遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
菊池氏考
佐々木氏考
クワガタと遠野の自然
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
六角牛考
七つ森考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
鯰と地震
三女神伝説考
早池峯信仰圏
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
ゲ ジ デ ジ 通 信
宮  古  物  語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
外部リンク
最新のコメント
地元で地層や化石に関係し..
by masa at 16:49
頭は良かったと思います。..
by dostoev at 04:56
幕府の財政難から、享保の..
by dostoev at 17:38
江戸後期というより江戸前..
by 鬼喜來のさっと at 22:11
法量(ホウリョウ)は魍魎..
by dostoev at 20:00
『江刺郡昔話』には正法寺..
by 鬼喜來のさっと at 14:49
佐々木喜善の『江刺郡昔話..
by 鬼喜來のさっと at 01:08
では法量神と飴買い幽霊の..
by 鬼喜來のさっと at 01:55
おお、面白いですね。自然..
by 鬼喜來のさっと at 01:07
カエルのような両生類と考..
by dostoev at 04:56
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:遠野各地の不地震地帯&要石( 11 )

遠野不思議 第七百三十八話「土渕の不地震地帯(シャウヅカ森)」

f0075075_11171461.jpg

伊能嘉矩「遠野史叢」によれば「南は明神澤北は寺澤の間に介在し人工を加へられし圓き土塚をなし周圍約百三十尺高さ約十尺更に外方に低き土壇を周らし且西部に細長き平壇を附属し頂部に高さ三尺余の自然石を据え古来地震のせぬ所と傳へてゐる。」とある。
f0075075_11264733.jpg

伝えられる自然石は、画像の様に地面から生えているような感じだ。こうして不地震地帯を回って見ると、その殆どが神域・聖域のようで、それに絡んでくるのは天台宗のようである。実際に、このシャウヅカ森の一帯も、古来は天台宗の寺院があったと云われる。
f0075075_11304435.jpg

このシャウヅカ森だが昭和54年発刊「土渕教育百年の流れ」によれば、「右手に三角の山を見る。それが無地震の山で…。」とあり、実はこの表現で当初は、見た目が尖った三角形の山の頂まで登ってしまった…。
by dostoev | 2013-06-02 11:35 | 遠野各地の不地震地帯&要石 | Comments(0)

遠野不思議 第五百五十三話「大野の不地震地帯(糠森)」

f0075075_7522534.jpg

四面畑をめぐらし、不整楕円形の塚形で、周囲672尺、西辺の頂部に古桜ありと
あるが確認せず。また東側に自然石あり周辺に石塊を集積すとありも確認せず。
この地域では神塚と呼ばれ、地震の来ぬ安全地帯と信じられている。詳しい調査
確認は後ほど。。。
by dostoev | 2008-06-29 08:04 | 遠野各地の不地震地帯&要石 | Comments(0)

遠野不思議 第五百五十二話「花輪の不地震地帯(陣ヶ森)」

f0075075_17103846.jpg
f0075075_17105476.jpg

この花輪という地名は現在明らかでないとされるが、多分その花輪とは写真の
陣ヶ森を差すのだろうという見解になっている。この地は古くから避難所として
周辺地域の人々が語り継がれた地であるようだ。

花輪の不地震地帯は、芦立南岸の台地続きで、岩石ところどころに露出し、古
来より地震が来ぬ地と呼ばれているそうだが、この陣ヶ森の上部は整理され現
在、共同墓地となっている為、古来からの面影は無くなったという事である。
by dostoev | 2008-06-28 17:17 | 遠野各地の不地震地帯&要石 | Comments(0)

遠野不思議 第五百五十一話「駒木の不地震地帯」

f0075075_10385240.jpg
f0075075_1039105.jpg

駒木の不地震地帯の森には、人為的に作られた不整楕円形の土塚が築かれて
長四尺の石の自然石を埋め、古来地震が来ぬとされている。今では藪に覆われ
ているが、石だけは確認できる。また近くの海上地区にある、地の神を祀る地の
石も何か関連があるのでは?という事らしいが…。
by dostoev | 2008-06-28 10:43 | 遠野各地の不地震地帯&要石 | Comments(0)

遠野不思議 第四百十六話「鍋石の安堵森」

f0075075_9161441.jpg
f0075075_9162768.jpg

この集落では、昔から地震の来ぬ処として、安堵森と呼ばれ伝えられている。

畑の中にあり、土盛られた小さな丘陵で、頂部には自然石がゴロゴロある。
ただし、雑木お雑草が生い茂りその石を隠している状態だ。
by dostoev | 2007-07-09 09:21 | 遠野各地の不地震地帯&要石 | Comments(0)

遠野不思議 第三百六十四話「大出の不地震地帯」

f0075075_10244612.jpg

by dostoev | 2007-05-12 10:25 | 遠野各地の不地震地帯&要石 | Comments(0)

遠野不思議 第三百十九話「岩崎の不地震地帯」

f0075075_1129924.jpg
f0075075_11294023.jpg


早瀬川の畑の中に大小二基の円形の積石の塚があったといい、古来からここは
地震の来ぬ処と伝えられていた。

塚の構造は、早瀬川の川石で地面に丸く基礎を造り、その上に川石を積んだも
ので、その上に登ったり腰をかけたり、汚したりすると事は禁じられていた。

伊能の「遠野史叢」では上郷に二箇所、不地震地帯を紹介しているが、実のとこ
ろ不地震地帯と呼ばれる場所は上郷に5箇所もある。避難の森が雛の森、安堵
の森が安堵森という転訛&転化はあれど、昔は火事と地震に対する恐怖は当然
あったわけで、各部落単位にそういう不地震信仰が創られたのかもしれない。

そしてもう一つ考えられるのは、中世に築かれた”館”。最近、後の日本における
様々なオカルティックな思想というものの下地が、中世に確立したようであり、感
覚的に近世と中世は陸続きのように皆、思いがちだけど、実は中世という時代は、
今の自分達の感覚とはまったく異なった世界が展開されていたようなので、まさに
中世は、まだまだよくわからない“暗黒時代”みたいなもの。古代史の延長上にある
中世は、簡単には紐解けないが、古代よりも文献が手に入るので、まだ引き寄せら
れるものがある。

だから”館”そのものの成立思想をもっと掘り下げて検証すべきなのだろうと思う…。
by dostoev | 2007-03-01 11:38 | 遠野各地の不地震地帯&要石 | Comments(0)

遠野不思議 第三百十二話「時洞の安堵森」

f0075075_1615956.jpg
f0075075_16152024.jpg


昔から地震の来ぬ処と伝えられているが、由来を知るものは誰もいない…。
by dostoev | 2007-02-26 16:17 | 遠野各地の不地震地帯&要石 | Comments(0)

遠野不思議 第三百六話「清水川稲荷不地震地帯」

f0075075_2041451.jpg

其の位置四方に田畑を周らせる丘陵で全部巨大な花崗岩より成り、
原と此岩石を認て信仰上の対象となせしより石神の名称が起こった
らしくおもわれる。

此処に稲荷を勧請した理由は詳かならぬが、遠野郷前領主阿曽沼
時代、天正年間(1572~1592)に其の家家臣板沢平蔵の知行で
あるから之が勧請だろうという事で、しかも此の境内の神域は古来
地震のせぬ所と傳えられる。               「遠野史叢」

f0075075_2043365.jpg
f0075075_2044563.jpg
f0075075_205889.jpg
f0075075_205269.jpg

by dostoev | 2007-02-23 20:13 | 遠野各地の不地震地帯&要石 | Comments(0)

遠野不思議 第三百四話「ひな森の不地震地帯」

f0075075_5141819.jpg


昔、あるお姫様が3月3日に雛遊びやカマッコタキをした場所で、この地は
古来から地震で揺れないと伝えられている。また朝日巫女が常に所持して
いたオシラ様も、巫女の死後ここに一緒に葬ったとも伝えられる。
by dostoev | 2007-02-23 05:18 | 遠野各地の不地震地帯&要石 | Comments(0)