遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
菊池氏考
佐々木氏考
クワガタと遠野の自然
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
六角牛考
七つ森考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
鯰と地震
三女神伝説考
早池峯信仰圏
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
ゲ ジ デ ジ 通 信
宮  古  物  語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
jun-roadster
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
JUNJUNのブログへよ...
外部リンク
最新のコメント
このガイドには、そんなに..
by dostoev at 10:35
良いなあ〜。 夜のガイ..
by soma0506-yca at 09:32
死んだら魂は山へ…という..
by dostoev at 05:03
そうなのですね。 確か..
by soma0506-yca at 22:03
あ…「6つ3合う」ですね..
by dostoev at 17:09
日本人は良くも悪くも言葉..
by dostoev at 17:03
凄く面白いですね。 6..
by soma0506-yca at 16:15
なるほど。ありがとうござ..
by 秩父まほろば at 09:49
西の真言、東の天台と云わ..
by dostoev at 06:12
こんにちは。 円仁の話..
by 秩父まほろば at 17:57
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:遠野各地のハヤリ神( 9 )

遠野不思議 第八百十四話「松崎のハヤリ神」

f0075075_1336169.jpg

「まつざき歴史がたり」によれば、大正14年にセリサブキ(百日咳)が流行った年に突然、鶴音山の麓、権現岩の湧水の場所にハヤリ神が出現したという。そこで百日咳にかかった人達は権現岩の前で祈祷され、サンショウウオを生のまま飲まされたという。これを体験した菊池某氏は、胃袋でサンショウウオがピクピク動くのを今でも覚えているという。しかし、その菊池某氏も最近、お亡くなりになられた。ご冥福を、お祈りします。
f0075075_1343302.jpg

その当時は、ここに一日百人を超える人達が集まって大盛況であったようだが、まさにハヤリ神の様に一時の流行であったようだ。今からもう90年も前の話になるので、今ではその面影も無くなってしまったようである。
by dostoev | 2014-05-07 13:47 | 遠野各地のハヤリ神 | Comments(0)

遠野不思議 第六百九十四話「飯豊のハヤリ神」

f0075075_16252897.jpg

飯豊の山中、細かく言えば大将洞内にあり、明治から大正の年代に、鉄分を含んだ水でお湯を沸かし「ハヤリ神」もしくは「霊泉」として流行ったという。
f0075075_1628090.jpg

ただ本来は古い時代に大将洞の水場に不動明王を祀り、その水を沸かしたものが「ハヤリ神」として珍重されたのだろう。鉄分が多いとされるのは採掘による鉄山開発の名残の影響だろうか。
by dostoev | 2012-10-05 16:33 | 遠野各地のハヤリ神 | Comments(0)

遠野不思議 第六百七十四話「チタノカクチ」

f0075075_4495288.jpg

「遠野物語拾遺44」に紹介されるチタノカクチ。実はこのチタノカクチは、ここを管理する人の屋号であり「スタノカクチ」という事である。「下」の「画地」から来ているそうだが、何の下なのかはわからないという。
f0075075_4561319.jpg

杉林の中に、「地の神様」と呼んでいる稲荷の社があり、その傍に清水が湧いた場所がある。恐らくこの地の神様の鎮座する場所が、いわゆる聖地であり、その下の区画された地という意味で「シタ」が「スタ」となって「スタノカクチ」となり、それが間違って伝わったか転訛して「チタノカクチ」となったのでなかろうか。
f0075075_511011.jpg

清水は殆ど枯れていたが、管理人曰く「今は枯れているが、普段はもっと水量は多く、飲み水としても使用している。」との事。ただし以前は、この清水の上は森であり、その森を牧草地にした為に、水量はかなり減ったのだという。ここと似たような場所は遠野各地にあり、やはり樹木を伐採した為、水量が減っている。やはり豊かな水は、樹木(広葉樹)あってこそのようだ。
by dostoev | 2012-05-01 05:06 | 遠野各地のハヤリ神 | Comments(0)

遠野不思議 第三百十八話「逆さ水」

f0075075_448582.jpg
f0075075_449364.jpg


この沢の水は、戦前までいろいろな薬効があると云われてきた。夫人の体力回復
や子供のいろいろな病気、特に百日咳には効き目があると云われ、遠くからわざ
わざ水を汲みに来ていたそうな。また、この清水に棲む山椒魚は、男性の精力剤
としての効果があったと云われる。これは、松崎のハヤリ神でも同じようにやはり
生息する山椒魚を生きたまま3匹飲んでいたと古老の話を聞いた事がある。

地名の由来は、江戸時代中頃に平野原の弥七という者が参宮へ行き、帰路仙台
藩本吉の横山不動尊の清水を病の父の土産にと”ふくべ”に汲み取り家路を急いだ。

夜明け頃「そなたの父は今無くなった。」とこだました…。

弥七は力尽きて、ふくべの清水をこの地に注いだところ、清水は坂を越えて横山
不動尊へ向かって流れていったといい、それからこの辺りを逆水と呼ばれるように
なったのだと。
by dostoev | 2007-03-01 04:56 | 遠野各地のハヤリ神 | Comments(0)

遠野不思議 第三百十三話「土淵のハヤリ神」

f0075075_8274678.jpg
f0075075_8282786.jpg

土淵村大字柏崎の新山という処の藪の中に泉が湧いていて、ここが小さな
池になっているが、この池でも水面に人影がさせば雨が降るといわれている。

「遠野物語拾遺41」

by dostoev | 2007-02-27 08:32 | 遠野各地のハヤリ神 | Comments(0)

遠野不思議 第二百八十三話「黒蛇の霊験あるハヤリ神様」

f0075075_21555299.jpg
f0075075_21562782.jpg


五、六年前には松崎村の天ヶ森という山の麓に清水が湧き出しているのを、
附馬牛村の虎八爺という老人が見つけ、これには黒蛇の霊験があると言い
ふらして大評判をとった。の時も参詣人が日に百人を超えたという。
                            「遠野物語拾遺44より抜粋」




ここの水は天ヶ森から伝ってこの地に流れ込む、霊威溢れ眼病に効くと昔は
列を成して水を汲む人々で溢れたのだというハヤリ神様なそうだ。今では祠こ
そあれど、霊威は薄れたのか、ただポツンと当時の面影を忍ばせているだけ
である。

また水量は写真では少なく見えるが、夏頃にはもっと沢山の水が流れ出る。
by dostoev | 2007-02-18 21:56 | 遠野各地のハヤリ神 | Comments(0)

遠野不思議 第百八十話「黄金のしずく」

f0075075_11201486.jpg
f0075075_11203099.jpg
f0075075_11204788.jpg
f0075075_11205761.jpg

f0075075_11444734.jpg

f0075075_1145694.jpg

by dostoev | 2006-04-29 11:22 | 遠野各地のハヤリ神 | Comments(6)

遠野不思議 第二十六話「開慶水」

f0075075_1463061.jpg

入り口には開慶水の表示があり、この奥に開慶水がある。
f0075075_1465975.jpg
f0075075_1471189.jpg

側には祠があり、中には賽銭箱。今でも、人の訪れを示している。

早池峰権現が無尽和尚から教えを受けた御礼に、早池峰山頂の妙泉
開慶水の水を分け与えたものだという。それ以来、山頂の水が八分目
に減ったと伝えられている。

山頂の水と同じく、開慶水は不浄を嫌い、汲む時は長柄の柄杓をさしの
べて汲む慣習がある。

また一説には、早池峰権現が無尽の杖をとって地を突いたところ、水が
湧きだした事から「杖(またふり)の井」とも伝えられる。

この泉は人影が差せば大雨が降ると伝えられており、影が差さぬよう
井戸の傍らに長柄の柄杓を立てておくのはその為だという。

附馬牛へ抜ける大規模林道の途中に、この開慶水はある。今では水も
淀んで、とても飲めないようだけれど、これも東禅寺が没落し、信仰も
途絶えたせいなのだろうか・・・。
by dostoev | 2006-02-26 14:13 | 遠野各地のハヤリ神 | Comments(0)

遠野不思議 第十三話「山神神社(鍋割りの聖水)」

f0075075_1181450.jpg

山を歩いていくと、一つの祠が見えてくる。中にはお稲荷様を祀っているようだ。お稲荷様の発生は平安時代まで遡るのだが、当初は山伏系の人々に祀られていた。そして今でも、聖水として地元の人々は足を運び、水を汲んでいく。
f0075075_11131077.jpg

f0075075_1113328.jpg

山伏に関連するが、弁慶の弟子の山伏がこの地に坊舎を建て、修行したとも云われている。実際、歴史的にこの地には阿曽沼以前に高野山系の山伏が直接修行にきていたと云われている聖なる地として存在したのだろうか。
f0075075_1115527.jpg

石の祠の内部には御神体としてか鏡が置かれ、棟札には弥都波能売神の神名が記されている。
by dostoev | 2006-02-21 21:58 | 遠野各地のハヤリ神 | Comments(0)