遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「現代遠野物語」110話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
菊池氏考
佐々木氏考
クワガタと遠野の自然
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
七つ森考
六角牛考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
鯰と地震
三女神伝説考
早池峯遥拝所
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
ゲ ジ デ ジ 通 信
宮  古  物  語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
jun-roadster
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
JUNJUNの落書き帳
外部リンク
最新のコメント
北は鼠であり、それを北朝..
by dostoev at 08:42
気仙の岳波・唐鍬崎兄弟に..
by 鬼喜來のさっと at 21:37
この南部守行の墓、やはり..
by 鬼喜來のさっと at 20:35
なんで過去の記事が自動的..
by dostoev at 12:18
宮田登「ヒメの民俗学」な..
by dostoev at 07:50
一応調べると女房はやはり..
by 鬼喜來のさっと at 00:03
女児は女房とは呼ばず、「..
by 鬼喜來のさっと at 23:32
>成長した女性の乳房を表..
by dostoev at 07:44
青年誌に連載された『水木..
by 鬼喜來のさっと at 22:13
さっと氏、あけましておめ..
by dostoev at 07:36
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:遠野の自然(冬)( 9 )

二つの初日の出

f0075075_17521735.jpg

元旦の朝は靄に包まれていた。昨夜は、雨の様な雪が降っており、気温がかなり高めだった。早池峯神社も、いつもより暖かく驚いたものだった。この暖かさが水蒸気を発生させ、遠野は雲海に覆われているのだろう。そこで行けるかどうかはわからなかったが、高清水山へ行って見る事にした。

元旦の朝、高清水へ ←「クリックすると動画へ」
f0075075_1759124.jpg

車で、高清水の頂は無理だったので途中、木々の間から覗き込むように遠野盆地を見た。上空は晴れているので、このままここに居れば日の出時刻頃に初日の出を拝めるだろう。
f0075075_1821213.jpg

だんだんと、空が明るくなってきた。
f0075075_18243100.jpg

雲が輝いている。今にも太陽が、顔を覗かせそうだ。
f0075075_1351249.jpg

f0075075_200394.jpg

やっと、太陽が顔を出した。
f0075075_1843587.jpg

太陽全体が姿を現した。これが今年初めて見る、初日の出だ。しかし、山の位置を下げて、もう一度初日の出を拝む事になる。
f0075075_1855872.jpg

山を少し下ると、雲海の真っただ中に入る。そこには太陽の光りが、全く届いていない。
f0075075_1871366.jpg

すると、真白な太陽が顔を出した。これも初日の出なのだろうか?
f0075075_1883772.jpg

太陽が昇り始めると、上空の雲海の薄い箇所に近付き、全体が色付き始めて来た。
f0075075_1895273.jpg

また神秘的な色を発している、今日二度目の初日の出だ。
f0075075_18104978.jpg

それではもう一度「あけまして、おめでとうございます。」

by dostoev | 2018-01-01 18:11 | 遠野の自然(冬) | Comments(0)

大荒れだった遠野

f0075075_311762.jpg

26日の夜から雪が降って、降って、27日の朝にはかなり積もっていた。それが殆ど粉雪なもので、日中の強風で遠野全体が地吹雪が舞う日だった。
f0075075_3133745.jpg

車で走っていても、その地吹雪の直撃を受けると、全く前が視えない為に、取り敢えず車を停めて過ぎるのを待つしかない。
f0075075_315314.jpg

雪がしんしんと降り、朝になって子供達が雪だるまやカマクラを作る冬景色ではなく、こういう地吹雪が、遠野らしい冬というイメージ。どこかに「サムトの婆」を意識しているのかも…。
f0075075_318589.jpg

by dostoev | 2017-12-28 03:19 | 遠野の自然(冬) | Comments(0)

f0075075_1604099.jpg

f0075075_1245343.jpg

昨夜、同級生から電話が来て庭木をライトアップしたので撮影に来ないかと。暫くし、仕事を終えてから、夜の8時過ぎに参戦。いくつものライトを照らして、雰囲気を出していた。取り敢えず、1時間足らず、お邪魔してきた。
f0075075_1633660.jpg

夜の暗闇を真っ赤に仕切る、とばりになっているかのよう。
f0075075_8281373.jpg

とにかく、真っ赤。鮮やかな赤色が、暗闇に浮かび上がっていた。
f0075075_1682224.jpg

f0075075_1691761.jpg

月が出ていた…。
by dostoev | 2017-11-02 16:11 | 遠野の自然(冬) | Comments(0)

一月の満月(雪女の襲来)

f0075075_6323210.jpg

小正月の夜、又は小正月ならずとも冬の満月の夜は、雪女が出でゝ遊ぶ
とも云ふ。童子をあまた引連れて来ると云へり。

里の子ども冬は近辺の丘に行き、橇遊びをして面白さのあまり夜になるこ
とあり。十五日の夜に限り、雪女が出るから早く帰れと戒めらるゝは常のこ
となり。されど雪女を見たりと云ふ者は少なし。


「遠野物語103」に記されているように、一月の満月の日は雪女が出ると伝わっている。その日が昨日の1月12日であった。今年の遠野は暖冬で、サラッと降った雪もすぐに融けたので、10日まで遠野の街には雪が殆ど無い状況だった。それが一転して11日から、昨日の12日にかけて寒気団が押し寄せ、一気に遠野全体が雪景色となってしまった。雪女は、冷気を伴うというが、まさしく今回の寒気団は雪女の襲来であったかのよう。
f0075075_652538.jpg

by dostoev | 2017-01-13 06:53 | 遠野の自然(冬) | Comments(0)

雪女の満月

f0075075_20135854.jpg

月は、常に変わらないものと思うけれど、季節によって見る月の印象は、まるで違う。やはり真冬の月というものは、とても冷たく見えてしまうのは仕方のない事だろうか。「遠野物語拾遺103」では小正月の満月の夜は、雪女が出て遊ぶと伝えられている。真冬の満月は、まるで氷の白さにも感じられ、雪女との結び付きを容易に受け入れてしまう。明朝は、マイナス10度を超え冷えるらしい。やはり満月は、雪女の冷気を伴ったか・・・。
f0075075_2028929.jpg

by dostoev | 2015-02-03 20:29 | 遠野の自然(冬) | Comments(0)

氷の洞窟

f0075075_17132635.jpg

激しい運動は出来ない体になってしまったけれど、とにかく雪降る中、久々の観音窟に行って見た。知人から観音窟の場所を教えて欲しいとのメールから、ふいに思い出した観音窟だった。
f0075075_17163354.jpg

よく見ると、岩のでっぱりが不気味な人の顔も見え、まるで魔人像を祀っているかの様な洞窟にも見える(^^;
f0075075_1718299.jpg

今年は日中が暖かいせいか、いつもより氷柱も含め、氷の密度が濃い。確か2011年だったか、日中は真冬日が続き、殆ど氷が出来ない年があった。逆に今年は、真冬日が殆ど無く、寒暖の差がかなりあった為に、今まで見ない場所にも氷柱や氷筍が多く出来ていた。
f0075075_17223689.jpg

f0075075_17224680.jpg

f0075075_1723856.jpg

f0075075_17232256.jpg

f0075075_2015474.jpg

f0075075_1953798.jpg

f0075075_20384467.jpg

f0075075_20385620.jpg

by dostoev | 2015-02-01 17:23 | 遠野の自然(冬) | Comments(0)

遠野三山を見渡す荒神様

f0075075_18593616.jpg

遠野三山を見渡せる事の出来る、荒神様を祀る場所は、冬の晴れ間が広がっていた。荒神様の御堂の右斜め背後には、石上山が。御堂側面の北方に、早池峯が。そして御堂左前方に、六角牛山が。しかし白かったのは、早池峯山だけであった。
f0075075_18595226.jpg

荒神様の御堂を斜めから見ると、白い化粧を施した早池峯の姿がクッキリと見える。
f0075075_190868.jpg

早池峯が見えるのは知っていたが、白化粧をした事により、早池峯の存在感が浮き上がっている。
f0075075_1902124.jpg

この早池峯山が、これから更に白くなっていき、益々寒い冬が来る。
by dostoev | 2014-11-21 19:10 | 遠野の自然(冬) | Comments(0)

雲のある一日

f0075075_17122777.jpg

雲の多い空に、早池峯が雲に隠れたり、現れたりしていた。
f0075075_17135988.jpg

黒雲の真ん中が裂け、太陽光が差し込んだ。
f0075075_1715334.jpg

良く見るとトンビだろうか、その雲の裂け目の光の中を飛んでいた。
f0075075_17161589.jpg

太陽が沈む頃には、雲も流れて行き、大気は落ち着いたようだ。
f0075075_17173483.jpg

夕暮れの遠野盆地は、静かな佇まい。雲も殆ど流れてしまったようだ。
f0075075_17181558.jpg

しかし、夜になると月光で明るい雲海が発生していた。
by dostoev | 2014-10-13 17:20 | 遠野の自然(冬) | Comments(0)

冬枯れの遠野

f0075075_2213182.jpg

少し前までは彩鮮やかだった山々の色が、枯淡の色合いに変化していた。
f0075075_2223854.jpg

今目立つのは、エゾカラマツの黄色の鮮やかさくらいだろうか。
f0075075_2233533.jpg

そして、ススキが光に映えているのが、かなり目立っている。全体的に枯れた色合いに、遠野は覆われてきた。
f0075075_2245256.jpg
f0075075_2252832.jpg
f0075075_2263862.jpg
f0075075_2264859.jpg

しかし、太陽の光があれば、どんな枯れた物でも輝いて見える。
f0075075_226585.jpg

枯れた中にも、美しいものは見出せるのは四季のある日本に住むからなのだろうか。
f0075075_22113155.jpg
f0075075_22114271.jpg
f0075075_22115748.jpg

by dostoev | 2013-11-16 22:12 | 遠野の自然(冬) | Comments(0)