遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
菊池氏考
佐々木氏考
クワガタと遠野の自然
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
六角牛考
七つ森考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
鯰と地震
三女神伝説考
早池峯信仰圏
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
宮  古  物  語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
外部リンク
最新のコメント
カエルのような両生類と考..
by dostoev at 04:56
河童は冬眠しないのでしょ..
by 森のどんぐり屋 at 14:34
安来市と比べ、神代の歴史..
by dostoev at 09:42
 島根県の安来市あたりも..
by 名古屋特殊鋼流通倶楽部 at 13:57
いくつかの梨木平を見てき..
by dostoev at 18:39
梨木といえば、昔話の「な..
by 鬼喜來のさっと at 22:09
遠野まで来たら、キュウリ..
by dostoev at 07:06
河童はおる。わしが河童じゃ!
by 竜桜 at 20:55
観念や概念は、各民族によ..
by dostoev at 20:45
以前コメント欄にお邪魔し..
by 河童ハゲ at 18:12
最新のトラックバック
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:遠野の自然(秋)( 15 )

早池峯神社境内の紅葉

f0075075_18480575.jpg
今日の午後から雨が降るようなので、晴れ間が広まった午前中に、時間を見つけて早池峯神社の紅葉を見に行った。
f0075075_18493033.jpg
境内は、基本的に常緑樹がメインなので、紅葉はそれを囲む形で目に付く。
f0075075_18522163.jpg
しかし、その周辺の紅葉が、かなり鮮やかで目が魅かれてしまう。そして相変わらず、境内には誰もいなかった…。
f0075075_18591704.jpg
f0075075_18595685.jpg
f0075075_19002014.jpg
f0075075_19004504.jpg
f0075075_19011600.jpg
f0075075_19014241.jpg
f0075075_19023753.jpg
f0075075_19030793.jpg
f0075075_19032991.jpg

by dostoev | 2016-10-25 19:04 | 遠野の自然(秋) | Comments(0)

満月の日の馬たち

f0075075_05171756.jpg
陽が沈んだ頃、次には満月が昇ってくる17時過ぎに荒川高原にいた。昨日は、月と鹿を撮影したので、今日は月と馬にする予定だった。
f0075075_05335166.jpg
道路の下から上を見ると、オシラサマの様に並んだ馬がいた。
f0075075_05174251.jpg
カメラをセッティングしていると、馬たちがしきりに、こちらを気にしている様。陽が完全に沈むと、辺りはかなり暗くなった。
f0075075_05175420.jpg
もう真っ暗になった頃に、ようやく東の空が明るくなってきた。
f0075075_05215032.jpg
じんわりと満月が昇って来たが、東の空は雲が多くて、その姿を見る事が出来ない。
f0075075_05220155.jpg
しかし満月の光による逆光で、馬はシルエットになり、カメラのファインダー内は黄金色に染まって綺麗だった。
f0075075_05222305.jpg
月がある程度昇ったが、やはり雲が多く、朧月夜状態。
f0075075_05221458.jpg
馬たちは、この満月の夜になっても一生懸命、草を食んでいる。
f0075075_05224753.jpg
雲が切れて、満月が顔を出した。
f0075075_05223600.jpg
しかし、雲は空全体に広がっている。この満月も、すぐに雲に隠れてしまうのだろう。天気予報も晴れのち曇りの予報なので、予報は当たっている。月の入りも見てみたいが、この雲の様子では、明日の朝は期待できないだろう。この辺で、荒川高原を後にする事にした。
f0075075_09264295.jpg
f0075075_09262204.jpg

by dostoev | 2016-10-17 05:36 | 遠野の自然(秋) | Comments(2)

月の昇りと鹿

f0075075_20022864.jpg
荒川高原に、月が昇る。
f0075075_20024060.jpg
その昇る月を、不思議そうに見つめる鹿達が居た。
f0075075_20025255.jpg
馬がいなくなった荒川高原は現在、鹿の牧場になっているかのよう。
f0075075_20030366.jpg
太陽と月が遠野で一番近く感じる荒川高原を、安らぎの地としているかのような鹿の群れ。
f0075075_20031643.jpg
月が昇り、太陽が沈むと、月の色はぐっと濃くなっていく。そのアクセントに鹿がいるが、鹿もまた月に馴染んでいるかのよう。
f0075075_16192209.jpg

by dostoev | 2016-10-15 20:10 | 遠野の自然(秋) | Comments(0)

雨のち花、晴れのち蝶

f0075075_19073501.jpg
f0075075_22320391.jpg
f0075075_22322744.jpg
f0075075_22325756.jpg
f0075075_22340694.jpg
f0075075_19074995.jpg
f0075075_19074351.jpg
f0075075_19080643.jpg
f0075075_19081312.jpg
f0075075_19082148.jpg
f0075075_19083771.jpg
f0075075_19114517.jpg
f0075075_19123047.jpg
f0075075_19124171.jpg
f0075075_19120633.jpg
f0075075_19122126.jpg

by dostoev | 2016-09-10 19:13 | 遠野の自然(秋) | Comments(0)

白鷺は飛んでゆく

f0075075_22101019.jpg

白い姿の鷺は、その優雅な姿とは裏腹に、農家の人達から忌み嫌われる存在。知り合いは、鷺を見つけただけで石を投げたりして追い払うという。それでも古来から歌にも詠まれ、否定できない味わい深い鳥となっている。普段は警戒心が強くてなかなか近付けないが、唯一近付ける時期が真冬の、かなり気温が下がった早朝である。底冷えのする寒さの為か、警戒心より、あまりの寒さに固まっている状態となっているようだ。以前の撮影画像が無くなった為、今年の冬は鷺の撮影をしてみようか。
f0075075_22102710.jpg

f0075075_22104327.jpg

by dostoev | 2015-11-15 22:21 | 遠野の自然(秋) | Comments(0)

沈む満月を追う

f0075075_7445080.jpg

昨日の夕方、赤味を帯びた満月が昇り、途中で皆既月蝕となったりで、天空を翔けた満月は、早朝に沈んだ。
f0075075_746365.jpg

早朝に沈む満月は、どこか朧となっていた。
f0075075_747512.jpg

夜の遠野盆地は、満月の明かりで夜に発生した雲海を照らしていて、とても明るい夜だった。
f0075075_7484678.jpg

その沈む前の満月は、どこか日本画を思わせるような、気品に溢れたものだった。
f0075075_7494170.jpg

朧調の、紫色の空を背景に優しく佇む満月。
f0075075_7502210.jpg

そして、太陽が昇ってくる。
f0075075_7504586.jpg

六角牛山の一角に昇り始める太陽。
f0075075_7521264.jpg

高清水にたまたま出来た水溜りに、太陽が浮かぶ。六角牛山に、二つの太陽が輝く。
by dostoev | 2014-10-09 07:54 | 遠野の自然(秋) | Comments(0)

皆既月蝕の日(ブラッディ・ムーン)

f0075075_21352443.jpg

今日は、皆既月蝕の日で、月が地球の影に覆われて赤く見える月の事をブラッデ・ムーンと呼ぶらしい。どこかブラッディ・マリーというカクテルを思い出す洒落たネーミングだが、訳せばどちらも「血まみれマリー」「血まみれの月」となって恐ろしい。
f0075075_21431574.jpg

まあとにかく、今日は満月だ。
f0075075_2144168.jpg

夕方に昇りたての満月は、まだ大気の影響を受けて歪んで見える。
f0075075_21472335.jpg

それが徐々に天空に昇るにしたがい、澄んだ夜の空気の中、クッキリとした月になっていく。
f0075075_21495329.jpg

ある程度空に昇った月は、赤味が抜け去る。しかし今日は月蝕だ。徐々に地球の影に覆われていく。
f0075075_21514293.jpg

覆われた部分は、だんだんと赤くなっていく。この赤味をブラッディと表現するようだ。
f0075075_21513637.jpg

おどろおどろしい、ブラッディ・ムーンの出来上がりである。
by dostoev | 2014-10-08 21:53 | 遠野の自然(秋) | Comments(0)

秋の日

f0075075_19375465.jpg

稲穂は実り、稲刈りが済んでいる田んぼも、かなりあった。そんな日を、ブラッと散策してみた。
f0075075_19393839.jpg

黄金色の稲穂を背景とする、コスモスの花も目立っていた。
f0075075_19403376.jpg

稲刈りが済んでいる田んぼでは、カラスの姿が目立って見えた。
f0075075_19411347.jpg

そんな中、道路に蛇がいた。あまり動いていないので、近寄ってみた。
f0075075_1942824.jpg

見ると、体の一部を車に轢かれたのだろう。顔を歪ませていながら、体はクネクネ動いていた。
f0075075_1944399.jpg

山の方へ入って見ると、キノコを見つけた。
f0075075_19451877.jpg

ナラタケ(ボリ)だったが、何故か異臭が漂っていた。なんだと周辺を見渡すと…。
f0075075_19464831.jpg

カモシカの子供の腐乱死体を発見した。腹の辺りには、無数の蛆虫が湧いている。
f0075075_19473740.jpg

角のアップを撮影しようと近付いて撮影したが・・・あまりの腐敗臭に、オエッ!!!と吐いてしまった。今日は自分の誕生日の筈なのに、出遭った生き物ってのは、カラスと絶命寸前のシマヘビに、そして腐乱死体のカモシカってのは・・・なんか、不吉な誕生日となってしまった。。。
by dostoev | 2014-09-29 19:51 | 遠野の自然(秋) | Comments(0)

花壇とヤマカガシ(秋の一コマ)

f0075075_6372322.jpg

フト、ある家の道路に面した花壇を見ると、ヤマカガシがいた。近くには、その家の女性が庭弄りをしている。地元の人のようなので、今更ヘビを見ても気にしないのかと思う。だが、新しく遠野に住み付いた人は、庭弄りをしている最中に登場するヘビを見て驚く人は多いようだ。
f0075075_640133.jpg

もっと近寄ってみよう。花の隙間から、顔を覗かせているヤマカガシの姿がある。しかし、自分の姿に反応し、すぐに移動してしまう。
f0075075_6415287.jpg

今では毒蛇となっているヤマカガシだが、自分が10代の頃には、毒蛇じゃないと思われていた。学校の先生も「マムシ以外に毒蛇はいない!」などと言っていたが、後で覆る事はかなりある。要は、世の中にはまだまだ知らない事が沢山あるという事だろう。
f0075075_6442899.jpg

今考えると、この毒々しい色合いのヤマカガシを、平気で捕まえて遊んでいた頃が恐ろしい(^^;
by dostoev | 2014-09-19 06:45 | 遠野の自然(秋) | Comments(0)

荒海

f0075075_10524134.jpg

まだ暗いうちに、高清水へ行き、久々の雲海を見てきた。
f0075075_1053487.jpg

大抵の場合、広がる雲海の雲は停滞して淀んでいる感じの雲の筈だが、今朝の雲海は荒波の様な雲海になっていた。
f0075075_1056932.jpg

太陽が昇る寸前に近づき、益々雲の荒さが際立ってきた。
f0075075_10555112.jpg

やっと、太陽が昇ってきた。
f0075075_10571846.jpg

雲海は太陽の熱に呼応するかのように、水蒸気の様に雲を昇華されているかのよう。
f0075075_10595331.jpg

そして、太陽が高くなると共に、雲海は大荒れになった。
f0075075_1103426.jpg

その代わり、暗がりにひっそりと咲いていた花が息づいてきたよう。
f0075075_1111791.jpg

古代人は、毎日太陽が死に、毎日新たな太陽が生まれると信じていた。光と闇が、生と死を司り、その命の移りゆく様を、毎日演出しているかのようだった。
by dostoev | 2014-09-06 11:03 | 遠野の自然(秋) | Comments(0)