遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
菊池氏考
佐々木氏考
クワガタと遠野の自然
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
六角牛考
七つ森考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
鯰と地震
三女神伝説考
早池峯信仰圏
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
ゲ ジ デ ジ 通 信
宮  古  物  語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
jun-roadster
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
JUNJUNのブログへよ...
外部リンク
最新のコメント
死んだら魂は山へ…という..
by dostoev at 05:03
そうなのですね。 確か..
by soma0506-yca at 22:03
あ…「6つ3合う」ですね..
by dostoev at 17:09
日本人は良くも悪くも言葉..
by dostoev at 17:03
凄く面白いですね。 6..
by soma0506-yca at 16:15
なるほど。ありがとうござ..
by 秩父まほろば at 09:49
西の真言、東の天台と云わ..
by dostoev at 06:12
こんにちは。 円仁の話..
by 秩父まほろば at 17:57
さっと氏…まるで「徒然草..
by dostoev at 18:26
下駄を利用したトレーニン..
by dostoev at 18:25
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:阿曽沼の野望( 2 )

九頭竜信仰と遠野と早池峰の神

f0075075_17125415.jpg

以前にも書き記したが、遠野は北に早池峯という高山が聳え、その麓から流れ出る猿ヶ石川が街中を経由して西へと流れ出るのは風水上では理想とされている。また山や丘などの起伏や水の蛇行は龍脈とも云われ、それが龍穴に集まるという。その龍脈である生気が集まる龍穴を見い出すのが重要だと云われる。
f0075075_17442368.jpg

それが恐らく阿曽沼氏が城を築いた横田城であった可能性はある。それは東西南北に鎮座する各々、物見山と早池峯、石上山と六角牛を線で結んだ中心は黄龍と呼ばれ、そこに来るのが横田城であったからだ。
f0075075_1749666.jpg

風水上において太祖山となる早池峯は北に鎮座し、北極星と北斗七星を頭上に冠する高山である。北は水気を意味し、水龍をも意味し龍脈の根源ともなる。水神を祀る早池峯は北に鎮座し、まさに理想の山が早池峯になるのだろう。
f0075075_17563677.jpg

鹿島神宮の要石は地下に潜む鯰を抑えつける石だと云うが、実は龍脈を抑え、地震を抑える為だと云われる。画像のように、日本列島は龍に取り囲まれていると思われていた。当然、龍が暴れれば日本列島に災害を為す。その考えが孤立した小地域に分散し、広まったのだろう。古代の都も、そういう風水思想に基づいて建設したとされ、代表的な都は平安京だとも云われる。
f0075075_18301829.jpg

画像を見れば、天ヶ森を頭とした一匹の龍が遠野盆地に横たわっているようにも見える。その麓に横田城が築かれたのだ。早池峯&薬師から観ない限り、この図は理解できないだろう。恐らく山を支配した山伏の力添えがあってこその横田城の築城が成されたものと思える。その阿曽沼は、何故か戸隠神社へと何度か参詣したと伝えられる。それは遠野に古くから伝えられるわらべ唄が、阿曽沼の参詣を伝えているものだと。

えっけぇどの  にけぇど

さんぐらこの  しけぇど

はせのかんのん とがくしみょうじん

くまのべっとうさま なぁんじょ


戸隠神社には、九頭龍が祀られている。その九頭龍の語源は”国津龍(くにつりゅう)”であるとされている。つまり、日本古来の地主神であった龍を祀った神社が戸隠神社なのだろう。その戸隠神社に遠野を統治した阿曽沼が参詣しに通ったと云う。それは、何故か?
f0075075_19222619.jpg

戸隠山の開創伝承は、嘉祥二年(849年)学問行者が独鈷を放って落ちた処に岩屋があり、法華経を唱えると九頭一尾の鬼が現れたとされている。しかしそれは本来、龍神か大蛇であり、それをわざわざ鬼とと記したと云われている。その龍神に対して学者行者は「鬼は形を隠すものだ。」と言い放ち、龍神が住んでいる処へと帰り、それからそこを”龍尾”と云うようになったと。

遠野市土淵町に白龍神社がある。実は土渕には、大蛇が退治され三分割となり、その尾の部分がある箇所に白龍神社が祀られた。大蛇であったり白龍であったりややこしいが、古代は大蛇も龍も同じであり、違いは無かった。それ故に「大蛇退治」であっても、それは「オロチ退治」でもあり「龍退治」でもあった。とにかく土渕には、その退治された大蛇(龍)の三分割された巨石が点在している。つまりこれは大蛇の始まりは尻尾からであると言っているようなもので、九頭龍が帰った場所が龍尾であり、遠野で退治された大蛇も尾の箇所で祀っているのは、そこから発生したものであろう。余談となるが、日光の滝尾神社もまた”瀧尾”であるから、水龍の大元が祀られているものだと思える。「瀧」とは「さんずい+龍」である事から”水龍”を意味する。それを早池峯に当て嵌めれば、早池峯の麓に流れ落ちる又一の滝の尾は、その水源である早池峯そのものであり、早池峯に祀られる龍神という事だろう。
f0075075_19443125.jpg

ところで九頭龍だが、九頭一尾の鬼と記された嘉祥二年の開創は、天台宗である比叡山の僧による書「阿娑縛抄」によるものだが、その200年後に戸隠山の僧による「顕光寺流記」によれば、比叡山の学問行者の前に「九頭一尾大龍」が出現していたという事らしい。それを別に「九頭竜権現」とも云う事から仏教と結び付いていたようだ。

九頭龍は、白山にも出現しており泰澄が白山の池に祈ると九頭龍が現れ、真の姿を現わして欲しいと祈ると十一面観音が現れたという。また「彦山流記」でも、阿蘇の池に九頭龍が現れ、そして十一面観音が現れている。山の地主神が九頭龍、つまり国津龍であり、それが本地垂迹と重なり十一面観音と結び付くのは、早池峯とも重なる。阿蘇の龍神である阿蘇津比咩は、早池峰の神である瀬織津比咩であった。また「白山大鏡」によれば、白山の池に現れたのも早池峰の神である瀬織津比咩であった。ならば当然、早池峯が聳える遠野を初めて統治した阿曽沼が戸隠へ向かったのも、同じ龍神である早池峰の神を抑える、または鎮める手段を学ぶ為の行脚ではなかったろうか。阿曽沼は十一面観音で有名な長谷寺へ向かい、九頭龍(国津龍)を祀る戸隠神社へ立ち寄り、そして熊野へと向かった。岩手県の室根神社に伝わる縁起では、熊野から瀬織津比咩が唐桑半島経由で運ばれ。室根山に鎮座した歴史がある。つまり阿曽沼の参詣行脚とは、遠野を統治するにあたって、その国津龍である九頭龍を鎮める術を学ぶ為だったと考えるが当然の事のように思える。
f0075075_20231439.jpg

伊能嘉矩「遠野史叢」には、いくつかの不地震地帯が紹介されており、それがいつの時代からなのかはわかっていないようだ。その不地震地帯には、地震を抑える要石らしきも置かれており、それが早池峯を頂点として、遠野郷全体に扇状に広がっている。先に記した様に、古代においては龍脈を抑えるとはその地を安定させる為の手段であった。恐らくこれらが制定されたのは、奥州藤原氏を滅ぼした鎌倉幕府の命を受けた阿曽沼氏が、安倍一族や奥州藤原氏が信仰した早池峯の国津龍神を鎮める為に学んだ結果ではなかったろうか?そう考えるのが、遠野郷に点在している不地震地帯を理解するのに一番納得する理由となり、阿曽沼が何故横田城をその位置に築いたか納得するのだ。
by dostoev | 2013-09-28 20:34 | 阿曽沼の野望 | Comments(0)

阿曾沼の野望

f0075075_1916425.jpg

陰陽五行では「陰陽が交差する時、陰陽が交差する場では、不思議な霊力が生まれる。」とある…。

文治5年(1189)平泉の藤原氏追討に従軍として功があり、源頼朝から遠野郷を賜った阿曽沼広綱が宇夫方広房を代官として送り、松崎村駒木に「舘」を築いて氏神である八幡神をまつって遠野郷を統治し、その後阿曽沼親綱が横田城を築いたとされる。政治を司るならば武力もそうだが、信仰をも司らねばならない。古来から中国より、陰陽五行なる学問が日本へと輸入され天皇を中心に急速に広まった。当然、阿曽沼も城を築く土地を模索して、戦略的だけではなく呪術的にも優れた場所として横田城を築いたのだと考える。

また陰陽五行は北斗信仰を取り入れ、その北斗信仰は同時に密教にも取り入れられ、その修法を東密(真言宗系)では北斗法、台密(天台宗系)では尊星王法という。平安時代に、藤原頼長が毎月斎戒して北斗を祀った事は有名だが、その流れを汲んでか、源実朝や北条政子は北斗を信仰して、鶴岡八幡宮の傍らに北斗堂を建立させたが、鎌倉時代には月蝕やモンゴルの来襲の折に北斗法が修されているから、その信仰は藤原頼長と同じだった。ところで、北斗第七星を破星軍というところから、弓矢の神として信仰していた武士もいたようだ…。



陰陽五行上には四神獣(朱雀・玄武・青竜・白虎)が東西南北を守る守り神と信じられている。その四神獣は、古代からの山岳信仰に基づき霊山を以って、四神獣が配されているものである。ここで北に聳える早池峰山を玄武とし、南の朱雀は物見山とし、早池峰と物見山を1本の線で結ぶ。それが北と南を結ぶ縦線となる。そして、東である青竜には六角石山とし、西の白虎には石上山として東西を結ぶ横線を引いた。するとどうであろう、縦線と横線の交わった場所には横田城があったのである。

陰陽の交差する場所は中央であり、中央は土であり、その帝は黄帝。縄を執りて四方を制す。その神を鎮星(土星)となし、その獣は黄龍、その音は宮となる…という。つまり、陰陽五行上において、阿曽沼は遠野郷を支配するには絶好の位置に横田城を建てたわけだ。更に、早池峰山を拠点として北斗七星が現れた。そしてその延長上に辰星と呼ばれる北極星の位置にはやはり横田城がある。それと共に、同じく早池峰山を拠点として北斗七星と向かい合うように、南斗六星も…。

早池峰山-早池峰神社-鍋割-二つ岩山-六角石山-日出神社-伊豆権現上記の山伏系の聖地を線で結ぶと、北斗七星が現れる。早池峰山-早池峰神社-神遺神社-沢の口-天ヶ森-駒形神社。更に上記のラインを線で結ぶと南斗六星が現れる。沢の口は、遠野七観音を彫った松の巨木が聳えていた地であり、このラインもすべて山伏系の聖地である。

気になるのは北斗七星が逆向きなのであるが、北斗は死を司り、南斗は生を司るとある。例えば食事する場合、もしくは着物を着る場合でも、通常の逆向きにすれば、それは生から死への転換となる。左膳は、死者の食事を出す場合であり、着物を左前に着ると、それは死者があの世へと旅立つ時の着方となる。つまりここにおける北斗七星も、結果として逆向きとなる呪術が施され、両方共に生を司り、阿曽沼が未来永劫栄えるという、呪術的な意味合いも兼ねるのに好都合だったのだろう。

つまり阿曽沼は、当時山伏系の信仰で蔓延していた遠野郷を戦略的と呪術的の両方で支配力を広げようと、地形を調べ、横田城に妙見信仰の碑もある事から、あくまでも横田城が北極星であり、この遠野郷の中心である事を示す為、北極星として輝いていた早池峰信仰を逆手に取り、四神獣の縦横線の交わりを示す位置に山伏系の聖地を線で結び北斗七星と南斗六星を形取る事を発見し、安定した権力を発揮する為に地形的なものと信仰的なものの両方を兼ね備えた地に、横田城を築いたのであろう。

そうでなければ、ただ地形的戦略的だけならば、南部が築いた鍋倉山に城を築いたのではなかろうか。更に遠野郷にとってヤマセの影響は多大なものがある。陰陽五行上では北方から来る冷たい風は諸生物を滅殺する悪い風(風サツ)をさえぎり止める為に「風水塔」を建ててこれを重視する習いがある。が、自然の地形も利用する事もできるというので、多分だが横田城の位置関係から天ヶ森が丁度良い場所に聳えている。阿曽沼と天ヶ森との関係の裏はまだ取って無いが、何かしらの石塔でも建立されているのでは無いのだろうか?

そして、横田城~石上山~笠通山~二郷山~物見山(桧沢山でも良し)の綾織地域の霊山に横田城を交えた場所に線を結ぶと五角形ができる。横田城の位置関係は方角によりその都度、水・金・土・火・木の五行どれにでも、変化できる柔軟性を示している。偶然の産物ではあろうが、丹念に地形を調べ上げた、阿曽沼の意思を感じ取れる城作りだと思う。

更に遠野三山を結ぶと三輪山のような二等辺三角形ができ、石上山の頂点にその五芒星が繋がるという事は、ある意味、太陽を意識してのものか?前方後円墳など丸と三角の結びつきは、蛇を祀る三輪山と太陽の結びつき(陰陽の和合)を示すという説もある。だからある意味、五芒星だけではなく円としての二重呪術が施されたのかもしれない。

遠野郷にて石上山は日没を示す、西方の山。つまり、石上山方面に五芒星もしくは円を用いたという事は、陰陽五行で言う「陰極まりて、陽兆す」というこれから栄える事を示す暗示。これが東である六角石山を頂点とした場合「陽極まりて陰兆す」となってしまい、凋落の一途を辿る事になってしまうからだ。

* 補足として、北斗七星6番目の星の名がミザールなのだけど、すぐ傍に小さなアルコルという星がある。これは輔星と言って、北斗七星全体を補佐する役目を持つ星なそうだ。図面での6番目の星ミザールの位置には早池峰神社が来て、8番目アルコルの位置には丁度、神遺神社に来るというのは、なかなか妙味だ。
by dostoev | 2010-11-24 19:21 | 阿曽沼の野望 | Comments(4)