遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
菊池氏考
佐々木氏考
クワガタと遠野の自然
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
六角牛考
七つ森考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
鯰と地震
三女神伝説考
早池峯信仰圏
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
ゲ ジ デ ジ 通 信
宮  古  物  語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
jun-roadster
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
JUNJUNの落書き帳
外部リンク
最新のコメント
ありがとうございます、息..
by soma0506-yca at 10:17
soma0506-yca..
by dostoev at 21:11
観月祭の記事拝見させて頂..
by soma0506-yca at 10:41
下記のURLは、早池峯神..
by dostoev at 18:41
この早池峯神社山門の神像..
by dostoev at 18:39
数十年前に、旅の手帳とい..
by soma0506-yca at 06:56
doronko-ton..
by dostoev at 15:59
駒木の西教寺の開山年代が..
by dostoev at 15:58
お邪魔します。 インパ..
by doronko-tonchan at 15:30
天台に始まるという駒木の..
by 鬼喜来のさっと at 14:18
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:「源氏物語」( 1 )

源氏物語の仏教思想…。

現役の学生さんからメールで下記↓のような質問がきたので、自分なりに答えてみようと思う。。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
①浮舟の出家、そして宿世についてどう思われますか。

②浮舟は何故出家したのですか。

③女性の出家は誰と誰と誰が出家したのですか。
(空蝉、女三宮、藤壺、紫上、浮舟、こんなもんですか??まだいますか。)

④光源氏は何故出家を希望し挫折したのか。 (もっと、質問したいことが出てくると思います。)

⑤源氏物語は神仏習合でしょうか? それとも仏教思想だけですか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
>①浮舟の出家、そして宿世についてどう思われますか。


「源氏物語」当時の平安の世は、末法思想が氾濫して、往生を求める人達が沢山いたらしい。何故かというと戦乱、飢饉疫病の続く暗い、それこそ末法の社会背景なので、生きて地獄のような世に住むよりも、極楽浄土に近づけるよう、出家する、もしくは焼身往生(ほとんどが、下層僧)や、女、子
供できる入水往生が流行ったようだ。だから浮船も、この世に地獄を見た為に出家したのかもしれない。それが男女間の揺らめきにしろ、人を裏切る気持ちがまた地獄そのものだったろうから…。

浮舟の話を読むと、思い出すのは桜子の伝説。れもやはり、二人の男に言い寄られ揺らめく心情の中、命を絶ってしまう桜子と浮船は、ダブってしまう。

また「宿世」は、運命とも偶然とも捉えられるので、薫と匂宮の間で揺れ動く宿命を感じ、更に夢信仰もまた広がっている「源氏物語」の世に、妹尼が見た夢が重なる「宿世」。しかし、浮き船はこれを断ち切り、夢信仰の衰退を示す行動にでるのは、紫式部の未来予知なのかもしれないなぁ。

ついでに思う「浮船」の名前。平安の世での、入水往生(要は入水自殺)は、大抵船に乗って湖水であったり海に船を浮かべて、そこから沈み行く…。

この入水する為に波に揺られる浮き舟、更に男の宿世に揺らぐ浮き船は、それこそ「源氏物語」の浮舟というキャラクターは、初めから作品の完結の意図して、紫式部が作ったような気がする…。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
>②浮舟は何故出家したのですか。


出家して「浮舟」という自分を捨てることで、新しい自分になれた、とも言えるかもしれない。

ただ紫式部は更に突っ込んで、全編に拡がる夢信仰の衰退をほのめかしているような気がする。霊夢という、当時の仏教系の信仰。一般庶民に信仰心を植えつけるというか、拡げる為に、聖徳太子から始まった夢殿での夢想が法然や親鸞・明恵に至る霊夢のお告げに似た様な形式が「源氏物語」にも拡がる。

「源氏物語」には「夕顔」にて光源氏が2度にわたって霊女の夢をみている。

また「若菜」にて光源氏は、ただ事じゃない夢を見る。

また「葵」では、六条御息所が、異様な姿となった自分の夢を見る。

「須磨」では、光源氏が何者(龍王?)かのお告げの夢。

「明石」では、明石入道が2度にわたり霊夢を見る。

更に「明石」では、兄の朱雀帝が、亡き桐壺院が現れる夢。

「逢生」では、末摘花が亡き父の夢を見る。

「朝顔」では、光源氏が亡き藤壺宮の夢を。

「玉鬘」では、玉鬘の乳母が夕顔と、その夕顔に取り憑いた霊女の夢を。

「蛍」では、内大臣が霊夢を。

「若菜上」では、光源氏が紫上の夢と、明石入道が日月と須弥山の夢。

「若菜下」では、柏木が女三宮の飼い猫の夢。

「横笛」では、夕霧が亡き柏木の夢を。

「総角」では、中君と宇治阿闍梨が亡き八宮の夢を。

「浮舟」では、浮舟が匂宮の夢を。更に浮舟の母が浮舟の夢
と吉凶の夢を。

「手習」では尼君が霊夢を。

他にも、夢の描写は無いものの、妹尼が亡き娘の身代わりを授かる夢を見たと言っている。

小野小町の歌にも夢の歌は歌われており…。


思いつつ寝ればや人の見えつらむ夢と知りせばさめざらましを

うたたねに恋しき人を見てしより夢てふものはたのみそめてき

いとせめて恋ひしき時はむばたまの夜の衣をかへしてぞ着る


などなど、沢山の夢の歌があるけれと、平安の世は、まさに夢信仰が政治にも仏道にも恋にも、広がっているのがわかる。

「源氏物語」に張り巡らせてある夢を最後の宇治十帖の浮舟が夢を否定しているのは、夢がもたらす現世利益信仰?に浮かれる平安の世を、それだけでは救うことの出来ない生の重さを扱っている、まさに紫式部の世を見る目なのかも。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
>③女性の出家は誰と誰と誰が出家したのですか。
>(空蝉、女三宮、藤壺、紫上、浮舟、こんなもんですか??
>まだいますか。)



六条御息所、朧月夜の君も、出家組ですかね。後年か…。紫の上は、正式な出家は最期まで許されなかったが…?せいぜい、こんなもん↑だと…あとは…?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

>④光源氏は何故出家を希望し挫折したのか。 (もっと、質問したいことが出てくると思います。)


「幻」で紫上に死なれた光源氏の歌…。


うき世にはゆき消えなんと思ひつつ思ひの外におほぞほどふる

なくなくも帰りにしかな仮の世はいづこもつひの常世ならぬに


平安の世の風潮は、全て仮の宿り。体も魂が棲む仮の肉体であり、この世も仮の世であり、自分の目で見える全てのものは、幻であり仮なのでという風潮。だからこそ、人を恋するのは肉体ではなく、魂が結ばれるかどうか。だから、身分とか結婚しているしていないは関係無かった。あくまでも魂が
呼び合うかどうかで、魂逢ひの意識が平安の世にはあった。

「幻」で紫上が死ぬ前に、光源氏はこういう歌を詠んだ…。


大空をかよふまぼろし夢にだに見えてこそ玉のゆくゑてずねよ


結局、物語上では光源氏の夢には紫上は現れなかった。つまり紫上は、この世に執着が無いという事か、もしくは魂というものの本来は、この世に存在せずに別の世界を漂うものなのかという疑問を、光源氏は感じたのだと思う。


おほかたは思ひすててし世なれどもあふひはなほやつみをかすべき

かきつめて見るもかひなし藻塩草おなじ雲居の煙とをなれ

もの思ふと過ぐる月日も知らぬ間に年もわが世も今日や尽きぬる


だから、紫上の魂に逢う為には、この仮の世でも、出家する事でも無いと悟ったのかもしれない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
>⑤源氏物語は神仏習合でしょうか? それとも仏教思想だけですか。

これに関しては、仏教思想だけじゃなく、民間信仰も当然入ってます。平安の世を映し出す文化(いろいろなものが入り込んだ)として「源氏物語」が存在すると思います。
by dostoev | 2010-11-13 18:07 | 「源氏物語」 | Comments(0)