遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
菊池氏考
佐々木氏考
クワガタと遠野の自然
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
六角牛考
七つ森考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
鯰と地震
三女神伝説考
早池峯信仰圏
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
宮  古  物  語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
外部リンク
最新のコメント
カエルのような両生類と考..
by dostoev at 04:56
河童は冬眠しないのでしょ..
by 森のどんぐり屋 at 14:34
安来市と比べ、神代の歴史..
by dostoev at 09:42
 島根県の安来市あたりも..
by 名古屋特殊鋼流通倶楽部 at 13:57
いくつかの梨木平を見てき..
by dostoev at 18:39
梨木といえば、昔話の「な..
by 鬼喜來のさっと at 22:09
遠野まで来たら、キュウリ..
by dostoev at 07:06
河童はおる。わしが河童じゃ!
by 竜桜 at 20:55
観念や概念は、各民族によ..
by dostoev at 20:45
以前コメント欄にお邪魔し..
by 河童ハゲ at 18:12
最新のトラックバック
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:遠野の鍾乳洞( 7 )

仙人洞

f0075075_1950521.jpg

全長1キロに渡る仙人洞が、旧仙人トンネル脇にあるという。この一枚の図面を手にして、いろいろ妄想し興奮してしまった。

サンゴの窟
ワニの口
姥神の滝
安堵の間
仙人の衣
河童の贈り物
オシラサマ
ドンドハレ

などと、遠野にちなんだ名称が散りばめられている鍾乳洞があった。実は1983年に、明治大学付属中野高等学校の学生達と、明治大学地底研究部の人達が測量し、調査した鍾乳洞だ。最深部に行く為には完全装備と複数の人間が必要になる難所をクリアしなければならないようで、とても単独では無理そうだが、その難所の手前までは行けそうなので、明日にでも行ってこようと思う。
by dostoev | 2011-10-01 20:01 | 遠野の鍾乳洞 | Comments(2)

遠野不思議 第六百四十八話「岩穴」

f0075075_7304052.jpg
f0075075_7305833.jpg

またもや岩穴を発見。今回は懐中電灯の準備が無かったので、内部探検は
次の機会にでもと思っている。。。。
by dostoev | 2009-05-07 07:32 | 遠野の鍾乳洞 | Comments(2)

与右衛門洞探検(リベンジ)

f0075075_10344035.jpg

去年の初冬、この与右衛門洞を探検しようとしたが、入口にあった大量の熊の糞に
ビビって断念。ただ熊は、夏になると穴から這い出て笹の上で過ごす為に、夏なら
大丈夫だとばかり、再び挑戦した。今回、入口を確認すると真新しい熊の糞は見つ
からない為、安全だと確信。
f0075075_10353890.jpg

とにかくこの洞穴は、這う。這って、這って突き進むしかない。。。。
f0075075_10355511.jpg

するとたまに、立てる空間に出遭う。こういう空間は、ホッとしてしまう。。。
f0075075_10365290.jpg

この洞穴に入り込み、やっと鍾乳洞であると確信する。奇抜な鍾乳石があたり一面
に見える。この鍾乳石の壁穴は、なんとなく女陰を髣髴させる。。。
f0075075_1037562.jpg

淫靡だ(^^;
f0075075_10375349.jpg
f0075075_10382285.jpg
f0075075_10414133.jpg
f0075075_1042221.jpg
f0075075_10422597.jpg
f0075075_10425538.jpg
f0075075_10431568.jpg

広い空間に再び辿り着いたが、目の前にこんもりとした山がある。これは大量のコウ
モリの糞が積もった山だ。しかし、天井を見てもコウモリの姿は2匹程度確認しただけ
だった。どこにいったのだろう?
f0075075_10444557.jpg

巨大な、コウモリの糞の山。。。
f0075075_1045171.jpg

とにかく這う…体が小さな子供なら、もっと簡単に進めるだろうが、体が大きい大人
にとって、かなり辛い鍾乳洞だ。体ギリギリの隙間を這うというのは不安もかなり広
がってしまう。
f0075075_10451885.jpg

これ以上進めないだろうという場所にも、ギリギリ通り抜ける隙間を縫って、とにかく
進むしかない。。。
f0075075_10455320.jpg

この隙間が一番キツかった。体が殆どギリギリの隙間を蛇のように這わないと進め
ない。ヘルメットもゴツイものだと邪魔になるのかもしれない場所だ。
f0075075_10461082.jpg

ここは黄泉比良坂をイメージしてしまう、這いながら登る坂道。。。
f0075075_1047428.jpg

f0075075_10472292.jpg
f0075075_10492075.jpg

またまた広い空間に辿り着いた。不気味な鍾乳石の壁が切り立っている。
ここで一服した。。。。
f0075075_10493478.jpg
f0075075_10524718.jpg

とにかくこの空間を過ぎると再び這う事になる。全体的に床にコウモリの糞が落ちて
いるので、全身がまんべんなくコウモリの糞を塗りたくっているようだ。汚れたくない
人は、やはり観光用に管理された鍾乳洞をお勧めする。。。
f0075075_10531114.jpg
f0075075_10533074.jpg
f0075075_1054124.jpg

再び、コウモリがチラチラと飛んでいる。その奥は。。。
f0075075_1193870.jpg

実は、知り合いの上郷の人間が、中学生の頃に、この鍾乳洞に入った事があったと
知った。その話を聞くと、奥の方に地底湖があり、それ以上進むのを止めたという。

また別の爺様は、奥へ行くと水音がするのだが、這って進む狭い空間の為に断念し
たというのだ。ところが両方とも、今から30年以上前の話だった。。。。
f0075075_1195377.jpg

多分、自分の目の前に広がる深い穴は昔、水が溜まっていた地底湖だったのだろう。
いつしか水の流れが変わり、ここに水が流れ込まなくなり、30年もの歳月をかけて
干上がったのが、この深い穴なのだろう。
f0075075_11101566.jpg

望遠でこの深い穴の奥を撮影すると、どうも行き止まりみたいだ。とにかくここが最終
地点なのだろう。この穴の下に降りる為には、もっとしっかりした装備が必要な為に、
ここを最後に戻る事とした。
f0075075_11104986.jpg
f0075075_1111726.jpg

f0075075_11113313.jpg
f0075075_11114678.jpg

出口とは、とても嬉しいものと、この時初めて知った(^^;
by dostoev | 2008-07-05 11:45 | 遠野の鍾乳洞 | Comments(6)

遠野不思議 第四百五十八話「与右衛門洞」

f0075075_16442069.jpg

昭和23年に与右衛門という人物に発見された鍾乳洞だといい、洞内の奥行きは
360メートルだというが…。

今は亡き古老が、一人でこの洞にカンテラ一つで入ったという。穴は狭く、這って
進まないといけないらしい。一つの穴から進むと、だんだんと複数の穴が増えて
いき、まるで迷路みたいだと。ある程度、奥の奥へ行くと水音が響き、どうも一番
奥に瀧があるようだという事を述べたようだが、どうにも不気味で怖く、これ以上
奥には進む事ができなかったと云う…。
f0075075_16451919.jpg

入り口の穴を這って内部に侵入すると、若干の広さを感じる空間だ。しかし入っ
た瞬間…臭い!!
獣臭い!!!
ウンコ臭い!!!

f0075075_16453765.jpg
f0075075_16455220.jpg

実は、入り口の右脇に大量の熊の糞があった。
f0075075_16462659.jpg

そして奥には、人は這って進むしかできない奥へと続く穴がある…。
f0075075_16465760.jpg

熊が侵入するには丁度良い穴だが、人間様が進むにはとてもとても…。
頭の中に、最悪の状況のイメージ映像が流れ始める。結局ビビッてしまい、
この奥の穴への侵入はできなかった。誰か、代わりに与右衛門洞を攻略
して欲しい!!
f0075075_9144451.jpg
f0075075_9145981.jpg

遠野市発行の熊出没マップを見ても、上郷という町は断トツで熊の目撃・出没
が多い町でもある。確率的に考えても、この鍾乳洞に熊が潜んでいる可能性
は高いと思うが。。。
by dostoev | 2007-11-07 17:04 | 遠野の鍾乳洞 | Comments(1)

再び地底の水中世界へ!(遠野の鍾乳洞探検)

f0075075_22434917.jpg

再び、観光スポットには掲載されていない遠野の鍾乳洞を訪れた。
今回は…素潜りと、ロッククライミングの世界だった。。。
f0075075_9231984.jpg

f0075075_785141.jpg

この日の大雨…また前回の台風による大雨の影響で、鍾乳洞探検に不安が
過ぎった。果たして山の林道は大丈夫なのか?もしも車が山中ではまったら?
などといろいろ考えてみた。

この日は川も増水して、猿ヶ石川にも何故か季節外れの白鳥が流されている。。。
f0075075_22114498.jpg


実際、この日に訪れた鍾乳洞までの道は、大雨の影響で林道の土が流され、
完璧にえぐられていて、車で鍾乳洞へは辿り着けない状況となっていた。

仕方ないので車を乗り捨てて、大雨の山中を鍾乳洞に向かって歩いていった…。

この時のメンバーは、mixiコミュ参加の客とマイミクなど、自分を含めて
男3人・女性1人だった…。

雨の中の山中を歩く姿の画像に、何故か巨大なオーブ?が写る。何かを暗示
しているのだろうか?
f0075075_2244486.jpg

もう一つの不安は、この大雨により鍾乳洞内の水が濁って無いか?だったが、
それは単なる危惧だけで終わった。
f0075075_22443472.jpg

写真は水中から、水面にできた水の波紋を撮影したもの。
f0075075_22451917.jpg

鍾乳洞の水は雨の影響を受けずに、今回も綺麗な透明度を保っていた。
f0075075_22454738.jpg
f0075075_22461153.jpg
f0075075_22472238.jpg
f0075075_22474932.jpg
f0075075_22481594.jpg
f0075075_22483977.jpg

f0075075_21272379.jpg

f0075075_21274850.jpg

f0075075_2249133.jpg

落差10メートルにもなる鍾乳洞内部の滝
f0075075_21242570.jpg

滝の水の吹き出し口
f0075075_21245358.jpg

滝壺
f0075075_22494383.jpg

鍾乳洞の崖をよじ登り、上から下方を撮影したもの…かなり高い…。
f0075075_22495750.jpg

鍾乳洞の壁を登ろうとする自分…。
f0075075_2252186.jpg

この写真は、カメラを滝の中に入れてストロボを発光させて撮影したもの。
f0075075_22521236.jpg

滝の水しぶきが、幻想的な光と形を作り上げる。
by dostoev | 2007-09-17 22:53 | 遠野の鍾乳洞 | Comments(4)

大洞の鍾乳洞(遠野の地底世界)

f0075075_310576.jpg

山の奥の、 また奥の、車も数年通ってないだろうという林道を車を雑草に擦りな
がら、やっと現地に到達。 そして車を置いて、獣道を、えっちらおっちら…。
f0075075_311821.jpg

すると間に沢を挟み、右前方に穴発見。
f0075075_311194.jpg

そそくさと、 穴の入り口に到達して、装備の点検。
f0075075_340249.jpg

軍手・デジカメ2台(1台は借りた防水タイプ)と 帽子にヘッドライト2灯装備して、
いざ出発!
f0075075_3404135.jpg

…と、その前に記念写真をパチリ。一人で来たのでセルフタイマーを使用も、ヘッド
ライトの光で、ようわからん(^^;
f0075075_3125253.jpg
f0075075_3131387.jpg

内部に侵入すると、イキナリ下に落下?していかなばならないようで、足元を気を
付けながら下へと降りていった。
f0075075_3135299.jpg

しかし…コウモリが、すげぇ沢山いる!実は、穴に近づいただけで、数匹のコウモリ
がバタバタと。内部に入っても、数匹、自分の体の脇をすり抜けて飛んでいく。

内部では、「キーキー」と、無数のコウモリの鳴き声と、羽ばたく音が聞こえる。
f0075075_314115.jpg

とにかく、下に降りてみた。やはり鍾乳洞らしく、ヒンヤリとした空気と湿気が…。
下に見える岩肌を抜けると、そこにはもう、水の床が奥へと伸びていた。

やはり、コウモリは凄い数だ。数枚シャッターを切って、 写真を撮ろうにも失敗続
きで、諦めてしまった。さてと、これから奥に侵入予定…。
f0075075_3154268.jpg
f0075075_3154921.jpg
f0075075_3162976.jpg

せっかくだからと、ここでもセルフタイマー使用で記念撮影…やはりヘッドライトの
明かりだけ(^^;
f0075075_3171780.jpg

今のところ、内部の水はせいぜい膝くらいの深さでとどまっている。天井を見ると、
なんというか…複雑な穴が、縦横無尽に広がっている。どこに行っても、どこかに
行きそうな気配だ。しかし、それじゃ迷ってしまうので、とにかく水路を辿って奥まで
行き、目指す滝まで水に濡れながら我慢する事にした。

岩肌を見ると、沢山の黒いブツブツがある。何か?とよく見たら、コウモリの糞だっ
た。とにかくあちこちに、コウモリの糞が沢山ある。歩きながらバランスを崩して、
岩肌に手を着くたびに、コウモリの糞を手で潰して歩いているようなものだった…(^^;
f0075075_31855.jpg

少し歩くと、水路から這い出し、岩の上を歩く事になった。水は冷たいので、やはり
水の中を歩くのは避けたいもんだ。実は、もう既に、体が冷えてきているのがわか
った。

すると、第一の難関に到達したようだ…道が無い?

周囲を見渡しても、結晶石の壁ばかりなのだ。あれ?行き止まり?と思ったら、僅
かな岩の間ある。そこから顔を覗かせると、水の流れる音がする。

つまり、この間を体をすり抜けていかねばならない。 最近、新陳代謝が落ちて、太
りやすくなってきたので、なんとなく不安が過ぎった…。

『岩の間に挟まって、動けなくなったらどうしよう…。』

とにかく帽子を脱ぎ置き、その隙間に挑戦する事にした。ちなみに自分は身長176
くらい、体重76キロくらい。ただしお腹が出てないのは幸いだった。

グリグリと岩の隙間に体を預けて、プルプル上下に体を動かして、やっとこさこの岩
の間をすり抜ける事ができた!
f0075075_3193641.jpg

関門を抜けると、そこはプールがあった。また初めから情報として、胸まで水に浸か
る場所があると知っていたので覚悟はしていた。
f0075075_3194773.jpg

ただ水が…冷たい!
f0075075_3195534.jpg

しかし冷たいが、綺麗だと思った。ここでようやく、借りてきた完全防水型のデジカメ
が役に立った。とにかく目線で撮影。
f0075075_3201137.jpg

f0075075_3201925.jpg

そして、潜って撮影。水中の透明度はさすがに鍾乳洞だ。
f0075075_3205169.jpg

奥に進むと、鍾乳石が白っぽくなってきた。水は奥まで延々と続く。天然のプール
というか、水溜りもある。
f0075075_3212239.jpg
f0075075_3214247.jpg
f0075075_321564.jpg
f0075075_3222553.jpg
f0075075_3223668.jpg
f0075075_323107.jpg

ここを過ぎると、多分滝があるのだろう。水音の大きさから、それがわかる。
f0075075_3232894.jpg
f0075075_3234765.jpg
f0075075_3241967.jpg

プールを過ぎると、とにかく壁が白くなって、水面から地面に這い上がり歩く事が
できた。すると眼前に羽が飛び込んできた。まるで天使の羽か、ガチョウの羽のよう(^^;

その周辺を見渡し、上を見上げるとまるで大聖堂の様な雰囲気の鍾乳石に囲まれ
た美しい場所だった。
f0075075_3242864.jpg
f0075075_3243922.jpg

そして、最後の地…滝に到着。10メートルにも及ぶ岩肌より流れ落ちる滝。ただし
水量は、それほどでも無く…と思ったが、今年の遠野は例年に比べて降水量が少
なかった。

もしも、例年並の降水量の時に、この鍾乳洞に入ったなら、もっと水に苦しんだのか
もしれない。でもその代わり、もっと水量豊富な豪快な滝の姿を見れたのかもしれな
いなぁ。

それと今回は、マイミクである”やっちん”から完全防水型のデジカメを借りて助かっ
たのだけど、逆に慣れていない為、撮影に戸惑ってかなり失敗した写真もあった。

特に失敗したのは、最終地のこの滝の写真。ストロボを焚くと、水の感じと神秘さが
出なく、ストロボ無しにした場合に、手ブレと光量不足から、上手に天井界から流れ
落ちる滝の姿を撮影出来なかったのが、残念で、残念で…。
f0075075_325899.jpg
f0075075_3251573.jpg
f0075075_3252234.jpg
f0075075_3253690.jpg

f0075075_3254964.jpg

f0075075_3353097.jpg

この滝の後ろ側の石は青みががっていた。
f0075075_3354264.jpg

何やら、誰かが記念に書き込んだ痕があった…。
f0075075_336544.jpg

小さな穴もあり、子供なら入れるか…。
f0075075_3364283.jpg

帰路につき、やっと出口が見えてきた。
f0075075_336556.jpg
f0075075_3373115.jpg

で、最後にもう一枚、記念写真もまたブレて…(^^;
by dostoev | 2006-09-07 04:09 | 遠野の鍾乳洞 | Comments(1)

遠野不思議 第二百二十六話「稲荷穴」

f0075075_424088.jpg

フト思い立ち、稲荷穴という鍾乳洞へと行ってみた。
f0075075_43912.jpg

ここは、中学2年の時に入った場所だ。あれから30年
という月日が流れたが…。
f0075075_433459.jpg

入り口は狭く、内部から水が流れ穴の床全体が川のよう
だ。だからそのままジャボジャボと進まないといけない。
f0075075_435680.jpg

内部はそこそこに広がった空間があるのだけど、入り口
は体をかがめて潜るしか無いが…。
f0075075_442880.jpg

中学の頃は、ヒョイッと簡単に潜ったけど…体が堅くな
り、体脂肪も増加した為に、ヒョイッ!とはいかない…。
結局、バランスを崩して膝をついてしまった。つまり膝
がすっかり水に濡れてしまい…。
f0075075_493948.jpg

ようやく内部の広い空間に出て、あたりを懐中電灯で照
らすと、あちこちにコウモリがいる。天井?からぶら下が
っている奴や、バサバサッと羽音を立てて飛んでいる奴。
f0075075_4101363.jpg

写真を撮ろうと思って懐中電灯を向けると、飛び去って
しまう。なかなか撮影は難しい…。
f0075075_4103698.jpg

鍾乳洞の中は、まるで骨の化石を思わせるような感じだ。
f0075075_412255.jpg

奥の奥は、極端に遠くないがそこそこの距離はあるので、
子供の洞窟探検には丁度良い程度の長さだ。
f0075075_4122436.jpg

一番奥には、陶磁器製の祠がある。やっと奥に到着した
と思ったら、懐中電灯の電池がヤバイ!

持参したのは、大光量の懐中電灯だけど、実は充電式の
タイプだ。すげぇ明るいけど、消費電力が半端じゃない。
極端に長くない鍾乳洞だけど、ここで電池が消耗し灯り
無しに出口まで帰るというのは、かなり大変だ。
f0075075_4133727.jpg

とにかく、光量の落ちた懐中電灯を持ったままダッシュ!
上手く歩けば水に濡れないのだけど、そんな事は構って
られない。とにかくバシャバシャと、水を踏みながら走
って行ったら…やはり、途中で充電電池が切れてしまっ
た…。



灯り無しの鍾乳洞は、やはりというか…真っ暗闇。こう
なると感覚で、出口まで行かなきゃいけない。ただ入り
組んでいるので、体もだけど頭や顔、目を岩肌にぶつけ
ないように気をつけないと…。
f0075075_4125519.jpg

それでもやるんだよなぁ…ガツンと痛みが走る。難儀し
ながら進んでいくと、やっと出口の明かりが見えたのだ
った。えがったぁ…。

しかし、外に出てみて自分の服を見てみると、泥だらけ
にズボンはすっかり濡れていて、ズボンの膝も穴を開け
てしまった。…ああ、かみさんに怒られる(T_T)
by dostoev | 2006-06-17 04:15 | 遠野の鍾乳洞 | Comments(0)