遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
菊池氏考
佐々木氏考
クワガタと遠野の自然
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
六角牛考
七つ森考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
鯰と地震
三女神伝説考
早池峯信仰圏
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
ゲ ジ デ ジ 通 信
宮  古  物  語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
jun-roadster
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
JUNJUNのブログへよ...
外部リンク
最新のコメント
それでは現地へ行き、お好..
by dostoev at 13:28
欲しい!金精様欲しい!
by 千尋 at 21:26
ミシャグジの「ミ」は「御..
by dostoev at 20:09
瀬織津姫とミシャグジは対..
by ななし at 11:54
「雨乞い観音」のモチーフ..
by dostoev at 08:42
正法寺七不思議のひとつに..
by 鬼喜來のさっと at 23:55
下野小山氏は奥州菊田荘を..
by 鬼喜來のさっと at 22:24
遠野市小友町の藤沢の滝の..
by dostoev at 19:50
人の首と書いて人首とは何..
by 鬼喜來のさっと at 22:11
ishiwaさん、良かっ..
by dostoev at 19:08
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:遠野七観音考( 10 )

遠野七観音考(其の七)

f0075075_6421888.jpg

f0075075_6442624.jpg

山谷観音堂には、何故か金毘羅の石碑が多い。最近石碑をまとめたのか、鳥居の手前に石碑が並んでいるが、殆どが金毘羅の石碑である。その金毘羅の石碑は、本堂の側にもある。ただ金毘羅の石碑は、山谷観音堂だけに限定するものではなく、遠野市全体に多くの金毘羅の石碑がある。これは現代の遠野よりも、昔の遠野の河川の水が豊富で、その川を利用した仕事が多く、それに比例して水難事故も多かったようだ。その水難事故を防ぐ為、金毘羅講は江戸時代に流行し、遠野からも多くの人達が金毘羅参りをしたようだ。
f0075075_651478.jpg

何故に山谷観音堂に、これだけの金毘羅碑があるのかというと、山谷観音堂に祀られている十一面観音像に、その理由がある。十一面観音の功徳の一つに「水難に遭わない」というものがあり、これが金毘羅神の御利益と重なるものであるからだろう。
f0075075_9522157.jpg

元々十一面観音には、水に関する霊力がある。東大寺で行われる"十一面悔過法要"は、十一面観音に、一年の罪や過ちを懺悔するという法要である。それはつまり「罪を水に流す」という意味である。今でも「過去の事は水に流そう」という言葉があるように、古来から日本人は、罪や過ちを悔い改め、水に流してきた。その水に流す霊力を持っているのが十一面観音である。

古来より、穢祓とは水によって行われた。禊の原型は、海神族が海に浸かった事から発生したとされている。日本全土を、取り巻く海。その海で発生した水蒸気は、雨雲となって地上に降らせる。その雨水は、山が貯えて、ゆっくりと小さな山の沢へ流し、いくつもの川を結んで大河を経て、海へと注ぐ。ただ古来では、水の発生は海では無く、山から発生すると考えられたようだ。小友町から見える物見山は、桂の木の林があり、沼がいくつもあり水が豊富であったそうだ。その水の象徴でもある桂の木から十一面観音を彫ったという事は、水の霊力を期待してのものであったろう。前回書き記したが、神が宿る樹木からどういう観音像を彫るというのは、その観音像の奥に秘められた神を彫るという行為でもある。桂の木から彫られた十一面観音像とは、その奥に水神が宿っていると考えるべきだ。この山谷観音堂もまた、水の御利益を期待してのものであったのが理解できる。
by dostoev | 2017-08-04 10:09 | 遠野七観音考 | Comments(0)

遠野七観音考(其の六)

f0075075_8241144.jpg

遠野七観音の七という数字が、どういう深い意味を持っているのか、それとも意味が無いのか?とも、いろいろ考えられるのは確かな事。ただ、やはり七は聖数で、意味があるのだろうと思える。平安時代には歴代の天皇が妙見を信仰していたように、北極星と北斗七星が重要視されていたのも、背景に天台宗の影響もあったのだろう。岩手県には坂上田村麻呂以降、多くの神社仏閣が建立され仏教が布教されたのも天台宗によるものだった。征夷大将軍に坂上田村麻呂を指名した桓武天皇は平安京を築いた。その平安京の北に位置しているのは北斗七星の降りた霊山とされる比叡山であり、比叡山延暦寺は"星の宗教"とも云われる天台宗の総本山でもある。

画像は、小友町の山谷観音堂。初代の十一面観音像は火災によって燃えたようだが、焼け残っており秘仏とされているようだ。材質まではわからないが、鞍迫観音の平安時代作とされる十一面観音像も桂から彫られた事を考えれば、山谷観音の十一面観音像も、同じ桂から彫られた可能性は高いのではないだろうか。遠野の街から見れば、物見山は南に聳えているが、小友町からは東に聳えるのが物見山だ。「とおの小友探訪」での物見山の紹介は、一名長富士と称し、鬱蒼たる桂林で頂に麻神の祠があり、長富士権現と信仰していた事から、今は分からぬが、小友側からの登山道もあったのではなかろうか。また山中に藁麦角石、坊主石、硯石等の天然記念物ありと記されている事から、やはり宗教人によって開発されていたのだろう。そしてそれは恐らく、天台宗であった可能性が高いと思える。
f0075075_8593431.jpg

画像は、山谷観音堂の西側の経塚から発掘された、六角形の経筒。東北においての経塚は、奥州藤原氏から始まったとされる。仏教に対する信仰が深かった藤原氏であった事から、山谷観音堂の経塚と埋葬されていた経筒もまた、藤原氏の信仰の影響を受けていたものと考えて良いのではなかろうか。

六角という形に表れる六という数字は、仏教的に六大・六識・六欲・六字・六道・六根・六畜・六天など、様々な六がある。しかしこれらは恐らく、当初の六という数字に、後から仏教的なものを色々当て嵌めていったものだろう。
f0075075_13281530.jpg

六角形そのものの形で、一番古い認識は亀甲だ。亀の甲羅は、紀元前から亀占に使用されており、その亀は北に鎮座する玄武としての地位を古くから築いている。
f0075075_13285890.jpg

身延山久遠寺を総本山とする日蓮宗の守護神は七面大菩薩といって、七面山を本拠地とする。その七面山のシンボルマークは、中央に一つの星、周囲に六つの星を並べ、外形を六角形したものである。つまり家紋で言えば、七曜紋を象った形が六角形である。画像は、妙見曼荼羅の七星閣の箇所であるが、七星閣の中には六人、つまり六星しかいない。残る一つの星は魁星と云い、下界に降りている星として描かれている。

ところで、覚えているだろうか?奥州藤原氏の祖である安倍貞任"魁偉"と呼ばれていた事を。この六角形という形が北斗七星を意味するならば、その七つの星の中心となる魁偉こそが奥州藤原氏の祖、安倍貞任であるという意図を示している可能性があるかもしれない。

ところで夏の山谷観音堂は、ヒグラシの鳴声の最中であった。
by dostoev | 2017-08-03 17:49 | 遠野七観音考 | Comments(0)

遠野七観音考(其の五)

f0075075_1926111.jpg

遠野七観音伝説には、慈覚大師が物見山の桂の木から七体の観音を彫りあげて、各地に祀ったとの伝説がある。これとは別に、附馬牛の沢の口にあった松ノ木の大木から彫ったともされるが、どれも定かでは無い。
f0075075_19315656.jpg

ただ、現存する七観音で一番古いとされる鞍迫観音像の材質は、桂の木であるようだ。
f0075075_19345438.jpg

鞍迫観音の境内には、「蛇棲み桂」と呼ばれる桂の古木がある。古代中国の「酉陽雑俎」に、月には桂の木とガマガエルがいるとあり、また五百丈もの桂の木を、仙人の呉剛という男が、いつも伐るが、伐っても伐っても直ちに樹の切り口が塞がるという、永遠の呵責が課せられている説話があり、桂の木に不死が結び付いている。また「山城国風土記」には、「月読尊、天照の勅を受けて、豊葦原の中国に降りて、保食の神の許に至りましき。時に、一つの湯津桂の樹あり。月読尊、乃ち其の樹に倚りて立たしましき。其の樹の有る所、今、桂の里と号く。」

これらの話は、桂の木に月読尊の霊力が依ったものと解釈でき、桂の木と月と不死の話が結び付く。つまり、桂の木には月神が憑き、月に伴う変若水という不死の水。つまり、月神と水神信仰の踏襲でもあるかもしれない。その水神は、しばしば蛇神ともなる事から、この鞍迫観音の「蛇棲み桂」は、そのまま受け入れる事が出来る。また別に、小友の千本桂もまた大蛇(白蛇)が棲みついていた伝承がある事から、桂の木は水神や蛇神と結び付いていると知られていたという事だろう。「古事記」において、山幸彦は海神の宮殿へ行き、井戸の側の桂の木に登っていて、海神の娘に発見する話があるが、これは桂が神の依代であると共に、水との縁が深い事を示している。そして海神の娘である豊玉比咩は、ワニとも竜=蛇とも云われる。この「古事記」の話からも、桂の木と蛇が密接な関係にある事が理解できる。
f0075075_19492332.jpg

ところで日本に仏教が輸入され、その教義の布教と共に仏像の布教もあった。仏像を広める時に、それまで認知されていた神を利用した。

「この木には、神が宿っています。この神の宿る木から仏像を彫りあげるという事は、神と仏が一体という事です。」

本地垂迹というと、神の本地は仏であり、神よりも位が高いものと広めた。しかし、神の宿る木から彫った仏像は、あくまでも目の前に見えるのは仏像の姿だけである。つまり仏教の教義とは逆に、仏像になった樹木に宿った神の姿が、大抵の者の目には見えていない。それは仏像の奥に潜んだ神の本体こそが本地とも取れるのが、仏教側の示した本地垂迹ではないか。そして、桂の木から彫った仏像に宿る神とは様々な事象から考えるに、それは水神であり、龍蛇神であり、月神であるべきだろう。慈覚大師円仁が彫ったとされる遠野七観音が桂の木から彫られたという事は、初めから水神を遠野七観音の中に封じ込めようという意図があったのものではなかったか。遠野七観音には、観音像を彫った後に、七つの井戸で洗ったとの伝承がある。それはつまり、仏像の穢祓をしたという事。それはつまり、七瀬の祓いを意図した伝説では無かったか。

遠野に於いての慈覚大師円仁が関係する伝説は、この遠野七観音と早池峰に関するものだけである。早池峯の神も水神である事を踏まえても、天台宗の慈覚大師円仁は、水神を仏像の中に封じると意図をもって仏像を彫ったとも考えられる。慈覚大師はあくまで伝説ではあるが、天台宗の関係が遠野に来ているのは確かであろう。その天台宗は、星の宗教とも呼ばれる。天台宗の総本山である比叡山は、北斗七星が降りたとされる霊山である。その星の教義を携えて、遠野を訪れたという事だけは間違いない事であろう。早池峯と遠野七観音は、天台宗の教義に深く関わるのだと思えるのだ。
by dostoev | 2017-07-28 21:20 | 遠野七観音考 | Comments(3)

遠野七観音考(其の四)

f0075075_671342.jpg

祓戸神として瀬織津比咩を祀る佐久奈度神社は、天智天皇8年(669年)に勅願により、中臣金が祓戸の神を祀ったのが創始であるとされる。以来、「七瀬の祓い所」の一つとして重んぜられたという。

また唐崎という、やはり七瀬の祓い所がある。天智天皇挽歌にも歌われ、「源氏物語」にも唐崎の歌が出るなど、七瀬の祓い所としては、筆頭になるほどの唐崎は重要な場所であったようだ。その理由は、大津京の外港であるとともに、大宮人の船遊びの船が発着する特別な場所であり、また渡来系氏族の居住地があった事もあるようだ。

その唐崎には唐崎神社があるのだが、大津京が遷都される以前は大川神社として鎮座しており、天智天皇はここで穢祓をした事から、本来は瀬織津比咩を祀っていたのではないかという事のようだ。

また、七瀬の祓い所の一つに佐久奈谷があるが、佐久奈谷は桜谷の古名であり「八雲御抄」によれば「さくらだに、是は祓の祝詞に冥土を伝ふ」とある。つまり「大祓祝詞」の神が鎮座し、黄泉の国へといざなう地の意味でもある。


ところで、もう一度「七」という数字を考えてみようと思う。例えば八乙女は巫女の総称と思っていたが、調べてみると、天智天皇は大津において七乙女に舞を舞わせていた。また遡ると「古事記(神武記)」神の巫女七媛女と記されている。つまり八乙女よりも、七媛女の方が古い巫女の総称であったようだ。

また「神功記」にも七枝刀や七子鏡、または「万葉集」にも七種の宝とあるように、不定な多数の意味の他に、七は神聖なものを意味するのだとも理解できる。

他にも「鎮火祭祝詞」ではイザナミの言葉に「夜七夜、昼七日、吾をな見たまひそ、吾が奈妋の命…。」とあり「播磨国風土記」では天目一命に献酒しようとし「七日七夜之間、稲成熟…。」という水稲の豊穣を願う言葉がある。有名な「常陸国風土記」での杵嶋の唱曲は七日七夜歌われ賊を油断させて滅ぼしている。

また七夕には織姫が天川に臨み、松浦川での「七瀬の淀」には神功皇后や淀姫が縁を結んでいる事から、「七」という数字は神秘的な呪術を含んでおり、どうも七瀬の意味には水辺の穢祓と女神が関与しているようだ。これらから思うに、岩手県に定着していた江刺七観音や二戸七観音はどうも七福神などの、やはり七という数字の目出度さ、ご利益に期待しての七観音であるように思える。そして遠野の七観音は原初的な聖数である七という呪力と穢祓に加えて、女神の息吹を感じるものである。

先に述べたように、古代において井戸水を使用するのは神迎えの神事でもあった。そしてその水によって観音像を洗う行為は、穢祓の呪術でもある。12世紀の「禁秘御抄」においては七瀬の祓いには陰陽師の人形を使い穢祓をするという。恐らく遠野七観音は北斗七星の星々が点在するようにあるのも、北斗七星と水の結び付きを意味している筈だ。これらから考えられるのは、井戸水が早池峰山より流れ出でる水を使用する事から、早池峰の女神であり水神でもある瀬織津比咩の霊力を受けると共に、その穢を祓う意図があるのだろう。

更に遠野七観音に携わったのは天台宗の慈覚大師であるが、学研「天台密教の本」によれば「帰命檀伝授之事」では「我らは天の七星の精霊くだりて五体身分と成る也。報命尽れば虚空の七星に帰る。」とあり、これは「我々は北斗七星の精から生まれ、北斗七星に帰る」という解説が成されている。井戸とは地面に穴が開いているのは黄泉の国と繋がっていると云われる。その為に、井戸には幽霊の話が多いのだが、この「帰命檀伝授之事」では魂の生まれ変わり、つまり輪廻転生を謳っている。

また「帰命檀伝授之事」はこう続ける「わが祖師の知者大師が御誕生なさって七日ほどの間、七星のうちの一星である破軍星が消えてなくなった…。」ここにも聖なる七の数字が連なる。そしてその北斗七星は我々の故郷であると説いている。つまり遠野七観音とは、聖なる七つの星で輝く北斗七星を遠野郷に点在させ、蝦夷の民であった民衆の魂を浄化させる意図を含んでいるものだと考える。それはやはり、蝦夷平定の後の、俗化の一環であった可能性は否定できないだろうと思う。
by dostoev | 2012-02-15 07:58 | 遠野七観音考 | Comments(0)

遠野七観音考(其の三)

f0075075_6131837.jpg

七観音巡りを調べてみると、元々は平安末期に成立した西国三十三所巡礼が鎌倉時代には修験山伏が中心となって過酷な修行を基盤とするものであったらしい。それが15世紀から民衆化し始めて、その中から七観音が選定されて、七観音巡りが定着したようだ。それが江戸時代という太平の世となってピークを迎え、全国のあちこちで七観音巡りが流行ったよう。

岩手県においては、奥州三十三所、江刺三十三所、または明治時代に気仙三十三所が作られた中から七観音が更に選定されて、七観音巡りが一時の間、定着したようだ。つまり、岩手県内における七観音と、遠野の七観音の発生は、意義からしてどうも違うようだ。

遠野の七観音は慈覚大師が開祖と伝えられ、早池峰山麗で桂の木から七体の観音を彫ったとも、物見山の桂の木から七体の観音を彫ったとも伝えられる。そのどちらにも共通するのは、桂の木という事だ。桂の木とは水に深い関わりのある樹木であり、山幸彦が綿津見神の宮殿に降り立ったのはまず桂の木の上であり、桂の木とは水神との関係が深いものである事がわかる。つまり水の霊力に溢れた樹木が桂の木である為に、その桂の木から七体の観音を彫ったという事は、伝承であるにせよ、何等かの意思が伝わっているという事だろう。

また彫り上げた七体の観音像を附馬牛町の沢の口という場所で、七井戸を掘って、七体の観音像の産湯として使ったと云う。附馬牛町に流れる川は全て早池峰の麓の山々から発生する水源からのものである。つまり早池峰の水の霊力によって観音像を洗い清めようという意思が働いたと考えて良いだろう。ただ何故に七つの井戸を掘ったのかという事。普通であれば、一つの井戸を掘って、その井戸水によって七体の観音を洗えば良いだけなのだが、何故か1対に1つの井戸を掘ったというのも意味があるのだろう。

七という数字を調べて浮かび上がったのは、七瀬と呼ばれる穢祓所だ。七瀬の祓とは、神話にも登場する穢祓の系譜を受け継ぐものであり、水場における重要な呪術でもあった。

また「七」という数字というものを調べると、八百万の神という沢山を意味すると同じに、七という実数では無くて不定の多数の意味を有していた。つまり七瀬とは水場での穢祓を意味するもので、それが実際に七か所制定されたのが滋賀県の琵琶湖湖畔であり、天智天皇が大津京という都を定めた周辺であった。

金子裕之「律令期祭祀遺物集成」によれば、七瀬祓の芽生えは藤原京に求めうるが、本格的な展開は平城京に始まり、長岡京を経て平安京に受け継がれ、儀式化したと述べているが、自然の穢祓所としての発生の根源は、琵琶湖のある近江からであったようだ。

青木生子「萬葉挽歌論」を読むと、挽歌の確率は天智天皇の崩御の際に確立されたよでもある。歴代の天皇の挽歌を読み取っても、水の霊力に対する意識をもった挽歌があるのだが、その初めを考えてみても琵琶湖周辺に点在する七瀬祓の一つである唐崎がある事から、七瀬祓の原型は近江の国からではないかと推察する。
by dostoev | 2012-02-14 06:17 | 遠野七観音考 | Comments(0)

遠野七観音考(其の二)

f0075075_226451.jpg

日本には、偶像崇拝というものがあるのか、ハッキリはわからない。原始信仰における土偶は、偶像というよりもシャーマン人形であったと考えられている。土偶が意図的に損傷されているの事に対し、民俗学的見解では「死と再生」を意味するという説は、どことなく観念的であり、曖昧な表現だと思う。

例えば古くから桜の木を敷地内に植える風習は、桜の木が人の身代わりになってくれると信じられていたからだ。桜…一般的にはソメイヨシノだが、樹齢はほぼ人間の寿命と同じで、樹木の様々な名称は、目(芽)歯(葉)鼻(花)指(細枝)耳(実)腕(枝)頭(梢)胴(幹)足(根)と、人間の体の部位に対比させられていた。つまり桜の木とは"人間の身代わり"になると信じられていたからだ。その為に、子供が生まれると一緒に桜の木を植えて、子供の病気など、悪いモノを桜に移し替えてきた。その根底には、人間の持つ純粋に、病気や怪我が無く、無事に過ごしたいという気持ちからであった。

土偶も人型に似せて造ってある事から、そういう意味合いを込めてのものであった可能性はあるだろう。「出雲国造神賀詞」を読むと…。

「豐葦原乃水穂國は、晝は五月蠅如す水沸き、夜は火瓫如す光く神在り、石根・木立・青水沫も事問ひて、荒ぶる國あり…。」とあり、古代の日本は跳梁跋扈する国であったようだ。そういう中、人間が我が身を守りたいと切実に願ったのが、うかがい知れる。その為に、様々なマジナイが誕生したのだろう。その一つが、生贄であったのかもしれない。そしてその生贄という概念を土偶に転化させれば、身代りとしての呪物になったのだろう。

「延喜式」の禊祓には、「金銀塗人形」が使用されたのは、やはり人間の代用品であり、身代りだと思う。有名な流し雛もまた、人間の身代わりに流されたものであるのを考えれば、日本に伝わる人形の殆どは、偶像では無く身代り人形であるのが理解できる。

また、観音像や地蔵などを橇遊びにして遊ぶ子供達を叱った大人が逆に祟りに遭う話が多いのも、あれは子供の保護も含める、一つの身代わりであるのだと考える。その遊びの行為は、呪術の最中でもあった為に、その行為を中断させた大人に、呪いが返ったものと考える。つまり本来、神仏像もまた人間の身代わりとして造られたのかもしれない。

林屋辰三「日本の古代文化」には、「涌出宮遺跡」に関しての記述が、下記のようにある。

「この祝園の第一日は、明らかに井水よりの神迎え神事である。」と。そして「3日間の神事の最終日を終えると、居残った若者が裸になって小川に飛び込み、火で暖を取る事を7度繰り返して垢離を取り、次に釜を縄ぞろというもので7度洗い、7掴みの白米を入れて、7把の肉桂の枝で炊き…。」とあり、7という数字と水との関係が見て取れる。「遠野七観音」に付随する七井戸の伝承だが、恐らく似たような概念の元に伝わったものでは無いかと考えている。
f0075075_2216021.jpg

不動明王の背後にある火炎は、悪鬼を焼き殺すと云われる。つまり炎による穢祓となる。水による穢祓が一般的になりつつも、炎の穢祓もまた存在する。コノハナサクヤヒメが3人の男神を火中で出産したのも、産屋の浄化としての機能を果たしていたものと考える。神であったから、炎の中でも無事に出産できたのだが、これが人間ならば焼け死んでしまう。実際に死体というものは、黒不浄と呼ばれる穢れの元だった。それを炎によって穢れを祓う。

また黄泉の国で死んだイザナミが復活する途中、腐敗している死体を雷が囲んでいた記述があるが、あれも死体に対する穢祓であったのだと思う。鍛冶技術集団の祖神は「天目一神」という「火雷神」と表記される事から、火と雷は同一と信じられていた。実際に、原初の火とは恐らく、落雷による火災からでないかとの考えもある。

ところで神以外に、火中で無事なものがある。それは土偶などの土人形と鉄などの金属である。これらはコノハナサクヤヒメが生んだ神々と同じに、炎の中で穢れが祓われ、神聖なものになる。

日本神話において、支配する神とは、殆ど火の神となる。当然の事ながら、火の神は日の神でもある。神楽歌を調べると、伊勢に「日霊女歌」というのがある。



如何ばかり 良き業してか 天照るや 日霊女の神を    

              しばしとどめむ  しばしとどめむ




また「湯立歌」というのがある。


伊勢志摩の 海人の  刀禰らが 焼く火の気  おけ おけ

焼く火の気  磯良が崎に  薫りあふ おけ おけ



この湯立の歌は「伊勢風土記」の伊勢国の火気(ほのけ)という火の信仰にも関わってくる。また別に「十一月中寅日鎮魂祭歌」の歌に気になる箇所がある。



あちめ おおお  おおお  おおお 上ります

豊日霊女が 御霊ほす  本は金矛 末は木矛



一般的に、天照大神は「古事記」などによれば、八咫の鏡に憑依したとあり、天照大神の依代は矛では無く、鏡である筈。矛は槍であり剣でもあり、それは蛇にも男根にも例えられるものであるから、本来は男神の依代が矛であるべきが、日霊女の依代になるとは有り得ない歌となる。まあ今では天照は男神であったという説は珍しいものではないのだが…。 

ところでもう一つ「日本書紀」「神代(第九段)」にて猿田彦を紹介するくだりに「眼は八咫鏡の如くして、てり然赤酸醤に似れり」という、現代で云うところの"目力"を強調する猿田彦の眼力に、他の神々は怯えてしまったが唯一、天鈿女だけが平気であったのは何故かという事。

ふと思い出したのは「ギリシア神話」においてのペルセウスのゴルゴン退治だった。ペルセウスはアテナの助力を得て、ゴルゴン退治をするのだが、アテナは本来、グラウコーピス・アテーネーと呼ぶが、それには「輝く瞳を持った者」という意味がある。ペルセウスはアテナから授かった鏡により、ゴルゴンの邪視を避ける事ができたのだが、これはある意味、ペルセウスがアテナの霊力を受けた巫女と同じと考えてもいいのではないだろうか。つまり天鈿女もまた、天照大神の霊力が憑依した存在の巫女であった為、神々の中で唯一猿田彦の邪視が通じなかったのだと考える。

猿田彦の眼の輝きの表現から、猿田彦は太陽神の称号を受けているが、天鈿女もまた天照大神の霊力が憑依した巫女であるならば、太陽VS太陽の戦いとなったのだろうか?その太陽同士の戦いに、天鈿女が勝ったのはやはり女性の魅力に男神が誘惑された為だろうか?

実は内宮所伝本「倭姫命世記」というものが、三浦茂久「古代日本の月信仰と再生思想」に紹介されていた。


「伊弉諾尊、筑紫の日向の橘の檍原に到りて、祓徐まするの時、亦右目を
洗ひて、月天子を生みます。亦天下り化生ますみ名は、天照皇太神の和魂也。」




「古事記」などでは右目から月読命が生れ、天照は左目から生まれているのだが、この内宮所伝本「倭姫命世記」では、天照大神は左目から生まれた月天子が天下って天照となつたとある。これをそのまま信じれば、天照とは月神であるという事になる。ただこれにより納得してしまうのが、天照の霊力を受けた巫女のような天鈿女が猿田彦に打ち勝った事だ。それは陰陽五行の五行相剋において「水は火に勝つ」からだ。

右手の「み」とは「水」を意味し、左手の「ひ」とは「火」を意味する。つまり太陽神でもある猿田彦は「火」であり、それに打ち勝った天鈿女は天照の霊力…つまり水の霊力を受けた為に「火に打ち勝った」と考えれば納得するのだ。

日本の神々の原初は、彦神と姫神の二人合わせたものだった。出雲において、二礼四拍一礼というものは「パンパン」と手を叩くのは、よく「お~い酒!」などと人を呼ぶ時に手を叩くのと同じだ。つまり「パンパン」「パンパン」と四拍するというのは、神殿にいる神霊を二人呼ぶ行為である。その原初の礼拝が出雲がそのまま伝えているのであった。そしてその彦神と姫神の組み合わせというのは、陰と陽の組み合わせであり、それは火の神と水の神の組み合わせが基本であった。

となれば、天照大神の本来とは、月神であり、月とは水に繋がりの深いものであるから、水の神であったのだろうか?

神には「和魂」「荒魂」があるというのはわかっているが、本来同一神から分離した魂であろうと、本体と同じ魂を有すると云われている。つまり火の神の荒魂は、あくまでも火の神であって水の神には成り得ないという事。内宮所伝本「倭姫命世記」が天照大神が月神が本当ならば、天照の荒魂も水神である事になる。この「倭姫命世記」には別に、こうある…。


荒宮一座  皇太神宮の荒魂。伊邪那岐大神所生神。八十禍津日神と名づくる也。一名瀬織津比咩是れ也。


ここで天照大神の荒魂が、早池峰に祀られる水神である瀬織津比咩であると。つまり天照が月神であり水神であって、その荒魂はやはり水神の瀬織津比咩となれば、水の霊力によって猿田彦に打ち勝ったのは納得できる。水は、火に打ち勝つのだ。だからなのか、火による穢祓よりも、水の霊力による穢祓を重視しているのが神道世界でもある。神社の本殿内を歩く時も、右足が決して左足の前をいかないように歩くのも、左である水を重要視しているからなのかもしれない。太陽も月も東から昇るのを考え合わせれば、南に向かって左側である東を重視するのは、相撲世界で東の正横綱が上位であるのや、右大臣よりも左大臣の方が位が上なのと同じだからだ。

その水の霊力を取り入れたであろう遠野七観音の呪法は、どこから来たのか次は考えてみたい。
by dostoev | 2012-02-11 22:32 | 遠野七観音考 | Comments(2)

遠野七観音考(其の一)

f0075075_2172360.jpg

慈覚太師が掘ったとされる、遠野七観音というものがある。七という数字を考えると、真っ先に浮かぶのは北斗七星の柄杓の形だったが、遠野七観音には、その形はあてはまらず、ずっと考えていた。たまたま、ふと目にした一枚の写真があった。それは、上の画像であるが、これは京都妙見堂の屋根瓦に描かれた、北斗七星の形だった。この形を見て、すぐさま遠野七観音の配列が頭に浮かんだ。
f0075075_2192324.jpg

調べてみると、北斗七星という形は、上の画像が示すように、七つの星を模ってさえいれば、かなり自由であったようだ。京都の妙見堂も含め、様々な形の北斗七星があるのがわかった。
f0075075_21101649.jpg

そこで、上の画像は遠野七観音が遠野に配列されている分布図だが、これが京都の妙見堂の北斗七星の形に符合する。となればやはり、遠野七観音とは、北斗七星を意識して配列されたものだというのが理解できた。

遠野七観音には別に「七つの井戸」の伝説がある。現在の遠野七観音を巡っても、その井戸を見る事は出来ないのだが、昔には井戸はあったのかもしれない。ただ北斗七星とは水を意識した星座であるのは確かである為、恐らく水の霊力を意識しての遠野七観音であった可能性は高い。「日本書紀」には「神世七代(かみよななよ)で始まる国」であると記されている事から、水に加えて七つの霊力の源である北斗七星が意識されて当然だろう。ましてや、坂上田村麻呂を征夷代将軍に任命した桓武天皇は妙見信仰にはまっていた。そして妙見は天皇が信仰するものであるから、庶民は信仰してはならないという、妙見信仰禁止令を発布したほどだった。

早池峰神社と遠野七観音は、その桓武天皇の蝦夷征伐の成功の後に建立されたと伝えられている。つまり、桓武天皇には妙見信仰に関わるものに加えて、水の霊力を意識した天皇であった可能性が高い。その辺りを、これから調べ、述べてみたいと思う。
by dostoev | 2012-02-07 21:12 | 遠野七観音考 | Comments(12)

遠野四観音考察

七観音考察として1度は書いてみたけど、実は以前の遠野の観音は四観音だった、
という説がある。そして遠野三山もまた以前は、早池峰山、薬師岳、天ヶ森山の三山
が遠野の古来の三山であったらしい。これは中世に阿曽沼が横田城を築いた時に、
都合よく現在の早池峰山、六角牛山、石上山の三山へ移行させたようだ。


ところで以前の遠野四観音の一番は山谷観音で、2番は松崎観音。三番は上郷の
平倉観音で、四番が鱒沢の鞍迫観音。この四観音で、昔は打ち止めだったらしい。

ここで気付くのは、一番の山谷観音と二番の松崎観音を線で結び、また上郷の平倉
観音と鱒沢の鞍迫観音を結ぶと罰点ができる。昔の簡単な呪法は、その地に×を打
つ事だ…。

ところで早池峰神社に祀られている早池峰大神とは誰か?それは、大祓祝詞に登場
する瀬織津姫だ。そしてもう一つ、早池峰神社に祀られている観音様は何?それは、
十一面観音である。

白鳳時代から密教の流入は、従来の観音信仰を大きく変えた。そこに現れた「変化
観音」は、不可思議な神威霊力を振るう最強の仏神として、国家鎮護の法要に欠か
せない存在となっていった。また瀬織津姫も、最強の神としてエミシの国に祀られた
経緯がある。要は最強の神と観音のタッグコンビである。

「東大寺のお水取り」で執り行われる法要「十一面悔過法要」というのがある。
悔過(けか)とは生きる上で過去に犯してきた様々な過ちを、本尊とする観音の
前で懺悔するという事だが、要は天下国家の罪と穢れを滅ぼし浄化する観音だ。

つまり、瀬織津姫の穢れ祓いと同格の観音なのだ。そして瀬織津姫と違うのは、形と
してハッキリ残る十一面観音を祀る事ができるというメリットだ。偶像を祀る事によって
存在を明らかにし、その観音を信仰する事により”救済”という甘い言葉を振りかざし、
その地の穢れを祓って浄化するという意識の現われが、瀬織津姫と十一面観音だっ
たのかもしれない。

                    


エミシの地である遠野には閉伊族がいた…。

東和町には、猿石ヶ川を望む場所に成島毘沙門天像がある。これは猿石ヶ川を移動
手段として使う、閉伊族を睨む形で建立されたという説があるが、大量の人もしくは物
資を移動させる為の最適最速の移動手段は、あくまでも川を利用したものであったと
思われるので、それを阻止する手段としての、成島毘沙門天像であったのだろう。

そして、そこから導き出される答えは、それ程どまでに、遠野の閉伊族を警戒していた
事になるのだと思う。

その後暫くして、遠野四観音が建立されたわけだか、第一の観音は豊富な金山を有す
る、現小友町にある、山谷観音。そして次は遠野の中心、龍穴の中心に位置する松崎
の松崎観音。。そしてやはり鉱山資源が取れ、沿岸との流通の拠点である上郷に平倉
観音。更に、猿ヶ石川を移動手段とする為に、その猿ヶ石川を睨むような形で建立された
鱒沢の鞍迫観音。

実は、遠野四観音とは、早池峰を拠点とし、遠野の地の主要な場所を押さえ浄化する
為の意味合い、いや意思を感じる観音堂だったのかもしれない。

そしてこの四つの観音堂に加え、当時の遠野三山を結ぶと、少々いびつではあるが、
逆北斗七星の形が見えてくる。現在の地図で照らし合わせてみると、確かに不恰好
だが当時の測量技術で考えれば、四観音のお堂が丁度柄杓の口の部分四つを示し
柄の部分を遠野三山で大雑把に作り出せば、当時のイメージとしては北斗七星だった
のかもしれない。それも逆だ…。裏返す、隔てるは当時の簡単な呪いだった筈。中国
の道教で用いられる北斗踏みの儀礼を逆にするものは、当然封印を現す…。
by dostoev | 2007-04-25 16:59 | 遠野七観音考 | Comments(0)

遠野七観音考察

【一般的な遠野七観音伝説】


この遠野七観音は、慈覚大師が遠野において1本のカツラの霊木を得、
この木から観音菩薩像を刻み、遠野郷の7箇所に祀ったものであると。
  
遠野の歴史は、飢饉の歴史である。其れ故に、様々な思いが巡っていた
のだろう。苦しい時の神頼みではあるが、今と違い昔は単純な願いだった。

「白いまんま(米)が食べれますように…。」

「おとっつあん(父)、おかっつあん(母)の病気が良くなりますように…。」


そこで男連中は遠野三山を1日で巡れば願いが叶うとされ、女子供はこの
”遠野七観音”を1日で巡れば願いが叶うとされている…。



滋覚大師の伝説が発生し、850年頃に遠野七観音が作られたという。それと
共に、七つの井戸の伝説もまた伝わっている。七つの井戸といえば、小野篁の
伝説が有名だ。小野篁の時代は805年なので、その伝説が遠野まで伝わって
できたのが遠野七観音なのかもしれない。ただし、どういう意味を持って?と
考えると、憶測の域はでないのであるが…。

井戸は冥界に通じているという話の他に、井戸に人形を投げて呪い放つという
場所として使われた。

冥界に通じる七つの井戸水により仏像を清めて、遠野の七箇所へと分散して奉
ったといえば聞こえが良いが、当時の遠野は朝廷にとっての鬼門の地の筈であ
るが…。

青森の北斗七星型に建立された神社が鬼門を押さえる為にできあがった事を考
え合わせると、遠野もまた封印する為の七観音という考え方もまたできる。

呪法を永続的にする為には、庶民の信仰心を利用するというのが手段であった
過去の例から考えると、滋覚大師の伝説はでっち上げで、実は鬼門の地である
区域を呪法によって未来永劫押さえる意図から、遠野七観音が作られたと考え
ても不思議ではない。

平城京やら平安京などは、陰陽五行により発展させる為の街作りであったが、
何も陰陽五行は発展させる為のものだけではなく、その地を封印する為にも使
われるものだからだ。

とにかく七つという数字は聖数で、浄化の意があるのだが、中央から見ればあ
くまでも東北は鬼門である。つまり発展しては欲しくない地である事には変わ
りないのは、江戸まで続く歴史を見れば納得する筈。だから遠野七観音は、呪
術的な意味合いが濃いと思った方が良いかも…。


朝廷にとって、東北は鬼門の位置だった為に坂上田村麻呂を遣わし、蝦夷征伐
を敢行した。風水的に、鬼門を押さえたい為だった。まあ他にも理由はあるが…。

その田村麻呂が、青森に北斗七星の形に神社を建立し封じ込んだというのは、周
知のとおり。しかし、その田村麻呂は遠野にも訪れたという…。

さて…そこで、風水的な封印は施されたのだろうか?朝廷を中心に見ると、東北は
鬼門。その鬼門の東北全体を見渡すと、更なる鬼門の位置にあるのは岩手という事
になりそうだ。奇しくも田村麻呂の東征の後に建立された北は早池峰神社及び、南
は伊豆神社には瀬織津姫という穢れ祓いの強力な神を奉っている。南北の軸を中心
に、施された呪法があるに違いないと考えてしまう。陰陽五行に基づいた風水は、都
市を発展させるデザインと共に、発展を押さえるという施しもできるからだ。

東北でいう、西に位置するのは山形。元々西には、白虎を配する。それと西には悪気
が抜けるという意味合いがあり、死の匂いもする。出羽三山神社なんど、天海が絡ん
でいるという事から当然、裏鬼門という意識の元に山形を押さえた風にとれる。

例えば、出羽三山三社の階段に彫り上げている瓢箪は風水でいう「収殺」。つまり邪の
気を瓢箪の中に吸収すると意味から使用されたものと考える。更に空海の真言密教が
蔓延る山形には死の匂いがプンプン。やはり全国の裏鬼門という位置に属しているのが
山形なのではと考えるのも、いた仕方ないものだろうか…。
by dostoev | 2007-04-25 15:43 | 遠野七観音考 | Comments(0)

遠野の七つ井戸伝説

f0075075_1420434.jpg
f0075075_14202413.jpg
f0075075_14204253.jpg


滋覚大師の伝説が発生し、850年頃に遠野七観音が作られたという。それと
共に、七つの井戸の伝説もまた伝わっている。この七つの井戸で七観音を洗
ったと伝わっている。


七つの井戸といえば、小野篁の伝説が有名だ。小野篁の時代は805年なので、
その伝説が遠野まで伝わってできたのが、遠野七観音なのかもしれない。ただ
し、どういう意味を持って?と考えると、憶測の域はでないのであるが…。

井戸は冥界に通じているという話の他に、井戸に人形を投げて呪い放つという
意味もまたある。冥界に通じる七つの井戸水により仏像を清めて、遠野の七箇
所へと分散して奉ったといえば聞こえが良いが、当時の遠野は朝廷にとっての
鬼門の地の筈であるが…。

青森の北斗七星型に建立された神社が鬼門を押さえる為にできあがった事を考
え合わせると、遠野もまた封印する為の七観音という考え方もまたできる。呪法
を永続的にする為には庶民の信仰心を利用するというのが手段であった過去
の例から考えると、滋覚大師の伝説はでっち上げで、実は鬼門の地である区域
を呪法によって未来永劫押さえる意図から、遠野七観音が作られたと考えても
不思議ではない。

ただし、実際は遠野七観音ではなく、四観音からのスタートで、江戸時代頃から
三つの観音を足し、遠野七観音として確立されたという説もあるので、ヘタな事も
考えるわけにはいかないが…。
by dostoev | 2007-03-11 14:21 | 遠野七観音考 | Comments(0)