遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
菊池氏考
佐々木氏考
クワガタと遠野の自然
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
六角牛考
七つ森考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
鯰と地震
三女神伝説考
早池峯信仰圏
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
ゲ ジ デ ジ 通 信
宮  古  物  語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
jun-roadster
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
JUNJUNのブログへよ...
外部リンク
最新のコメント
死んだら魂は山へ…という..
by dostoev at 05:03
そうなのですね。 確か..
by soma0506-yca at 22:03
あ…「6つ3合う」ですね..
by dostoev at 17:09
日本人は良くも悪くも言葉..
by dostoev at 17:03
凄く面白いですね。 6..
by soma0506-yca at 16:15
なるほど。ありがとうござ..
by 秩父まほろば at 09:49
西の真言、東の天台と云わ..
by dostoev at 06:12
こんにちは。 円仁の話..
by 秩父まほろば at 17:57
さっと氏…まるで「徒然草..
by dostoev at 18:26
下駄を利用したトレーニン..
by dostoev at 18:25
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:「枕草子」( 2 )

「枕草子(其の二)」

f0075075_9121565.jpg

「日来降りつる雪の、今日はやみて、風などいたう吹きつれば、垂氷いみじうしたり。…銀などを葺きたるやうになるに「水晶の滝」などいはましやうにて、長く、短く、ことさらにかけわたしたると見えて…。」
f0075075_923812.jpg

大雨が降ると、まるでバケツをひっくり返した…とも表現するが、屋根を伝って軒先に落ちる雨は、まるで滝の様。その滝が凍れば確かに、まるで神秘な水晶のように見える。氷柱を水晶の滝に見立てるのはその美しさを形容しているのだが、その感覚は現代より自由で趣がある。今では綺麗だと思えば、それをカメラで撮影して伝える事が出来る。しかしカメラの無い時代は、あくまで文章表現によって、その美しさなりを伝えねばならない。現代でも、俳句や短歌を趣味とする人は、その情景なりを如何に文字で表現しようかと苦心しているのが伺える。
f0075075_9423538.jpg

ドストエフスキーの小説「悪霊」に、こういう言葉があった。「真実をより真実らしく見せる為には、どうしてもそれに嘘を混ぜる必要がある。だから人間は常に、そうしてきたものなのだよ。」

「百聞は一見にしかず。」という言葉があるが、確かにそれは道理だ。しかし旅先の思い出の情景を、もう一度それを伝えたい人を連れて行き見せるわけには簡単にいかない。だから言葉や文字で伝えなければならない。その人が感動した情景を表現する場合、その人の眼から脳に伝わって言葉が出てくるわけだが、そこには自身でその情景を修飾しているのであろうと思う。つまり、自身にとっては真実で美しいものであったとしても、受け取る側にとっては、そうでもないものに感じる場合がある。ヘタすりゃ言われたモノが思ったほど美しいとは感じず『もしかして嘘を言ったのか?』などと勘繰ってしまう。過剰な修飾は嘘にもなってしまうので、氷柱を表現する言葉として清少納言のように氷柱を「水晶の滝」と簡潔に、そして趣のある表現が素晴らしいと思ってしまう。
by dostoev | 2013-01-06 09:56 | 「枕草子」 | Comments(0)

「枕草子(其の一)」

f0075075_794640.jpg

灯影に劣るもの。紫の織物。藤の花。


     すべて、その類は、みな劣る。紅は、月夜にぞわろき。

f0075075_7112997.jpg

平安時代の女性は、太陽の光の元で、燈明の光の元で、そして月光の元で映える着物を着分していたようだ。柄よりも、色彩を重視していたのがよくわかる。

赤系統の着物の色は、燈明でその赤色の効果が上がるが、紫などは赤味が増して、紫色の品位が失われる。しかし赤色は、月光の元では、その効果が減じる。月光では、その幽かな月光の光を反射する、もしくは綺麗に吸収する、白色から青系統の色が、際立つのだろう。画像の船に乗っている絵は、周辺が暗くなっているので、恐らく月夜での情景だろう。その船に乗っている女性の着物は、グレーであり、白から青みに近いもので、月光に映えるという意識から着た着物であろう。
f0075075_8243158.jpg

紫色の藤花は、色温度によッて色がガラリと変化する。月夜での紫は、さてどうであろうか?女性のオシャレに対する意識は、今も昔も変わらないのだろう。ただ現代になって、夜の闇に対する恐怖から人工的な照明など導入し、夜に昼間の光を持ち込んだ為に、女性は照明に合わせて着替えるなどという事は無くなったのだろう。まあ平安時代の十二単の場合は、出かけるたびごと、その場所と灯りの具合に合わせ上掛けを変えていたのだろう。オシャレってのは、その人の感覚もあるのだろうけど、状況把握も必要なので、やはりそこに知性も求められたのかもしれない。とにかくオシャレとイウモノは、今も昔も大変だという事だろう(^^;
by dostoev | 2013-01-06 08:43 | 「枕草子」 | Comments(0)