遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
菊池氏考
佐々木氏考
クワガタと遠野の自然
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
六角牛考
七つ森考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
鯰と地震
三女神伝説考
早池峯信仰圏
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
宮  古  物  語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
外部リンク
最新のコメント
カエルのような両生類と考..
by dostoev at 04:56
河童は冬眠しないのでしょ..
by 森のどんぐり屋 at 14:34
安来市と比べ、神代の歴史..
by dostoev at 09:42
 島根県の安来市あたりも..
by 名古屋特殊鋼流通倶楽部 at 13:57
いくつかの梨木平を見てき..
by dostoev at 18:39
梨木といえば、昔話の「な..
by 鬼喜來のさっと at 22:09
遠野まで来たら、キュウリ..
by dostoev at 07:06
河童はおる。わしが河童じゃ!
by 竜桜 at 20:55
観念や概念は、各民族によ..
by dostoev at 20:45
以前コメント欄にお邪魔し..
by 河童ハゲ at 18:12
最新のトラックバック
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:遠野不思議(オブジェ)( 49 )

遠野不思議 第八百四十二話「松崎の吊橋」

f0075075_17261312.jpg

自分の親父の古いアルバムを見ていたら、一枚の吊り橋の写真が貼ってあった。その写真の脇には「登戸ノ吊橋」と書かれてあった。このアルバムの後ろには昭和16年の記録と書かれていたので、この吊橋も昭和16年に撮影されたのだろう。ただ、写真に違和感があった。イメージしている登戸の情景と、この写真は違うんじゃなかろうか?と。とにかく確認する為、登戸橋を撮影しに行って見た。
f0075075_17301998.jpg

地吹雪の中、登戸橋に来て見ると、やはり対岸の風景が違う。ただ、昔と現在の橋の位置が違うのかと思ったが、どうも背景の山に見覚えがある。確か、矢崎がこういう情景だった筈だ。それでは次に、矢崎方面へ行って見る事にした。
f0075075_17372023.jpg

現在の上松崎橋から景色を見ると、ほぼ写真の通りだが、少し位置が違うようだ。
f0075075_17394669.jpg

もう少し北寄りに移動してみると、若干の角度は違うものの、恐らく写真の吊り橋は、この辺りにかかっていた吊り橋であったのだろう。「登戸ノ吊橋」と書かれていたのは、単なる勘違いであったのだろう。ただ、現在はここにかかっている橋を「上松崎橋」と呼ばれているが、昭和16年当時も上松崎橋と呼んでいたのかは不明である。
by dostoev | 2015-01-07 17:45 | 遠野不思議(オブジェ) | Comments(0)

遠野不思議 第七百六十八話「鬼瓦」

f0075075_1729732.jpg

善明寺にある鬼瓦。厄除け・魔除けの意味を持つ、装飾瓦。どこかユーモラスな感じの鬼瓦。この顔を見て『確か、ワンピースにこういうキャラいたよなぁ。』と思ったら…。
f0075075_17293775.jpg

恐らくこいつだった。まあどちらも角を生やしている鬼だし(^^;
f0075075_17294644.jpg

by dostoev | 2013-09-19 17:36 | 遠野不思議(オブジェ) | Comments(0)

遠野不思議 第七百六十七話「あがりの家」

f0075075_15321260.jpg

デンデラ野に行く途中の橋の辺りから見える竪穴住居みたい家は、数年前からデンデラ野に建てられていた。
f0075075_15323170.jpg

デンデラ野の入り口の奥に、それはある。
f0075075_15324332.jpg

何やら、怪しげな雰囲気を醸し出している。
f0075075_15331128.jpg

内部では、火を燃やせるようになっている。
f0075075_15332272.jpg

そして内部に入って「あがりの家」という看板を見、初めてこの家の名前がわかった。
f0075075_1533354.jpg

近所に人達の憩いの場所のようである。
f0075075_1855721.jpg

by dostoev | 2013-09-01 18:16 | 遠野不思議(オブジェ) | Comments(0)

遠野不思議 第七百六十六話「デンデラ野の自然木ベンチ」

f0075075_151659100.jpg

デンデラ野に広がる空間を眺めていたら、何やら人工的なものを発見し近付いて見る事にした。
f0075075_15172757.jpg

杉の木に枝が付いて、それが丁度ベンチの足になっている。
f0075075_15234587.jpg

取って付けた枝の足では無く、自然に付いている枝をベンチの足にした自然木のベンチであった。
by dostoev | 2013-09-01 15:28 | 遠野不思議(オブジェ) | Comments(0)

遠野不思議 第七百八話「謎のオブジェ?」

f0075075_19313442.jpg

某所に、あるものがあった。見た瞬間、「ムーミン」に登場するスナフキンのマスクかと思った…。
f0075075_193148100.jpg

このマスクらしきに近付いて見ると、鼻の部分らしきに、何やら人形らしきがぶら下がっている…。果たして、これは何?
by dostoev | 2012-11-13 19:36 | 遠野不思議(オブジェ) | Comments(1)

遠野不思議 第六百七十七話「柴橋」

f0075075_5552666.jpg

綾織町より小友峠を越え、小友町に行く途中鳴沢より鍛冶ヶ沢へ渡るに、鷹鳥屋川(小友川支流)に架かる橋が無かった。慶長七年(1602年)、南部信濃守利直、領内巡検を兼ね小友金山視察の際に同所に橋が無く、通行甚だ不便な時、部落の百姓等は芝を伐り、それにて仮橋を架け一行を渡した。利直公満悦して、ここの地名を柴橋と命名したと伝えられる。「小友探訪」より
f0075075_632725.jpg

今は、字名も橋も柴橋と呼ぶ。昭和62年(1987年)道路改修の際、コンクリートの永久橋となる。「小友探訪」より
f0075075_661591.jpg

昭和62年以前に、ここを通った筈だったが、その時は木造の橋だったろうか?昔は、木造の橋が多かった記憶があるが、かなり以前からコンクリートの橋に変わっていった筈。昭和62年にやっとコンクリートの橋になったというのは、かなり遅い部類だとは思う。しかし、柴だけで作られた橋というイメージが、ちょっとピンとこない。。。
by dostoev | 2012-05-14 06:12 | 遠野不思議(オブジェ) | Comments(3)

遠野不思議 第六百七十話「澤里家代々の墓」

f0075075_12251159.jpg

大慈寺にある、澤里家代々の墓地。以前は、本家に聟に入った者が、この墓地を守っていたが、現在は澤里家の別家の者に、この墓地を守っていくよう頼んだという。その澤里家の別家の者は、やはり伝わる澤里家の史料があるというので、今度見せて頂く事になった。
f0075075_12252810.jpg
f0075075_12254441.jpg
f0075075_1226060.jpg
f0075075_12262684.jpg
f0075075_12264543.jpg
f0075075_1227597.jpg
f0075075_12272426.jpg
f0075075_12274114.jpg
f0075075_12275689.jpg

by dostoev | 2010-11-05 12:31 | 遠野不思議(オブジェ) | Comments(0)

遠野不思議 第六百六十七話「佐々木喜善の墓」

f0075075_105693.jpg

9月29日は、佐々木喜善の命日となる。ダンノハナは現在共同墓地になっているが、そのダンノハナの一番高みの位置に、佐々木喜善の墓がある。実はこの9月29日とは、自分の誕生日でもあるので、なんとなく気になり表敬訪問に訪れた。
f0075075_1053551.jpg

ところが…というか、やはりこの佐々木喜善の命日には"喜善祭"というものが開催されているようで、多くの人々が訪れていた…。

ところで喜善だが、菊池照雄氏の「遠野物語をゆく」本山桂川の喜善に対する印象の言葉が記されている。

「喜善君は変ってはいたが変人ではない。狂的なところがあったが狂人ではない。瞬間的に幽霊かオシラサマ、ザシキワラシの話しになると常人ではなくなった。彼は健康に恵まれ、意思が強かったら変人、奇人で通したろうが、普通の生活では病弱のためかその異常を抑えて周囲と妥協していた。」

この言葉から察するに喜善トイウモノハ、やはり半分以上"そちらの世界"に足を踏み入れていたのだろう。。。
by dostoev | 2010-09-29 10:28 | 遠野不思議(オブジェ) | Comments(0)

遠野不思議 第六百六十六話「ハンターちゃん」

f0075075_11425563.jpg

以前、貞任高原のハンター君というまねきんを紹介したが、実は女性版があったのを発見した。なんか招き猫のような感じだが、やはり背中には鉄砲を担いでいる。。。
f0075075_11432415.jpg
f0075075_11435729.jpg

by dostoev | 2010-09-27 11:46 | 遠野不思議(オブジェ) | Comments(0)

遠野不思議 第六百六十三話「ハンター君」

f0075075_19315713.jpg

カカシといえば大抵の場合、スズメやカラスなど、稲の害鳥除けとして立てられるものだが、このハンター君は、熊を撃退?する為に立てられたカカシである。今日も貞任高原の平和を守る為に、ハンター君は立っている…(^^;
f0075075_19324877.jpg

f0075075_19351968.jpg

by dostoev | 2010-04-29 19:36 | 遠野不思議(オブジェ) | Comments(0)