遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
菊池氏考
佐々木氏考
クワガタと遠野の自然
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
六角牛考
七つ森考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
鯰と地震
三女神伝説考
早池峯信仰圏
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
宮  古  物  語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
外部リンク
最新のコメント
カエルのような両生類と考..
by dostoev at 04:56
河童は冬眠しないのでしょ..
by 森のどんぐり屋 at 14:34
安来市と比べ、神代の歴史..
by dostoev at 09:42
 島根県の安来市あたりも..
by 名古屋特殊鋼流通倶楽部 at 13:57
いくつかの梨木平を見てき..
by dostoev at 18:39
梨木といえば、昔話の「な..
by 鬼喜來のさっと at 22:09
遠野まで来たら、キュウリ..
by dostoev at 07:06
河童はおる。わしが河童じゃ!
by 竜桜 at 20:55
観念や概念は、各民族によ..
by dostoev at 20:45
以前コメント欄にお邪魔し..
by 河童ハゲ at 18:12
最新のトラックバック
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:狼と瀬織津比咩( 4 )

狼と瀬織津比咩(其の四)

f0075075_1932139.jpg

話は飛ぶが、安倍氏について意識せざるおえない。一般的にも「東日流三群誌」においても、安倍は畿内の王長脛彦の兄安日彦をその始祖とし、安日彦の津軽亡命をもって安倍氏の発祥としている。また別説に、蝦夷をアイヌの祖先と同一視する立場からabeをapeと読み替えて完全な土着の先住民とみて、朝廷に従った蝦夷(俘囚)であるとする説もある。

ところで「安」について気になる氏族がいる、安曇氏だ。安曇氏の語源は諸説存在するが、本居宣長「古事記伝」における「海人つ持」という説に加え、太田亮「姓氏家系大辞典」では「海積」の略であるというものから察すれば「安」とは「海」を指すものであると考える事ができる。

となれば安倍は海倍(あべ)でもあったのかもしれない。もしくはアビというアイヌ語のように安倍をアビと読み安倍の倍は”火”を表し「海火」なのかもしれない。その安倍の系譜に属する人物に奥州藤原氏がいるが、熊野に”秀衡桜”なる伝説が存在し、また「熊野権現縁起」には、奥州藤原氏と熊野の結び付きが記されている。急に藤原氏と熊野が結び付く筈も無く、それは奥州藤原氏の祖ともなる安倍一族の時代からの繋がりがあってのものだと感じる。

英彦山は九州だが、この修験道の普及は、英彦山から熊野へという伝承もある事から、もしかして安倍氏とは、九州においての海人族であったのかもしれない。安曇氏が海人族であり、可能性として阿蘇氏もまた海人族か…。

阿蘇は安蘇とも書き著したように「安」は「海」を表し、「蘇」は素戔男尊の「素」に通じ、三品彰英の研究によれば「蘇」は「金」を意味する古代朝鮮語であるという。ならば阿蘇とは「海金(あまかね)」という意味ともなり、阿蘇氏とは産鉄の海人族の意味にもなると考えてしまう。

「熊野の本地」には乳岩から滴るお乳を飲み、狼に護られて元気に育った藤原秀衡の三男、和泉三郎であったという。藤原秀衡の次男泰衡は、頼朝の圧力に屈し、父である藤原秀衡の遺言を破り義経を攻めたが、その義経を守ったのは藤原秀衡の意思を継いだ和泉三郎だった。もしかしてこういう時代背景を意識して、後世に出来たのが「熊野の本地」であったかもしれない。

ところで熊野では、山伏を”狼”と称し、巫女を”兎”と称す。ならば、狼に護られて育ったという話は”熊野の修験者に護られて育った”と考えて良いだろう。

そしてこの「熊野の本地」はある意味、奥州藤原一族と、熊野修験との絆の深さを示すものだと思う。その絆を結んだものは、一つは”金”であったと思われる。熊野も鉱物資源の豊富な地であり、修験道の本来は、産金であったと云われるからだ。そしてもう一つは、信仰の面であろう。熊野にはまだ行った事は無いが、熊野の信仰の基本は、やはり”滝”であると思う。その滝を象徴する水と、火祭が示すものは何であろうか?熊野那智神社の祭神は牟須美神といい”ムスビ”は産霊とも書き記し、物を生み出す霊力を神格化したものだ。その牟須美神は、水と火を結び付ける意図から祀られたのではなかろうか。また本宮である熊野坐神社の祭神は家津御子神だ。家津御子神はキノミコ、つまり森の神霊であり、水を生み出す霊格でもある。また熊野速玉神社の祭神の速玉を調べると”霊能が速やかに現れる魂を急流に見立てたもの”だろうとある。これらから察しても、熊野とは滝を神と崇めているのがわかる。その熊野の信仰と、奥州藤原一族…いやその祖である安倍貞任の一族との結び付きがあったのだと、自分は考えるに至るのだ。
by dostoev | 2010-11-15 19:32 | 狼と瀬織津比咩 | Comments(0)

狼と瀬織津比咩(其の三)

f0075075_19195664.jpg

「エミシの国の女神」など一連の瀬織津比咩に関する著作を世に出している菊池展明の説によれば、慈覚大師は奥州行脚において、地元神であった瀬織津姫の上に不動明王を被せ、瀬織津比咩の姿を意図的に隠したのだと云い、瀬織津比咩の悲劇性を強調している。

ところで不動明王は、密教曼陀羅の主尊である大日如来が、一切の悪魔を降伏する為に、憤怒の相を現したままの姿であるという。この解釈から察すれば不動明王とは、大日如来の荒魂なのではないか?大日如来は、天照大神と同等された仏であり、大日如来の布教に際し、日本神話においての天照大神と重ねる事により、その布教の広がりを見せた。その天照大神と同等の大日如来の荒魂である不動明王とすれば、天照大神の荒魂とも云われる瀬織津比咩に重なるのは、布教活動の一環としては、当然の成り行きだろう。そこには悪意というよりも、天台宗の教義と信仰を広める上において、必要な行為であったのだろう。

その慈覚大師の軌跡の、東北においての有名どころでは、松島の瑞巌寺、平泉の中尊寺や毛越寺などがある他、山形県の立石寺もある。この山形の立石寺で慈覚大師は、貞観6年(864年)71歳で死去したと云われている。

その慈覚大師は円仁といい、俗姓を壬生であると。壬生家は伝説の崇神天皇の第一皇子「豊城入彦命」の子孫だと云われる、下野国の名家であった。その慈覚大師の出生地は栃木県下都賀郡岩舟町下津原字手洗窪の地とされているが、また別に同郡壬生町も出生地の候補になっているらしい。

慈覚大師は9歳から15歳までは、出生地から6キロほど離れた大慈寺で修行した後に比叡山に登り、天台宗の開祖・最澄の弟子となった。

ところで慈覚大師の出生地近辺では慈覚大師の他に、静御前と金売り吉次の伝説がかなりあるらしい。現在、狼から鉄の流れを調べていると、貞任伝説・義経伝説・慈覚大師がどうも重なってしまうのは、下野国を拠点として陸奥にかけて、行き来した天台宗徒の足跡が見え隠れするようだ。ところで慈覚大師が壬生家であるのがわかったが、壬生家を調べると”壬生”とは”丹生”であると。壬生家本来は、鉱山師でもあったようだ。ここで思うのは、やはり慈覚大師とは布教もあったのだろうが、東北の鉱山開発を担っていたのだろうという事かもしれない。

「鬼伝説の研究(若尾五雄著)」では、江戸時代後期の町人学者、山片蟠桃(1748~1821年)を紹介している。その山片は、過去の歴史上の聖山の開山及び神社建立は、私利私欲の為であると批判している。

「役小角・空海・行基・最澄をはじめ、その他の高僧、貴僧と称らせれているものは、みな無鬼のことをよくわきまえてのち、人主を欺き、権家を偽り、堂社を建てさせ、本地垂迹そのほか、さまざまの偽飾をのべて自分の私欲をはたし、開山・祖師と尊ばれて、千年の後に至っても祭祀され…。」
f0075075_1927338.jpg

早池峰神社の本殿の片隅には、鉄が溶けた異様な形のものが絵馬として奉納されている。本来絵馬というものは、雨乞いから発生したものだか、今では広く、あらゆるものの願いを託して奉納するものとなっている。ではこの早池峰神社に奉納されている鉄の絵馬とはつまり、金を発掘・発見を願ってのものであろう。とは金属全般の総称であり、各々黄金(金)白金(銀)赤金(銅)黒金(鉄)青金(鉛)となる。やはり早池峰も、金の発掘を願って開山された山であり神社なのだと考える。

ハヤチネの”ネ”を取り上げて考えると「ネ」とは「山の根」「磐の根」の意味の他に「鉱脈」という意味もある。現在早池峰山と称されるのだが、以前から指摘されていたものに「早池・峯・山」と山を意味する「峯」と「山」が重複しているというものがあるのだが、「峯(ネ)」を「根(ネ)」と捉えれば「鉱脈の山」という意味で繋がるのだ…。
by dostoev | 2010-11-15 19:28 | 狼と瀬織津比咩 | Comments(0)

狼と瀬織津比咩(其の二)

f0075075_19134886.jpg
f0075075_19141070.jpg

遠野には、曲屋という家屋がある。鉤型になっている建物で、曲がった一角には馬が飼われている。要は、馬小屋と人間の住処が一緒になっているのが曲屋という建物だ。本来”人間様”というものは畜生類とは住まないものだが、曲屋に住む馬だけは特別視されている存在であった。その為なのか、馬と娘の恋物語のような”オシラサマ”という物語が広まっているのだが…本来、曲屋の馬小屋部分とは、狼から守るために仕方が無く考案された家屋であった。

遠野の石碑を調べると、金毘羅や庚申の多さが目に付くのだが、次に来るのが山神であり、馬頭観音。そして少数だが、遠野全域に三峰山という石碑が目に付く。

三峰山とは狼を祀る、秩父の三峰神社から来ているのだが、岩手県の衣川村に三峰神社があるのは、この秩父の三峰神社へ南部駒を献上してから勧請されたものであった。ただこの衣川の三峰神社は本来、源頼義、義家親子が蝦夷の豪族である安倍一族を征伐する為に、衣川の柵跡に二神(イザナギ・イサナミ)を祀ったのか始まりだという。

現在、盛岡で”さんさ踊り”が開催され賑わいを見せているが”さんさ踊り”とは「鬼が退治され平和になった意」からの踊りだと云う。また鬼の語源とは”隠”からきているといい、山伏の鉱山用語で”鬼”とは、隠れているモノであり、それは一般的に”金”である事から”鬼退治”とは金を手にするという意であるのかもしれない。つまり”さんさ踊り”とは、歴史を遡れば、アテルイであり安倍貞任を鬼として扱い退治した話に加え、蝦夷の地においての鉱脈を発見、もしくは金を手にした時の喜びの踊りの意の可能性は高い。とにかく、鬼退治としての三峰神社の意でもあるのは、山の神と狼の結び付きを意味するのだと思う。となれはやはり、三重の鈴鹿山における鬼退治した烏帽子姫である鈴鹿権現に結び付くような気がする。現在の鈴鹿権現は瀬織津比咩と云われるのだが、いずれにせよ蝦夷であった岩手県にとって三峰神社とは、なんとも皮肉な神でもある。もしかしてこの三峰神社の歴史が、遠野の古老達に邪教と云われる所以であろうか?

遠野では、事あるごとに衣川に出向き”御眷属様”を借り出して騒動を治めてきた歴史がある。恐ろしい狼が、人間の悪事の抑止力になったというわけだ。また、馬を保護するという意味合いもあったようだ。馬が襲われるのに馬を保護するというのは変な事であるが、要は馬を襲う狼を信仰するから”家の馬は守ってください”という願いからだ。これは古代から続く、神と人との繋がりに近い。古代の神は、御利益などなく、一方的に祟りを成す存在であった。だから人々は、一方的に”祟りを成さないよう”その神を畏怖し、信仰してきた歴史がある。
f0075075_19153737.jpg

この地方では産婦が産気づいても、山の神様が来ぬうちは、子供は産まれぬといわれており、馬に荷鞍を置いて人が乗る時と同じ様にしつらえ、山の神様をお迎えに行く。その時はすべて馬の往くままにまかせ、人は後からついて行く。そうして馬が道で身震いして立ち止まった時が、山の神様がが馬に乗られた時であるから、手綱を引いて連れ戻る。場合によっては家の城前ですぐ神様に遭うこともあれば、村境あたりまで行っても馬が立ち止まらぬこともある。神様が来ると、それとほとんど同時に出産があるので常である。

                                「遠野物語拾遺237」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この「遠野物語拾遺237」において、馬が身震いをして立ち止まるという記述があるが、これは狼の気配を察したからとも云われる。山の神はお産の神でもあるのは、山そのものが水を産み、樹木を産み、沢山の獣を産む存在であっからだ。また狼もまた犬と同じ様に多産であった為、安産の守り神としても知られていた。その狼が山の神の使いとして馬の近くまで来た為に、そを察した馬が立ち止まり身震いしたとも云われるようだ。

ところで狼が馬などを襲う以外に、人間の死体を食らう事は昔から知れ渡っていた。戦の後には、沢山の死体が山積みとなり、その死体を狼が漁っていて、農村では恐怖したらしい。ヨーロッパにおいて有名な話は、ナポレオン軍の後ろには必ず狼の群れがついて行ったという話がある。やはりこれも、戦で死んだ戦士のおこぼれを授かろうとしたからなのだろう。

また狼から死体を守る為に、鎌などの刃物を置くというものの他に、溝萩を供えるというものがある。この溝萩とは別名禊萩、もしくは精霊花とも呼ばれ、水を流して禊祓いをする概念が定着している花である。その穢祓いという概念が山の神と結びついて、山の神の狼に対して影響があるとされた為、禊萩が死体を守る…いやこの場合は、魂を浄化したと考えるのが本筋なのだろう。ゴンゲンが何故”噛む”のか?これは邪気祓いでもある。狼は”大神”であり”大噛”とも呼ばれるのは、畏怖される存在と共に、噛む事により邪気を祓うという概念を有している。泥棒除けとなる狼が、逸話の中で嘘を付き泥棒をした者を噛み殺した話がある事から、人の邪気を噛む存在。つまり人の穢れ祓いを有している存在が狼である事から、山の神の使役になったのは、その山の神の性格による影響もあるのだろう。


狼被害が猛威を振るったのは、江戸時代。狂犬病が狼に広まった後、18世紀半ば辺りからだったようだ。それまでの狼は、山の神の使いとして、畑に悪さする鹿や野ネズミなどを捕獲する益獣という位置付けであったよう。

まあ、この狂犬病が流行ってから、狼の滅亡のカウントダウンが始まったわけだが、それ以前はとにかく狼とは山の神の使いで、田畑の守り神という位置付けであったのは、同じ山の神の使いである蛇と同じものである。しかし蛇が山の神の使いであるという民衆の意識は、かなり時代を遡ればならないようだ。それよりも遠野(東北)では山の神の使いの殆どは狼であった。これは狼が”大神”であるという意識で、どうも瀬織津比咩と結び付いた気配があるようだ。
by dostoev | 2010-11-15 19:16 | 狼と瀬織津比咩 | Comments(0)

狼と瀬織津比咩(其の一)

実は、岩手県の古い郷土資料に右手に剣、左手に宝珠を持ち、手前に狼(お犬)を使役とした女神像が紹介されていた。その本の情報を知人に伝え 確認してもらったところ、その女神像とは瀬織津比咩であった。これは山の神としての瀬織津比咩の姿が、やはり山の神の使いとしての狼と結び付いたものであろう。

福島県岩瀬郡天栄村湯本に、二股に流れ落ちる明神滝があるという。その滝の左岸にある直立した大きな一枚岩の傍に、宗像三女神のひと柱である田心姫命が祀られているのであると。その御神体は蛇体であるとされ、日照りの時にこのお社に祈願すると必ず雨が降るという伝承があるのだというが、あくまでこの伝承は、瀬織津比咩の性格をそのまま田心姫に移したかのようだ。ただし瀬織津比咩の場合は、滝であり流れる水が穢された場合に雨を降らせる場合が多い為、どちらかといえば仏教思想に転じた龍神伝承が結び付いたものに感じる。また、田心姫が瀬織津比咩であるという資料もあるようだが、中世の時代には、蒙古襲来という事件を経て、様々な姫神が融合され、厳島神社においては神功皇后などを加え”宗像五女神”というものに変化してしまった。応永年間に記された「日本書紀第一聞書」には「次市杵嶋姫文、安芸国厳嶋ノ明神也。然ルニ御託宣伝、我レ五人ノ兄弟アリ。皆女人ナリ。」とある。そういう意味では、滝神が田心姫となっていても、何等不思議は無いのであろう。中世とは、様々なもの、様々な神々、いや姫神達が混沌とした時代であった。それは蒙古という外敵に対し、武力では太刀打ちできなかった事実を跳ね除けた、仏力ではなく神の力に、再び朝廷の目が向けられたからであろう。その蒙古を破った神の力の筆頭は、武装した神功皇后であり、竜女の属性を持つ姫神であったようだ。


ただし蝦夷の地においての瀬織津比咩の存在は複合的なものではなく、もっと単純に山の神と結び付いてのものが伝わっているような気がする。そして別の流れとして、神功皇后を模した様な鈴鹿権現の武装したイメージの伝承が”鬼退治”と共に瀬織津比咩結び付き、瀬織津比咩は蝦夷の地に降り立ったのかもしれない。

ところで水は水界から、もたらされるものだ。水界を支配するのは水神であるが、水源地は山中にあり、そこは山の神の領域となる。そうなれば当然、滝神とも呼ばれる瀬織津比咩は、山の神とも呼ばれる可能性はあるのだろう。「南九州の民俗文化(小野重朗著)」によれば、南九州の芦北地方では、家も水田も川も山の神の支配圏の中にあり、年中行事や祭などの出発は山から…つまり山の神から始まるのだと。

また「早川孝太郎全集」には山の神と水神が同じであった事を示唆する古い伝承が紹介されている。振草系中在家の滝祓口伝には「滝祓ニワ。タトウ紙ヱ。水神・山神ト書テ」とあり、山の神と水神は同格、もしくは同一である事を示しているのだろう。つまり滝神として知られている瀬織津比咩という存在は、山の神としての存在も同一だという事。いや、もっと広義的な意味合いが、瀬織津比咩にはあるのかもしれない。それは「”サクラ”の神」でもあると云われる事からだ。矮小化したサクラの神の存在が、木花之佐久夜毘売であろうから、もっと広い意味においての”サクラ”の神である瀬織津比咩に関しては、後に書き記そうと思う。ただ掲載した写真の狼を使役とした姿は、蝦夷の地に降り立った山の神の姿であり、鉄の文化と結び付いた瀬織津姫の姿であろうと考えている。
by dostoev | 2010-11-15 19:11 | 狼と瀬織津比咩 | Comments(2)