遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
菊池氏考
佐々木氏考
クワガタと遠野の自然
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
六角牛考
七つ森考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
鯰と地震
三女神伝説考
早池峯信仰圏
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
ゲ ジ デ ジ 通 信
宮  古  物  語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
jun-roadster
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
JUNJUNのブログへよ...
外部リンク
最新のコメント
ミシャグジの「ミ」は「御..
by dostoev at 20:09
瀬織津姫とミシャグジは対..
by ななし at 11:54
「雨乞い観音」のモチーフ..
by dostoev at 08:42
正法寺七不思議のひとつに..
by 鬼喜來のさっと at 23:55
下野小山氏は奥州菊田荘を..
by 鬼喜來のさっと at 22:24
遠野市小友町の藤沢の滝の..
by dostoev at 19:50
人の首と書いて人首とは何..
by 鬼喜來のさっと at 22:11
ishiwaさん、良かっ..
by dostoev at 19:08
dostoevさん、こん..
by ishiwa at 18:05
さっと氏、情報ありがとう..
by dostoev at 17:42
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:羽黒への道( 4 )

羽黒への道(其の四)

f0075075_19173982.jpg

「遠野物語拾遺11」において、弁慶が乗せたと書かれているが、それとは別に「土渕村誌」には、天狗が乗せ、又別に弁慶が…と書かれている。天狗も弁慶も、修験者との関係が深い。そういう意味から、この続石は修験の影響が深い巨石であると考えるべきであろう。
f0075075_19355761.jpg

この続石を潜り抜けると、目の前に山神の祠がある。これは意図的に配置されたものと、誰もが思うだろう。また「土渕村誌」には、こう書かれている「堂宇の棟札によると、徳川中期の年号が一番古い。中には赤白の椀が多く積まれており、お産の神と云う。又、蚕の神様とも云われ、繭が糸に連ねて扉に下げられてあるが、山神は産神に通じ、又、蚕神に通じたものであろうか。」と疑問を呈している。

日本の文化は語呂合わせが多く、ここでも「山神(さんじん)」→「産神(さんじん)」→「蚕神(さんじん)」ではなかろうか?という展開をみせている。
f0075075_19541872.jpg

画像は乳神様に飾られる、お乳を象ったものだが、この白と赤は、真言密教によれば精液と血を意味している。つまり男女の交わりの象徴でもある。この続石にある山神の祠に、紅白の椀が積まれていたと云う事から、やはりお産に通じる産神でもある山神に対しての祈願からのものであろう。山神の使いに狼がいるが、その狼は多産であり安産の神にも通じる。今でも安産祈願で戌の日に祈願をするのは本来、山神の使いである狼を通して山神に祈願する為でもある。そしてこの信仰も、密教と繋がる修験である山伏が伝えたものであろう。
f0075075_20371665.jpg

北西に伸びる遠野街道(R396)に続石への山道が面している。その山道は、ある程度の歪みがあるものの、ほぼ真っ直ぐに登り続石に到着する。登り切って見えるのは、左に泣石があり、右に続石だ。狐石山の斜面を考えても、続石は北東を向いている事になる。
f0075075_20444962.jpg

では、その北東方面に何があるかと地図上で見て見ると、石上神社となる。当初、石上山か?と思っていたが、実際は石上神社であった。綾織では、綾織三山と呼ばれるのは、桧沢山・二郷山・笠通山の三山で、石上山は別格であるという認識になっている。

ここで思い出したのは、大迫の早池峯神社である。大迫の早池峯神社は、早池峯山に向けられて建てられておらず、遠野の早池峯神社に向けられて建てられている。つまり大迫の早池峯神社に参拝するという事は、遠野の早池峯神社を経由して、北に鎮座する早池峯山を参拝する事と同じとなる。これは内藤正敏「修験道の精神宇宙」「羽黒山・開山伝承の宇宙観」などに記されているが、羽黒修験は北を重視したという記述から、大迫の早池峯神社と遠野の早池峯神社が、その思想に基づいて構成されているのが理解できる。
f0075075_210397.jpg

そういう意味から考えると、羽黒堂である出羽神社の向きは、御神体である背後にある羽黒岩に向けて建てられているとも思いがちだが「遠野物語拾遺10」において、とがり岩とも呼ばれる羽黒岩を重視していない。つまり、続石方面に向けて建立されたのが出羽神社である可能性があるのではなかろうか。それは先に記した様に、出羽神社と笠通山を結ぶ直線上を遮る様に狐石山があり、そのラインを分断された狐石山に施されたのが、愛宕神社であり、続石ではなかったのか?そしてそれは石上神社を経由させ、石上山に直結させる為のものであったとも考えられる。
by dostoev | 2013-06-05 21:17 | 羽黒への道 | Comments(0)

羽黒への道(其の三)

f0075075_6442517.jpg

この前は、羽黒岩と笠通山を線で結ぶと、その直線状に続石が来ると記した。現代となって、こうして作られた地図を見て、上から線を引いてみると、いろいろ結びついて『おや?』と感じる事が多い。しかし古代人は、このような正確な地図は有していなかった。

一直線で思い出すのは、伊豆神社と早池峯を結ぶと間に賀茂神社や天ヶ森などが交わり、やはり『おや?』とは、確かに思う。しかしそれは現代の地図に照らし合わせたからだとも云えてしまう。
f0075075_6511426.jpg
f0075075_6512841.jpg

f0075075_20411022.jpg

しかし、山の修験者である山伏は、山を支配した。山から望まなければ、理解できない風景が確かにあった。画像は、薬師岳から望む遠野盆地だが、高山でも無い天ヶ森が何故に霊山の様な神秘性を伝えていたのかは、この薬師岳から望んだ情景が、そのイメージを伝えていると思う。遠野盆地に矛を突き立てた様な天ヶ森は、沼を矛で掻きまわした開闢神話の様でもあり、または天狗の鼻の様にも思える。地上から見ても理解できない天ヶ森の姿が、山の上からは理解できるし、その神秘性を感じる事が出来る。
f0075075_659488.jpg

坂上田村麻呂伝説によって、笠通山と羽黒岩が結びつけられた。それは単に笠通山から眺めたら、岩武が羽黒岩に潜んでいたので矢を射ち放っただけの伝説だが、それは笠通山と羽黒岩を結びつける暗号であったのだと考える。その羽黒岩から笠通山を見た場合、その間にせり出している山があるのが確認できる。それは石上山から延び、大垂水を経る狐石山の張り出しでもある。

何かを否定する場合は、その間を線で切ればいい。これを分断の呪術と云うが、この狐石山の張り出しは、笠通山と羽黒岩を分断し否定する線に成りかねない。ここで山伏の思考で物事を考えるなら、その邪魔な山に対して何かを施せば、その分断の呪術は消えるだろうとなる。それでは、その狐石山に何があるのか?
f0075075_7205183.jpg

実は、石上山から延びた稜線沿いには大垂水があり、狐石山があって、その狐石山の頂には経塚がある。
f0075075_7243860.jpg

その狐石山の頂からは、松の木の間から笠通山の頂が見え、まるで笠通山の遥拝所でもあるかのようだ。ところで、この松の木だが、弥生時代に輸入された樹木であり、神の齋樹木として、その存在が確立された。天女が松の木を目がけて飛んできて、天女の羽衣をかけるのも松の木。
f0075075_733093.jpg

「遠野物語拾遺10」では石と松の木が背競べをして天狗に怒られたとあるが、これは本来、神の目印として成長している松の木に対し石が競うのは邪魔だから止めろと言っていたのかもしれない。ただ本来、松の木は神の目印としてよりも、山伏がその場所を遠くから確認できる為に植えたのだと考える。神社仏閣の神域においては、必ず樹齢何百年かわからぬ杉の木や松の木が植えられているのは、常緑樹が不変なものである象徴に加えて、目印としての機能もあったようだ。遠野を見渡しても、それは理解できる。
f0075075_7381791.jpg
f0075075_7384189.jpg

狐石山の頂には経塚があるが、その頂を中心にして、その左右の麓近くに何があると言えば、一つは愛宕神社であり、一つは続石となる。地図上で言えば正確には、羽黒岩と笠通山を結んだ直線上には狐石山の頂が来て、、その左右に愛宕神社と続石が存在する形になる。では先に記した様に、笠通山と羽黒岩を結ぶ線は、狐石山の張り出しによって分断されている為に、自然による分断の呪術が成り立っている状態だ。それではその狐石山の頂の経塚と左右に施された続石と愛宕神社を考えてみたい。
by dostoev | 2013-05-30 07:48 | 羽黒への道 | Comments(0)

羽黒への道(其の二)

f0075075_7271156.jpg

この羽黒堂の事を正式に出羽神社という。出羽という名称は、今では山形県と秋田県にまたがる地域を出羽といい「イテハ」とも云われる。「イテハ」とは、越の国の先端を意味し、元々は越の国に属していたようだ。
f0075075_7301076.jpg

この出羽神社の入り口には湯殿山の石碑が建っている。現在、出羽三山とは羽黒山・月山・湯殿山となっているが、本来は「羽黒山・月山・鳥海山」であったようだ。「羽黒山伝」によれば、羽黒三社は羽黒・月山・鳥海で三所権現と号しているのだが、湯殿山はこの奥の院にあたるようだ。今では地域の区分から鳥海山は外れてしまったが、古来は結びついていたようだ。つまり湯殿山だろうが、鳥海だろうが、全てひっくるめての羽黒である。
f0075075_7373626.jpg

つまり羽黒とは総称であり、羽黒堂と呼ばれる正式が出羽神社であるという事は、綾織における羽黒とは、この地だけには納まらないものと考えてしまう。
f0075075_7425477.jpg

綾織村字山口の羽黒様では、今あるとがり岩という大岩と、矢立松という
松の木とが、おがり(成長)競べをしたという伝説がある。岩の方は頭が
少し欠けているが、これは天狗が石の分際として、樹木と丈競べをするな
どけしからぬことだと言って、下駄で蹴欠いた跡だといっている。一説に
は石はおがり負けてくやしがって、ごせを焼いて(怒って)自分で二つに
裂けたともいうそうな。松の名を矢立松というわけは、昔田村将軍がこの
樹に矢を射立てたからだという話だが、先年山師の手にかかって伐り倒さ
れた時に、八十本ばかりの鉄矢の根がその幹から出た。今でもその鏃は光
明寺に保存せられている。

                                  「遠野物語拾遺10」

f0075075_7452350.jpg

出羽神社と並んで、御神体の「トガリ岩」が鎮座している。その御神体の岩の足元に山神の碑があるのは、全て統括しているのは山の神であるという意であろう。
f0075075_74964.jpg

気になるのは「トガリ岩」だ。七つ森を調べていると遠野では「尖森(とがもり)」宮城では「遂倉山(とがくらやま)」というものがある。森は山と同義で、宮城の七つ森には全て「倉」が付くように「遂倉山」も本来は山という漢字を外して「遂倉」で一つの山の意であるようだ。この二つに共通する語句は「と」である。「が」は助詞となるので、どちらも「と森」であり「と倉」であるようだが、その「と」とは、どうも「兎(と)」を意味するようだ。
f0075075_8133134.jpg

羽黒修験には「烏飛び神事」の他に「兎の神事」がある。烏は羽黒権現の使いであり太陽を意味し、兎は月山の使者であり月の精であるという。「今昔物語」第五巻第十三話「三の獣、菩薩の道を行じ、兎身を焼く語」に仏教説話として兎がその身を燃え盛る火に捧げたところ、帝釈天が兎を月に戻したという話。それから月には兎がいるという話が広がった。恐らく遠野の「尖森」も宮城の「遂倉」も、そして羽黒岩とも呼ばれる「とがり岩」も「兎」を意味していたのではないだろうか。そして、その考えからいくと宮守町の砥森山に鎮座する砥森神社もまた本来は「兎森」ではなかったか?と考えるのだ。
f0075075_7391634.jpg

この「とがり岩」のある出羽神社と、阿弥陀堂があったと云われる霊山「笠通山」を線で結ぶとほぼ一直線上に、何故か続石が入る。以前にも書いたが、この羽黒堂の地には縄文の遺跡があったが、何故か続石には縄文の遺跡が無かった。古代人は巨石信仰をし、その元に集まる習性を考えてみても、続石に縄文の遺跡が無いという事は、後で構築されたのが続石であるとも考えられる。そして、その意味が未だに解明されていないのだが、この羽黒の地と笠通山との直線上に続石が来るという事は、もしかして意図的に続石が後から築かれた可能性もあるのではなかろうか。
by dostoev | 2013-05-25 08:33 | 羽黒への道 | Comments(0)

羽黒への道(其の一)

f0075075_4485853.jpg

遠野には、いくつかの坂上田村麻呂伝説がある。その一つが、この羽黒堂と羽黒岩の地となる。蝦夷征伐の際、坂上田村麻呂は笠通山に登って見たところ、羽黒岩に潜んでいた蝦夷の豪族である岩武を発見し、矢を射たという。
f0075075_533512.jpg

この羽黒岩への初めの鳥居を潜り左を見ると、二本の杉の木の間から笠通山が見える。当然、笠通山から望んでも、この羽黒岩の地が見えるだろうと行ってみた。
f0075075_553536.jpg

笠通山の頂から望む、綾織の景観はこんな感じである。しかし、余程目が良くない限り、羽黒岩の場所がよくわからない。
f0075075_575695.jpg

若干の望遠でクローズアップしてみたが、なんとなくわかる程度だ。
f0075075_59226.jpg

更にアップしてみると、羽黒岩への入り口がよくわかる。とにかく見える事は確認できる。
f0075075_513135.jpg

笠通山の頂には、三笠山の石碑と共に「出羽山」の石碑がある。三笠山の石碑は昭和の台風の後に建てられたものだから、元々は出羽山の石碑が笠通山の頂に鎮座していたという事。この綾織地区では、笠通山に登る事を「出羽通う」という事から、出羽との繋がりを強く感じる山である。実際に、出羽の伝説に、出羽の山からある僧が東に向かって笠を投げたところ、その笠が落ちて山になったのが笠通山という事である。
f0075075_520559.jpg

「遠野物語拾遺10」に簡単に記されている坂上田村麻呂の伝説だが、坂上田村麻呂が矢を射たのが笠通山であり、岩武が潜んでいたのは羽黒岩であるのは偶然ではないだろう。綾織には、羽黒修験の影響を多々感じる地である。例えば遠野の中では珍しく、百人一首を嗜む地であるのも、羽黒修験がその文化を運んだ為であるという事らしい。そうして綾織周辺を見ると、出羽の影響を感じてしまう。
f0075075_5401750.jpg

その代表格が、綾織三山と云われる一つの笠通山である。笠通山の頂では、いくつもの出羽三山に関する石碑が建てられている。伝説では笠通山の中腹には阿弥陀堂があったという事である。出羽三山の中で阿弥陀を祀る山は月山となる。その月山を笠通山と重ねて想定すると、ある事が見えてくるのである…。
by dostoev | 2013-05-24 05:46 | 羽黒への道 | Comments(2)