞任山には、3つの貞任という名の付く場所のうちの一つが、この貞任森だ。では何故に貞任森と名付けられたのかは、誰も知っている人物はいない。ただ昔から、そう云われてきたとだけを知る事が出来る。

現在この貞任山は、高原となっている。昭和時代の北上山系の牧場開発の一環として、生い茂っていた木々を伐採して、現在の高原となって久しい。以前は、貞任高原祭などが開催され、遠野市民もこの貞任高原へと足を向けたものだが、現在は祭は開催されず、風力発電施設として新しい顔を見せている。
by dostoev | 2010-10-05 14:24 | 遠野の安部貞任伝説 | Comments(0)

遠野不思議 第六百七話「安倍の負石」

f0075075_1824874.jpg

今から900年前、安倍貞任が前九年の役で源氏の軍勢と戦った時に、
この石を背負って矢を防いだという伝説がある。
f0075075_1824185.jpg

ある書物では大川目にあると記されているが、実際は大川目の更に奥の
中野という集落の斉藤某氏宅の脇に立っていて、この集落の人々からは
「立石」と呼ばれている、いつから立っているかわからぬ石なそうである。

見た目は巨大な石碑のようだが、この石には何も刻まれておらず、また形
から盾を思わせるものでもあるので、後で安倍貞任の伝説が付随したもの
と思われる。
f0075075_18242788.jpg

全長3メートルはあるのだが、その巨大さから比べると側面は、かなり薄い
造りとなっている。
by dostoev | 2008-12-07 18:32 | 遠野の安部貞任伝説 | Comments(10)

遠野の安倍貞任伝説

追加分があれば、その都度アップ予定。

【遠野町】


【小友町】

1.貞任山(安倍の砦跡)
2.荒谷(会矢)
3.三ッ森(貞任が戦に準備した石盛)
4.貞任の馬ヒタシ場(馬洗い場)


【綾織町】

1.笠通山(安倍の砦)

【青笹町】


【上郷町】

1.伊豆神社(安倍宗任)


【土淵町】

1.貞任山(隠れ岩屋)
2.似田貝(貞任が煮た粥を食べた地)
3.貞任の陣屋跡


【附馬牛町】

1.安倍ヶ城
2.安倍の隠れ岩(早池峰山)
3.竜ヶ馬場(早池峰山)


【宮守】

1.安倍の隠れ岩
2.安倍の背負い石
by dostoev | 2008-12-06 14:11 | 遠野の安部貞任伝説 | Comments(2)

遠野不思議 第五百九十九話「貞任砦跡)」

f0075075_1735157.jpg

遠野には貞任山と呼ばれるものが二つあり、この小友町と住田町の間に位置するのが「遠野物語拾遺96」の話しで一つ目一本足の怪物が登場する貞任山だ。

貞任山の頂は平坦だが、そこにこんもりと盛り上がった小高い山が、貞任の砦跡と呼ばれる。展望はかなりよい。ただ馬冷やし場、防戦の為に築いた石や、砦の門柱用の「狼石」と呼ばれる巨石は発見できなかった。
f0075075_17352459.jpg

貞任砦跡とされるが「日高見国閉伊郡貞任山」によると、安倍一族は、この地に住み、製鉄に関わったと記されているという。
by dostoev | 2008-11-11 17:45 | 遠野の安部貞任伝説 | Comments(0)

遠野不思議 第五百五十七話「安倍窟(貞任の隠れ岩)」

f0075075_7443393.jpg

同じ山の附馬牛よりの登山口にも亦安倍屋敷と云ふ巌窟あり。兎に角早池峯は
安倍貞任にゆかりある山なり。小国より登る山口にも八幡太郎の家来の討死した
るを埋めたりと云ふ塚三つばかりあり。

                                    「遠野物語66」

f0075075_7445714.jpg

早池峰山頂にあり、安倍貞任が厨川の戦で敗れ、山越えに逃れて一時身を
隠したと云われる岩屋で、入口は狭く分かり辛いが、内部はそこそこ広い空
間となっている。
f0075075_745237.jpg

by dostoev | 2008-07-08 07:53 | 遠野の安部貞任伝説 | Comments(0)

遠野不思議 第五百五十六話「安倍ヶ城」

f0075075_12181667.jpg

早池峯は、御影石の山なり。此山の小国に向きたる側に安倍ヶ城と云ふ岩あり。
険しき崖の中程にありて、人などはとても行き得べき処に非ず。こゝには今でも
安倍貞任の母住めりと言伝ふ。雨の降るべき夕方など、岩屋の扉を鎖す音聞ゆ
と云ふ。小国、附馬牛の人々は、安倍ヶ城の錠の音がする、明日は雨にならん
など云ふ。

                                    「遠野物語65」
f0075075_15592165.jpg

安倍ヶ城の頂に立つと、遥か下方に山のうねりが見える。谷間はアンニョカイ沢
と薬師川の源流が流れ、それがタイマグラへと注ぐ。もしもこの安倍ヶ城で岩の
扉を閉めたとしても、山々がその音をこだまさせ、タイマグラへと、その音を運ぶ
ものだと思う。試しに安倍ヶ城の頂から叫んでみると、こだまは幾重にも、その音
の広がりをみせる。
f0075075_161397.jpg

安倍ヶ城の麓は、岩の音を妨げる人間の力は何も無い。その岩山の音が山を
伝い、タイマグラへと届けたのだろう。それが、山の怪異として…。
by dostoev | 2008-07-07 12:18 | 遠野の安部貞任伝説 | Comments(0)

遠野不思議 第五百十八話「安倍貞任の隠れ岩」

f0075075_19544238.jpg

前九年の役で敗走した安倍貞任は、この岩山に無数の隠れ穴があるので、
ここを住居とし、山菜・川魚・獣などを捕って暮らしていたのだという伝説の
隠れ岩だ。
f0075075_1955281.jpg

実際、人が隠れ潜むには丁度良い穴もある。
f0075075_19551396.jpg

しかし穴といっても、巨大な洞穴でもないので、雨露を凌ぎ、火をおこして
自らの食事を準備する場所としては無理だろう。。。。
f0075075_195549100.jpg

ただ、安倍貞任の伝説を、まだ真剣に追ってないので、今後の安倍貞任の
伝説地を見比べて、いろいろと考えてみる事にしよう。。。
f0075075_19565586.jpg

by dostoev | 2008-03-09 20:06 | 遠野の安部貞任伝説 | Comments(0)