遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
菊池氏考
佐々木氏考
クワガタと遠野の自然
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
六角牛考
七つ森考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
鯰と地震
三女神伝説考
早池峯信仰圏
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
宮  古  物  語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
外部リンク
最新のコメント
カエルのような両生類と考..
by dostoev at 04:56
河童は冬眠しないのでしょ..
by 森のどんぐり屋 at 14:34
安来市と比べ、神代の歴史..
by dostoev at 09:42
 島根県の安来市あたりも..
by 名古屋特殊鋼流通倶楽部 at 13:57
いくつかの梨木平を見てき..
by dostoev at 18:39
梨木といえば、昔話の「な..
by 鬼喜來のさっと at 22:09
遠野まで来たら、キュウリ..
by dostoev at 07:06
河童はおる。わしが河童じゃ!
by 竜桜 at 20:55
観念や概念は、各民族によ..
by dostoev at 20:45
以前コメント欄にお邪魔し..
by 河童ハゲ at 18:12
最新のトラックバック
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:「吉備津の釜」( 1 )

「吉備津の釜」

「妬婦の養ひがたきも、老ての後其功を知る」と。咨、これ
何人の語ぞや。害ひの甚しからぬも、商工を妨げ物を破りて、
垣の隣の口をふせぎがたく、害の大なるにおよびては、家を
失ひ国をほろぼして、天が下に笑を伝ふ。

いにしへより此の毒にあたる人、幾許といふ事をしらず。死
して蟒となり、或は霹靂を震うて怨を報ふ類は、其の肉を醢
にするとも飽くべからず。さるためしは希なり。夫のおのれ
をよく脩めて教へなば、此の患おのづから避くべきものを、
只かりそめなる徒ことに、女の慳しき性を募らしめて、其の
身の憂をもとむるにぞありける。

「禽を制するは気にあり。婦を制するは其夫の雄々しきにあ
り」といふは、現にさることぞかし。



この「吉備津の釜」の序文に、全てのストーリーが要約されている。庄太夫の最後が髪の毛の塊だけになるのも「其の肉を醢にするとも飽くべからず。」という言葉をストーリー上で示したものだ。

また「死して蟒となり…。」というのは、女と蛇の性質が近いのだという女性蔑視に近いのかも?他にも「女の慳しき性を募らしめて…。」というのは、女のねじけた性質という意味で、やはり女性蔑視?これを当時の女性は、どう読んだのだろうというのも気になるが…。ただ最後に「婦を制するは其夫の雄々しきにあり」と、男もこうでなくてはならぬと諭しているが…。この辺の秋成の言葉は、生い立ちを調べればわかるのかもしれない。

ところで磯良の名は、磯良大神という海神からきているようで、大変醜い者だったらしく「吉備津の釜」では大変美人に仕立てたのも秋成の悪戯心?ところで、庄太夫みたいなヤクザ?な男は、江戸時代に多く発生している。国定忠治などは、群馬などでは養蚕が盛んで女が一生懸命働いてる為の逆の現象だ。髪結いの亭主と同じに、女が働けば、女の紐になる男が増えてきた時代でもあったようだ。それだけ世の中が平和になった証しでもあるのだろう。

とにかく、戦国の世みたいに男が中心となり戦をしている最中は、男としての価値もあったが、江戸時代となって戦もなくなり、本来の武家とは違う身分の男達、もしくは武家から商人に身を転じた男達から平和な世が誕生し、その次の世代から庄太夫みたいな男達が増えてきた。

この「吉備津の釜」の話もある意味、庄太夫が磯良に抱いた感情は、男の存在価値が失われて、その存在価値を示す磯良に対する嫉妬心なのだろう。世の平和が男の存在価値を失わせ、女に対する嫉妬心を誕生させ、平和な世の中を実は乱し、このような怨念劇を生み出してしまった…。

吉備津の釜のストーリーで、一つ解せないのが、磯良を騙し遊女と逃げた先、播磨の国に逗留し、磯良の生霊の仕業でなのか遊女の死んだ後、墓地で出会った磯良に仕える女…。

登場人物がに少ない「吉備津の釜」において、ある意味謎の存在である。連れの彦六曰く、狐狸の類だろうという事だが、顔は違えど、死んで磯良に取り込まれた袖の姿だったのではないだろうか?

磯良という生霊の恨みにより、死んだ袖。その亡骸を葬った墓地に、磯良に仕える身として、磯良が袖の魂を使う事によって晴らす怨みの一つと思えば、物語上納得してしまうのだが…。

とにかく「吉備津の釜」は、怪談話の定番のような設定だ。その恨みを凝縮させた形が、最後のライトなのだろう。ラストシーンのおぞましさで、どれだけ怖い話か伝わるのだろう。この「吉備津の釜」でのラストは正太郎が髪の毛だけになってしまう…。


明けたる戸腋の壁に生々しさき血灌ぎ流れて地につたふ。されど
屍も骨も見えず。月明かりに見れば軒の端にものあり。ともし火を
捧げて照らし見るに、男の髪の毛のもとどりばかりかかりて、外に
は露ばかりのものもなし。浅ましくも恐ろしさは筆につくすべうもあ
らずなん。



古来中国では、髪は魂の抜け出る場所と思われていた。なので、魂が抜け出ないように、髪を束ねて、それを防いでいたようだ。それは日本にも伝わりやはり、髪を束ねている文化もあった。ところがザンバラ髪は、いつ魂が抜け出てもおかしくない状態。もしくは、幽鬼の類は、魂をほとばしらせて悪行を重ねるので、ザンバラの頭の人間もまた妖怪視されたようだ。

髪の毛はとにかく、魂の出入り口なのだが、その髪の毛だけになった正太郎というのは、とにかく魂を含め全ての物を、磯良に奪われてしまったものとして、衝撃的な結末なのだと思う。

それとその前に…陰陽師は筆をとり、正太郎の背より手足に及ぶまで、文字を書き記したが…ここで思い出すのは「耳無し芳一」の話だ。耳にだけお経を書いてもらわない為に、亡者に耳を持って行かれた芳一と、正太郎の酷似は多分、後に小泉八雲がこの「吉備津の釜」を読んで取り入れたのでは無いだろうか?
by dostoev | 2010-11-13 20:13 | 「吉備津の釜」 | Comments(0)