遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
菊池氏考
佐々木氏考
クワガタと遠野の自然
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
六角牛考
七つ森考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
鯰と地震
三女神伝説考
早池峯信仰圏
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
宮  古  物  語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
外部リンク
最新のコメント
河童は冬眠しないのでしょ..
by 森のどんぐり屋 at 14:34
安来市と比べ、神代の歴史..
by dostoev at 09:42
 島根県の安来市あたりも..
by 名古屋特殊鋼流通倶楽部 at 13:57
いくつかの梨木平を見てき..
by dostoev at 18:39
梨木といえば、昔話の「な..
by 鬼喜來のさっと at 22:09
遠野まで来たら、キュウリ..
by dostoev at 07:06
河童はおる。わしが河童じゃ!
by 竜桜 at 20:55
観念や概念は、各民族によ..
by dostoev at 20:45
以前コメント欄にお邪魔し..
by 河童ハゲ at 18:12
申し訳ない、もう付いて行..
by dostoev at 09:14
最新のトラックバック
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:「現代遠野物語」20話~( 9 )

「現代遠野物語」 第二十九話(小友町の砂金)

歴史上、小友町は金山が多数あった為に重要な位置を占めていた。
しかしそれは、今は昔の話とはなっている…。

小友町へと続く坂道を、鱒沢峠と呼ぶ。その鱒沢峠の途中に「楽園」
というラブホテルが存在する。

そのラブホテルの裏手に沢が流れているのだが、大雨が降った後に、
裏手の川へと入り砂をすくってみると、僅かばかりの砂金が入っている
事があるそうだ。

今でもその砂金を採る為に、大雨の後に沢へと入る人がいるという・・・。
by dostoev | 2010-12-03 11:37 | 「現代遠野物語」20話~ | Comments(0)

「現代遠野物語」 第二十八話(新婚初夜)

これは以前、知り合った小友町のお婆さんから聞いた
話である。昔の婚姻は、親同士が決めた場合によるも
のが多かったそうである。

小友町にと嫁ぐ事になったお婆さんはある日、のんび
りと馬に乗って、嫁ぎ先に着いた頃は夕方であったそう
な。それから披露宴が、夜遅くまで繰り広げられたそう
である。

このお婆さんは当時、自分の旦那になる人を確認した
かったそうであるが、恥ずかしさで下を向いたまま、ま
してや角隠しが邪魔で、隣に座っている新郎の顔を確
認する事ができなかったと。

盛大に祝宴が繰り広げられた夜遅く、奥座敷で1人新
婚初夜を迎える事となった新婦は新郎が来るのを待ち
侘びていたのだが、暫くすると新郎らしき人物が現れ、
無事に新婚初夜を果たしたという。

だが翌朝、その家の縁側で一升瓶を抱いて寝ていた男
性が新郎であると知り「昨夜は不覚にも、飲み過ぎてこ
のまま眠ってしまった…。」と新郎である今の爺さんから
聞き及び、果たして昨夜新婚初夜を迎えた男性は誰だっ
たのか?という事である。
by dostoev | 2010-12-03 11:36 | 「現代遠野物語」20話~ | Comments(0)

「現代遠野物語」 第二十七話(猿の経立)

f0075075_11313538.jpg

遠野の里には以前、猿が棲んでいたという。河童淵にも猿がおり、
それを河童と見間違えたとも云われている。そして現在は、仙人峠
の奥にひっそりと猿達は暮らしている。

佐藤某君は、徒歩で全国を歩き回っている人物だ。仙人トンネルを
歩いて通った頃は暗くなっていたので、仙人の観音岩近辺でテント
を張り野宿した時である。

テントの中でくつろいでいると、何やら外で物音がしたそうである。
佐藤君は一瞬『熊か?』とも思ったそうだが、とにかく恐る恐る外を
覗き見したそうだ。

外では猿が一匹、二匹と動きまわっているのが見えたそうである。

安心した佐藤君はテントの外へと出て、猿を見ようと思ったそうな。
外に出てみると、年老いた体の大きな猿が佇んでいたそうである。
その猿の後に十匹以上の猿がいたという。佐藤君は驚いて、テント
に逃げ込んだそうだ。

仙人の観音岩では、猿を見る事が殆ど無い。それが現れたというの
は、年老いた猿こそが猿の経立で、その指示によるものであったの
だろう・・・。
by dostoev | 2010-12-03 11:32 | 「現代遠野物語」20話~ | Comments(0)

「現代遠野物語」 第二十五話(平成での恩徳)

f0075075_1128643.jpg

平成13年に、米田君という高校生が仲間と一緒に恩徳の幽霊屋敷へと
行ったそうである。

皆で建物の前で写真を撮っている後に、建物の内部を覗いたところ般若
の顔が浮きあがったそうだ。

そして驚いて皆で逃げる時、隣の小屋から何やら白い霊体のようなもの
が現れたそうである。ますます米田君は、恐怖にかられたそうである。
by dostoev | 2010-12-03 11:29 | 「現代遠野物語」20話~ | Comments(0)

「現代遠野物語」 第二十四話(恩徳にて)

f0075075_11253248.jpg

昭和56年に、恩徳の幽霊屋敷の噂が尾を引いて有名になってきた。

そこで警察官が警ら中に恩徳のその屋敷へと足を運び、建物を見て
回ったが何もなかったという。

内部も見ようと思ったのだが、まさか警察官が不法侵入するわけにも
いかず、結局諦めて帰ろうとしたそうである。

しかし1人の警察官が、面白く無いので帰り際に、その建物を蹴飛ばし
たそうであるが、それから、その建物を蹴飛ばした警察官は原因不明
の高熱を出して寝込んだそうだ。

巷の噂では、その警察官は祟りにあったのだと云われている。
by dostoev | 2010-12-03 11:25 | 「現代遠野物語」20話~ | Comments(0)

「現代遠野物語」 第二十三話「恩徳の幽霊屋敷」

f0075075_111821.jpg

土淵町の山奥に俗称、恩徳の幽霊屋敷というところがある。噂では昔、
異人殺しがあった場所と伝えられている。

それからその家では、不思議な出来事が多くあり、住む者も家を捨て、
今では荒れた廃屋と化している。

地縛霊は、その家と共に生き続けるというが、今ではその家も死んだと
同然なので、その霊も消えたのであろうか。
by dostoev | 2010-12-03 11:18 | 「現代遠野物語」20話~ | Comments(0)

「現代遠野物語」 第二十二話(猫憑き)

f0075075_11162478.jpg

これは、某集落での話である。ある日某家の息子が、車で猫を
轢き殺したそうな。

その日以降その息子が、何かに取り憑かれた様に、猫の仕種を
しているのだった。

『これは猫に取り憑かれたに違いない!』

そう思った親は、その息子を祈檮師の元へ連れて行こうとしたの
だが、素早く逃げ回るのでどうにも捕まえることができない。

そこでその親は、近所の若い連中5、6人を呼んで息子を捕まえ
てくれるように頼んだのであった。そしてその親は、祈檮師を呼び
に行ったそうである。
 
さて、その若い連中であるが、狂ったように逃げ回る息子を捕らえ
きれず、とうとう家の外に逃がしてしまったのであった。

若い連中が外に出て、追いかけていった先は、物置小屋であった。
これでどうにか捕まえることができると思った若い連中は、その堀っ
建て小屋の中に入った瞬間、中を見てゾッとしたのであった。

猫は追い詰められた状態において、狂ったように走り回るものである。
それと同じ事を、その息子もやったのである。息子は狂ったように、
物置小屋の壁を走っていたそうである。

その後、どうにかその息子を捕まえ、祈檮師にみてもらったそうだ。
やはり、猫に憑かれているということで、お払いをしてもらい、元に戻
ったそうである。
by dostoev | 2010-12-03 11:16 | 「現代遠野物語」20話~ | Comments(0)

「現代遠野物語」 第二十一話(黒いマムシ)

f0075075_11145719.jpg

青笹町の藤原某さんが、山中で真っ黒いマムシを発見し捕まえた。

白い生物はアルビノ種であり、たまに発生する。それが昔は、鹿や
蛇や狐の場合、神の使いと信じられてきた歴史がある。しかし、黒
いマムシは黒化型のこれも貴重種であるが、巷では不吉の前兆と
思われているようである。
by dostoev | 2010-12-03 11:15 | 「現代遠野物語」20話~ | Comments(0)

「現代遠野物語」 第二十話(観音様)

f0075075_11132724.jpg

某家では、ある年の正月早々から、良くない事が多発したという。
その家の父が骨折したり、軽い交通事故にあったりしている中、
家の中で見知らぬ子供に遭遇したのだそうだ。遠野であるから
座敷童子かとも思ったそうだが、良くない事があまりにも続くので
九重沢の有名な拝み屋さんへと行って来たという。

ところが拝み屋さん曰く「その子供は、観音様です。観音様が姿を
現す時には、子供の姿を借りて出てくるのです。」そして続けて言う
には「今年のあなたの家は、不幸が重なる年なのです。そこで観音
様が、あなたの家に振りかかった不幸を最低限に押さえる為に現れ
たのです。」という事なそうである。
by dostoev | 2010-12-03 11:14 | 「現代遠野物語」20話~ | Comments(0)