遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
菊池氏考
佐々木氏考
クワガタと遠野の自然
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
六角牛考
七つ森考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
鯰と地震
三女神伝説考
早池峯信仰圏
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
宮  古  物  語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
外部リンク
最新のコメント
カエルのような両生類と考..
by dostoev at 04:56
河童は冬眠しないのでしょ..
by 森のどんぐり屋 at 14:34
安来市と比べ、神代の歴史..
by dostoev at 09:42
 島根県の安来市あたりも..
by 名古屋特殊鋼流通倶楽部 at 13:57
いくつかの梨木平を見てき..
by dostoev at 18:39
梨木といえば、昔話の「な..
by 鬼喜來のさっと at 22:09
遠野まで来たら、キュウリ..
by dostoev at 07:06
河童はおる。わしが河童じゃ!
by 竜桜 at 20:55
観念や概念は、各民族によ..
by dostoev at 20:45
以前コメント欄にお邪魔し..
by 河童ハゲ at 18:12
最新のトラックバック
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:菊池氏考( 4 )

菊池氏の信仰する神

f0075075_5191353.jpg

「菊池氏要略」の年表を見ていると寿永四年(1185年)に家紋を日足紋から揃鷹羽紋に改むとある。日足紋は元々日下部氏の家紋であり、太陽の光が後光のように差している図柄で、この後光の光を「足」と見立ててのもののようだ。つまり日下部氏は「日」を奉じる氏族であり、その後裔の菊池氏もまた「日」を奉じる氏族であるのだ。

その日下部氏が祀る日下部吉見神社には水神が祀られていたが、阿蘇大神である健磐龍命に嫁いだのが日下部吉見神社の水神であり、阿蘇神社に嫁いで阿蘇津姫となった。

この日下部吉見氏が奉祭する母神「蒲池比咩」は肥前国一宮である川上神社に祀られる「與止日女」と習合していた。筑前糸島の桜井神社(與止日女宮)」で川上の與止日女は瀬織津比咩と同神とされている。つまり日下部吉見神社という「忌避された神」を祀る下り宮に祀られた水神は瀬織津比咩であって、それが阿蘇神社に嫁いで阿蘇津姫となった。

遠野に多い熊本の菊池郡を「菊池郡市神社誌」で読み調べてみると、殆どが阿蘇の神を祀っている。また菅原道真を祀る神社もかなりの数を示すのだが、それは本来の水神を祀る神社が時代の推移と共に菅原道真に変わっただけらしい。つまり菊池の故郷で菊池一族の祀る水神とは阿蘇津姫であった。

岩手県での菊池氏合計は11,652人で、全国トップとなる。しかし菊池郡を要する熊本県では僅かに348人である。これでわかるのは菊池氏が故郷を捨てて散らばったという事だが、それが岩手県に一番集中したという事なのだろう。それは何故か。

菊池氏の主流である日下部氏が奉祭する母神に蒲池比咩がいる。蒲池比咩(かまちひめ)は肥前国一宮である川上神社に祀られる與止日女(よどひめ)と習合していた。そして筑前糸島の桜井神社(與止日女宮)」で川上の與止日女は瀬織津比咩と同神とされている。

ところで、遠野の卯子酉神社へ行って意識した人がいるかどうかわからないが、道路から緩い傾斜であるが、下りながら境内へ行くのが卯子酉神社。以前は、もっと傾斜があったとも聞くが、現在は然程ではない。大抵の神社というものは、高台に鎮座するのが普通。そこまで石段やら、獣道みたいなものを登って行く神社が殆どだ。実は、下り宮というものは「忌避された神」を封じる宮という。実は全国で、この下り宮があるのは熊本の日下部吉見神社が有名となる。つまり日下部吉見神社という「忌避された神」を祀る下り宮に祀られた水神は瀬織津比咩であって、それが阿蘇神社に嫁いで阿蘇津姫となった。

岩手県の三女神伝説を調べていると、その殆どの三女神祭祀をしている氏族が菊池氏であり、やはり早池峰大神である瀬織津比咩を祀っている。しかし、熊本県の菊池郡には何故か瀬織津比咩の名前は見いだせないでいたが、唯一…公にはできないが、某家に伝わる文書に、日下部氏と菊池氏が信仰した神の名が瀬織津比咩であった事を確認できた。つまり岩手県においては早池峰大神として祀られ、熊本県に於いては阿蘇大神であり、阿蘇津姫という、その土地に馴染んだ名となって祀られているに過ぎない。その本名は瀬織津比咩であったのだ。となれば何故に岩手県に多くの菊池氏が移り住んだのかは、早池峰に祀られる神の元に集まったとも考えられる。ただ菊池氏の起こりは南北朝時代となるのだが、早池峰に祀られた瀬織津比咩は、始閣藤蔵により大同元年(806年)とされる。それはつまり、南北朝以前から熊本の菊池氏…いや、日下部氏との繋がりが早池峰にあったという事。そして、その結び付きを解明するのは、やはり安倍氏となるのであろう。
by dostoev | 2011-12-16 06:06 | 菊池氏考 | Comments(2)

遠野の菊池…その2(字(あざな)という概念)

ところで山を考える時は、360度で考えねばならないと思う。実際に山とは、360度に渡る信仰を有しているからだ。遠野にとっての早池峰はヤマセを発生させる忌み嫌うべき存在の山であっても、、盛岡側からは、太陽の昇る聖なる山だ。また沿岸地域からは、漁場の見立ての山として、古くから信仰されているようだ。つまり住む地域によって、山とは東西南北に位置するのだと。

ところが岩手県の中に、早池峰山を拠点として三山信仰が各地で伝わっている。そして特筆すべきは、そ三山信仰・三人の女神信仰を守っている家系の苗字は全て菊池なのだ。ハヤチネという音に、後で漢字があてられたと考えて、早いは太陽と風を意味するものと考える。チは「東風」の「チ」で風でもいいのだが、ここに「池」という漢字をあてているのに何か意味があるのかもしれない。

早池峰の語源の説に「早池の水の伝説」がある。里が旱魃で困っている時に早池峰の頂にある池に祈願すると、水が湧き出して里にこの水が流れ込み潤うのだ…という伝説。しかしこれも作り話であるというのは誰でもわかる。何故なら早池峰は水を有しない山だからだ。水源のある山は、手前の薬師岳だ。なので、薬師から流れる水を昔は早池峰から流れたと考えても不思議では無いが、実際に早池峰に登ってみれば、水がどこから流れてくるのか確実にわかる。だいたい、早池峰山山頂には、池など存在しないのだ。とすると「ハヤチネ」に「池」という漢字を当てる理由とは、何であろう?

遠野では昔「菊池と佐々木は馬の糞」と呼ばれ、まだ馬が道を往来している時代に馬糞があちこちに落ちていると同じくらい菊池と佐々木の姓もまた、どこにいっても落ちているという例えだった。しかし今でも遠野市の大半の姓は、菊池と佐々木の姓で埋まっている。その中でも、菊池姓のなんと多い事か…。

遠野における、菊池姓の一般的な説は九州は熊本の菊池郡説…。

足利尊氏は南朝精力を撃破した時、この足利尊氏に敗れた菊池一族を中心とした南朝は、奥州の北畠を中心とする南朝勢を頼って辿り着き、これから菊池姓が増えたという事だが…。実際は、敗者は姓名を隠して生き延びるという事からして、南朝であった菊池が堂々と菊池の看板を名乗って生き延びるというのは考え辛い。ところで北上山中に、米良菊池というのがいたそうである。ただ南朝菊池が滅亡した後の伝説的菊池であるから、歴史的事実としては疑問符が残る。

しかし伝説ではあるが、この米良菊池と呼ばれた所以は、熊野の別当であった米良氏との繋がりからのようだ。東北の熊野信者を独占的に手中にし、地元の土豪の一族や家士団の信仰と寄進の物質両面を支配していたのは、那智の西座の長官、米良氏であったと…。

遠野に古くから伝わる「わらべ歌」がある。


えっけぇどの  にけぇど

さんぐらこの  しけぇど

はせのかんのん  とがくしみょうじん

くまのべっとうさま  なぁんじょ

この”なんじょ”とは”なぁ~んだ?”という謎かけ言葉である。

この歌の中に登場する”はせのかんのん”は有名な「鎌倉」の歌にも出てくる長谷寺の観音であり、”とがくしみょうじん”は、信濃の戸隠神社。そして”くまのべっとうさま”は、熊野三山を支配している別当様なのである。かの遠野の殿様であった阿曽沼氏も、過去に於いて長谷寺→戸隠神社→熊野というルートで旅をしたとも伝えられている。鎌倉時代から、遠野での熊野信仰の根強さを物語るわらべ歌であるが…。

遠野には、かなりの数の熊野神社がある。その一つに、青笹にある熊野神社は今の熊本県から流れてきた菊池という山伏が持ち込んだ、熊野神社であると。してこの熊野神社を祀ってある集落の人々は、全て菊池姓となっている。その菊池という山伏が、せっせと励んで子孫繁栄をしたのだろうか?それて集落の全てが菊池というのは…実は納得できないのが現実だ。

明治に入り、民百姓も姓を名乗って良い事となった。しかし、南朝側について滅亡した菊池の姓は殆ど死滅しているのにも関わらず、遠野地域で誰もが挙って菊池姓を名乗るという考えもどうであろう?菊池姓の殆どは南北朝の争いで壊滅したものの、米良菊池という山伏系に保護されて、細々と生き続けたというのは妥当なのかもしれない。しかし、爆発的に菊池の姓だけが増えるというのは納得いかない。つまり、菊池という姓には、何か隠された秘密があるのでは?と考えてしまう。

ちなみに苗字の多さで全国13位に入る佐々木は、発祥が滋賀県だと云われるが、その殆どが東北となっている。また家紋繋がりで菊池の本家筋と言われる高橋家は、全国3位だ。実はこの高橋という苗字が一番多い地域というのが、岩手県の北上だ。本来高橋とは、大和朝廷が成立する以前から伝わっている氏名だという。遡れば、後漢の高祖まで辿り着くとも云われているが、ここではその説明を省く。

橋とは「ハシ」であり、「ハシ」の意味は「モノとモノを繋げる」意味だとされる。「橋」は、あちらとこちらを繋げる。「箸」は、食べ物と口を繋げる。ところが高橋とは「天と地」を繋げるものだと。つまり、神との交流を持つものの称号みたいなものだと考えて欲しい。高橋の家紋は、違鷹羽だ。これは後漢の高祖が、好んで鷹を飼っていたに由来するとも云う。これが分家である菊池氏にも伝わり、受け継がれているのだと云うが多分、明治時代に民百姓が、その家紋を模倣して現在に至るのだと思う。

つまりまず遠野の民は「菊池」という姓を選んで、その後に菊池家に伝わる家紋を模倣したのだと考える。とにかく、それだけひきつける「菊池」というものに、遠野の民の意思があったのだろう…。

ところで昔、人々は名前で呼ぶことを忌み嫌った。紫式部だろうが清少納言だろうが、本名では無い。本名が知れると、独身女性の場合は結婚をしなくてはならなかったので、逆に男共は躍起になって、想いの女性の名前を知ろうとしたらしい。

古来中国でも、本名がわかると呪われたりするので必ず字(あざな)といのを使用した。例えば諸葛亮は、諸葛が姓、亮が諱(いみな)であり、字(あざな)を孔明という。ところで字の法則性としては、諸葛亮が字を孔明としたように「亮」の意味は「明るい」である。「孔明」とは「はなはだ明るい」という意味になる。諱と意味的に関係のある漢字を使ってつける字の例があるが、当然この法則も日本に伝来されていると云う…。

「菊水伝説」というのがある。この伝説が日本に定着したのは平安の頃なのだそうな。元々は、中国からのものであるが「桃源郷」と並ぶ理想郷の話である。ある地方を流れる川の上流には菊の花が多く、菊花の雫が落ちる谷川の水を汲んで飲んでいる三十余軒の住民には百歳を超える長寿者が多い。これは菊の花が人々の心身に生気を与えているからである。またこの菊水を飲んで、長患いを治して百歳近くまで生きた武官がいた事から、都においても菊の種を蒔くようになったのだと。

また9月9日、重陽の節供に酒好きの陶潜が酒を切らして自宅近くの菊の群落の中に座っていたところ、白衣を着た不思議な人物が現れて酒をご馳走してくれて、陶潜はすっかり酩酊して帰宅したという話がある。

これらの話が平安の知識人の憧れの的となり、和歌に詠われ、屏風絵の画題にもなったという。いつしか菊は桜と共に、日本を代表する花となったのだが、ここまで根付いたのには「菊水の伝説」だけではなく、太陽が輝くような均整のとれた花形から「太陽の象徴」ともされ「日精」と称せられた…。

菊の御紋は鎌倉時代初期、後鳥羽上皇が愛好してその後、後深草・亀山・後宇多帝が継承し定着化したのだと。明治2年(1869)太政官布告によって皇族以外の菊紋の使用は禁止された。ただこれは、ほっといても大抵は「畏れ多く…。」と、使用する人物は殆どいなかったようだが…。

明治になって、苗字を自由にとなっても、当時の徳川とか松平、豊臣や織田などの姓の場合でもやはり畏れ多くて、簡単に真似はできなかったようだ。遠野の民は死んだら魂は、早池峰神社に集まり、その奥に在る又一の滝で魂は清められ、早池峰山を登っていくと伝えられている。この事から早池峰山は、いつしか遠野の魂の行き着く先となってしまったようだ。

祟りを成すだけの存在が、いつの間にか魂を浄化する山であり神社が早池峰となったのはいつの頃なのだろう?思うに、806年に建立された早池峰神社に祀られた瀬織津姫という女神は、水の女神であり、桜の女神でもあり、穢れ払いの女神でもあったのが大きいと思う。 「過去の事は水に流そう」とは、大祓祝詞↓から発生したのだと。

http://www.gos1dos1.jp/otogiyahp/kaikijoho/fushigi/norito.html

あらゆる悲しみや苦しみ、そして天つ罪と國つ罪を全て許してくれるのだという大祓祝詞の概念は、題目を唱えるだけで救われるという日蓮宗に匹敵する明快さだと思う。信仰するだけでいいのだ。そこには面倒な悟りを開く苦行も何も存在しないからだ。早池峰神社建立の背景は、ここでは語らないが、山伏系が広め伝えた早池峰信仰は、脈々と遠野の民衆の心を掴んだに違いない。

実は早池峰は「疾風峰」だったのでは?とも書き記したが、この忌むべき山の存在を変える必要性に迫られての「早池峰山」という名前の成立だったのではと考えてしまう。

早いは「お早う」という言葉の通り、太陽が昇ったという意味をも示す。太陽は、恐怖にかられる闇の世界を打ち払うものだ。昔は街灯も無く、迷信が横行した世界の中、闇が広がる夜が去りゆくのを人々は、ただじっと待っていたに違いない。盛岡側からも、遠野側からも、手前に聳える薬師岳が昔から鶏頭山と呼ばれたのは、いつの間にか早池峰山が太陽を示す山に変わった事を現すのだろう。

早池峰の「早」は、太陽の早く昇る様を示すと共に、風を示した疾風の風を「池」に変える事により「水」の豊潤さを現したものだと思う。ましてや、早池峰神社に祀った瀬織津姫は、実は天照大神と同一視もされた。つまり、早池峰という漢字をあてる事により、太陽と水を示す事によって遠野の民の心を掴んだのかもしれない。

そして…早池峰と同意義の言葉を考えると、それは菊池ではないか?と思う。「菊水の伝説」が神秘性を伴い広まり「菊」は陽が輝くような均整のとれた花形から「太陽の象徴」ともされ「日精」と称せられたのだから、菊池の菊もまた「太陽」を現し「池」は当然、水を現す。ここで字(あざな)という概念が登場する。本名を明かすのは忌み嫌われたというのは、それを知られると他人に呪われる可能性があったので諱(いみな)を隠し、字(あざな)で通すという概念だ。

プッチーニのオペラ「トゥーランドット」において、王子カリフはトゥーランドット姫の前に立ち「わたしの名前を当ててください。」と言う。これは中国ですでに名を明かすと、呪われるとは別に、婚姻を果たさなければならないという伝承をも示している。つまりここで言いたいのは「菊池」は「早池峰」の字(あざな)という概念を背負っているのでは無いか?という事。つまり字(あざな)は「菊池」であり、諱(いみな)は「早池峰」という事だ…続く(^^;
by dostoev | 2010-11-21 07:09 | 菊池氏考 | Comments(4)

遠野の菊池

遠野には菊池という名字が多い。町を歩いている人達に向かって。「菊池さ~ん!」と叫ぶと、その大半が振り向くだろうとも言われている。そこで何故にここまで遠野地方に、菊池という姓が蔓延したのか考えてみようと思う…。


【青笹から広がる菊池の姓?】


ところで青笹の中下公民館の隣に熊野神社がある…。

その昔、九州で権現様同士が喧嘩をし、片方の権現様が耳を齧り取られたという。そこで「菊池しょうねんなりかね」さんという人物が、青笹の地まで、その権現様を連れて来て、それから今の熊野神社が祀られたそうな。その「しょうねんなりかね」の子孫が、だんだん増えてきて、だから青笹には菊池が多いのだと…。ちなみに「なりかね」の子孫の屋号を「くまん」と言うそうな…。


九州に、菊池郡というのがある。いわゆる菊池姓の発祥の地とも言われている。しかしその前に菊池は高橋の分家として存在したらしい。つまり菊池を調べる前に高橋も調べなければならない筈。何故なら高橋家と菊地家の家紋が、鷹の羽という共通性を示しているからだ。

元来高橋姓は名字としてではなく「日本書紀」などに登場する、かなり古い由緒ある氏(うじ)名であった。実際「古事記」や「日本書紀」の神話以前にも国が存在していた訳で、高橋がどこまで遡るかによって、菊池という姓の意味もまた掘り下げる事が出きる筈?


以前、日本家系図学会に出席した時に、某大学教授が高橋姓の由来は後漢の高祖に通じるのでは、という説を発表した。これは”ハシ”という語源がモノとモノを繋げる意から来ているという。箸は”口”と”食べ物”を繋げるモノ。橋は”あちら”と”こちら”を繋げるモノ。それで高橋は?となると、高いというものは天に通じるもので、高い山には魂が集まり、その山を経由して天に昇るもの。高い木もまた天に通じる依り代として存在し、高きは天に通じるものなのである。そこで高橋とは、天に通じる橋。つまり神との交信を意味するものと考えしまう。

後漢の高祖は当時の中国では、神そのものであった。高祖は空を自在に飛びまわり、天に届く程の高さまで上がる鷹を好んで飼っていたと言われる。その神である高祖の鷹が、大陸から日本に流れて来たとしてもおかしくないものである。元々空を自由に飛びまわる鳥は、神の使者として信じられてきた背景があるからだ。つまり古代より日本人は高いもの、大きいものを神として崇め奉った痕跡があるからである。

菊池の由来に、九州にあったという狗奴国(くなこく)の狗古智卑狗(くこちひく)から来ているのでは?というのがある。元来狩猟民族は、動物にその狩猟方法を学んだとされる。その事から当然鷹に対する意識も強かった筈。そして狗奴国は、卑弥呼と相対した狩猟民族なのである。

古代における災害や天災のひとつに、火山の噴火があったらしい。実際遠野にも不地震の森の説(地震の無い、安住の土地の意)というのも存在し、過去に地盤が安定しない時、その天災の影響を受けなかった遠野に沢山の人が流れ着いたのでは?とも言われている。

それが現代からどれくらいの時代にまで遡るかとなると、まだ定かでは無いという。しかしその時代が狗奴国の滅亡時期にかかっているとしたならば、狗奴国(あくまでも九州であった場合)の人々が海を渡り本土に逃げ込んで、安住の地を捜し求め遠野まで辿りついた可能性も否定できない。謎の4世紀は、今でも不確かな為…。

菊池は高橋と意味として、深い繋がりがあるものと思っている。つまり神との交流をする巫女としての存在意味が高橋であり、それを奉る民族として菊池という存在があるものと。

狩猟民族といえばアイヌが思い浮かばれるが、遠野にもアイヌ語らしきものはいくつか存在する。狗奴国の滅亡と共に、狗奴国の人々が本州を駆け上り、海を渡って北海道にまで及び、狗奴国は分散してその血を日本国中に広がり、留めたとしたらつじつまが合う?

菊池という姓というのは、狗奴国時代には存在しないものではあるけれど、遠野という地に当時の狗奴国(くなこく)の党首である狗古智卑狗(くこちひく)という意識と言葉の発する響きが蔓延っていたならば、そのクコチヒクが語音変化し、後々に菊池という姓を名乗る人々が現れても、何らおかしくは無いのだ。

例えば遠野に隣接する川井村には鈴ヶ神社というのがある。義経がその地に訪れ静御前への想いを切々と語った事から、その神社が建立されたと聞く。しかし、当時の人々は(今でも?)シズカという語音を正確に発音できずにスズカと発音されて、その後に鈴ヶという漢字が宛てられ、鈴ヶ神社となったという。ならばクコチヒクという語音も変化し、キクチという語音に取って代わり、後で漢字が宛てられて菊池という姓が誕生したと考えられないだろうか。

キクチとは、民族意識を根底に根ざした、神と通じる為の言霊としての依り代なのではないか・・・。そして当然、高橋という氏名は中国から伝わり、狗奴国を経て、狗古智卑狗(クコチヒク)経由でキクチという音の意識が蔓延したものか?
by dostoev | 2010-11-21 06:49 | 菊池氏考 | Comments(0)

菊池一族と熊野修験

f0075075_1727735.jpg
f0075075_17273511.jpg

嘉永六年三閉伊通百姓一揆の指導者として、また地元の英雄としてのものなのか堂々とした三浦命助の石碑が、旧栗橋村の地に建てられている。


「遠野物語」にも登場する村に、栗橋村というのがある。そこに古くから住む、三浦氏という一族がいる。この三浦氏という家系は以前、菊池と云ったのたが、家運が衰退し始めた時に、小国村から一人の娘を、嫁として迎え入れた。その嫁を迎え入れる際の条件として、三浦姓を名乗る事になったのだと云う。

この小国の三浦家とは「遠野物語63話(マヨヒカ)」に登場する三浦家であり、マヨヒガの伝説によって富を得た家系と伝えられている。

この栗橋村の三浦氏の本来の姓である菊池とは、九州菊池一族の支流と云われ、九州栗沢の出であり、途中から栗沢姓を名乗った時もあったそうな。
f0075075_17312957.jpg

この三浦家では代々布引観音を祀り、家の側に布引観音堂が建てていほど熱心な信仰をしているようだ。この布引観音はどこから来ているかと云うと、紀州熊野の滝の一つである布引の滝に結び付くのだという。九州の菊池一族の本拠地には、熊野修験の影響が濃く、菊池と熊野修験の結び付きの深さを感じる。
f0075075_1841563.jpg

f0075075_18135048.jpg

中村地区に、坂上田村麻呂の伝説が付随する熊野神社にも、三浦氏(菊池氏)の信仰も入り込んでいるらしい。画像の”粟沢”の石碑は、先に記した九州の粟沢地区から移動してきた名残であろう。
f0075075_18225813.jpg
f0075075_18231510.jpg

三浦家の祀る布引観音の奥の院には、白糸の滝と並んで御神体とされる布引きの滝がある。滝を瀑布とも表現するように、この布引きの滝も、神の依代である、風にたなびく幡を示している。布引観音の本地はまだ調べてはいないが、水神である事は確かだろう。実は、この熊野修験に関連する菊池一族の信仰は、県内各地に伝わる。次の機会にでも熊野と菊池一族などを紹介する事にしよう。
by dostoev | 2010-04-07 18:30 | 菊池氏考 | Comments(4)