遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
菊池氏考
佐々木氏考
クワガタと遠野の自然
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
六角牛考
七つ森考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
鯰と地震
三女神伝説考
早池峯信仰圏
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
ゲ ジ デ ジ 通 信
宮  古  物  語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
外部リンク
最新のコメント
地元で地層や化石に関係し..
by masa at 16:49
頭は良かったと思います。..
by dostoev at 04:56
幕府の財政難から、享保の..
by dostoev at 17:38
江戸後期というより江戸前..
by 鬼喜來のさっと at 22:11
法量(ホウリョウ)は魍魎..
by dostoev at 20:00
『江刺郡昔話』には正法寺..
by 鬼喜來のさっと at 14:49
佐々木喜善の『江刺郡昔話..
by 鬼喜來のさっと at 01:08
では法量神と飴買い幽霊の..
by 鬼喜來のさっと at 01:55
おお、面白いですね。自然..
by 鬼喜來のさっと at 01:07
カエルのような両生類と考..
by dostoev at 04:56
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:遠野不思議(伝説の地)( 67 )

遠野不思議 第八百三十四話「遠野の魔女狩り」

f0075075_7495646.jpg

「上郷聞書」には、こういう話が紹介されていた。

川原の某家の娘が、羽場の藤兵衛家に嫁に行った。その娘は、非常に美人で、嫁に行く前から近所の若者達の羨望の的になっていた。ところが、かねてから当時肝煎りをしていた某が、その娘に恋をしていたのに嫁に行かれたので、何時か折があったらと思っていた。

たまたま藤兵衛家に嫁に行ったその娘が婿を嫌っていたのを聞いて、肝煎りは、その娘は前に誰かと関係があった為に、婿を嫌うのだと言い触らしたそうである。その噂が元で娘は七日七晩土蔵の中に入れられて折檻されたという。しかし、元からそんな恋人も無く白状もしようがない娘は、結局何も言う事ができなかった。そこで遂に赤沢の前で打ち首する事となり、某家より連れ出し、途中簾から流れ来る小池の水を末期の水と飲み、刑場へと引かれていった。

この事を、森の下の慶雲寺の十二代目和尚が聞き、可哀想に思い、何とか救いたいものと、古戸まで来たが間に合わなかったと…。娘は、首を切られる時に嫁いだ羽場の方をうらめし気に見ながら死んでいったそうである。その時、刑場にヒバの木があったが、以後その羽場の方向を向いた木の枝は、何時も枯れてしまうという話である。また、最後の水を飲んだ小川の水は、今でも飲む人がいないと言われている。現在その小川は、田になっており、ウッコの木が生えている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
可愛さ余って憎さ百倍と云うが、似た様な事が中世ヨーロッパでも起きたという。それは、魔女狩りの時代だ。魔女を恐れ、あらゆる人々が魔女に認定されて、火刑に処された。当初は純粋に魔女だとされた場合もあったが、途中から人を貶める為に魔女というデマが飛ばされた。それは裕福な家を妬む心が、その家の人を魔女にして、家の財産を奪おうとしたり、この上郷の話と同じ様に、好意を持っていた女性にフラれた為、その反動からその女性を憎み、魔女であるとして噂を広めたなど、人の心が荒んでいた時代であった。

遠野の歴史は、飢饉などの災害の歴史でもあった。しかし、そういう中でも裕福な家は、存在した。「遠野物語19」の様に、その家の主人が死ぬと、遠い縁者やら近所の人間が寄ってたかって、その家の物をむしり取る様に持って行くさまは、まさに人々の鬱屈した妬み心からきているものだろう。また、同じ上郷の来内では村主と神社の神官が結託していたらしく、その村での強権政治を行っていたらしい。しかし、発生した百姓一揆の勢いから、その村を支配していた村主と神官は真っ先に襲われ殺されたという。ロシアの農奴解放時、農奴達が手に鋤や鍬を手にして、領主を襲ったという事件がロシア国内のあちこちで起こったという。貧しいが故の心の歪みを治すのは、全体が豊かになるしかない。しかし、異性に対する妬みつらみは、今の時代でも形を変えて起きている。人を貶める一つの嘘が、取り返しのつかない事になるのは、ままある事だ。
by dostoev | 2014-11-01 08:31 | 遠野不思議(伝説の地) | Comments(12)

遠野不思議 第七百六十一話「柳婆」

f0075075_1033505.jpg

健保年間、遠野郷の地頭職に補せられた阿曽沼広親の次子親綱は、其の本領であった下野国阿曽沼郷わり下向して封に就いた。これが即ち、遠野郷の組織的な治民の端緒であった。

暫くして阿曽沼氏は、松崎光興寺の護摩堂に居城を卜し、之を横田城と称した。また之と同時に、南方に猿ヶ石川を隔てて、松崎白岩に属する平地一帯に城市の設計を企てた。故老の口碑と現在の遺跡とを合わせて考えてみると、字大柳を中心として、北は清水柳、東南は畠中に至る、東西に長く南北に短く折れた市街の様であった。

大柳と云うのは、其処に巨大な柳の老木があったのに因んで出来た名称である。清水柳もそうであるが、ここには往時市街のあった頃、酒屋があって、大柳の酒屋と呼んだと伝えられている。

その後、約三百六十年経て、天正年間、即ち阿曽沼広郷の時、物見山の一友峰鍋倉山に新城を築き移転したが、その時、この市街地も遷都したという事である。その後も、この柳はここに遥かに鍋倉山を望んで立っているのである。幹には空洞が出来て腐れかけているが、無言のうちに遠野の歴史を語っている。

                                   「上閉伊今昔物語」

f0075075_10512685.jpg

清水柳も大柳もだいたいの位置はわかるものの、柳の木は確認できなかった。大柳は既に枯れ果て、時代の流れに飲み込まれてしまったようだが、清水柳さえ既に、この世には無いようである。この記事が書かれたのが昭和32年であるから、既に56年も経過している為に、既に枯れてしまっただろうか。
f0075075_11164728.jpg

古き柳には精有て妖をなす事むかしよりためしおほし

竹原春泉「絵本百物語」には「柳婆」という妖しを紹介しているが、柳の木は「老・病・死」の象徴とされ、また枝垂れる様が女性のイメージと重なり、柳の下の女幽霊のイメージは広く全国に伝わっている。枝垂れ柳などは黄泉の国と繋がっているとされるのは、天から降ってきた霊が枝垂れを伝って地面の下にある黄泉の国へと行き、再び枝垂れを伝って天へと昇ると信じられていた為だ。それは枝垂桜にも通じるが、柳の木に対する意識は、川沿い、もしくは境内や墓地に植えるものであるから屋敷内には植えないもにのとされ、同じ枝垂れの桜の木とは差別化されていたようだ。

実際、この清水柳であり大柳だけではなく、かっての猿ヶ石川沿いには、かなりの柳の木があったとされる。古老に聞いた話によると、巫女の化け物が出るなど、昔は女の化物や幽霊の話が多くあったそうである。そういえばリアリティを感じる「遠野物語8(サムトの婆)」なども本当は、こういう類の話と掛け合わさったものであったのかもしれない。そのサムトの婆の碑が建つ場所も、この周辺であるのだ。それ以外にも、女を沈めた女淵の話など、この松崎の猿ヶ石川沿いに水と関連する女の話が多いのは、やはり猿ヶ石沿いにかってあった柳の木との関連があったのかもしれない。

柳の木は先に述べた様に不吉の象徴でもあり、例えば長男が死に家が潰れる、病人が絶えない、禍がある、などの俗信が付随するのは、そのまま遠野の猿ヶ石川沿いの伝説に対応するものだ。ただしそこには柳の木の話が入っていないのだが、柳の木が自生していた猿ヶ石川沿いに不吉な伝説が蔓延し、後から発生したものと結び付き語られた可能性があったのではなかろうか。
by dostoev | 2013-08-05 11:49 | 遠野不思議(伝説の地) | Comments(3)

遠野不思議 第七百三十六話「白山様」

f0075075_4452162.jpg

境木峠の旧道には、白山様と呼ばれる岩山がある。傍には小さな滝があるが、以前は上流の沢水をこの白山様の岩山の上に流し、人工的に滝にして水を流していたという。この頂には昔、高さ二尺ほどの石塔が建っていたそうな。
f0075075_4495013.jpg

白山様の下には、金毘羅の石碑が今でも立っている。他にもいくつかの石碑があったというが、今はそれを見つける事ができない。
f0075075_4513884.jpg

金毘羅の石碑のすぐ奥に、大きな岩屋があり、以前はここで何かを祀っていたという。似た様なものに、米通りへ行く途中の巨大な岩屋には不動明王が祀られたいたが、それと同じ可能性はあるかもしれない。
f0075075_4514948.jpg

画像は、白山様を横から見たものだが、この白山様の頂には一つの伝説があり、長者を祈願するとなれるというものであったらしい。山口部落の長者は皆、この白山様の頂で祈願したというのだ。とにかくどんなものか登って見る事にした。
f0075075_4562321.jpg

この白山様の途中で下の沢を見下ろしてみた。かなり高い。画像では、この白山様の高さは意外に低いと感じると思うが、直接垣間見る白山様は、かなり高い岩山で威圧感がある。
f0075075_4575024.jpg

頂には、また別の岩が載っており、巨木も何本か生えている。この岩を側面から見ると、船の様な形に見える。まるで岩船であった。
f0075075_501043.jpg

白山様の先端は平坦になっており、ここから長者になれるよう祈願したのだろう。ただ、見晴らしは樹木の影響から良くない。
f0075075_57297.jpg

白山様の頂から沢水を落として人工的な滝を造ったという事だが、これと似た様なものが小友の厳龍神社の不動岩だ。あそこにも昇竜・降竜の跡があり、恐らく昔は滝では無かったか?と云われているが、小友の不動岩の降竜跡の麓には早池峯の石碑がある様に滝神を意識してのものだったろう。実は今では不明の石碑の中にも、早池峯と刻まれた石碑があったとも聞く。ここも早池峯の滝神を意識してのものであったのだろうか。
by dostoev | 2013-06-01 05:14 | 遠野不思議(伝説の地) | Comments(0)

遠野不思議 第七百三十五話「琴畑のカクラモリ(魔所)」

f0075075_1431364.jpg

「遠野物語72」に、琴畑集落の事が書かれている。「琴畑の入り口に塚あり。塚の上には木の座像あり。およそ人の大きさにて、以前は堂の中に在りしが、今は雨ざらし也。(抜粋)」

「注釈遠野物語」を読むと、その解説に大木があってオカクラサマの祠があったと記されている。つまり、今はもう無くなってしまったらしい。地元の古老に聞くと、その大木とはヒバの木であったらしい。しかし、別の土渕の資料を見ると、土淵の魔所として「琴畑のカクラモリ」というのがある事に気付いた。そのカクラサマを祀ったカクラサマの地をカクラモリというのかどうか確認してみた。
f0075075_144818.jpg

現地の古老に聞くと、カクラモリとはカクラサマを祀っていた場所から1キロ弱の山奥にあるという、そこに以前は、何かを祀っていたらしい。傍には栗の木の大木があったが、今では枯れ果ててしまいわからなくなっているという。
f0075075_14581554.jpg

実は「遠野物語拾遺8」に離れ森の話が紹介されているが、現地で採集した口伝によると、その離れ森と、このカクラモリには大蛇がいて、どちらかが雄の大蛇で、どちらかが雌の大蛇であったらしいが、その大蛇を祀ったのがカクラモリの奥であったようだ。そこには岩穴があり、それが大蛇の巣であったよう。実際に行って見ると、岩がゴロゴロした中に岩窟が確かに存在した。魔所と呼ばれる理由もまた、その大蛇伝説に対するものからであったのだろう。
by dostoev | 2013-05-31 15:06 | 遠野不思議(伝説の地) | Comments(0)

遠野不思議 第七百三十四話「熊野ノ森の掘(魔所)」

f0075075_8203015.jpg

…竜ノ森ばかりでなく、この他にも同じような魔所といわれる処がある。
土淵村だけでも熊野ノ森の堀、横道の洞、大洞のお兼塚など少なくないし、
また往来でも高室のソウジは怖れて人の通らぬ道である。

                          「遠野物語拾遺124(抜粋)」

f0075075_8231157.jpg

「遠野物語拾遺124」に語られる魔所の一つ「熊野ノ森の掘」は、山口修理の館跡のようで、薬師堂の裏地が東門にあたるなら、この熊野ノ森の堀は西門にあたる場所だ。この森に入ると、いきなりモミジガサ(シドケ)があった。
f0075075_8275460.jpg
f0075075_82826100.jpg

その奥に進むと、深い館の空堀跡があった。館跡の堀としては、遠野でも大きい方ではなかろうか。何故、ここが魔所になったかというと、うらぶれて荒んだ場所は、廃屋が後に幽霊屋敷と語られるような感覚に近いのではなかろうか。そして何故「熊野ノ森」と呼ばれるのかは、この堀の傍に、やはり荒んだ熊野神社があるからだ。
by dostoev | 2013-05-31 08:34 | 遠野不思議(伝説の地) | Comments(0)

遠野不思議 第七百十五話「行灯堀」

f0075075_4481029.jpg

鍋倉山の裏側に「行灯堀址」の立て看板がある。そこには、こう記されている。

「遠野古事記」には、次のような言い伝えが記されている。慶長五年
(1600年)に阿曽沼氏が没落し、遠野が南部領になって盛岡南部利直
が領地巡視に来た時、二の丸の西の方は山林になっていて、要害のとし
てはおぼつかなく見えたので、利直は遠野を出発する前に、草木を刈り
払い新しい空堀を完成させるように現場を指図した。ところが岩があっ
たりして思うように仕事がはかどらず、夜中も提灯や角行灯などを灯し
て工事をしたので、後の人々はこれを「行灯堀」呼んだ。

また物見山に続く丘には段上の帯郭を開き、白兀(しらはげ・しらはぎ)
と称した。物見山に向かって左側に鉄砲稽古場の跡といわれる段丘がある。
f0075075_572328.jpg

ところが、この行灯掘には別の伝説があった。

その昔、白萩が昼でもなお薄暗い気味の悪い程に鬱蒼とした森があった頃
の事である。

この森には夜になると、いつも出て来ては行灯を灯し、糸もみをする女が
いた。これはおかしいと、ある猟師の男がその女を鉄砲で撃ってみた。と
ころがどうした事か鉄砲の弾は一向に当たらなかったと云う。猟師は不思
議に思って、上郷町細越の師匠に相談しに行った。すると師匠は「それは
人間では無いから、女を狙って撃つのではなく、行灯の灯りを狙って撃て」
と教わった。

猟師は再び白萩へ行き、暗くなるのを待っていた。辺りが真っ暗になると
女が現われてきた。今度は、女では無く行灯の灯りを狙って撃ったところ、
手ごたえがあったという。見るとその正体は、この白萩の森に何百年と棲
む巨大な蝦蟇であったと云う。それから遠野の人達は、この森を行灯森と
呼ぶようになり、その地名は今も白萩に残されている。
f0075075_5322533.jpg

今年、この行灯掘の下方にカメラを仕掛けてみると、キツネとハクビシンなどが写っていた。然程、多くの動物が写っていたわけでは無かったが、それなりに動物の通り道であるようだった。

ところで、ここでもう一つの似通った話を見つけた事になる。「遠野不思議 第七百十四話「怪異狐の稲荷」にも書いたように、似た様な話は綾織の笠通山、宮守の寺沢、小友の外山、そして遠野の鍋倉山にあった。探せばまだあるかもしれないが、全て共通するのは昼でも暗いという場所という事だろう。現代とは違い、昔は暗闇に対する恐怖が、かなりあった。照明器具は現代とは違い、ロウソクや行灯の灯り程度で、灯りの周りを仄かに照らす程度で、その奥には闇が広がっていた為、家の中でも魔物は潜んでいると信じられていた時代があったのだ。それがましてや、魔物の巣窟の様な日の明りが差さない深い森では、この様な物語が作られたのかもしれない。南部の行灯掘の話は、城を築くにあたっての逸話となるが、城が築かれてから現在の遠野の町が開かれたのであって、それ以前は、人の住まない、それこそ鬱蒼とした森が広がっていたのが、鍋倉山とその背後の山々であった。しかしそんな中にも、ポツリポツリと人が住んでいたようで、鍋倉山に城を築く以前の物語であったとしても、何等不思議は無い物語ではある。
by dostoev | 2012-12-25 05:52 | 遠野不思議(伝説の地) | Comments(0)

遠野不思議 第七百二話「竜神の滝壺」

f0075075_6572039.jpg

古老に聞くところによると、この滝壺には竜神が現われ、願いを叶えるという。
f0075075_6573646.jpg

えぐれた、この窪みから竜神が現われるのだろうか?お賽銭を投げ入れ、お願いをしてみた。。。
by dostoev | 2012-10-29 07:18 | 遠野不思議(伝説の地) | Comments(0)

遠野不思議 第六百九十六話「角助の墓」

f0075075_163543.jpg

角助は江戸時代の中頃、遠州掛川でシシ踊りを見て、その優れた点を取り入れ「駒木シシ踊り」を完成させた舞い手であり、振付師として語り継がれた伝説の人物であるという。その墓が、この画像である。
f0075075_1682332.jpg
f0075075_1684033.jpg

by dostoev | 2012-10-14 16:08 | 遠野不思議(伝説の地) | Comments(0)

遠野不思議 第六百六十二話「神の隠里」

f0075075_749359.jpg

昔橋野川を、神が石の船に乗って下ってきた。そうして早栃まで来て、ああ
ここが気に入ったと言って、川の岸の丘の上の岩穴に入られた。そこを隠里
といって、祠を建ててその神を祀った。石船は二つ、今でも遺っている。腰
かけなどで祟りがあるということで、村では堅く戒めている。

         「遠野物語拾遺38」

f0075075_750515.jpg

石船は過去に紹介したのだか、神が入ったという岩穴で隠里と呼ばれる場所はまだ
紹介していなかった。確かに岩がゴロゴロしている場所ではあるか、岩穴と呼ばれ
るようなものは無かった。現在その手前は畑になっており、鉄塔も建てられ、神が
入ったという神秘性は皆無に感じる…。
by dostoev | 2010-03-29 07:55 | 遠野不思議(伝説の地) | Comments(2)

遠野不思議 第六百三話「彌勒院の墓(入定跡)」

f0075075_17315945.jpg

彌勒院という法院ありしが、心願を込め入定したと云われる。入場時は、土中より
竹の節を抜いた筒を土中に挿し、地下にて鉦を打っていたいたというが、七日後に
は、その鉦の音も聞こえなくなったという。
f0075075_17323955.jpg

この彌勒院の塚までは、巨石がごろごろしている。以前この塚までは松百本を植え、
百本松坂、もしくは八方松とも呼ばれた聖域でもあった。
f0075075_1732494.jpg

以前は見晴しも良かったそうだが、今では杉の木が植林され、その墓の場所を
簡単に見つける事はできない。この塚の傍には、たた一本ウッコの木が植えら
れている。
by dostoev | 2008-12-01 17:42 | 遠野不思議(伝説の地) | Comments(3)