遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
菊池氏考
佐々木氏考
クワガタと遠野の自然
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
六角牛考
七つ森考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
鯰と地震
三女神伝説考
早池峯信仰圏
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
ゲ ジ デ ジ 通 信
宮  古  物  語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
jun-roadster
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
JUNJUNのブログへよ...
外部リンク
最新のコメント
諏訪社で思い出したのです..
by dostoev at 18:02
高砂の生石神社に造作巨石..
by 河童ハゲ at 20:47
たまに「悪い事したら、河..
by dostoev at 12:02
あの後、遠野博物館でカッ..
by soma0506-yca at 10:42
語源で思い出しましたが、..
by dostoev at 08:19
実は、出て行かれた後に気..
by dostoev at 08:14
環状列石と似た様な感じて..
by dostoev at 08:07
↑ごめんなさい、名前入れ..
by soma0506-yca at 06:06
GOさん、今日はお会い出..
by soma0506-yca at 18:12
立石を環状列石と関わりが..
by 河童ハゲ at 15:01
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:「現代遠野物語」30話~( 10 )

「現代遠野物語」 第三十九話(程洞神社)

f0075075_123215.jpg

程洞神社には、水神とお稲荷様とコンセイサマにヤタノ
ガラスなどが奉っられてある。

入り口は何重にも鳥居を潜るという、いわゆる体内潜り
に近いものがある。ここは、秀吉の怒りに触れ追われた
阿曽沼達が、程洞神社の後にひっそりと生活していた
場所とも伝えられている。

ここに夜訪れ、鳥居を潜り境内へと足を踏み入れると、
目が回る感覚に陥る。夜の闇も合間って、360度全て
が闇に包まれる。

砂漠で過ごすと、空間恐怖症になると同じように、この
程洞神社に夜訪れると、闇の空間恐怖症になると云わ
れる。
by dostoev | 2010-12-03 12:03 | 「現代遠野物語」30話~ | Comments(0)

「現代遠野物語」 第三十八話(夜の五百羅漢)

f0075075_1213344.jpg

遠野高校から、五百羅漢は然程遠くは無い。これは、夏の頃の
話である。

夏になると、遠野高校のスポーツクラブの面々は、夏季合宿を
遠野高校の校舎で行うのがままある。

ある日の夜、某クラブは肝試しを行う事となった。コースは五百
羅漢まで行って、帰って来るというもの。ところが行ったメンバー
全てが、怯えていたという。

聞くところによると、五百羅漢にさしかかると、女のすすり泣きが
聞こえ、皆びびってしまったそうな。

夜の肝試しで五百羅漢までというのは、あまりにも不気味な為、
それからは五百羅漢が肝試しコースとなる事は無かったという。

五百羅漢の自然石群の下には、渓流が流れており、もしかして
水音が女のすすり泣きに聞こえたのでは?という疑問が残るが、
今でも体験した人間には、その不気味さが甦るという。
by dostoev | 2010-12-03 12:01 | 「現代遠野物語」30話~ | Comments(0)

「現代遠野物語」 第三十七話(五百羅漢の新滝)

f0075075_11592745.jpg

今から30年近く前に本間君が、ぶらっと五百羅漢へと足を向けた
時の話だ。

カメラを片手にシャッターを切り、数枚の写真を五百羅漢で撮影し
たのであった。その後、現像した写真を見ると、新滝に置いてある
観音像の後に骸骨が写っていて、騒然となった。

その後、実地検証を兼ねて仲間数人で五百羅漢へと行ったが、そ
のような痕跡はまったく無かったのである。
by dostoev | 2010-12-03 12:00 | 「現代遠野物語」30話~ | Comments(0)

「現代遠野物語」 第三十六話(五百羅漢)

f0075075_11574029.jpg

大滋寺の儀山和尚が飢饉で死んでいった人々を供養する為に、
自然石に人の顔を彫り上げた自然石群というのが、一般的な解釈
である。しかし、別の説も存在するようだ。

秀吉の小田原征伐に出兵しなかった阿曽沼が追われ、多数の部下
を亡くして、その供養の為に自然石に人の彫り上げたという説もまた
ある。
by dostoev | 2010-12-03 11:57 | 「現代遠野物語」30話~ | Comments(0)

「現代遠野物語」 第三十五話(早池峰神社のザシキワラシ)

f0075075_11555631.jpg

早池峰神社の山門を潜ってすぐ右側に、注連縄を張った
杉の大木がある。ある日、家族連れが早池峰神社に訪れ
て、その杉の大木をバックに記念写真を撮ろうとした時に
子供が「今、子供が木の後に隠れたよ!」と。

しかし親が確認しても、子供らしき姿は見えなかったという。
これもやはり、他の子供を歓迎する為に現れたザシキワラ
シの姿なのであろうか。
by dostoev | 2010-12-03 11:56 | 「現代遠野物語」30話~ | Comments(0)

「現代遠野物語」 第三十四話(子供だけに見えるザシキワラシ)

家族連れが車でその早池峰神社側の某民宿に辿りついた時、
子供が車の中から「小さな子供が、部屋からこっちを見てる!」
そして宿の主に尋ねたところ、小さな子供はこの宿にはいない
という。

ザシキワラシの説には、生前に他の子供達と遊ぶ事なく家の
座敷牢で過ごした為に、ザシキワラシとなってからは他の子供
と遊びたい為、子供の前によく現れるという。今回の場合も、遊
び相手が来てくれた為に歓迎して現れたのであろう。
by dostoev | 2010-12-03 11:43 | 「現代遠野物語」30話~ | Comments(0)

「現代遠野物語」 第三十三話(座敷ワラシのあんま)

某男性は、早池峰山への登山後にその某民宿へと
泊まったそうである。疲れていたので、夜も早々に寝
入ったそうである。

夜中の2時過ぎに目が覚めて見ると、二人の女の子
がその某男性が寝ている布団を押したりして悪戯して
いたそうな。そこでその某男性は、「そんな悪戯するよ
りも、疲れている足でも揉んでくれ。」と言ったそうであ
る。そうするとその女の子二人は、その男性の足を一
生懸命揉みはじめたそうである。それが気持良かった
のか、その男性はそのまま朝まで寝入ってしまい、起
きた時には疲れていた体や、痛かった足が嘘のように
スッキリしていたそうである。

座敷ワラシの体験談は様々あるが、座敷ワラシに体を
揉ませるという話は珍しいものである。
by dostoev | 2010-12-03 11:42 | 「現代遠野物語」30話~ | Comments(0)

「現代遠野物語」 第三十ニ話(ザシキワラシ)

早池峰神社側の某民宿では、近年において数件のザシキワラシが
目撃されている…。

京都から某民宿に泊まった女性6人グループが囲炉裏端で食事を
終えて部屋に戻った時、その中の1人の女性が食事場に忘れ物を
したので戻ったそうな。

するとその囲炉裏端に、座敷ワラシが座っていたそうである。

それからその女性達が寝静まった時、その座敷ワラシを目撃した
女性の夢に座敷ワラシが現れ、早池峰神社まで来るようにと呼ん
だそうである。

それからその女性は、それを確認するために夜中の2時に早池峰
神社へと、参拝を果たしたそうである。
by dostoev | 2010-12-03 11:41 | 「現代遠野物語」30話~ | Comments(0)

「現代遠野物語」 第三十一話(小指)

昭和の中頃、某女性が列車に飛び込んで自殺を図ったという。

ところがバラバラになった死体を回収しても、小指だけがどうしても
見つからなかったそうであった。

それから暫く経ち、自殺した女性の姪御さんが出産したそうな。とこ
ろがその赤ん坊に、小指が無かったそうである。

自殺というものは業が重いもので、その重い業が姪御さんを通じ赤
ん坊に伝わったものだ…と言われている。
by dostoev | 2010-12-03 11:41 | 「現代遠野物語」30話~ | Comments(0)

「現代遠野物語」 第三十話(学校の怪談)

高校生の某君の弟は、上郷中学校の生徒会に入っているらしい。
生徒会の活動で遅くまで学校に残って活動していると、たまに不
思議な事が起きるようだ。

この前も、生徒会の会議中ノックをする音が聞えるので、扉を開け
ると誰もいない。悪戯か?と思っていると、再びノックする音が聞え
るそうな。

しかし、再び扉を開けても誰もいないという。走って逃げる音も聞え
ないので不思議に思っているところ、再びノックする音が聞えるので、
そのまま扉へと近づきノックの音がまだ鳴り響いている最中に扉を思
いっきり開けたら、やはりそこには誰もいなかったという。

学校での怪談が多いというのは大抵、広い敷地を確保する為に以前
は墓地だった場所を使用しているからと云われている。 または、人が
多く集まる場所というのは、いろいろな念をも呼び込むので、こういう事
がままあるらしい。
by dostoev | 2010-12-03 11:40 | 「現代遠野物語」30話~ | Comments(0)